抹茶のうまいまずい

抹茶に美味しいのそうでないのがあるとは思わなかった。

ランチ会の時に茶道を習っている妹が大茶会のお手伝いに行った時のこと。
800人程度の茶会なのだけど、古い人は「昔は2千人くらい来たものよ」と嘆くのだそうで。

さて、
妹はお客様に抹茶をたてて出すにはいってないらしくいつもお運び。
でも、裏方の水屋での事は目・耳に入ってくる。
その時はA子さんの指導のもとお茶を練ったそうで
A子さんがまず見本を練ってみせ、その後、お抹茶部隊が練ったのを見ては、
もう少し練った方がいいとかやりすぎとか細かく教えてくれたそうな。

で、お運び部隊が客にお出しするわけだけど
今回に限りたくさんのお客様から
「今日のお茶は美味しい」
とおほめの言葉をあちこちで頂いたそうです。
「練ればいいってもんじゃないんだわ」と妹。
指導してくれたA子さんは、動作も優雅でとても勉強になったそうです。

逆に
客と水屋の連絡係をするBさんは
妹に言わせると
「茶人にはあるまじき、荒らしいというか言葉のきつい人でさ~」
かなりの高弟にもかかわらず彼女がお客様の前でお茶をたてた事がないので、
きっといまいちうまくないんだと思う、と言ってたわ。

お抹茶といっても
あれもダンスなんかと一緒で
うまい人そうでない人、やはりセンスが物言うんでしょうね。
性格の洗い人は荒いたてかたをするのかもしれません。
荒く練ったお抹茶はきっと美味しくないと思うし。
好きでやってるのに、いつまでも下手の横好きってのも気の毒だけど
仕方ない。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-23 22:14 | 私の一族 | Comments(0)

食器が増えるわけ

食器が増えていく。

何故増えるのか考えてみた。



究極の食器が欲しいなと思っている。
1種類では無理だろうから
数種類の食器で全部まかなえる、そんな食器。

で、あれこれ考えて買ってみるわけだ。
買った時はこれがベストだと思うのだけど
飽きてくるというか
それではどうにもダメな気がしてくる。
それで別なのを買ってみる。
しばらくはそれでOKな気がするけど
またぞろ、これではだめだと思ってまた・・・
の繰り返しで増えているような気がする。

だったら、ダメだと思った食器を処分すればよかりそうなものだけど
いつか使うのではないかとしまっておくことになる。
そうはいっても全然使わなかったらあきらめもつくのだけど時々使ったりするので
なかなか捨てにくいことになる。

「来週、引っ越し」とでも強く考えて
処分しないとダメかもしれない。
頑張れ、私!

いやいやこんな応援では駄目です。

ものすごく頑張れ、私!!!

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-22 21:43 | 暮らし | Comments(0)

「羨ましいですね」

タイトルの言葉、
わりと頻繁にアナウンサーの口から出るのだけど
これを聞くたびに「ほんとだな!!」
とツッコミを入れたくなる。

先日も子供たちがメロンを給食で食べていたというニュースにたいして
女のアナがそう言っていた。
ほんとだな?!
ほんとに羨ましいんだな?!
メロンったって、1/8くらいだぞ。
そのくらいお前の給料だったら買えるだろう。
この仕事のあと買って食えるだろう。
そんな事を羨ましいと言っていいのか?
そりゃあ子供らはプレゼントのメロンを食ってるよ。
そうか、ただで食えるのが羨ましいのか?
しかもこの時のメロンはたまたま初競りのご祝儀価格で高額なものを寄付してもらったものだけど
寄付が羨ましかったのか?
高額なのがよかったのか?
まったく。
心にもない事を垂れ流すもんじゃない。
「羨ましい」なんて言葉はほんとに羨ましい時にいわないと
ただただ下品になるだけだ。
そんな下品な言葉を公共の電波で垂れ流していいのか?!などと思うわけです。

公共の場でなくても、
いとも簡単に「羨ましい」とか「いいなぁ」とかいう人がいて
私はもうウンザリです。

簡単に羨ましがるな、人々よ。
羨ましがるなら、その人の見えてこない努力も見てやってくれ。
楽して結果を出している人なぞいないのだ。

そうか、メロン・アナは子供たちが楽してメロンを食った事が羨ましかったのか?
んな事ないだろ。

だから、簡単に羨ましいと言うな!ですよ。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-21 22:54 | | Comments(0)

猫とサカナ

日曜雑貨店でサカナ(サンマ?)の吊り飾りを見つけた。
在庫一掃とかで安くなってたので購入し
段ボールで作った黒猫を相方に
またモビールを作ってしまった。

掴めそうで掴めないサカナを追いかけて黒猫がユラリと動く。

自作モビールふたつめ。



そのうち
うちの天井はモビールだらけになるのではないかと思う。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-20 22:48 | 暮らし | Comments(0)
2010かな、オーランド・シェークスピア劇場版の(たぶん宣伝のためだと思うけど)
レミゼラブルのキャストがフラッシュモブで
「ONE DAY MORE」を歌ったのをたまたま見つけて聴いている。

この「ONE DAY MORE」はいくつかフラッシュモブで歌われているんだけど
私はこのオーランドバージョンが一番好きだな。



[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-19 22:12 | 電脳 | Comments(0)

エプロンとタオル

私の妹は手先が器用でお裁縫も得意。
最近は作ってくれなくなったけど、
以前は手作りしたエプロンをくれたり、タオルにレース糸で縁取りしたのをくれたりした。
今もありがたく使っているのだけど、
妹がランチ会でくる時になぜか必ずエプロンとそのタオル(トイレ用)の組み合わせになる。

妹は
『ああ、お姉ちゃん、気にかけて使ってくれてるんだな』
と思ってるかもしれないわね。

でも単に順番に使ってるだけなんだよね。
それらが2つずつとかいうなら、1/2の確率になるけど
(正しくは1/2x1/2なんで1/4か)
タオルは8枚くらいあるしエプロンは7枚中2枚が妹手作り。
それが毎度毎度そういった組み合わせになるんだから、
なかなかにすごい偶然というか奇跡に近いなぁとこっそり思っている。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-18 22:35 | 私の一族 | Comments(0)
通常ではありえない最終回だったと思う。
隠していた事を全部出し切った4人が広沢くんの両親の元を訪れて告白。

普通だったら、広沢くんの両親が悲しみを押さえながら納得して、
「あなた方もつらかったね」とかなんとか甘い事を言って、
4人は妙に救われた顔で戻る、とかなんとかなりそうなものなのに
湊かなえはそうはしない。

父親には許させるけど、母親にはそうはさせない。
母親は息子を失った悲しみをいまだ抱えており
それを彼らにぶつけるのだ。
今度は思い切りぶつけるのだ。
いや、やっとぶつける事ができたといってもいいかもしれない。
それぐらい彼女の怒り、悲しみは激しかった。

それなら、後味が悪かっただろうと思うかもしれないが
そうでもなかったのが面白いところだ。
それは多分4人が
それぞれ自分のした事しなかった事をきちんと自覚して背負っていく決心を見せたからだと思う。
楽になろうとして行ったのだととる向きもあるだろうけど、
あれは自分たちの過ちを背負って生きていくという覚悟を見せに行ったのではないかと思う。
だから、何かすっきりとした、というか
頑張って生きていけよ、という思いにさせられたのではないかと思う。

それにしても、窪田くんと杉咲さんのサービス出演には驚いた。
「夜行観覧者」は見てないのでわからないけど
「Nのために」は見ていたので、ああ、彼の生活はきちんと続いていたんだなと思わせるショットだった。
窪田氏、すごい。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-17 22:27 | | Comments(0)

調剤薬局にて

最近調剤薬局に行くことの多かった私。
そこで見た場面。

中高年女性がカウンターに処方箋を数枚差し出し一枚を指さして
「症状なくなったから、この薬はいらないから」
薬「え・・・?え~と先生にその事は?」
女「言ってない」
薬「え~~と、じゃあ、先生に聞いてみますので、ちょっとお待ちくださいね」
あわてて病院に電話するも、先生は診察中でなかなかつかまらない模様。
その間に私の分を調剤してもらったので、
その顛末を知ることができずに帰ってきてしまったのだけど
「いらない」なら「いらない」で
なんで医師にその旨言わないんだろうね。
先生に言うのをうっかり忘れてたって感じではなかったのよね。
やはり男性医師相手だと言いにくいのかな。
かなり勇者の私だって、まあ、医師と交渉する時はちと緊張するから
仕方ないのかもしれないけど、薬局としては余計なお仕事よね。
そうでもないか。
先月までは二か月に一度くらいの頻度で薬局に行ってた私でも
薬剤師さんが医師に問い合わせする場面に数回出くわしてるって事は
まあ、あれだ、いろいろあるって事だ。

患者も医師も・・・・人間だもの。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-16 22:59 | 雑感 | Comments(0)

料理のブロガーさんたち

料理系のブログやってて、
それが世間に見つかって、
本になってその後、妙にプロになったりしてお教室を開いたりすると
途端にブログがおざなりになってしまうのが残念。
忙しいから仕方ないんだろうけど。
なんだかもやっとします。

それが、やっと見つけた素敵なお惣菜系ブログだったりなんかすると
残念というか
脱力しちゃうわ。

仕方ない。
次のブログを探さなくては、となる。
で、なかなかないんだなぁ、オカズメインのブログってさ。
お若い人がやってるせいか
肉肉肉、肉メインのオカズが多い。

野菜中心のオカズブログ、どこかにいいのないのかしら?

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-15 22:05 | 電脳 | Comments(0)

映画「心の旅

この映画、前に見たことがあるかもしれない。
あのリハビリのオニーサンの記憶がある。
でも、内容はあまり覚えてなかったんでいいか。

こういう事故による、あ、この場合は事件か。
まあ、そういった事で頭にけがをして記憶を失くす、というか
言葉まで失くした人の復活で
事故以前の性格とまったく性格が変わるってオハナシよくあるけど実際にあるのかしらね。
ちょっと疑問だわ。
だって、遺伝子に変化があったわけじゃないないのに。
むむう、養育過程というか
成長過程でいろいろ変化するって事かしら?
でもね、人間、そんなに変われるものじゃないと思うんだけど。
それに、この後、どうやって食っていくんだろう?
アメリカは全員参加の保健じゃないから、そういった保険に入ってないといろいろと大変なのよね。
若くてブイブイやってる人は健康自慢なとこあるから
そういった入院保険やらに入ってなくていざ大病、大けがすると
無一文になるまでいくらしい。

あ~~映画と関係ないか。

内容的にあるようなないような、そんな映画だったのよ。

お金持ちでバリバリ仕事してる弁護士が事件で頭にけがして
記憶をごそっとなくし、とても良い人になってしまうという。
あ~~~ベタだなぁ・・・

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-14 22:54 | 映画 | Comments(0)

政次笑う

久しぶりに<政次>の笑う顔を見た。
あんな笑顔を向けられたら

   惚れてまうやろ~~~~

ですよ。
<なつ>は言ったいどうやって
あの笑顔に耐えているんだろ?ですよ。
て、作り物なんだけどね。

ああ、でも、どんどん政次の最期が近づいてきている。
ずっと見ているわけにはいかないんだろうな。

「コードブルー」の後月9の一生だって?
大丈夫かね。
そんな休みなしで働いて。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-13 22:55 | | Comments(0)
結婚して2年くらいの時、同じ官舎に住んでたひとつ年下の奥様に言われたもんです。

その時夫さんは出世のための試験に受かるべく一生懸命でした。
でも、その試験に受かると関東に行かなくてはならないので
暑さに弱い私は「そんな試験に受からなくてもいい」と公言してました。
言ってはいたけど、夫の試験勉強を妨害してたわけではない。
というか妨害めいた事すらしてない。
なのに、年下奥さんは言うわけだ。

「ダンナさんは須賀子さんのために頑張ってるのに、それを理解してあげないとダンナさんが可哀そう」

そういう彼女は
わけのわからない理由をつけて一年のうち3~4か月は子供連れて実家に帰っていた。
彼女の夫だって同じ試験を受ける予定だったのに。
私は帰ってない。
でも、気ままにふるまう彼女にそんな風に上から目線で言われてた。

普通の人ならこういう時なんて返すんだろうね?

夫を理解してるかどうか自信のなかった私は「理解してない」と言われると、
そうなのかなと不安になり、赤の他人の彼女はなぜ私の夫を理解できるんだろうかと不思議だった。
ひょっとして、うちの夫と関係してて夫が愚痴を言ったのかもしれんとまで考えたのは内緒。

ただ、私が暑さが苦手で関東に行きたがってない事は夫さんも知ってた。
だから、私のために夫さんが試験を頑張るのはあり得ないし何かおかしい気がしたけど、
そこまで言いはると喧嘩になるかなと思って我慢して聞いてるしかなかったのだけど、
すごく不愉快な言葉でしたね。


けれど、その試験に受かったために、配属された部署でうつ病になった夫さんはその後
「あの試験に受からなければよかった」と何度も何度も言ったもんです。
その時、ああ、あの時、試験頑張ってねと言わなくてよかった、と思いましたよ。
もしも私がお尻を叩いてたら、夫はきっと「お前のせいで」と責任を擦り付けてきたに違いない。
危ないとこだった。

それにしても、人の気持ちをそこまで自信たっぷりに断定できる人って
どういう脳みそしてるんだろ?
しかも可哀そう、とまで言っちゃうなんて。
あげく「理解しろ」と強要してくるなんて。
そういうヤツは不幸になるかといえば
誰よりも幸福になってるんだから、さらに不思議。
そういう脳みそだから、幸福なんだろうか。
う~~む、不思議だ。
で、思い出していまだに不愉快になる私も私だけどさ。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-06-12 22:02 | 知人友人 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini