リュックのお値段

今月のランチ会に行った時、
おニューのリュックを背負っていったわけ。
毎回母は何かしらお土産を持たせてくれるので。
ちょうどいいかなと思ってさ。

で、妹宅では特にリュックに関しての話はなかったのに
帰りの地下鉄の中で母が、
そのリュックなかなか素敵だねとかなんとか言ってくれたのはいいんだけど
「頑張ったね」
っていうわけよ。
頑張ったって・・・

何?

よね。

むむむ、これはものすごく高いのを思い切って買ったと思ったのかしら?
いや、違うか、
いや、それしかないだろ。
とあれこれ忙しなく考えてしまったわ。

「いや、そんなに高くないけど」

と言ったものの、母の高額と私の思う高額にひょっとしたらすごく差があって
私がそんなに高くないと思って言った値段に母が
「そんな高いのを買って」
と詰るような反応をするかもしれないと思ったら
価格を言えなくなってしまった。
この年になっても親から詰られるのが怖い、と感じるなんてと思ったら、
自分で自分がイヤになってきた。
いつか親を越えられる日が来るんだろうか?
親が生きてる限りそんな日は来ないんだろうか?
私も娘に対してそんな圧をかけてるのかしら?
以来いささかモヤモヤとしています。
ちなみに例のリュックは3900円でした。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-24 22:29 | 私の一族 | Comments(0)

自爆?

前川「(略)その時点において、獣医学部を作りたいという意向を持っていた学校法人は加計学園のみでございましたので、これは加計学園しかないという事は共通の理解として私共文部科学省の中でも持っておった所でございます」

小野寺「事実確認なんですが今9月9日というお話をしました。その時点ではもう既に加計学園は確かに希望されましたが、 京都産業大学も検討されていたんではないかと思うんですが、それは事実と違うでしょうか」

前川「京都産業大学が意向があるという事は確かにございましたけれども、具体化したようなものではなかったと。むしろその時点で具体的な計画として意識しておりましたのはやはり今治市の加計学園しかなかったわけであります」

小野寺「え、という事はすいませんこれはちょっと言葉やったとったかもしれませんが、前川さんも実は獣医学部を作る成熟した計画があるのは実は加計学園の岡山理科大しかなくて、京産大もある面ではまだそこまで行っていないというそういう認識だったという事でしょうか」
前川
「実際に京産大がどの程度の具体化した計画を持っていたかという事はその時点では私は承知しておりませんでした」

小野寺「もう一度お伺いします。その時に担当の高等教育課でしょうか、そこに前川さんがお話をした時には、それは加計学園が自分の想定している、そういう事を具体的に分かるような形で伝えたという事でしょうか。それともやはり官僚としての矜持でありますから、飽くまでも和泉補佐官が言った通り、総理が早くこれを進めて欲しい、飽くまでもこれは国家戦略特区の問題であるというふうにお伝えしたんでしょうか」

前川「(略)専門教育課、担当課でございますけれども、から説明を受けた際も現実に手を挙げているという所は加計学園しかない。その時点ではですね。具体化した計画を京産大が説明しているという事はございませんでしたので、従ってこれは国家戦略特区における獣医学部の新設という話になれば、これは取りも直さず加計学園の事である。こういう認識は持っておったわけであります。従いまして獣医学部の話だという事はニアリーイコールこれは加計学園の事だと、そういう認識を持っていたのは事実であります」

これをせんじつめると
こうなる。

347 名無しさん@1周年 sage 2017/07/24(月) 09:57:52.66 ID:WvuO4alz0
小野寺 「加計って名前出した?」
和泉   「出してない」
小野寺 「加計って名前出された?」
前川   「安倍総理と友達だから加計の事だと思った」
小野寺 「は?」
前川  「加計しか手を挙げてないから加計だと思った」
小野寺 「京産も手あげてたけど?」
前川  「京産案は具体的じゃなかったから・・・」
小野寺 「で、加計だと思ってたこと大臣や部下に話したの?」
前川  「話してない」

前川一人で加計ありきだったというお話

でも、マズコミは
全力で報道しない自由を使ってくるんだろうな。
最低だ。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-24 21:14 | 時事 | Comments(0)

「ダアウントンアビー」が

終わってしまった。
楽しく興味深く見ました。
ああ、楽しかったなぁ・・・


[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-24 20:35 | | Comments(0)

21gm


とある実験で魂もしくはそういったものの重さは21gmではないかといった結果が出たらしい。
それで、タイトルの21gm、なのか。
それにしても、なんでこんなややこしい作りにしたのかなぁ。
よほどこういったのに慣れてる人でないと
まったく理解できないままに終わってしまうのではないかしら。
理解してもらえなくてもいいのかな?
男Aが心臓病でいまにも死にそうになってる。
そこに交通事故。
心臓がAの元にやってくる。
元気になるA。
一方、ドナーの男Bを交通事故で死にいたらしめた男Cはドナーの子供もともに事故死させていた。
Bの遺された妻は酒に溺れている。
交通事故を起こしたCは
実は敬虔なクリスチャン(プロテスタントかもしれないが)で
とてもまじめ。神がなぜ自分にこんな事故を起こさせたのかと苦しんでいる。
AはBが誰かを調べ、ミセスBに近づき、仲良くなる。
ミセスAがわめくわね。
すったもんだあって、苦しんだAは自分を撃ち、Cの車で病院へ運ばれるも・・・
てやつをこまかく切り刻んで、監督の思うままにくっつけた映画。に見える。
だから、初め、ミセスBが介抱する血まみれのAを
Cの運転する車で病院までひた走る映像がチョコマカ挟まれるのがなんだかわかんない。
普通ならここいらでやめちゃう私だけど、あまりにもわかんないんで
結局最後まで見てしまったんだけど・・・
騙された気分で終わりましたよ。
こういった<どうだ、難しい映画だろ>的なのは好かない。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-23 22:37 | | Comments(0)

オシャレさんとガラッパチ


ずいぶん前だけど
とある病院の待合室で会計が終わるのを待っていたら
若い感じの母親二人と子供二人とジョギング姿の中年女性の集団がどやどやと入ってきた。
若い母親二人は真逆のタイプで
一人はオフホワイトのワンピースに同色のジャケットふんわりと着ていて
ロングヘアをゆるく巻いている。
その子(男子、3~4歳くらい?)もやはりオフホワイトのコットンセーターに
なかなか素敵なデザインのズボンをはいていた。
どこかのオシャレ雑誌に「素敵な母子」とでもコメントでもついて載ってもいいくらい。
かたや
もう一人のママはあちこちにシミのついたくすんだ色合いのトレーナーとJパンで
その子供(こっちも男児。3~4歳?)は首周りの伸びたトレーナーにかなり水をくぐったズボン。
キビキビした様子で子供の手を引いている。
オシャレさんとガラッパチさんとでもいおうか。
で、
オシャレさんは病院に入ってきた時からずっと泣いている。
「どうしよう・・・どうしよう・・・」
ガラッパチさんは子どもを横抱きにして、5人で診察室に消えていった。
むむむ。これは・・・
ああ、オシャレさんの子供が怪我をしたんだな。
ガラッパチさんの子供が怪我をさせたんだろうかと思って椅子に座ってたら
やがてオシャレさんと子供とジョギング中年女性の3人だけがもどってきた。
耳をダンボにして聞いていると、しきりにジョギング女性が泣き止まないオシャレさんをなだめている。
「あなたの坊やの持ってたオモチャをあの子が取り上げたの。
で、お宅の子が取り返そうとして引っ張り合いになって
あの子がよろめいて、公園の水道の蛇口に頭をぶつけて・・・ちょっと切れちゃったのよ。
ほら、頭はいっぱい血がでるから、ビックリするかもしれないけど、そんなに大きい傷じゃないから。
私、最初から全部見てたから。あなたの坊やが悪いんじゃないの。泣かなくてもいいのよ」
おやおやそうなのか。
逆なのかぁ・・・
ちょっとドラマのようでした。
[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-22 15:59 | 雑感 | Comments(0)

黒皮の手帖


私が武井さんになにか偏見があってそう見えるのかもしれないけど
武井さんの表情にちらつく傲慢さが
原口元子にピッタリあっていたりいなかったりするあたりで
なにやらモゾモゾしました。
銀行時代はその傲慢さが
ずっと我慢している彼女の生活にあってないと思えるし
クラブ・カルネではそれがあざとさ・やりすぎに見えたり。
その傲慢さがピタッとあったのは
銀行に乗り込んで支店長たちをいたぶって留飲を下げる場面だけだったかと。
クラブの客と話している時に
いろっぽい表情をしようと苦労しているのをみてふと思ったのは、
この役を30歳頃の仲間由紀恵さんならどうだろうという事だった。
ご本人は気づいているのかいないのか知らないけど
仲間さんは時々凄絶といっていい流し目をする事がある。
それは男性だけでなく、女性にも繰り出されるので
ひょっとしたら意識してやってないのかもしれないけど
とにかくクラブのソファの横であの超絶色っぽい流し目をされたら
鼻の下の伸びた男どもなんかいちころであろう。
まあ、そんな事を考えたのさ。
武井嬢には・・・「お勉強して」頂くしかないんだけど。
オジサマたちの面子がすごいですね。
テレ朝、力を入れてるんでしょうか?
高嶋弟、
江口洋介、
奥田瑛二
そして伊東四郎ですよ。
ところでひさしぶりに女優の高畑淳子さんをお見掛けして
嬉しかったァ。
今回はポイント出演なのかな?
この後コンスタントに復帰してほしいものです。
高畑さんのいないドラマはなんだか気の抜けたサイダーみたいで。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-21 21:44 | | Comments(0)

映画「ムーランルージュ」


う・・・まさかこんな映画だとは・・・!
勘違いしてた。
大きく勘違いしてた。
キャバレー?「ムーランルージュ」で働く人々ーダンサーから裏方までーを
淡々と描いたものかと思っていた。
なんせ私はそういうのが好きだからね。
ささやかな恋あり、小さな行き違いあり、
でも、ショーマストゴーオン精神で最後はみんなでガンバちゃうよ、みたいな。
ドッコイ違ったぜ。
真実の愛がどーのこーの、
あ~~激甘です。
くどいくらい。
貧乏作家が追い詰められて作る舞台と同じくらい。
で、
貧乏作家と恋に落ちる、ヒロイン。
なのに、
ヒロインは余命わずか。
しかもミュージカル。
ある意味てんこ盛りじゃないですか。ベタな展開の。
ぐえ・・・
いいのか、こんなんで。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-20 21:53 | 映画 | Comments(0)

ドラマ「僕たちがやりました」「カンナさ~ん」


■「僕たちがやりました」
まさかこのようなドラマだっとは!!!
ですよ。
この気持ち悪さは何なんだろう?
2タイプの底辺高校の・・・
ああ、思い出すだけでも気持ち悪くなる。
ほんとはきちんと分析したいんだけど
考えると気持ち悪くなるんで・・・
肌に合わないというかまったくダメです。
窪田くんが主演なので大いに期待したのですが・・・
窪田正孝主演で、なんでコレなんですか!!!
■「カンナさ~ん!」
渡辺直美による渡辺直美のための渡辺直美のドラマ、といった感じですかね。
渡辺直美ちゃん、話は面白いし芸達者だし、
好きなタレントさんなんだけど
「アタシ演技してます」感が否めないとこがねぇ・・・
全員直美ちゃん式でやってれば、それなりにコント風になったかもしれないけど
後の人は幸か不幸か俳優さんなんだなぁ。
正統派俳優さんたちの演技の中で直美ちゃんだけ
ゆるくコントみたいでさ~
落ちつかない。
お笑いの人がドラマに出るのって、難しいわね。
これの前の時間帯の(局は違うけど)ドラマに「(元キンコメ、の)今野」さんが出てて、
ちゃんと俳優でやってるもんで差が見えてしまうなぁ。
元キンコメって言わなくちゃいかんのだな・・・・
そして、再結成はないのだな・・・
ああ、高橋のバカヤローーー!!
好きなコンビだったのに・・・
[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-19 21:59 | | Comments(0)

「コードブルー 3」

言わずもがな。

まさかシリーズ3があるとは思わなかった。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-18 20:53 | | Comments(0)

次の次の大河の主役は


藤堂か
島津か
立花しかないんじゃないだろうか。
だけど、西郷をやった後に島津はないだろうから
藤堂か立花、かな。
また、徳川の誰かに戻ったりして・・・

「ヒストリア」見てたら
今川氏真の生涯が凄い!!
むう、これもあり?
いやいや、その前に今川の女大名・寿桂尼だって面白い。
今川は人材の宝庫?



[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-18 19:21 | | Comments(0)

攻めのタイガー

先月末に
暑い時にさっと羽織れるものを買ったわ。
まあ、Tシャツ1枚でもいいんだけど、なんとなく。
同じデザインで色違いのがありました。
ひとつは薄いグレイと白の縞模様。
もうひとつは黒と白。
いろいろ悩んで、黒と白にしました。
今年の夏は攻めていく!
とかっこつけてみたりして。



[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-17 22:29 | | Comments(0)

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」


1時間くらい見たら、もういいかなと。
なんでですかね?
あーーこれはもういいかなって、思いました。
なんていいますかね、
殺してから11年たってるんですよね、
もうそろそろ腹くくれてもいいんじゃないかと。
ほら、お母さんなんか割り切ってるじゃないですか。
それにDVの父親なんて生きてる必要ないし
いいじゃん、いいじゃん、とか思ってみてたら
庭に穴掘り。
ああ、運ぶ手段がないんだなと同情しきりで見ていたら
あ・・・車、運転してんじゃん!!
だったら、その車に乗せればいいのに。
庭に穴掘るって、大変だよ。
大人一人埋める穴って、掘るの大変だよ。
ねえ、車があって、運転できるんだったらさ・・・
で、母と息子はどうやって帰ったんだろうか?
だが、しかし、
そういう些末な事は置いといて
あんなゴキブリ以下のDV亭主、殺してもいいけど
でも、なんで殺す必要あったかなぁ。
専業主婦だったら、生活費がぁ~~とかあるかもしれないけど
お母さん、看護師じゃん、ガッツリ稼げるじゃん。
離婚一択じゃあないですか。
さっさと証拠集めて離婚しちゃえばよかったのに。
それとも、あの時はなんの資格もなくて
亭主を殺してから資格を取ったんだろうか?
それにしても、黎くんも父親に関して
なんでああもペラペラと嘘をつくんだか。
失踪しましたでいいじゃないか。
なにも病死って、ややこしい事にしなくても。
殺人がばれなくても、そういうつまんない嘘がばれたら大変だよ。
まあ、あの時、未成年もいいとこだったから
たいして罪にはならないし、まあ、お母さんが死体遺棄ですかね。
それだって、息子を守りたい一心で、とかやったら起訴猶予になるよ。
ふう・・・
被害者ヅラした加害者の裏とりした部分だけはよかったんだけどねぇ・・・
あ~~残念ドラマです。
[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-17 21:39 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini
プロフィールを見る