水曜ドラマ「mother」

ドラマが始まる前は
ヒロインにはかつて子供がいて、その子を失っており、
それから数年後に知り合った少女を亡くした子に重ねて
その子を救う決心をしたのかと思っていた。
だって最初のシーンがそれっぽかったから。
(子供が水難事故にあい、子供の着衣を母親らしき人が確認して号泣。
 画面の色調が薄暗いんで、女性の顔がわかりにくかった)
だけど、どうも違うらしい。
公式サイトによると
ヒロインは未婚でシングルマザーであったこともなかったそうだから。

それでは
ヒロインが虐待されている少女を連れて逃げる決心をしたのがあまりにも
唐突なのだけど
第一回の最後の方でヒロインの口から語られる「私は拾われた子だったの。親に捨てられたのよ」
という台詞から
ははん・・・・そっちの方の心理が動いて少女を助けたのかな、っと。
たぶんそれはこれからわかっていくんでしょう、っと。
 
どっちにしろ暗い話。
救いに向かっていくのか、破滅に向かっていくのか。
どっちなんだろ?

それはおいといて
子役の芦田嬢がすさまじくうまい。
これは子役が下手だと成立しないドラマなので当然といえば当然なんだけど
予想以上の
名演技にぞっとした。
大人全部を食ってしまっている。
[PR]
by kumorinotini | 2010-04-16 10:01 | | Comments(0)