小野但馬守~「おんな城主直虎

むむむ。
高橋一生さんが演じているので
気になって小野但馬守政次について
ちょっとだけネットで調べてみた驚いた。

なんと処刑された後、但馬社という神社を建ててもらっていた!
怨霊となって井伊に祟っては困る、と思ったんだって。

おかしくない?

小野は悪い奴なんでしょ?
そいつを処刑したからといって
なんで怨霊に怯えなくちゃならない?
井伊家の人々は当然の事をしただけだもの。

おかしくない?

怨霊になると人々が思うのは
その人が冤罪で死んだ、
あるいはまったく報いを受けてないばかりかひどい扱いを受けた、など
怨霊になるだけの理由があると信じられた時だけです。
恨んで当然、と考えた時だけです。
気の毒に、と思って建てる時もあるけど
基本は非業の死を迎えた者は怨霊になっちゃうから
祀って鎮めるってわけね。

日本三大怨霊といえば
菅原道真、平将門、崇徳院。
規模としてはそこまで有名な存在じゃあないけど
井伊の人々から
小野但馬もその三人と同じ仲間と認定されたって事よね。

だったら、おかしくない?

小野が井伊の話に残っているような井伊に対する裏切り者なら
誰も怨霊になんか怯えるわけないのです。
裏切りものは処刑して当然なんだから。

ほんとに裏切り者だったのかしら?

これは別に一生さんが演じているから
ひいき目で見ているというわけではありません。

なんだかひっかかる話だったもんで、書いてみました。

神社・・・変なの。


[PR]
by kumorinotini | 2017-03-16 22:15 | | Comments(0)