2017年 03月 08日 ( 1 )

ここ数年利用している美容室の美容師さんが
80代の伯母(彼女の母親は60代だけど、兄弟姉妹で年が離れているので、伯母は80代なんだそう)が
ケータイの使い方がわからなくて、時々彼女のとこに聞きにくるのだそうで。
その時の話・・・

新しい電話番号を3件入力するというので
やり方を教えながら1件目を入れて数分もたってないのに
もうやり方を忘れている、そんなものなんだろうか

という驚きあきれた物言いをしてた。
その言い方にちょっとイラッとしたけど
そういうのは人それぞれだし
できれば紙に書いてやってほしいとお願いしておいた。
一回やってすぐに覚えるというものではないのよ。
あなたにとってそれは扱いなれているものかもしれないが
伯母さんにとってはなかなかにハードルの高いものなのだと言っておいたけど・・・

目の前の現象をなぜさっさと認識しないんだろう、と
そっちの方が私には不思議でした。
ああ、伯母さんは覚えられないんだなとさっさと頭を切り替えて
じゃあ、手順を紙に書くね、ですむ話を
なんで客の私にまで驚き呆れたように話さねばならんのだろうか、と
そっちの方に私は驚き呆れました。

いずれあなたもこの伯母さんみたいになるのよ、と言ってやりたかったけど
あまりにも残酷だったので、
高齢になると
はなから自分では無理、とかできるわけがないと決めつけてしまうので
覚えられないのかも、と言っておいたけどさ。
でも、ケータイを使おうとするだけ立派じゃん、と思ったけどね。
それではだめなのかね。

ていうか、この美容師さん、カットが下手なんで
いつも帰宅してから、変えようかしら、でも、安いしなぁと悩む。


[PR]
by kumorinotini | 2017-03-08 22:32 | 雑感 | Comments(0)