2017年 05月 14日 ( 1 )

調剤薬局で待ってたら、
隣に座った初老の女性がなにやらメモみたいなのを取り出して電話をかけ初めました。

「田中レオ(仮名)の母でございますが、レオの父はおりますでしょうか?」

どうも父親はいなかったらしいのだけど、
今時レオとはキラキラネームとは言えないかもしれないけど、
でも、この年齢の人の子供にしてはレオとはねぇ・・・と思って、
そっと隣を覗うと、持っていたのは「動物病院の診察券」でした。
おお、というとこれは飼ってる動物の名前だったのか、
それにしても、動物病院にいくと~~ちゃんのお父さんお母さんと呼ばれるとは知っていたけど、
実際にそれを聞くと、おお!となるわね。

隣も女性はその後自宅にも電話したらしく

「それでどうだったの?・・・」
「え?ダイジョウブなの?なんて言われたの?」
「今、食べさせてるって・・・ペットフードでいいって言われたの?」

男性にはよくある事だけど、
レオのお父さんの返事がいまいちぱっとしなかったらしく、
なんとなく不満そうに彼女は電話を切ってたわよ。

こういう時の男性って、どこか子供のお使いみたいになる事が多いので
隣の女性もどこか納得いかなかったようで。
ごめんね、男性。
でも、あなた方って実際そうなんだもん。

[PR]
by kumorinotini | 2017-05-14 22:46 | 雑感 | Comments(0)