2017年 10月 31日 ( 1 )


ああ、やはりBORDERは面白い。
今回は過去の事件と現在形の事件が同時進行という難しい展開に加え
石川が自分のやった殺人とどう向きあっていくのか
闇社会の彼らが石川に入れ込む理由が解明されたのでした。
***
どうしたらいいのかわからず、考える時間がほしくて
「覚えてない」
を連発せざるをえなかった石川の逡巡を吹き飛ばすかのように
やってくる幽霊。
今現在起きている事件です。
いや、起きている事すら判明していない事件。
聴取を拒否して事件に取り組む石川。
闇社会のチカラも借りて、犯罪と犯人を明らかにして・・・
***
ああ、こういう決着の付け方もあるのだなと感心しました。
石川の口から語られる贖罪。
闇社会のボスの語る贖罪。
ふたつの贖罪。
***
ドラタもなくアクションもなく
息を殺して2時間見てしまいました。
***
最後の場面で
子供たちが遊ぶ公園のベンチに
そっと立てかけられた、いくつかの花束。
次回への予告でしょうか、
たまたまでしょうか・・・
でも、アップにまでなってたし。
次回があるなら楽しみに待ちたい。
[PR]
by kumorinotini | 2017-10-31 22:48 | | Comments(0)