映画「ムーランルージュ」


う・・・まさかこんな映画だとは・・・!
勘違いしてた。
大きく勘違いしてた。
キャバレー?「ムーランルージュ」で働く人々ーダンサーから裏方までーを
淡々と描いたものかと思っていた。
なんせ私はそういうのが好きだからね。
ささやかな恋あり、小さな行き違いあり、
でも、ショーマストゴーオン精神で最後はみんなでガンバちゃうよ、みたいな。
ドッコイ違ったぜ。
真実の愛がどーのこーの、
あ~~激甘です。
くどいくらい。
貧乏作家が追い詰められて作る舞台と同じくらい。
で、
貧乏作家と恋に落ちる、ヒロイン。
なのに、
ヒロインは余命わずか。
しかもミュージカル。
ある意味てんこ盛りじゃないですか。ベタな展開の。
ぐえ・・・
いいのか、こんなんで。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-20 21:53 | 映画 | Comments(0)

ドラマ「僕たちがやりました」「カンナさ~ん」


■「僕たちがやりました」
まさかこのようなドラマだっとは!!!
ですよ。
この気持ち悪さは何なんだろう?
2タイプの底辺高校の・・・
ああ、思い出すだけでも気持ち悪くなる。
ほんとはきちんと分析したいんだけど
考えると気持ち悪くなるんで・・・
肌に合わないというかまったくダメです。
窪田くんが主演なので大いに期待したのですが・・・
窪田正孝主演で、なんでコレなんですか!!!
■「カンナさ~ん!」
渡辺直美による渡辺直美のための渡辺直美のドラマ、といった感じですかね。
渡辺直美ちゃん、話は面白いし芸達者だし、
好きなタレントさんなんだけど
「アタシ演技してます」感が否めないとこがねぇ・・・
全員直美ちゃん式でやってれば、それなりにコント風になったかもしれないけど
後の人は幸か不幸か俳優さんなんだなぁ。
正統派俳優さんたちの演技の中で直美ちゃんだけ
ゆるくコントみたいでさ~
落ちつかない。
お笑いの人がドラマに出るのって、難しいわね。
これの前の時間帯の(局は違うけど)ドラマに「(元キンコメ、の)今野」さんが出てて、
ちゃんと俳優でやってるもんで差が見えてしまうなぁ。
元キンコメって言わなくちゃいかんのだな・・・・
そして、再結成はないのだな・・・
ああ、高橋のバカヤローーー!!
好きなコンビだったのに・・・
[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-19 21:59 | | Comments(0)

「コードブルー 3」

言わずもがな。

まさかシリーズ3があるとは思わなかった。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-18 20:53 | | Comments(0)

次の次の大河の主役は


藤堂か
島津か
立花しかないんじゃないだろうか。
だけど、西郷をやった後に島津はないだろうから
藤堂か立花、かな。
また、徳川の誰かに戻ったりして・・・

「ヒストリア」見てたら
今川氏真の生涯が凄い!!
むう、これもあり?
いやいや、その前に今川の女大名・寿桂尼だって面白い。
今川は人材の宝庫?



[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-18 19:21 | | Comments(0)

攻めのタイガー

先月末に
暑い時にさっと羽織れるものを買ったわ。
まあ、Tシャツ1枚でもいいんだけど、なんとなく。
同じデザインで色違いのがありました。
ひとつは薄いグレイと白の縞模様。
もうひとつは黒と白。
いろいろ悩んで、黒と白にしました。
今年の夏は攻めていく!
とかっこつけてみたりして。



[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-17 22:29 | | Comments(0)

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」


1時間くらい見たら、もういいかなと。
なんでですかね?
あーーこれはもういいかなって、思いました。
なんていいますかね、
殺してから11年たってるんですよね、
もうそろそろ腹くくれてもいいんじゃないかと。
ほら、お母さんなんか割り切ってるじゃないですか。
それにDVの父親なんて生きてる必要ないし
いいじゃん、いいじゃん、とか思ってみてたら
庭に穴掘り。
ああ、運ぶ手段がないんだなと同情しきりで見ていたら
あ・・・車、運転してんじゃん!!
だったら、その車に乗せればいいのに。
庭に穴掘るって、大変だよ。
大人一人埋める穴って、掘るの大変だよ。
ねえ、車があって、運転できるんだったらさ・・・
で、母と息子はどうやって帰ったんだろうか?
だが、しかし、
そういう些末な事は置いといて
あんなゴキブリ以下のDV亭主、殺してもいいけど
でも、なんで殺す必要あったかなぁ。
専業主婦だったら、生活費がぁ~~とかあるかもしれないけど
お母さん、看護師じゃん、ガッツリ稼げるじゃん。
離婚一択じゃあないですか。
さっさと証拠集めて離婚しちゃえばよかったのに。
それとも、あの時はなんの資格もなくて
亭主を殺してから資格を取ったんだろうか?
それにしても、黎くんも父親に関して
なんでああもペラペラと嘘をつくんだか。
失踪しましたでいいじゃないか。
なにも病死って、ややこしい事にしなくても。
殺人がばれなくても、そういうつまんない嘘がばれたら大変だよ。
まあ、あの時、未成年もいいとこだったから
たいして罪にはならないし、まあ、お母さんが死体遺棄ですかね。
それだって、息子を守りたい一心で、とかやったら起訴猶予になるよ。
ふう・・・
被害者ヅラした加害者の裏とりした部分だけはよかったんだけどねぇ・・・
あ~~残念ドラマです。
[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-17 21:39 | | Comments(0)

制服

高校の時、制服だったのけど
古い時代だったせいかその高校の女子はセーラー服だった。
で、似合う似合わないは別にして私もセーラーで通っていたのけど
ほかの女子となんとなくセーラーのデザインが違うことに気づいた。
まず上着の丈が長い。
ほかの女子はウェストあたりまでしかないのに
私のはおへそ近くまであった。
そして、ほかの女子は脇にファスナーがついていたのに
私にはついていなかった。
そして、私のはスカートのひだの数が少なかった。
たぶん半分くらい。
あまりファッションに興味のなかった私は
上がセーラーで下がひだスカートであれば
なんでもよかったのだろうと鷹揚に考えていた。
そういった他人と少しずつと違うにもかかわらず
誰にも何も言われなかったもので。
その制服で3年間過ごし
卒業してから、初めて生徒手帳をじっくり眺めて驚いたのなんのって。
制服には細かい規制があって
ヒダの数もきっちり決まっていたのだった。
セーラー服も丈が長すぎたし
スカートなんて圧倒的にひだの数が少なくて校則違反もいいとこだったのだ。
知らないでいてよかった。
知っていたら、私は3年間、モヤモヤした思いを抱えて過ごした事だろう。
当時の私は真面目だったのだ。
クラスの女子の制服は購入したものだけど、
私のは母が布地を買って、縫製をやっている人に頼んだものだったと後で知った。
一体どういうオーダーをしたのだろうか?
ひとつ間違えたら、作り直しになるとこだったかもしれないのに。
セーラーとプリーツスカートであればいいとでも
言ったのだろうか。
謎だけど、いまさら聞くのもなんだし・・・
時々少しだけモヤモヤする。
普通の母子だったら、母が深く考えていなかったんだろうなと思うところだろうけど
普通ではなかったからね。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-16 19:35 | | Comments(0)

ドラマ「ハロー張りネズミ」


お節介と人情が売りの探偵事務所というあたりでもう私の眼には色眼鏡が。
そういうの苦手なんだよなぁ。
って、これって「傷だらけの天使」にシチュエーション、似てない?
探偵二人にミステリアスな女所長という不思議なトリオ。
岸田さん演ずる所長は
「可哀そうに」なんて言いながらけっこうエグイ仕事を押し付けてきてた記憶があるけど。
さして美人でもないのに
岸田さん扮する所長は<いい女>だったわね。
そういう記憶がある。
さて、このドラマは弘兼さん、原作だそうだけど
弘兼さんて、「傷だらけ~~」世代なんですかね。
ああ、内容は良かったですよ。
たぶんよかったと思います。
過剰な泣かせの部分を除けば。
瑛太くんと森田くんのコンビはなかなかよかったし
岸田さんとは違うけど、山口さんの所長も風変わりでよかったし。
一般受けするでしょうよ。
深キョンが今後どういう形で事務所とリンクするのかわかってないし。
とにかく一般受けはするでしょう。
[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-15 22:15 | | Comments(0)

ドラマ「セシルのもくろみ


「マイフェアレディ」の変形ドラマで、
筋書きや流れがわかっているからといって拒否する気は毛頭ない。
ドラマはプロセスだから。
どのように展開するのか、どのように納得させてくれるのか
大事なのはそこだから。
読モなんかにまったく興味のないヒロインが読モになっちゃうのは
ひとえに息子の学費のため。
世界の違う読モをすぐに辞めないのは負けん気が強いから。
フリーライターがヒロインを読モにしたいのは
ほかに見つけられなかったのと、
副編がいったんはスカウトしたからと切羽詰まってるから。
副編がヒロインに目をつけたのは、
ヒロインが編集長の好みのタイプだから。
それを利用して何かするのかしないのか。
大きな矛盾はないし、押さえるとこは押さえてある。
なのに、心がはずまないのはなぜだろう?
ヒロインのせいだ。
真木よう子さんがどんなダサイ恰好をしても
彼女に目がいくのだ。
圧倒的なパワーと輝きなのだ。
成功しているらしい読モさんたちをはるかに凌駕しているのだ。
しかもボンヤリした様子の読モ女優の皆さんよりはるかに美しい。
逆にドレス姿は頂けなかったが。
難しいね。
なにか人と違うと思わせないといけないんだけど
しょっぱなからみせてしまうとこういう事になる。
[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-14 21:57 | | Comments(0)

ドラマ「刑事7人 3」と「過保護のカホコ」


■「刑事7人」
う~~ん、シリーズ1のあのフワフワした天城さんいは戻らないんでしょうね。
戻れない、というか戻さないというか。
あのゆる~い感じが好きだったんですが
今はすっかり硬派です。
仕方ないですね。
そういうのが好まれるんでしょう。
■「過保護のカホコ」
まったく期待しなかったせいか
それなりに楽しめました。
お父さんがいろんな人を動物に例えるとこが
あ~うまい事いうよなぁと可笑しかった。
さてと
お母さんがこんなに過保護になってしまったのも
後半の彼女の言葉「不妊治療」「出産時の苦労」で
ああ、まあ、仕方ないのかなと納得。
そして、」お父さんはそんなお母さんに弱い。
強く出られない。
子供の周囲の危険なものを残らず排除して
なおかつ自分が子供の全てを把握してないと気が済まない。
この母はやりすぎにしても、まあ、理解はできます。
で、カホコさん、この母親にスポイルされているにしては上出来な娘です。
ぬぬ、カホコさんはお父さんの優しい性格を受け継いだのかな?
お父さん言うように純粋培養ゆえの
素直さ純真さ真っすぐさで自立・自律に取り組むのでしょうか。
ガンバレ、カホコ!であります。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-13 22:07 | | Comments(0)

新しいリュック

去年だか一昨年だか買ったリュックが存外使いにくく
結局新しいのを通販で買ったのだけど
それから一か月・・・
通販でバーゲンされてた。
微妙なのが
バーゲンのは黒。
私が買ったのはグレージュ。
いつもなら黒を買うところ
黒ならたくさん持ってるし
夏に黒は重すぎるように思え、珍しくグレイに近い色味があったので
グレージュにしたのね。

そこへ黒がバーゲン。
いやいや微妙だわ~

ものすごく腹が立つわけではないけど
そのうちグレージュもバーゲンかしら・・・
いやいやここで出てこないって事は大丈夫かなと
そこはかとない不安といいますか。

買っちまったものはどうしようもないのにね。
しかもしっかり使ってから後悔しても
返品できないのに。
ていうか、返品する気もないし。
なのに、なんでそこはかとなく気になってしまうのか。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-12 22:03 | | Comments(0)

ドラマ「うちの夫は仕事ができない」


優しすぎるあまり仕事の優先順位がおかしくなる男に錦戸くん。
これがなんつーかすごく良いのです。
一見できそうに見えるのに、ってあたりで。
しかも、まだ奥さんに言えてない時の
背中の切ない事、切ない事。
なんかね、涙出そうになりましたよ。
うまいなぁ・・・錦戸くん。

そんで、その可愛い奥さんに松岡さんですが
ごめん、松岡さんて
うまいけど、どことなく垢抜けないなぁとずっと思ってましたが
この松岡さんはすごく可愛い。
愛らしいです。
ラブリーです。

ところで
ミュージカルみたいなアレ
毎回入るのでしょうか。
妙に気になるというか
ツボでございました。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-07-11 22:45 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini
プロフィールを見る