カテゴリ:娘( 49 )

ばあちゃんの声

師匠がいうに
先日「ばあちゃんに呼び止められた」とのこと。
以前、同居してた時に夫さんの母がいた部屋から
「〇〇~」
とばあちゃんの声で呼ばれたんだそうな。
こっちに来てみたのかな。
それとも・・・そんな怖い事は考えたくない。

[PR]
by kumorinotini | 2017-11-16 10:38 | | Comments(0)

元気がない?


10月31日あたりから師匠の元気がないような気がする。
確認した方がいいのか。
自分で乗り越えるようにした方がいいのか。
はたまたなんでもないのか。
悩む。
昔、うつ病を発した夫を持つと
ほんとに悩んでしまう。
夫と違うところは日常の事はできてるし
趣味の事もやってるし。
って、それができななったら・・・相当ヤバイか。
しばらく様子をみるか。
[PR]
by kumorinotini | 2017-11-01 23:01 | | Comments(0)

夫さん、師匠と歩いたりしていると
いつも師匠が遅れがちになるのね。
いいや、遅れがちなんてもんじゃないわ。
徐々に遅れて、ずっと後ろを歩くことになるのよ。
長い事、なんで三人で歩くと、
師匠はふてくされるのかしら、と思っていたわ。

ところが、ある時、師匠が言ったのよ。
「私、歩くのが早いって言われるけど、そういう人に
お父さんお母さんはもっと早いから
追いつけないっていうとみんなビックリするよ」

ふえ?
追いつけないの?

「うん。追いつけないよ。だから、いつも遅れるでしょ?」

ああ、そうだったのか。
私はてっきり何かに腹を立てて、ふてくされてるんだとばかり思ってたわ。
だいたい三人で歩くといえば選挙の投票に行く時が多いのだけど
なんで投票にいく時に限ってふてくされるんだろうって常々不思議だった。
まさか追いつけなかったとは・・・
私も夫さんも速足を心がけてるわけじゃなくて
いつものペースなんだけど・・・早かったのか。
聞いてみないとわからないものね。

[PR]
by kumorinotini | 2017-08-11 22:19 | | Comments(0)

師匠が怒る。

「タバコ吸う人ってさ、『吸ってもいいですか?』って聞けば吸えると思ってるんじゃない?
だってさ、こっちに聞いてきた時にはもう指にタバコはさんで、ライター持ってるんだよ。
もう、吸う気満々じゃん。あれ、腹立つんだよね」

ああ、そういえば、そうかもしれない。
「いいですよ」というのを待ってるようで
人によってはいい感じしないかもね。

師匠はそういった時、
「否」と言えない性格らしくって腹が立つらしいんだけど
私はそんな事ないから、タバコ持っていようとライターをかちっとやってようが
「ダメ」って言っちゃうんで
さして気にしてなかったけど
よく考えると、本当に失礼な態度かもしれない。

そんな失礼野郎のくせして
喫煙野郎どもは非喫煙者にたいしてけっこう失礼な物言いするわよね。
チッと舌打ちするような、さ。
ふん!!
害悪垂れ流しのくせになんであんなに態度がデカイんだろうね。
ファッショだのタバコ吸う自由がどうとか。
タバコの煙のせいで
鼻が痛くなるばかりか
咳が止まらなくなるこっちの苦しみは無視なのよねぇ。
あげくは、
わざと咳をしてるみたいに言う人もいるし。
咳をするのって、
苦しいし喉も痛くなるんでこっちだってしたくないですよ。
でも、我慢してもどうしても咳が出るんだからしょうがないですか。

あ~~腹立ってきた・・・・

[PR]
by kumorinotini | 2017-05-16 22:52 | | Comments(0)

師匠の腎臓

3月末に師匠は前回から3か月後の検診に行った。

結果、蛋白なし。
潜血少々。
専門医の先生おっしゃるに
「蛋白が出たのは、たまたまその時ちょっとだけ炎症を起こしていたのかもしれない」と。
今度は半年後に行くそうです。

というわけでIga腎症の疑いはなくなりました。
あ~~よかったぁ。

夫さんもそうだったので
これは遺伝かもしれない。

[PR]
by kumorinotini | 2017-04-06 22:30 | | Comments(0)

Iga

11月末に師匠は血液検査と尿検査を受けてきた。
結果、潜血は少々あったけど(プラス1)
蛋白はなし。

腎臓専門医の先生も、
潜血の場合、遺伝もあるからね、と言い出したそうだ。
それでも、念のために4か月後に検査に行くことになった。

そう、夫さんも40台の頃、一時潜血が出た事があって、
それは一年ちょっとくらい続いたけど、やがてなくなった。
以来ない。と思う。

検査でいうと
夫さんも3か月に一度が2回、
それが半年に一度になりやがて潜血がなくなって
検査もなくなったそうだけど師匠もそうであってほしい。
一応数値はどんどん低くなっているので
腎症である可能性は限りなく低くなったらしい。
まあ、それで、遺伝かなみたいな事を先生が言い出したそうなんだけど。

とりあえず
あ~~よかった。ほんとによかった。

このままなくなりますように。

[PR]
by kumorinotini | 2016-12-02 22:05 | | Comments(0)

ここ2週間ほど師匠が喉がいがいがするって言い出して
様子を見てたんだけど
治る様子もないので、耳鼻咽喉科に行っておいでと言ったのよ。
土曜日にでも行くのかなと思ってたら
昨日急遽早めに上がらせてもらって行ってきたそうだ。
で、
「逆食だろうって」
と薬を出されてきた。
ジェネリックの胃薬。
それを10日ほど飲んで様子を見ましょうといわれたそうだ。

ああ、親子ってここまで似るものなんだろうか。
でも、私は胃袋が強いけど師匠はそうでもないか。
う~~ん、偶然ってことかね。
どっちにしろ、私が逆食になったのは50代だけど
師匠は30代で・・・今後の事を考えると早すぎかもしれない。
しかも逆食って治る事はないし、大変だよね。
[PR]
by kumorinotini | 2016-08-19 21:11 | | Comments(0)

潜血と蛋白


師匠、5月の健康診断の中の尿検査で潜血あり。
で、翌月6月に近所の病院で再び尿検査したところ、蛋白が出た。
潜血はなし。
で、そこの病院から紹介を受けて、すぐにNTT病院の専門医のところへ。
それが、2週間前かな。
蛋白は出なかったけど、少々潜血あり。
潜血に関しては、尿が濃かったせいもあるかもしれないとのこと。
腎臓の働きには何も問題なし、とにかくいまのところは。

で、昨日、再度尿検査。
今度は潜血は問題なかったけど、蛋白が少々。
(よく寝てないと蛋白が出るらしい、師匠によると。師匠は珍しく前夜よく眠れなかったそう。)
3ヶ月後の11月に3度目のNTT病院行き。
よく寝て、水分いっぱいとって、来院しろとの事。

ただし、専門医によると
次回の検査しだいだが、それでも蛋白もしくは潜血があったら
腎生検ですってさ。
IGA腎症の疑いがあるそうで。
IGA腎症って、調べたら
原因不明、さしたる治療法もなし、
程度によるけど
下手すると20年後くらいに透析の可能性もあるらしい。

確定してないのに、なんでそんな事教えるんだよ!
教えて、患者になんの得があるというんだ?
11月までウダウダと悩むだけじゃないか。
自分の胸に秘めといてくれよ。

そのせいか夕べから師匠がいささか暗い。
(本人はなんだか眠気が続く、とのことだけど)

だけど、夫さんも時折潜血あったりの人なので
その遺伝じゃないかと思うのだけど。

ああ、天罰なのかなぁと思う。


[PR]
by kumorinotini | 2016-07-21 21:29 | | Comments(0)

会社の健康診断で腎臓系の数値に多少問題ありだった師匠、
近所の病院の紹介状で大病院の腎臓内科に行った。

え~~今回で三回目の尿採取と血液採取(外注)。
その結果次第で
エコー、CTスキャンの予定を入れるはずだったのだけど・・・

蛋白ゼロ(前回は少々)、潜血は3→2。
結果、
次回もう一度尿検査をし、その時血液検査(外注)の結果が出るので、それからですね、との事で
はっきりした結論は出ず。
ただし、医師が言うには
腎臓の機能にはなんら問題がないので
尿が濃かったりして、そのせいで反応が出たんじゃないかな、ですって。
そんな事ってあるのね。

不思議な腎臓の世界。

てか、尿を取るのにどんだけ苦労してんだ、師匠は・・・
朝から1リットル以上飲んで、やっとって
どんだけ~~~ですよ。
相当時間をかけて体の中をめぐっているに違いない。
[PR]
by kumorinotini | 2016-06-29 20:46 | | Comments(0)

潜血反応

5月に受けた健康診断で
師匠の尿に潜血反応が出たので、先週、近くの病院に行って再検査を受けるも再び潜血反応。
血液検査の結果を見つつ
アレでもなし、コレでもなし、腎臓自体に何か不具合が・・・
これは腎臓内科に行ってくださいという事で大病院への紹介状をもらってきた。

普通ならここで心配マックスになるところだろうけど
実は夫さんが同じ症状。
時々潜血反応が出る。
初めて確認された時にエコー、CTスキャンしたけど何もなし。
時間をおいて、尿検査したら、潜血なし。
以来、潜血が出たり出なかったりで、結局、そんなに心配いらないでしょうという事になっている。
そのことがあるので、師匠も「これは遺伝によるもの」と心配してないし
検査についても「ああ、面倒くさい」とぼやくのだけど
私は、やはり心配です。

なにせ、知人のモエさんに「天罰」発言されてるからね。
家族の病気は私への大いなる天罰だ。
自分ではなく、家族。
師匠は木曜日くらいに大病院に行って来る予定だそうだけど
なんでもない事を願っている。
親に似ただけである事を祈っています。
[PR]
by kumorinotini | 2016-06-27 21:06 | | Comments(0)