カテゴリ:雑感( 573 )


最近ネットで読んだのだけど
一見たいへんそうでも
人によっては席を譲られても困る人たちもいるらしい。
膝やなんかの不具合のせいで、いったん座ると立つのが大変とか
座ってしまうと赤ん坊がやたら泣くとか
だから、そういう人たちは「どうぞ」と席を譲られても
断らざるをえないとか。
あと、自分はそんなに年寄りじゃないと勘違いしてる人。
そいいう人用に
「席はいりませんよ」カードがあればいいのになぁとふと思った。
ヘルプカードがあるんだったら、そういうカードもあってもね。
なけなしの勇気を出して席を譲ったのに断られて、
二度と譲るもんかとなる若い人も多いと思うので
そういうカードを付けてくれれば
お若い人たちも、どうしようかとドキドキしながら座っていられると思うのよ。
ていうか
断るにしても
きちんと言えばよいだけの話なんだけど、
そういう断る人たちはどうも言葉が足らないらしいというか
つっけんどんに言うらしくって。
「席、要りませんよ」は長すぎるか・・・
「席不要」とか・・・?
なんにせよ、言葉足らずの国民性なんでカードでもあれば
不愉快な思いをする人も減るのではないかと思うわ。
[PR]
by kumorinotini | 2017-10-29 22:47 | 雑感 | Comments(0)

ヘルプカード


札幌市でヘルプカード※を導入するそうな。
地色は赤で、上に白十字、下にやはり白でハートマークを印刷したもの。
チャームのように、バッグなんかに簡単につけられるようになっているとか。
で、それをどこで入手できるかというと
役所の福祉課、
保健センター、駅事務室、
ここまではなんとか理解できるけど
一体これは何なんだろ、
ドラッグストアのアイン薬局って。

薬局・・・

まあ、あちこちにあるから入手しやすいのは確かだけど
入手の手間を考えるのなら
そこらじゅうにあるツルハの方がいいような気もするし。
役所とアインの癒着?
こんなんで癒着してもなんだなかなぁ、だなぁ。

※ヘルプカード~外見からは障害がわかりにくい人向けのカード。

[PR]
by kumorinotini | 2017-10-14 22:53 | 雑感 | Comments(0)

「夏井いつきの超カンタン!俳句塾」
という本を読んだのだけど
つまうところ
いっぱい作って
いっぱいうまい人の句を鑑賞しましょうという事につきるらしいです。
ちょっと気になったのが
「俳句を作ったら必ず人に見せたい、読んでもらいたいはず」
という夏井先生の言葉ですかね。
***
人に読ませたいとかそんな事思わないもの、私。
俳句を作るのは好きだし
コツコツ作ってるけど
人様に読んでもらう、なんて考えたこともないです。
まったく俳句を知らない人だったら
私の拙句をお見せしてもいいけど
ちょっとでも心得のある人にはNG。
相当ひどい事を言われるに違いない、
泣いてすむならまだしも、
下手すると浮かびあがれないくらい落ち込むような気がして
恐ろしくてできないですよ。
***
先日ね、「プレバト!!」の俳句名人たちが
俳句甲子園で高校生に挑むのをちらっと映したのを見たんですけど
提出された句をもっとと良くしよう、という気持ちなんてさらさらなくて
ただひたすら相手を叩き潰すような言動を拝見すると
もーもー怖くて怖くて。
甲子園だから、戦いだからそうなるんだとおっしゃる方もいるかもしれないけど
俳句だよ?
俳句なのに、なんで相手を叩き潰そうと思うわけ?
ちょっとこのあたりがわかりにくいから聞こうとかいうならわかるけど
あれはそうじゃなかった。
ディベートでした。
そんな事必要なのかな、と。
***
その前から句会とか怖いなぁと思ってるのに
あれを見ちゃったら・・・
もう終了ですよ。
あんな怖い事されるために私は俳句を作ってるんじゃない。
生活を楽しむために作ってるのに。

[PR]
by kumorinotini | 2017-10-12 22:48 | 雑感 | Comments(0)

今頃になって気づいた


うちの夫さんの両親がいてヘルパーさんを頼んでいた頃
60歳代とおぼしき女性ヘルパーさんが
自分の担当する利用者にかなりのおじいちゃんの奥さん(むろんおばあちゃん)は
「自分よりすいぶん大きい旦那さんを椅子に乗せたり、かついだりしている」
と言いだした時があったのね。
その話を聞いて、

ええ?・・・

この人、こんなふうによそでうちの話をしているんだろうか、
たとえ具体的に名前を出さなかったとしても嫌だな

と思ったのだけど
今から考えると、あのヘルパーさんは
『あんたんとこは元気な50歳代の嫁がいるのに何やってるんだ?!』
といいたかったのかもしれないと気づいた。
ごめん、全然気づかなかった。
気づかないって最強かもしれないわね。

[PR]
by kumorinotini | 2017-08-16 22:38 | 雑感 | Comments(0)

戦争について


8月は戦争の月(?)なんで
テレビをみるとアナウンサーなんかが質問して回ってるんだけど
(想定した回答ありき、の質問なんで非常につまらない)
みなさん、テンプレみたいに「イクナイ」と言うだけ。
ただ単純に考えても、少なくとも戦争には三つあるわけで、
(いろいろ条件を考えるとものすごく増えるに違いない)
その三つのどの戦争について語っているのかわからないのが困り者だ。
寡聞にしてきちんと答えてるのを聞いた事がない。

1、侵略される
2、侵略する
3、第三者同士の戦争

街頭インタビューで答えている人が念頭においているのは
一体どれなんだろう?
「戦争はよくない」とか
「二度と戦争してはならない」
とか答えている人を見るたび
アンタの考える戦争はどれなんだ?と詰め寄りたくなるわ。
ぼやっとした頭で
「戦争いくない」と答える前に
もっと戦争というものをきちんと考えた方がいいんじゃないかと思う。
私を含めて。

そして「平和が大事」と答える人も多々おいでだけど
その平和を守るために血を流さなくちゃならない事もあるわけで
その事についてどう考えているんだろう?
多分考えてないんだろうなぁ・・・
「戦争イクナイ」とか「平和は大事」なんてお題目のように唱えていれば
そうなる、とか信じてるのかしら?
それって、すごく怖い事だわ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-08-14 22:45 | 雑感 | Comments(0)

キミとアナタの間には


AIさんのSTORYという歌の歌詞に中に
「きみ」と「あなた」が混在してるのが気になるわ。
♪わたしが君を守るから
 あなたの笑う顔が見たいと思うから
あはは、
ここ、プレバト!の夏井先生だったら
 「笑う顔」は「笑顔」の替える事ができる。
  二文字余るからここに何を入れるか?
とか
聞いてきそうだわね。
というのはさておいて
君かあなたか、どっちやねん!?
君はあなたか、統一してほしいものだわ。
そして、もひとつ、気になるのは
「ワタシがキミを守るから」
どして
「キミがワタシを守るから」にしなかったのかしらん?
どっちも7音なんで特に困らないと思うだけど。
「ワタシ~キミ~」の順番にこだわったのかな?
私の好みから言えば助詞を合わせてほしいとこだけど。
って、誰も私の好みなんか気にしないか・・・


[PR]
by kumorinotini | 2017-08-08 22:08 | 雑感 | Comments(0)

演歌と民謡


前に母から
老人ホームのイベントに演歌の人が来たと聞いた時に
年取った人には演歌を聞かせりゃいいと決めつけすぎではないか、
昔はそうだったかもしれないけど
ビートルズ世代が老人になってきているのに、というと

「演歌好きじゃないの?」と母。

好きじゃないと答えると
なにやら勢い込んで

「民謡がいいの?」

と聞いてきて、驚いた。
一体私がいつ民謡が好きと言ったというのだ。
一回も言った事ないぞ。
好きなのは
ボサノバとスタンダードジャズだというと
目をパチクリさせていた。

そう。
もはや、老人用だからといって演歌や民謡を持ってくるのは間違いだ。
もっといろいろある事に気づいてほしいものだ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-08-06 22:23 | 雑感 | Comments(0)

いつもと違う


先日、行った先の日曜雑貨店店で 
かねてほしかった皿をカゴに入れてレジに並び
リュックを開けると財布がない!
ぐあ!
忘れてきたんだとぞっとしました。
いつもきちんと確認するのに
なんでこんな時に限って忘れたんだろうと自分を呪いたい気分。
その日は30分も歩いて、その店に行ったのです。
レジ係に「すみません、お財布を忘れて・・・」
と言いかけてはたと思い出した。
その日は、思い付きで外ポケットに財布を入れ替えたんだった・・・
ジェットコースター並みの感情の揺れにレジさんは
「大丈夫ですか?」
と心配そうな顔をされました。
大丈夫です。
ちゃんとありました、と答えながら、
入れ替えた事を忘れるとはなんたる事!と自分を叱りたい気分になりましたよ。
ていうかいつもはレジに並ぶ前に財布を確認するのになんでその日は忘れたのか。
お皿をゲットしたのがよほど嬉しかったのかしら?
冷静と情熱の間にいなくちゃね。
[PR]
by kumorinotini | 2017-08-02 21:16 | 雑感 | Comments(0)


ずいぶん前だけど
とある病院の待合室で会計が終わるのを待っていたら
若い感じの母親二人と子供二人とジョギング姿の中年女性の集団がどやどやと入ってきた。
若い母親二人は真逆のタイプで
一人はオフホワイトのワンピースに同色のジャケットふんわりと着ていて
ロングヘアをゆるく巻いている。
その子(男子、3~4歳くらい?)もやはりオフホワイトのコットンセーターに
なかなか素敵なデザインのズボンをはいていた。
どこかのオシャレ雑誌に「素敵な母子」とでもコメントでもついて載ってもいいくらい。
かたや
もう一人のママはあちこちにシミのついたくすんだ色合いのトレーナーとJパンで
その子供(こっちも男児。3~4歳?)は首周りの伸びたトレーナーにかなり水をくぐったズボン。
キビキビした様子で子供の手を引いている。
オシャレさんとガラッパチさんとでもいおうか。
で、
オシャレさんは病院に入ってきた時からずっと泣いている。
「どうしよう・・・どうしよう・・・」
ガラッパチさんは子どもを横抱きにして、5人で診察室に消えていった。
むむむ。これは・・・
ああ、オシャレさんの子供が怪我をしたんだな。
ガラッパチさんの子供が怪我をさせたんだろうかと思って椅子に座ってたら
やがてオシャレさんと子供とジョギング中年女性の3人だけがもどってきた。
耳をダンボにして聞いていると、しきりにジョギング女性が泣き止まないオシャレさんをなだめている。
「あなたの坊やの持ってたオモチャをあの子が取り上げたの。
で、お宅の子が取り返そうとして引っ張り合いになって
あの子がよろめいて、公園の水道の蛇口に頭をぶつけて・・・ちょっと切れちゃったのよ。
ほら、頭はいっぱい血がでるから、ビックリするかもしれないけど、そんなに大きい傷じゃないから。
私、最初から全部見てたから。あなたの坊やが悪いんじゃないの。泣かなくてもいいのよ」
おやおやそうなのか。
逆なのかぁ・・・
ちょっとドラマのようでした。
[PR]
by kumorinotini | 2017-07-22 15:59 | 雑感 | Comments(0)

昨日今日明日

一昨日暑かった。
昨日も暑かった。
そして、今日はさらに暑い。
きっと明日も暑いだろう。
北海道なのに。
6月、存外気温が上がらなかったから
その埋め合わせかしら?
暑い日がなくてはならないのは理解してるけど
限度ってものがあるわ。

大雨よりはマシと思ってるけど。

[PR]
by kumorinotini | 2017-07-10 21:51 | 雑感 | Comments(0)