カテゴリ:食( 211 )

MOWを買う

アイスクリームの
「MOW」を四つも買ってしまった。
私としては十分大人買い。
なぜか・・・

高橋一生くんがCMしてるからです。

連呼するだけのアホみたいなCMだったら買わなかったかもしれない。
でも、一生くんの魅力を生かしてくれて
しかも眼鏡姿大サービスだった。
珍しく大人買い。

もうひとつ
宇宙ステーションに行ってるらしい彼女とおしゃべりしながらのCMも好きだな。
すぐには一生くんとわかりにくいけど
そこがままた良いのだ。
残念ながらなんのCMか忘れたけど。

最近見境なくいろんなものにはまるなぁ・・・
年齢的なものなんだろうか。

とにかく一生くんは素敵だ。

このまま売れ続けますように。




で、キリンビールのインスタグラムって何よ!?
え?やるのか、キリンビールのCMも。
旅する氷結って、何?
缶チューハイ飲まないけど、売るんだったら夫さんに買うぞ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-03-24 22:22 | | Comments(0)

いびつな林檎

ちょっと安いので最近「葉とらすリンゴ」を買っている。
真っ赤ではなくて、多少色がまだらなのだけど、味は良い。

ところで、この「葉とらずリンゴ」、
なぜか形がいびつなのが多い。
いびつだから安いんだろうと思っていたら
先日、ニュースの中の小さなコーナーで
蜂に受粉させるとまんべんなく花粉をつけられないので
リンゴがまるくならずにいびつになると知った。
きれいな丸にしようと思ったら
人間の手で受粉させないとダメらしい。
蜂に花粉をまんべんなくつけろというのは無理な話だもんね。
たまたまうまい具合に万弁なくつく事はあるかもしれないけど全部にそれは無理らしい。

というわけで
いびつなリンゴを食べながら
これは蜂が受粉したんだなと
黄色と黒の小さな姿を想像するようになった。

そんなことを考えながら食べると、なんだか楽しい。

[PR]
by kumorinotini | 2017-03-20 22:18 | | Comments(0)

スリランカ紅茶

近くのスーパーの特設コーナーでスリランカ紅茶の販売をしてたわ。

試飲させてもらってビックリ。
苦くない。
しぶくもない。
(苦味苦手の師匠も苦くない、と驚いてた)
販売員さんに、うちはミルクティーで飲むのだと話すと
では、これが合うからと「ルフナ」というのをすすめてくれ
スリランカ紅茶の種類と特徴を書いた紙片をもらったけど・・・・

知らないのばっかりで
紅茶の世界も奥が深いと思ったわよ。

ちなみに、こんなのがあるらしいです。

ウーヴァ

ウダブッセラワ

ヌワラエリヤ

ディンブラ

キャンディ

ルフナ

サバラガムワ

(ウヴァとヌワラエリヤとディンブラしか知らないよぉ)

ちなみにおすすめのルフナは
「しっかりしたコクとスモーキーな香り」だそうで
買って帰って飲んでみたら、なるほどそういう味。
美味しかったです。

さてさて、その特設コーナーの隅っこに
カレー粉(いろいろ混ぜ合わせてる)を置いてまして
思わずこっちも購入。
説明書では辛みと風味をプラス、なんて書いてあったけど
辛さはそうでもないけど、変わった風味と香りでした。
カレーに少し加えると
独特の味と香りがプラスされて本格的なイメージです。
香辛料も奥が深いのね。

[PR]
by kumorinotini | 2017-03-17 22:55 | | Comments(0)

とうとうレンチンでミートローフ

以前フライパンでミートローフって記事書いたけど
あれからどんどん進化して
とうとう電子レンジで、になったわよ。

これがもう簡単で。

電子レンジ用の容器がない時は
牛乳パックでもOKと書いてあったので
やってみた・・・

めちゃくちゃ簡単にできたわよ。

フライパンだと全部で30分くらいかかり
(最低でも片面20分、ひっくり返して10分)
火加減を見ながら、なんだけど
レンチンはセットしたら、後は放置プレイ。
時間がきたらチン!となって出来上がりです。
その時間だって9分ですよ。(うちのは700w)

全然楽で電気代もたぶん安い。と思う。

気をつけるとこは
パン粉をふやかすための牛乳を少なくする事と
牛乳パックに入れる前にハンバーグを作る時の要領で空気を抜いてやるくらいかな。

オーブンがないとダメだと思っていたミートローフが
こんなラクチン料理になるとは!ですよ。
電子レンジって・・・魔法の調理道具だわね。

[PR]
by kumorinotini | 2017-03-13 22:42 | | Comments(0)

週一カレー

先日のNHK「アサイチ!」で
「皆さんが週に一度は食べる、国民食のカレー」という台詞があって
夫さんが「うちもそうだね」と笑顔で言ったので驚いた。

週に一度ってか?

ふん、多い時でやっと2週にいっぺんだけどね。
ちょっと前までは
一か月に一度でしたよ。

だけど、その時ですら「週に一度」なんて言ってたから
2週に一度になった今はますます週に一度だと考えても仕方ないんだけどさ。

これでも、一か月の間はメインが被らないようにいろいろ工夫してんですよ。
してんだけど、
誰もそれには気づかない。
残念だけど、そんなものなのね。

師匠が幼稚園の頃、
「お母さんがしょっちゅう作る料理はなんですか?」と保母さんの質問に
「ハンバーグ」と答えたんだそうで。
その頃はあまり好きではなかった(私が)ので、
ハンバーグは年に一度作れば多いほうだったのに。

そんなもんなのよね。

こっちの努力とか工夫なんてその程度のものなのよね。
チキショー!!だわ。
冗談じゃねーよ、と思わないではないけど
頼まれてやってるわけじゃないから
こっちも弱い。
結局好きでやってるんでしょ、という話になる。

だから、最近では
2週間前に作ったなぁとわかっててもまた作ったりしてるんで
胸を張れる状態じゃあないんだけど。

お互いにうるさく言わないって事で
バランスがとれているのかな。
有難いと思わなくちゃね。

[PR]
by kumorinotini | 2017-03-06 22:34 | | Comments(0)

お惣菜を食べさせる店

スーパーなんかの惣菜コーナーならいざしらず
お酒と惣菜を出す店で
お金出して普通に普通の惣菜を食べる人って
何なんだろうね?

うちのとってる新聞に市内のお店を紹介するコーナーがあってさ
先月だかのってた店がそうだったのよ。
料理を作ってる店主は
初めはいろいろ変わったのを工夫して作ってたらしいんだけど、
人気筋はごくありふれた惣菜ばかりだったので
最近はそればかり作ってる、という話が載ってました。

ほんとにありふれてんの。
切干大根の煮物、ヒジキの煮物、ポテトサラダ、蕗の煮物・・・
写真も載ってたんだけど、
見るかぎりごくごくありふれたものに見えました。

お金出して、そんなもの食うのかよ?!

と思いましたさ。
そんなものは家で食え!!!ですよ。

家で食べて、「美味しい」って言ってやれよ、ですよ。
そう思いましたさ。

そういう話をしたら、
「家では作ってくれないんじゃないの」
と家人。
そんなことあるか~~い!
買い物に行って、よそさまの買い物カゴを見ると
そういった食材でいっぱいだわさ。
みんな、ちゃんと作ってるんですよ。
なのに、無料でもないのに、お金出してお惣菜食べるって・・・
いったいなんなの?ですよ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-02-01 22:34 | | Comments(0)

さぬきうどん

ブラタモリで
珍しくグルメといいますか<食>に関係するお題を取り上げていたわ。
それは
「さぬきうどん」
香川県の気候的なものから小麦を育てるようになり
やはり地形的なものから水車で粉を挽くようになり
こんぴらさんにお参りに来る人々に土地の名物として出すようになり
全国的に有名になったという。

最後にブラタモリにしては珍しく「さぬきうどん」をいただく場面で終わりだったんだけど
故郷の「博多うどん」をこよなく愛し、
「讃岐うどん」に関し
「コシがあるとか言うけど、あんなに固いのはうどんではない」
と言い張るタモリ氏が
これはうまい、固くもないし、とほめていた。
テレビ画面で見るかぎりでは、
伊予製麺、丸亀製麺とかの一辺1cmはありそうな
ぶっとくて、あまりにも弾力があって噛むのに苦労するようなうどんではないようでした。
(乾麺の「さぬきうどん」によく似ていたような)

「さぬきうどんの会」の人によると
タモリ氏がほめたうどんが「讃岐うどん」なんだそうで
となると
例の製麺屋のぶっとくて弾力ありまくりのうどんは
一体どこから???ってやつです。
お店の看板には「讃岐」と書いてあるのに
あれは「讃岐うどん」ではないの?
じゃあ、なんで「讃岐」と銘打って売ってるんだよ、てな事になるわね。

いっそブラタモリで「製麺」会社のさぬきうどんについて
調査してほしいもんだわ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-01-31 22:36 | | Comments(0)

イチゴ大福

妹のとこで「苺大福」をご馳走になったわ。

最近苺大福を食べてすっかりそれに魅了された妹が
餡子まるめて苺を乗せ
餅つき機でついたばっかりのモチに包んで作ってくれたのです。

「とにかく食べてみて。すごく美味しいから!」
と力説する妹。

それまで、私は苺大福というものを食べたことがなかったのね。
買ったこともないし、もらったこともない。
私の家族も食すのは初めて。

なんで買わなかったかというと
あまりにもミスマッチで、美味しそうとはとても思えなかったから。
どう想像しても本当にミスマッチなんじゃないかと。
だって、餡子と苺よ。
美味しくなる要素がありません。

だけど、食わず嫌いはよくないと思い
せっかく作ってくれたのだから、と頂いたのだけど・・・

これはどう考えても
大福にたいする冒とく以外の何ものでもない!
餡子の良さが美味しさが苺のせいで台無しではないですか。
一生懸命作ってくれた妹に悪いので
「好みではない」と言うしかできなかったのだけど
私に言わせると
こんなものを美味しいという神経がわからない、といったとこだわ。

姉妹だけど、味覚が全部同じというわけにはいかないのね。
これは遺伝子の発現の違いなんでしょうか。
面白いわね。

ちなみに
夫さんは「特に嫌いでも好きでもない」
師匠は「好き」
だそうです。
あ~~遺伝子の発現・・・

[PR]
by kumorinotini | 2017-01-21 22:27 | | Comments(0)

美味しいものは

とあるバラエティ見てたら
出演者の一人が、
自分はたいした料理は作らないと言った後に
「美味しいもの、手のこんだものは外に食べにいけばいいんだし」
と、いうのを聞いて
ちょっとだけうらやましかったことがあるわ。

ほとんど外食しない我が家では
<美味しいもの><手のこんだもの>は
自分で作るしかない。
本を見たり、PCで調べたりしてメモを作り
それと首っ引きで作るしかない。

そのせいか
最近、あ~~美味しいものを食べに行きたい!と強く思うのよ。
無理だけどね。


[PR]
by kumorinotini | 2016-11-29 22:44 | | Comments(0)

フライパンでミートローフ

何に載っていたか忘れたけど
作ってみようと思ったらしく
メモしておいたフライパンで作る鶏ミンチのミートローフ。
型も必要ないし、ほんとにフライパンでじわっと焼くだけ。
にも関らず、そこそこうまく出来て満足満足。
師匠も美味しいと言ってくれたわ。
(夫さんはどうだったのか不明。絶対に旨いとか美味しいとか言わない)

実は、これと似たような豚ミンチのミートローフも以前作ってみたんだけど
(え~~と、これはフライパン用のホイルを使用して四角く形成する)
どうも肉の味がくどくて、私は好きじゃなかったのだけど
この鶏ミンチはOK。

この鶏ミンチのミートローフには
生姜汁と人参、椎茸の微塵切りも加えてどこか和風なのも良かったのかも。

なにせうちにはオーブンがないので
フライパンで作れるのは助かります。
世の中の料理研究家って、いろいろ考えてくれて
ありがたいわぁ。


[PR]
by kumorinotini | 2016-11-27 22:28 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini
プロフィールを見る