「友人の軽率な行為で」~新聞の人生相談より

これは3月14日の読売新聞の家庭欄の人生相談のよせられたものだけど
これを掲載する方もする方だけど相談する方もする方だなと呆れてしまったので
書いてみる。

「40代の女性。友人の軽率な行為で、人に知られたくないことを知られてしまいました。
私が大病を患い、半年の入院を経て退院後、彼女は退院祝いに花を贈ってくれました。「退院おめでとう。まだ治療が続くそうですが、困った時は連絡してね」というメッセージ付きで、私の行きつけの花屋さんに注文して届けさせたのです。
毛髪が抜けた姿も見られてしまいました。
~略~
友人にしてみれば、近所の生花店から届ければ、花の持ちがいいという厚意からだったのでしょう。でも、遠く離れた生花店から宅配業者経由で送られた方がどんなにうれしかったか。
注文しているウィッグが届いたら、花屋さんに行って好きな花をたくさん買おうと思っていました。もう二度と行けません。(東京・R子)

友人の軽率な行為。ですって。
こんなの公共のメディアに書いて友人が読まないとでも思ったのかしら?
この話が友人に届かないと思ったのかしら?
そっちの方が私には軽率に思える。
軽率じゃあ弱いくらいですよ。

そして、
たぶんこれは花キューピッドを利用したものだとすると
遠くの花屋に依頼しても、そこの花屋が届け先に一番近い花屋を指定するわけで
それは友人の軽率な行為でもなんでもないし
だいいちそこがこのR子さんの行きつけの花屋だと知っているわけないし
見られてここまで嫌がるとは思わないし。
友人にアレコレ求めすぎです。
略してしまったけど、
たとえ全部知っていたとしても
そこまで毛髪のない姿を見られるのがイヤな人が
いつもかぶっている毛糸のキャップなしでうっかり玄関先に出るとは思わないですよ。

これはただただこの人のうっかりな行動が悪いのに
ここまで友人を悪くいう権利がこの人にあるのかしらね?
軽率なのは、このR子さんなんじゃあないの?とか思いました。

ガンもしくはそれに類する病気の人にこの言い方はひどいかもしれないけど
ここまで言われる、このお友達が気の毒です。
あまりにもひどい言いぐさですもん。

ちなみに回答は
3行で書くと

「気にすんな。
 人なんて見てない。
 花を買いにいけ」

でした。
その通りです。
ウィッグが届いたら花屋に行って
「こないだは驚かせたわね。病気の治療でね、髪が抜けてたの。今日はウィッグが届いたんでつけて真っ先にこちらに来たのよ」
とでもいえば良いだけなのに・・・
行きつけなんでしょ?


ていうか
相談してないし。
単に憤怒の気持ちをぶつけてるだけ。
なんの罪もない友人に対して。
最低~

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-18 22:18 | 雑感 | Comments(0)

スリランカ紅茶

近くのスーパーの特設コーナーでスリランカ紅茶の販売をしてたわ。

試飲させてもらってビックリ。
苦くない。
しぶくもない。
(苦味苦手の師匠も苦くない、と驚いてた)
販売員さんに、うちはミルクティーで飲むのだと話すと
では、これが合うからと「ルフナ」というのをすすめてくれ
スリランカ紅茶の種類と特徴を書いた紙片をもらったけど・・・・

知らないのばっかりで
紅茶の世界も奥が深いと思ったわよ。

ちなみに、こんなのがあるらしいです。

ウーヴァ

ウダブッセラワ

ヌワラエリヤ

ディンブラ

キャンディ

ルフナ

サバラガムワ

(ウヴァとヌワラエリヤとディンブラしか知らないよぉ)

ちなみにおすすめのルフナは
「しっかりしたコクとスモーキーな香り」だそうで
買って帰って飲んでみたら、なるほどそういう味。
美味しかったです。

さてさて、その特設コーナーの隅っこに
カレー粉(いろいろ混ぜ合わせてる)を置いてまして
思わずこっちも購入。
説明書では辛みと風味をプラス、なんて書いてあったけど
辛さはそうでもないけど、変わった風味と香りでした。
カレーに少し加えると
独特の味と香りがプラスされて本格的なイメージです。
香辛料も奥が深いのね。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-17 22:55 | | Comments(0)

小野但馬守~「おんな城主直虎

むむむ。
高橋一生さんが演じているので
気になって小野但馬守政次について
ちょっとだけネットで調べてみた驚いた。

なんと処刑された後、但馬社という神社を建ててもらっていた!
怨霊となって井伊に祟っては困る、と思ったんだって。

おかしくない?

小野は悪い奴なんでしょ?
そいつを処刑したからといって
なんで怨霊に怯えなくちゃならない?
井伊家の人々は当然の事をしただけだもの。

おかしくない?

怨霊になると人々が思うのは
その人が冤罪で死んだ、
あるいはまったく報いを受けてないばかりかひどい扱いを受けた、など
怨霊になるだけの理由があると信じられた時だけです。
恨んで当然、と考えた時だけです。
気の毒に、と思って建てる時もあるけど
基本は非業の死を迎えた者は怨霊になっちゃうから
祀って鎮めるってわけね。

日本三大怨霊といえば
菅原道真、平将門、崇徳院。
規模としてはそこまで有名な存在じゃあないけど
井伊の人々から
小野但馬もその三人と同じ仲間と認定されたって事よね。

だったら、おかしくない?

小野が井伊の話に残っているような井伊に対する裏切り者なら
誰も怨霊になんか怯えるわけないのです。
裏切りものは処刑して当然なんだから。

ほんとに裏切り者だったのかしら?

これは別に一生さんが演じているから
ひいき目で見ているというわけではありません。

なんだかひっかかる話だったもんで、書いてみました。

神社・・・変なの。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-16 22:15 | | Comments(0)

ドラマ「嘘の戦争」最終回

いや~~~~
見終わってこんなにスッキリしたドラマは久しぶりです。
爽快感はんぱない!!

晃は自ら望んで贖罪の道を歩き始め
隆は重荷を下ろす事ができ
楓は兄弟仲良くあってほしいという希望を叶えた。
三瓶さんは30年ぶりに借りを返すことができた。

犯罪に加担した連中はもれなく報いを受けたし
六車はたぶん銃刀法違反以外に殺人未遂あたりで刑務所に長く入ることになろうし
仁科会長は厳しい余生を送ることになるだろう。

唯一報いがなかったのは
手に入るはずのお金が一桁違ってしまった百田くらいかな。
それでもある程度のお金は入ったし。

珍しく人物にブレのないシナリオだったと思います。

そして、WBCの裏で11.6%の視聴率は立派。

後から第一回放送を見ると
最初のどこか虚無的な表情から
復讐に燃える男への変化がすごいなぁ、と。
役者としての草彅さんは凄いなぁ。
本人はどこか天然系なのにね。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-15 22:04 | | Comments(0)

映画「200本のタバコ

1999年の映画にしてもその頃からアメリカではタバコはかなり悪党だったはずなのに
すごい勇気だな。
タバコ吸う大馬鹿は人の迷惑を考えないから
タバコ吸いは嫌われるんだよ。
タバコのせいでそうでない人間がどんだけ迷惑してるか
どれだけ苦しい、不愉快な思いをしてるか考えないから
嫌悪されるんですよ。
絶滅しろ、タバコ族!!

というタバコのけんはおいといて
これは大晦日~元旦にかけての
ボーイミーツガールのお話です。
タバコ、必要なのかね?

それにしても
異性を求めすぎなんじゃないの、と思います。
異性がいなくても楽しい日々は過ごせるだろうが。
なんでそんなに異性!異性!異性がいないと夜も日も明けない、になってしまうのか理解できない。
こんな映画作るから
アメリカ人は
恋愛してないとダメ、みたいな人種になっちまうのか
本来そういう人種だから仕方ないのか。
両方なのか・・・

なんつーか欲望垂れ流し状態を2時間近く見るのはけっこうキツイものがあるなぁ。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-14 22:21 | 映画 | Comments(0)

とうとうレンチンでミートローフ

以前フライパンでミートローフって記事書いたけど
あれからどんどん進化して
とうとう電子レンジで、になったわよ。

これがもう簡単で。

電子レンジ用の容器がない時は
牛乳パックでもOKと書いてあったので
やってみた・・・

めちゃくちゃ簡単にできたわよ。

フライパンだと全部で30分くらいかかり
(最低でも片面20分、ひっくり返して10分)
火加減を見ながら、なんだけど
レンチンはセットしたら、後は放置プレイ。
時間がきたらチン!となって出来上がりです。
その時間だって9分ですよ。(うちのは700w)

全然楽で電気代もたぶん安い。と思う。

気をつけるとこは
パン粉をふやかすための牛乳を少なくする事と
牛乳パックに入れる前にハンバーグを作る時の要領で空気を抜いてやるくらいかな。

オーブンがないとダメだと思っていたミートローフが
こんなラクチン料理になるとは!ですよ。
電子レンジって・・・魔法の調理道具だわね。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-13 22:42 | | Comments(0)

映画「天使のくれた時間

十数年、家族なしでも平気だった男が
パラレルワールドでたかだか数日家族のいる生活をしただけで
「家族万歳!」になるものかねぇと疑問です。

そういう映画なのよ。
13年前、泣いてすがる彼女を振り切ってロンドンに研修に行った男が
その後ものすごく成功して(どうも投資会社のCEOだか社長になったらしい)るわけね。
で、なぜか独身。
彼女はどうしたんだ?
彼女はロースクールに行ってその後結婚する予定だったんじゃないの?
そうなってないのなら
彼は結婚に向かない男だったのか
彼女とどこか合わない面があったんだろう、とか思うわけさ。

なのに妙な妖精だか天使だか悪魔だかと出会って
ポンとパラレルワールドに放り込まれるんだね。
ニューヨークで成功してる男がたとえタイヤ販売店の店員だったとしても
やはり成功してると思うのね。
単なる従業員でなくてさ。
せめてタイヤ店の経営者であってほしい。
能力ってそういうもんでしょ。
なのにイチ従業員なの。
資質って何さ?
能力って何さ?
とか叫びたかったですよ。
なんでこんなのが大都市で成功できたんだよ?ってさ。

アメリカ映画って
こういった「家族万歳」好きよね。
家族でありさえすれば幸福になれる、みたいな。
冗談じゃないですよ。
どれだけ「家族」に向いてない男が家族をもっていることか。
お前がそんな気を起こさなかったら、みんな幸福だったのにと
舌打ちしたくなる例がごまんとある。

家族を持ちたかったら
それなりの覚悟と努力をしてほしいものです。
その覚悟や努力が報われないかもしれないとさらに覚悟してさ。

ほんとに家族万歳の垂れ流し、困るわよね。

え~~と、そういったなんの根拠もないのに「家族万歳」を叫ぶ映画でした。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-12 22:36 | 映画 | Comments(0)

今日は祈り一択の日になるんでしょうね

ふだんまったく気にかけてないくせに
さもさもいつも考えてましたよ、てな顔して
テレビのあちらこちらで放送するんでしょうね。





[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-11 08:30 | 時事 | Comments(0)

ザ・ダンシ

今日、妹んとこに行ってきた。
先月男子を出生した姪が退院後、妹んとこ(まあ、実家だね)にいて
赤ん坊の顔を見がてら、ランチ会とあいなったわけなんだけど
出かける十数分前に耳鳴りの薬イソバイドを服用したら
なんだか気持ち悪くなって
今日は無理かもしれない、と思ったわ。

とりあえず横になってたら、なんとか気持ち悪いのも治まって
ダメだったらダメでそこで帰ってこようと思って出かけたんだけど
なんとか大丈夫でした。

一体何だったんだろうね。
朝さして食べていなかったので
それで具合悪くなったんだろうか。

そうそう、それで
姪の子供は彼の父にそっくりで
ザ男子という顔立ちだった。
最近の男の子は顔つきが優しい子が多いので
中性的な顔立ちかも、と思ってたけど
しっかり男の子の顔。

姪っ子は上戸彩さん似なので
スッキリした美人なんだけど、まったく似たところがなく
姪っ子の面影はまったくなかったのでした。
これが女の子ならう~~ん・・・といったところだろうけど
ま、男子だからいいか。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-10 22:22 | 私の一族 | Comments(0)

「お宅は仲がいいから・・・」

とよく言われる。
たぶん連れ立って買い物に行くからだろうけど。

最近も言われたので
「(お宅も買い物に)一緒に行きたいんですか?」
と聞いてみたら、絶対にいやだ、とのお答え。
そりゃそうですよね。
男どもは「早くしろよ」というオーラをめいっぱい出しますもんね。
だから、私もイヤですよ。
でも、やたら期待をこめた目で「買い物に行くの?俺も!」と言われたら断れないじゃないですか。
遠回しに言っても理解してくれないし。
だからと言ってハッキリ言ったら・・・
ものすごく傷ついた顔をされるのは必定で
とても言う勇気が出ないです。
結局私が我慢すればいいんだとなりまして一緒にでかけてるんだけど。

というわけで、買い物は私にとって娯楽だったけど
今やお仕事です。
労働です。しかも対価のない。

それにしても
つれだって買い物に行くだけで
<仲がいい夫婦>なんて・・・みんな簡単だな。
連れ立って買い物に来ている夫婦はうちだけじゃないけど
皆さんそれはそれは喧嘩なさってますよ。
あれでも仲がいいんですかね?
スーパーで喧嘩してる夫婦、私にはものすごく謎ですよ。
喧嘩するなら家でやれ、ですよ。
外でやって周囲を不愉快にさせるな、ですよ。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-09 22:45 | 雑感 | Comments(0)

美容室にて~高齢者とケータイ

ここ数年利用している美容室の美容師さんが
80代の伯母(彼女の母親は60代だけど、兄弟姉妹で年が離れているので、伯母は80代なんだそう)が
ケータイの使い方がわからなくて、時々彼女のとこに聞きにくるのだそうで。
その時の話・・・

新しい電話番号を3件入力するというので
やり方を教えながら1件目を入れて数分もたってないのに
もうやり方を忘れている、そんなものなんだろうか

という驚きあきれた物言いをしてた。
その言い方にちょっとイラッとしたけど
そういうのは人それぞれだし
できれば紙に書いてやってほしいとお願いしておいた。
一回やってすぐに覚えるというものではないのよ。
あなたにとってそれは扱いなれているものかもしれないが
伯母さんにとってはなかなかにハードルの高いものなのだと言っておいたけど・・・

目の前の現象をなぜさっさと認識しないんだろう、と
そっちの方が私には不思議でした。
ああ、伯母さんは覚えられないんだなとさっさと頭を切り替えて
じゃあ、手順を紙に書くね、ですむ話を
なんで客の私にまで驚き呆れたように話さねばならんのだろうか、と
そっちの方に私は驚き呆れました。

いずれあなたもこの伯母さんみたいになるのよ、と言ってやりたかったけど
あまりにも残酷だったので、
高齢になると
はなから自分では無理、とかできるわけがないと決めつけてしまうので
覚えられないのかも、と言っておいたけどさ。
でも、ケータイを使おうとするだけ立派じゃん、と思ったけどね。
それではだめなのかね。

ていうか、この美容師さん、カットが下手なんで
いつも帰宅してから、変えようかしら、でも、安いしなぁと悩む。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-08 22:32 | 雑感 | Comments(0)

三原さん

私はフィギュアが好きだけど
スポーツとしてよりもアートとして見る方が強い。
ジャンプをばんばん飛ぶよりもそっち重視。
つなぎが濃い方が好き。

話かわるけど
三原舞依さんを見ていると
14・15歳頃の浅田さんを思い出す。
ばんばんジャンプを飛び
スケートが楽しくて仕方ない、と感じさせる少女だった浅田さん。
そして、抒情的な表現はほとんどできなかった浅田さん。
だけど、タラソワの「ラベンダー」から彼女は変わった。
いきなり覚醒した。
彼女は表現者になった。

三原さんもいつか覚醒するのだろうか。
あるいはこのままなんだろうか。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-07 22:59 | スポーツ | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini
プロフィールを見る