週一カレー

先日のNHK「アサイチ!」で
「皆さんが週に一度は食べる、国民食のカレー」という台詞があって
夫さんが「うちもそうだね」と笑顔で言ったので驚いた。

週に一度ってか?

ふん、多い時でやっと2週にいっぺんだけどね。
ちょっと前までは
一か月に一度でしたよ。

だけど、その時ですら「週に一度」なんて言ってたから
2週に一度になった今はますます週に一度だと考えても仕方ないんだけどさ。

これでも、一か月の間はメインが被らないようにいろいろ工夫してんですよ。
してんだけど、
誰もそれには気づかない。
残念だけど、そんなものなのね。

師匠が幼稚園の頃、
「お母さんがしょっちゅう作る料理はなんですか?」と保母さんの質問に
「ハンバーグ」と答えたんだそうで。
その頃はあまり好きではなかった(私が)ので、
ハンバーグは年に一度作れば多いほうだったのに。

そんなもんなのよね。

こっちの努力とか工夫なんてその程度のものなのよね。
チキショー!!だわ。
冗談じゃねーよ、と思わないではないけど
頼まれてやってるわけじゃないから
こっちも弱い。
結局好きでやってるんでしょ、という話になる。

だから、最近では
2週間前に作ったなぁとわかっててもまた作ったりしてるんで
胸を張れる状態じゃあないんだけど。

お互いにうるさく言わないって事で
バランスがとれているのかな。
有難いと思わなくちゃね。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-06 22:34 | | Comments(0)

セミとモーター

先月末、耳鼻科に行ってきたわ。

ちょうど薬がなくなったのと
4・5日前から再び耳鳴りがするようになり
その日は特に朝からひどかったので。
蝉しぐれみたいだったわよ。
それまではね、徐々に耳鳴りの回数が減ってきて
そろそろゼロになる頃かなぁと思っていたところに耳鳴り復活。
ちょうど薬もなくなるし、タイミングいいわと思って。

で、行って先生に4・5日前から耳鳴りが復活した事、
今はたまたま聞こえないけど、
今朝は蝉しぐれみたいな耳鳴りだった事などお話すると

「う~~ん、セミはねぇ肩こりがひどいとか体調が悪い時に聞こえるんだね。
前はモーターだったよね?聴力が落ちた時の耳鳴りがモーターなんだよ」

ですって。
う~~む、4・5日前からの耳鳴りが
蝉だったかモーターだったかさだかでないわ。
どっちでも同じだと思てったからさ。
でも、耳鳴りがしてきた頃から
背中のこわばりも出てきてたのは確か。

というわけで今度は4週間分、あのひどくまずいシロップを薬を出してもらう事になり
薬がななる頃に聴力の検査をしましょうということになりました。

ストレスやら体調やら
まったく耳という器官はたいそうデリケートです。


[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-05 22:29 | | Comments(0)

相棒全体

「相棒15」が面白くない、とかなんとかネットの記事で言われている。
なんで面白くないかというと
主演の水谷さんがシナリオにあれこれ口をはさむ、からなんだそうだ。
それで昔からのライターはずべて去ってしまって面白くなくなっている、のだそうだ。

そうなんだろうか?

その記事を書いてる人は

「相棒15」をちゃんと見ているんだろうか?
確かに一時「相棒」は面白くなくなったことがあった。
やたら政治的な話を強引にからめてきて
ウンザリするシーズンがあった。(及川さんから成宮さんのあたり)
ちょうど民主党が政権を盗ろう、盗ったあたりですね。
これでもかというくらい「自民党」が悪い、というドラマを展開していた。
自民党とハッキリ言っていたわけではないが
あきらかにそれとわかる書き方でした。
ミステリに政治をからめるなよ、「相棒」を貶めるなよと
腹立たしい思いで見てましたよ。

だけど、成宮さんが相棒の時の終盤あたり、そして反町さんに交代するあたりから
政治色はぐんぐん抜けてきて
今はシリーズの最初の方の純粋に謎を楽しむお話に戻ってきていると思う。

いや政治をからめるのが良くないというのではない。
うまくからめてくれればそれはそれで納得だけど
一時の絡めかたはひどかった。
自民党を落として民主党をヨイショするものだったのです。
(党名は変えてあったけど、まるわかりです。っていうか、わかるようにしないと意味がなかったんでしょう。自民党死ね、民主党バンザイと言わんばかりの扱いでした)

ライターはいろいろ変化しているけど
そうやって新しい人を入れることで変化を出そうとしているんだと思っている。
新人さんにもチャンスをやろうじゃないですか。

というわけで
反町さんのあたりから、特に前のシーズン(14)から
純粋に謎をあれこれ楽しめる話になってるし
時にすごい余韻を残す回もあるし、「相棒」ファンとしては
お帰り、まともな「相棒」といった気持ちです。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-05 22:02 | | Comments(0)

典型的な男としての夫さん

男というものは
自分以外の病気やケガにたいしてほとんど注意を払わないとか
興味を持たないとかいうけど
最近それを痛切に感じたわ。

ほとんど治ったんだけど
うっかり50肩の事をしゃべってしまったのね。
ああ、根掘り葉掘り聞かれるんだろうな、ああ、失敗したと思ってたら
んな事はまったくなかったね。
自分の知ってる50肩の知識を総動員してしゃべり、そしてオシマイだった。
知識を披歴した事で満足したみたいで
いつからなのか、とか今はどうなのかとかまったく聞かれませんでした。
ドキドキして損したと思ったほど、それはあっけなかったのです。

で、先日、師匠が転倒して肘をうち、骨折じゃないかと病院に行った時も
肘と骨折と打撲に関して
これまた知識の披歴があっただけで
特に心配することもなく。
どんな様子だったのかとか痛がるってどの程度だとか
特に質問もなく。
ひどくあっさりしたものでこっちの方が拍子抜け。
子供でもそうなんだから、ましてや妻においてをや、なんですが。

この分だと
「私、末期ガンなの」と言ったとしても、
きっとガンに関する知識を目いっぱい披露され終了なんだろうな。

やたら心配されても困るよりいいのかもしれないけど・・・
だけど・・・ってヤツだわ。
そんな資格も権利もないかもしれないけど
時には心配されたいと思うわけです。

とうに諦めてるとはいえ、たまにそんな無駄な事を思うわけです。

ばかだよね・・・

でもさ、心配されたら、それはそれでウザイんだろうね。
まあ、良しとするか。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-04 22:31 | | Comments(0)

映画「卓球温泉

日本の映画です。
なんとなく日常ぬ飽いた中年の主婦が
ラジオのパーソナリティの言葉に乗ったのかそうでないのかわからないけど
とりあえず家でしちゃう。
で、行った先が夫との思い出の温泉。
そこは相当にさびれていましたが
彼女の発案で<卓球温泉>として復活しそうなそうでないような、というお話。

ひたすら松坂慶子さんがふっくらと美しい。

あんなきれいな奥さんだったら
夫が放っておくわけがないと思うんだけど
世の亭主どもはけっこう宝の持ち腐れするからなぁ、ああいうのもありなのかな。
結局は会社の車借りて迎えにというか会いに来たし。
日本のバカ亭主との中では上出来の方よね。

主役4人がエキシビの卓球大会で最後まで残るのは
映画のご愛敬ということで。

これが現実だったら
さっさと負けて会場の裏かすみっこで夫婦ゲンカですよ。
日本の夫なんてその程度のレベルだもの。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-03 22:24 | 映画 | Comments(0)

映画「ワンダーボーイズ

かつては“ワンダー・ボーイ”と騒がれた文学教授のグラディだったが、今や50代を迎え7年間執筆中の小説は未完、妻は家を出、友人の妻で大学の学長のサラとは不倫の末妊娠させてしまう。そんな中、大学で開催される作家たちの会議“ワード・フェスト”に合わせ担当編集者テリーが新作の原稿を求めにやって来る。だがこの会議はグラディの教え子のジェームズの登場で思わぬことになってしまう……。マイケル・シェイボンのベストセラーを映画化。

あらすじ
粗筋はこんな感じらしいです。
なんか映画評ではそこそこ良い評価らしいんだけど
・・・・
私には単なるドタバタというかやたらバカらしい話にしか思えず、
これが良い映画なのかと逆にショックだす。

グラディとジェームズ二人合わせてワンダーボーイズって事なんですかね。
ていうか
いくらワンダーボーイって言われてても、それは20台の事だと思うし
今50代という事は20数年書けてないって事よね。
百歩譲って売れない小説を少しずつ発表してたとしても
もう彼に何か期待する人もいないと思うんだな。
それでも編集者が来るのは理解できないんだけど。

つーか
原作がベストセラーってのもなんだかなぁ、だす。

ここまで適当に生きててもなんとかあんるのは幸福ではあるけど。
あ~~あ。




[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-02 22:25 | 映画 | Comments(0)

R-1グランプリ2017

なんですかね、R-1は裸が好きなんですかね。
あの裸の方、何歳まであれやるんですかね。
ほかのネタもあるんですかね。

私はマツモトクラブが


好き


なんだよ。

後になってからじわじわくる思い出し笑い、というんですかね。
笑い、というとちょっと違うのかな。
じんわりくるコメディとでもいうのかな。
後から可笑しくなってくる小粋なショートドラマを見たような気になるんですよ。
演劇畑出身だからですかね。
まあいいか、今回は堂々の予選突破ですから。

恐ろしいことに
R-1で優勝したからといって次の仕事に続かない。
なんででしょうかね。
テレビって怖いね。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-01 22:45 | | Comments(0)

噴火から二日目

夫さんがやたら話しかけてくるような気がする。

だけど、何をどうかえせばいいのかわわからない。

三日前、私は正論を言ってしまった。
男は女の正論が嫌いだという事をうっかり忘れてたのよね。
男とひとくくりにするのが悪ければ
夫さん、と言い換えてもいいが。
ま。たいていの男は女の正論が嫌いだ。
多分、自分より下だと信じている存在が正論を言って
それに自分が屈するのがイヤなんだろう。

なんて心が狭いんだ!という慨嘆はおいといて
まあ、そういう風にできているんだから仕方ない。

あの時の正論に対して
私はふたつの選択肢しかないと思ってたんだけど
(「まあ、その通りだな」「俺は冗談を言ったんだ。本気にとるなよ」)
まさかの三つめの道!!
おヒスを起こすという。

で、二日目、夫さんはやたら話しかけてくるわけだ。
それに対して
私はどう返していいかわからないので
ひたすら緊張するばかり。
まさかのおヒスを見てしまうと
どう答えてもヒスが返ってきそうで、怖い。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-03-01 12:38 | | Comments(0)

宇野選手へ

申し訳ないけど
美恵子先生の振り付けはイマイチアピールに欠けるように思えるので
ほかの人に頼んだほうがいいのではないかしら?

タラソワさんに頼んでみるのも一興だと思うんだけど
彼女が今もやってるかどうかわからないので
ここは師匠の意見をくんで
町田樹さんはどうでしょう?
宇野選手に合うように思うんだけどな。

あるいはカメレンゴ先生とか。

と、素人は考えてみる。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-02-28 22:05 | スポーツ | Comments(0)

まったく男というものは

なんできちんと話ができないんだろ?
ヒス起こしてわめけばいいと思っているのか?
ヒス起こしてるひまがあったら
ちゃんと思っている事を話せばよいのだ。

ちゃんと聞くぜ。

あんたと違うから。
ヒス起こさないで最後まで聞くぜ。

きっと私が女だから、あんな風になるのよね。
腹の立つ話だ。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-02-28 10:28 | | Comments(0)

2月下旬でもヒラマサさんと・・・

まだ毎日「逃げ恥」をちびちびと見ている。
録画してあるダイジェストだったり、9話以降だったりなんだり・・・

飽きない。

早く飽きてほしいので毎日見ている・・・
もとい、
見たくなって見ているせいか
まったく飽きる気配なし。

このままでいったらDVDを買ってしまうではないか。

マズイ。非常にマズイ。


これは関係あるようなないような。

原作のコミックを見て思った。
原作のヒラマサさんがそこそこイケメンなんで
だったら
高橋一生さんでもOKなんじゃないかと。
みくりに多部未華子。

ガッキーファンは断固として拒否するだろうけど。

あの二人でなかったら
成功しなかったのかなぁ・・・
どうなんだろうね。
はまり役ってのもあるだろうけど
「逃げ恥」に関してはどうなんだろ?
誰でもいいという事はないだろうけど
ある程度の俳優さんだったら、と思わないでもない。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-02-27 22:08 | | Comments(0)

何も考えない

いまだに私のマイブームのハグが続いていて
夫さんはその被害にあっているわけだが・・・

わからないのは
私のそのハグに対して夫さんは
「特に何も考えてない」
のだそうだ。

何か考えることでもあるのだろうかと聞いてみたら、そういうお答でした。

・・・・

ふうむ。


何も考えない、とな。
それは、ちょっとアレではないか。

最近うちのヨメはやたらハグしてくるが
これは何かそれ以上のスキンシップを求めているのだろうかとか
何か寂しいのだろうかとか
一体どういう下心があるのだろうかとか
あれこれ考えるものかと思っていたが
何も考えてない、だと?!

参ったね。

ここまでこっちに興味がないとは想像だにしませんでしたよ。

まあ、何も考えてないおかげで
こっちは連日のハグ三昧なんだが
こうなってくると
いいんだか悪いんだか・・・
アレコレ裏を詮索されるよりは
良しとすべきなのかもしれないが
夫さんの底知れない<考えてない>人生に
何か恐ろしいものを覚えるのは
私が考えすぎだからなのだろうか?
もっとシンプルに生きた方がいいのだろうか。

男と女の違いなんだろうか。

奥は深いのである。

何なんだ、この男は。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-02-26 22:11 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini
プロフィールを見る