ドラマ「貴族探偵」

相葉さん、ごめん!
頑張っていたとは思うけど一言でいうと

ニンではない

ああ、この役、稲垣さんにやってほしかったなと。
人を食ったような、どこか傲慢・慇懃無礼・女を口説く・・・
目に浮かびます。
さらりとやってくれそうな気がする。

生瀬さんは本当にコメディがうまい。
自分より権力があるとわかった途端の手のひら返しが鮮やかです。
武井さんの役は10年前だったら仲間さん(今回はスマホの声)だよなぁ。
硬質であるのはかまわないのだけど
武井さんがやると
単に剛直になってしまって、コメディドラマの持つ柔らかさに突き刺さってしまう。
これもニンではないのね。
生真面目ゆえに周囲の奔放さに振り回されて困惑するという役どころなんじゃないかと思うんだけど。

立派な門を開けてもらって入っていくシーンはよかった。
ここからファンタジーの世界に入るのですよ、と教えてくれてるわけです。
それにしても
中山さんがあそこまでやってくれるとは!
けっこう楽しんでたような気がするけど、どうだったんでしょ。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-20 22:34 | | Comments(0)

ドラマ「小さな巨人」

「敵は味方のふりをする」

たぶん、たいていの人は面白く見るのだろうと思うけど
「半沢直樹」を楽しめなかった私にはイマイチでした。
銀行のオハナシが警察に移っただけに見えて
「半沢~」に続き、これもダメでした。
本当いうと、メンツが良いので
すごく期待したんだけどな。

相変わらず香川照之のラスボスぶりが凄い。
いやラスボスじゃあないのかもしれないけど。
時に冷たく突き放し、時に甘い餌で釣ろうとしたりで
変幻自在の上司ぶりです。

「警察官を守る法律など存在しない」には目からウロコだったけど
それは内部の話で、外部に対しては
「大きな権力を与えられているんですよ」
という右京さんの言葉を添えておこう。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-19 22:24 | | Comments(0)

ドラマ「ボク、運命の人です。」

神様と正木の会話がたいへん楽しいし
演じている二人も楽しんでいるように見えます。
そして、神様は地味に衣装を変えておりました。
そして、以外にもさまになっている阿佐ヶ谷姉妹の江里子さん。
お笑いの人って、ほんとに役者やらせてもいけるのが凄い。
まあ、安いから使うらしいけど
理由はともかくできるんだから、けっこうなお話です。

正木くんのアパートの部屋がやけに立派ですが
正木くんはあの会社では中途採用の新人のはず。
以前の稼ぎがよかったのかな?

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-18 22:12 | | Comments(0)

ドラマ「リバース」

一体雪山で何があったのか?

・合流していないはずの村井まで恐れているのはなぜか

・さして仲良くなかったのに、深瀬と広沢が誘われたの成り行きなのか、そうでないのか

・ジャーナリスト(元警官?)はなぜ10年たってから現れたのか

・パーティに来ていた広沢の母には何か魂胆があるのか

・「越智実穂子」とは何者なのか、単なる深瀬の恋人でいいのか

・何度か耳に入ってくる「別荘の窃盗団」は関係してくるのか

・張り紙を張っていくのは誰か

そして、
・一体4人は何をしたのか、しなかったのか

現在と過去を行ったり来たりする、そういうのが苦手な人には
面倒くさい作り方をしているドラマだけど
ここちよい緊迫感がたまりません。

それと深瀬を演じている藤原くんが実にうまくて。
普通の俳優がああいうドジ男を演じるといかにも『わざとらしく』『不快な感じ』になるのに
藤原くんが演じると、
ああ、彼はドジで引っ込みがちな男なんだな、ちょっと損だなとちゃんと納得させてくれる。
こういう役は意外と難しいので、すごいものだなと感心。

封印したはずの過去が、10年たって動き出す。
スリーピングマーダーですね。
ほんとに何があったんでしょう?

浅見(玉森くんの役)のいう
「罪は罪なんだよ。ウヤムヤにしたら碌なことにならない」
という台詞がとても意味深です。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-17 22:56 | | Comments(0)

ドラマ「犯罪症候群」

うわ!
存外の面白さ!

いきなりドキドキの展開です。
500万円の児童誘拐。
500万円を指定の口座に振り込んで待つと
子供は無事に返ってくる。
ひとりだけ警察に届けたものの、犯人に至るまでの物証はほとんどなく
報復を恐れる親によって届けは撤回される。

警察が仕事を外注するのと
人事課の篤郎さんが策士すぎるのを除くと
後はなんだかありそうです。

話に関係ないかもしれないんだけど・・・
ミムラ扮する、誘拐と知らずに誘拐に加担している介護の女のあたりで泣いてしまった。
事故か何かでほぼ寝たきりになった母親の介護のために仕事をやめた女。
母親の鳴らすブザー音に追われる日々。
ラインで<キノシタ>さんに書いたとおり「息がつまりそう」な毎日なわけね。
で、唯一彼女の心を掬い取ってくれるのがキノシタさん。
で、ついついキノシタさんに愚痴を書いてしまう。
とラインが意味もなく途切れ、女は慌てるのよ。
愚痴が多すぎて、キノシタさんが不快に思ったんじゃないかって。
で、慌てて、愚痴ってすまんかったみたいな文章を送ろうとすると
キノシタさんから「また、バイトお願いできますか」とくる。
女はほっとするよね。
よかった、キノシタさん、ウンザリしたんじゃないんだって。
むろん引き受けるわ、喜んで。
だってキノシタさんは外界と彼女をつなぐ大事大事なな存在だもの。
自分の事をわかってくれる人だもの。

なんかこのあたり泣けてしかったなかったです。
こんな人、現実にもたくさんいるんだろうなって。

だから、ちょっとオカシイと思っても
女はキノシタさんの頼みは断らない、断れない。
ふっと浮かんだ疑問も心の底に沈め、上から大きな石を乗せて封印する。

ちょっとした場面だったけど
なんだかすごいなと思ったわ。

こういう細かいところをおろそかにしない姿勢は大事だわ。
1秒の無駄もない構成です。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-16 22:30 | | Comments(0)

ドラマ「人は見た目が100%」

好みではありませんでした。

美人は懸命にブスにメイクしても
美人なんだなと再認識。
もうね、眼鏡=ブス、という思い込みはやめようよ。
近眼用の眼鏡じゃないから
目が小さくあんるわけじゃなし
美人が眼鏡かけてもたんに眼鏡美人になるだけなのよ。
それなりの人をキャスティングしましょうね。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-15 22:20 | | Comments(0)

ドラマ「母になる」

開始5秒もたたないうちにもっていかれた。
映像はいきなり緊張感にある、何かの捜索場面から始まる。
一瞬局を間違えてニュース番組にしてしまったのかと思ったほどです。
子供が拉致されその子の服が川で発見され、それを両親と祖母が確認する場面になります。
否定する祖母、うちのめされる若い母、うけとめきれない父親。
三者三様で衝撃を受けています。

一転、場面は父母のゆっくりな出会い、子供を身ごもり、
幸福な家庭生活を築いてゆく場面がじっくりと描かれます。
「(胸のところが)ぎゅっとなってきゅっとなるの。愛しいってことなんだよ」
という子供の言葉が泣かせます。
驚くのは柏崎を演じている藤木さん。
とにかく若い。顔がピカピカしてる。
最後の方で10年後の姿がチラと映るのだけど
その老けように逆に驚くほどです。

さて、柏崎夫妻と同じころにやはり子供を産んでいる、柏崎の上司の教授・西原のところは
妻が産後も働いているのに、夫が何もしないと妻は不満たらたら。
そして、なんの脈絡もなく登場する疲れ切った女。
小池さんが好演してます。
人生になんの楽しみもない女のように見えますが、
彼女はアパートの隣室に子供を発見するのです。
ただ、子供の顔は映らないので視聴者はひょっとして・・・と思うだけなのだけど。
その後、生き生きと自転車のペダルを踏む彼女に「ママ!」と手を振る男児を見て、ああ、やっぱりと思うわけです。

10年後、結衣が食堂(ラーメン屋?)で働き、小さなアパートに帰る姿で
ああ、離婚したんだなと。
そこへ電話ーーー拉致された息子が見つかったと。
母親は急いで面会に行くと・・・
その子は例の台詞を言うのね、ぎゅっとしてきゅっとなって、と。
ああ、わが子だと母親は13歳になった息子を強く抱きしめるのだけど・・・

私、このドラマは10年ぶりに会った母子が
少しずつ親子を再生していく話だと思っていたのだけど
息子の、よく練られた台詞を言ってるような感じが気になって気になって。
単純な話じゃないのかもしれないと思いなおしたわ。

そうよね、これだけだと
板谷さんをキャスティングする意味ないもんね。
小池さんを配役する意味ないもんね。
どうなるんでしょ?

それにしても
自分が子供をいらないとうっかり思ってしまったのが悪いと
泣き崩れる沢尻さんの演技はすごかったです。
この方、以前からうまいと思ってたけど、やはり凄い。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-14 22:53 | | Comments(0)

海原なな先生の教え

柳原可奈子さんのネタの「海原なな」の
男性をひきつける「さ・し・す・せ・」には笑ってしまったけど
これってあながち間違いじゃあなく、というか
そうよね、男ってこーゆーのに弱いわよね、と思ったわ。

さ・・・さすがぁ
し・・・知らなかったぁ
す・・・素敵ぃ
せ・・・センスいいぃ
そ・・・そうなんだぁ・・・

男のつまらない見栄とプライドをくすぐる魔法の言葉。
ったく、ですよ。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-13 22:08 | | Comments(0)

ドラマ「CRISIS~公安起動捜査隊特捜班」

なんと言いましょうか・・・ありがちな設定なんですけど。

どこかぶっ壊れた、あるいはあちこちで邪魔者扱いされてるような人材を寄せ集めた特捜課が
ちょいと変わった事件を難なく解決するという、お決まりのやつ。
こういうのってたいてい7・8人なんだけど(7人てのが多い)
今回はトップを入れても5人。
この後増えるのかな?

毎度毎度思うんだけど
議員さんの子女って、あそこまで悪いと
地元に噂が広まって、すぐに落選すんじゃないのかね?
そんなふうに思ってる私の方が甘いのかなぁ。
昔ならなんとかごまかせても
こうまでネットが発達した社会で隠しおおせるって難しい気がするのだけど。

アクションシーンはすごかったけど
アクション苦手の私からすると、必要あったかなと。
二人がすごく頑張ってるのはよくわかったけど。
背中の筋肉の発達の仕方は尋常じゃないですよ、お二人さん。

野間口さんが久しぶりにまともな人を演じていた。
私が見ているドラマの中では、シリアルキラーとかDV夫とかそんなのが多かったので。
優れたエンジニア役は久々の白い役。

ところで最後の小栗くんの口説きだけど
男性はあれをカッコイイと思うのだろうか。
ここは日本だぜ。
なんか気持ち悪いですよ。
「隣、いいですか?」と断って
普通に隣に来て何気ない話した方が好感がずっと持てると思うんだけど
男性からしたら、あれがカッコイイのかしら?

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-12 22:04 | | Comments(0)

ドラマ「4号警備

好きな俳優さんばかりだったので
アクションという言葉はあったものの
なんとかなるだろうと(私はアクションは苦手)と思ってみたのだけど・・・
やはりだめだった。
窪田くんが真剣にアクションに取り組んでいて
頑張ってるのには感心したけど
まったく役にたたない、足を引っ張ってる?シシマル(石丸)のどこが良くて
鶴太郎さんは4号警備にしたのか、
窪田くんも何がよくて戻ってきたシシマルさんを喜んで迎えたのか、わからない。
シシマルのおかげで依頼人が和むわけでも信頼が増すわけでもないのに・・・
これからそれが描かれるのかもしれないけど
その片鱗でも見せてほしかった。
ひょっとしてそういったものを細やかに描かれないかもしれないと思ったら
次回を悩んでしまう。

めんどくさいんで俳優さんの名前と役名ゴッチャ。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-11 22:35 | | Comments(0)

mao-chan

海外の選手のツイートにMao-chanの文字が散見する。
愛されてるね。

精一杯やってくれたあなたには感謝の気持ちしかない。


ありがとう。


落ち着いたら
プロとして
再び美しい姿を見たいと思っているけど
違う道を行きたかったのなら
それも良し、
あなたの決断を応援します。

ほんとに長い間、ありがとう。

ゆっくり膝を休めてください。

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-11 08:09 | スポーツ | Comments(0)

亡き友人に送ったメール~0710'08

なんだかすごく疲れている。風邪ひいたのもあるかもしれないけど、それはたぶんもう治りかけ。じゃあ、なんだって
聞かれたら・・・・義父の姪っ子が二人<お見舞い>と称して、2泊3日で遊びにくること。来週の18、19、20と。この日を私と娘はものすごく楽しみにしていた。月にたったの3日だけど、義父から解放される時間があるというのは、ものすごく大事だ。朝っぱらから義父が義母を怒鳴ったり叱ったりする声をきかなくてもいい日があるのは嬉しい。ずっとだけど、義父は1日に1回以上は必ず義母を怒鳴り、叱るのだ。その声を聞くのは精神衛生上よろしくない。こっちの具合が悪くなる。認知症患者は物事の記憶は保つてないけど、感情のそれはけっこう保持していられるというけど、義母の場合、あんなに毎日義父に怒鳴られ叱られているのに、あいかわらず「とうさん、とうさん」と言い続けるのは何故なんだろう?個人差やその夫婦のあり方によって差異が出てくるということかしら?
いや、それはともかく、6月義父は実家に帰らなかった。そして、頼みの綱の7月も自宅帰宅なし。私たちのこの疲弊しきった心はどこへもっていったらよいのか・・・?
というわけで、疲れてんのよ。

しかも(義父の)姪っ子のうち一人は今実母か義母かわからないけど、とにかく介護してるんだって。それが、娘が7月の連休に帰省してその間見てくれるのいうので、2泊3日の旅行に出ることになったらしいけど、何もその旅行先に介護真っ盛りの我が家を選ばなくてもよさそうなものじゃない?介護の大変さだってよくわかってるだろうにさ。鬼、だよね。何考えてるんだろう?はた迷惑、とか思わないのかな?介護の実態をよくわかってるはずなのにさ。
で、夫は姪っ子ふたりがきてる時に、「オヤジを連れ出してもらって、少しは介護から解放してやりたい」って言うんだよ。義母の介護なんて義父は好きでやってるんじゃないか、何度こっちが代わってやるといっても、断固譲らないのはあっちだぜ?好きでやってるんだから、やらせておけばいいんだよ。好きでやってるくせに<愚痴>を垂れ流す最低なヤツだけどさ。

あ~腹立ってきた。また、書くね。         すう

[PR]
# by kumorinotini | 2017-04-10 22:17 | 知人友人 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini
プロフィールを見る