180度動く

先日、私が見舞いに行った時には
母はつい最近までボランティアに行っていたSK園の介護士たちが
「冷たくて、つっけんどん」
と言っていたのに
同日、後から妹が行った時は
「こんな事にならなかったら、お父さんとSK園に入って楽しく過ごしていたのに」
と愚痴ったらしい。

何か呆然としてしまうね。
「冷たくて」
「つっけんどんな」
介護士たちに囲まれて、どう楽しく過ごすというのだろうか。
しかも母の愚痴の源泉ともいうべき父と一緒なのに。

なぜ、こうもころころ変わるのか理解できない。

以前も
「お父さんより長生きして一人暮らしをしてみたい」
「お父さんには私より長生きしてもらいたい」
と言ったり
「お父さんから早く卒業(死ぬ)したい」
「すぐにでも死にたい」
と言ったり。
人によっては認知症?というかもしれないけど
これはずっとずっと長い事
手を変え品を替えして言われてきた言葉で
いまさら感もあるのだけど
かくも続くといやになる。
前は一か月に1回聞けばいいだけだったから我慢もできたけど
今は一日おきに聞くはめになっている。
しんどい。
どう答えてほしいのかアレコレ考えてしまうよ。

その合間にお隣のベッドの人と
「笑顔で逝きたいね」
と誓い合ってるらしい(妹よりの情報)から
母の中では何ら矛盾するものではないんだろう。

怖ッ!!
これを怖いと言わずして何を怖いというのか。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-21 22:51 | 母の胃がん | Comments(0)

あらまほしき嫁

例の妹の舅のガンの話のときーーー
母は「妹子ちゃんはしょっちゅう(舅の)見舞いに行ってた」みたいな事いうのよね。
私は
ほとんど見舞いに行かなかったと思っていたので
母の言葉にびっくりしたわ。

確か妹夫の弟嫁から
「お姉さん、もっとお見舞いに来られないんですか」みたいな電話があった時に
「慣れてない道路は運転できない」と言って断った、てな話を聞いていたもんでね。
それを聞きながら、羨ましかったもの。

同時進行で飼い犬も余命宣告されてたうえに、
度重なる姑からの愚痴電話に食欲なくしてやせてきた妹に妹夫さんは危機感を感じて、
「飼い犬の事だけやってくれればいい。見舞いは自分がするから」
と言われたって言ってたし。
あ~~うちとはえらい違いだなとこれまた羨ましかった記憶がある。

母自身はほとんど嫁務めをしていない。
結婚前にどっちか亡くなってるし、結婚まもないころに残りも亡くなってるから。

なのに幸福家族を演じたい母は娘に素敵嫁姑を望むわけね。
あらまほしき嫁を望んでしまうわけ。
嫁ー姑仲良しごっこみたいなのを求めるわけ。
だから、話をしててもなんとかそっち方面にそっち方向にしむけようとするんだけど、
いっかな妹はそれに乗ってこない。
だもんで、先日母の口から
「妹子ちゃんは姑さんの事が大嫌いだから」という言葉を聞いた時は驚いたのなんのって。
とうとうそれを認めたのかって。
そして、妹も「大嫌い」をとうとう母に認識させたんだなって。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-21 22:36 | 母の胃がん | Comments(0)

さよなら、殿下・・・

フィギュアのデニステンが亡くなった。
暴漢に刺されて。
練習の帰りに。
コズのブレード、注文してくれてたんだね。
あなたのノーブルな演技、好きだったよ。
GPのロシア、楽しみにしてたよ。
もう、殿下の新しいプログラムを見ることはできないんだね。
寂しいよ、テンくん。
ご冥福とかそんな事は言わない。
ただただ寂しいだけだよ。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-20 07:56 | スポーツ | Comments(0)

父の予言

また父の、母の余命に関する予言が出た。
今度は
8月いっぱいだそうだ。

なんか脱力しそうだ。
何回外れても予言してくるのはいったいなぜなんだろうか?
なんの根拠もないのに。
医師だって見定められないでいるのに。

去年S内科で3か月と言われて
3か月の間はおとなしかったんだけど
3か月、すなわち11月に入ったら、年内に死ぬ、と言い出し
年を越したら1月いっぱいといい
2月に入ったら、3月いっぱいと言い
3月越えたら6月いっぱいといい
7月に入ったら8月いっぱいだそうで。

一体この男はどうしたいんだろうか。
その通りになったところで
「ほら俺の言ったとおりになっただろう」
とか踏ん反りかえりたいのだろうか。
まったく理解できない。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-19 22:43 | 母の胃がん | Comments(0)
全力で大真面目に作っているのはわかる。
でも次回見ようと思うかというと・・・う~~ん・・・なのです。
ごめんね。

それにしても、
大学出たばっかりの女の子にいきなり100件以上って・・・
補助の人がつくとはいえ、ひどくない?
毎日1件ずつ回ったとしても一回りするのに3か月かかる計算ですよ。
これが本当だとすると(多分本当なんだろうけど)福祉の仕事も楽ではない。
わが北海道弁でいうと <ゆるくない> ですな。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-19 22:26 | | Comments(0)
これは気に入りました。
私好みです。

この時間帯の前回の「ヘッドハンター」も面白かったけど
今回の企業の再生ものも面白そうです。
働く男はつらいよ、なんだけど
頑張れるというかやりがいのある仕事がないともっとつらいよ、なんですな。
判子押すだけの簡単なお仕事では満足できない男の可哀そうな面もあるんだけど
どうであれ
男が生き生きと働く姿はいいものなのだ。なんてね。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-18 22:49 | | Comments(0)
なんつーか・・・
テンポが悪い。
題材が題材なんだから、
たたみかける部分とじっくり見せる部分をテンポよく配置していかないいと
ダレルというか飽きるというか。
原作はコミックだそうだけど、
「ライアーゲーム」のえぐいバージョンですかね。
(えぐくなる場面はきっちりカットしてあったけど)
ライアーゲームの場合は莫大な借金、こっちは重傷もしくは死と引き換えなんだから。


それはともかく
あの大金持ち氏がたぶん金にあかせて集めた男どもが
できそこないもしくはクズだらけであるのはどういう事なんでしょう。
本当に次代のの王を求めようとしているのか、
単なる王様の暇つぶし用なのか。

まあ、わからない事ばかりですが
ただただよかったのは
まるで女王のような小池栄子さんの表情、仕草ですかね。
実にいいです。
鉄球に何人つぶされようと女王は平然としています。
へ、でもありません。
いえいえ面白がっています。
とにかく女王の風格です。
秘書?とんでもない。
場を仕切る女王ですよ、あれは。
どMの男はきっと彼女のハイヒールの踵でぐいっと踏まれたいと熱望するに違いないわ。


ところでケンコバ、確か福本さんのファンだったね。
出演できて、おめでとう。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-18 22:13 | | Comments(0)
すんごく丁寧に作ってあるのはわかる。
俳優陣もすんごく頑張っているのもわかる。
でも、でも、
はあ~~~
嫁いびりかあ~~

日曜の夜から
こんなの見たくないわぁ。

とここでドラマの公式サイトの粗筋を見る。
なんとすずさん、実家に帰れるじゃないですか。
それはよかった、よかった。
これで万事まるく治まるというものです。
よしよし、
実家に帰って二度と呉には行かなければいいんだし。
よかった、よかった。


そして、さらにアニメ・コミックの詳細な粗筋を読む。

ふえ~~~
戦時下、および原爆まで出てくるのかぁ~~
勘弁してくれ、です。
まともでちゃんとした人は感動するんだろうけど
私はちょっとねぇ・・・


ところで、数秒の映像だけど
遊郭と思しきとこにいる女・二階堂ふみさんのインパクトが半端ない!!です。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-17 19:47 | | Comments(0)
ヒロインを拾ってくれたliz編集部の編集長の「癖がすごい!」としか言いようがない。
見た目のインパクトも言動も。
それはそれは「癖が凄い」のです。
藤田嗣治ばりのおかっぱに眼鏡、たぶん意識してるんでしょう。
よく動く表情筋です。
で、ものすごく怪しげなのに妙に説得力があるのです。
ヒロインが「そんな女性誌にありがちな理論をふりかざして~」と心ん中で反論しても
「男の俺が言ってるんだ、間違いない」と断言されるとそうかなぁとなってしまいます。
(しかも本当に効果あったみたいだし)

さらに
相葉さんのお友達の風間くんの演技がすごいです。
自分が捨てたはずの女がひょっとして自分以外の男と・・・
と思ってしまった時の、後悔、悔しさ、驚き、そのたもろもろを微妙な表情の変化で表現します。
風間、恐ろしい子・・・

私の中で波瑠さんのドラマは
全部見ているわけではないので、言い切ることはできないけど、いまのところあまり外れがない。
あ~~「もみ消して、冬」は駄目だったけど。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-16 22:24 | | Comments(0)
今まで医療ドラマでなんど聞いてきた台詞でしょう、
「どいて!」
「邪魔!」
だけど、ドラマの医者でも割り込むことはあっても、突き飛ばす事はしなかったのに
このドラマでは突き飛ばす突き飛ばす。
それはもおひどいもんです。
しかも突き飛ばされる山崎賢人がかなり細身なので、これまた気持ちよくぶっ飛ぶんですな。
をいをい院内で暴力沙汰かよ、
ほんとだったら怪我するじゃん、
てなとこまで突き飛ばすんです。
やりすぎ、ってこういう事を言うんでは?
これは院内DVなのかパワハラの極みなのか、何なんでしょう。

ところで自閉スペクトラムのサヴァンという設定だけど
この程度ならちょっと変わった青年の範疇に入るくらい、自閉スペクトラム度合いが小さいのね。
自閉Sというとマイルールの塊で新しい事、いつものルーティンと違う状況になると発作を起こしたような(知らない人からみると)状態になるんだけど、
せいぜい白い線の上を歩いてみた程度で突発的な状況になってもなんのその、立派に対応。
まあ、そうよね、でないと医学部でやてけないよね。

だから、この子はちょっと風変わりなとこはあるけど優秀なお医者なのよ。
サヴァンだから世界のありとあらゆる事例症例が頭に入っているPC以上の存在なのよ、
だからうまく使えばいいだけ(診断と治療)なのに、
それができないって医者という医者はバカなのか?
つまらんプライドの塊なのか?
というドラマでした。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-15 22:24 | | Comments(0)

ドラマ「チア☆ダン」

かの有名な福井中央高校に入れず、したがってジェッツにも入れなかったヒロインが
違う高校で細々(?)と応援のチアダンスをしているところへ、
都会からグイグイ来る女子が転校してきます。
グイグイはそのままグイグイとチアダンスを押してくるのだけど、
あまりのグイグイぶりにヒロインをのこして全員逃げてしまう。

いったんはひいてしまいそうになったヒロインだが、
姉の頑張りを目にし自分も頑張ろうと
グイグイとともにチアダン部を立ち上げようとするのだけど・・・
という王道をいく展開だけど、私は嫌ではなかった。
王道もまっすぐやれば、いいでしょうという気持ちになるわね。
そして、優し気な病上がりの教師を顧問に引き込んで、さてどうなりますか、という流れです。

土屋さんはあまり好きな女優さんではないけど、このドラマの土屋さんはなかなかいいです。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-15 22:16 | | Comments(0)
数日前に見舞いに行った時に
たまたま妹の舅のガンの話になった。

3年ほど前、舅さんは肝臓がんだかすい臓ガンだかで亡くなったのよ。
体調が悪くて病院に行った時は余命三か月と言われ、ほぼそのとおり亡くなったのだけど、
その舅さんは家族親族から告知をうけなかった。
全員で彼をだました、というか嘘をつきとおしたのだけど、それに関して母は

「隠していたはずが、どっかからばれて舅さんが切れたんだって。
 その場に妹子ちゃんもいて怖かったと言ってた」と。

そんな話妹から聞いたことなかったので、
びっくりするとともに今さらながら怖かっただろうなと思って、
その旨メールしたら返ってきた返事が

「初耳です」

だった。
妹によると、
舅さんは何も知らないまま亡くなったと思う、夫からも何も聞いてない、とのこと。

は?

一体母は誰と勘違いしているのか?
しかも母の言によると妹がまめまめしく舅の見舞いに行ってたような口ぶりで、
あんまり見舞いに行かなかったと聞いてた私はびっくり。
妹夫の弟の嫁から、もっと見舞いにこれないのかと苦情の電話が来たという話を聞いてたもんでね。

この舅さん切れた話を妹子が知らない話を母にして、別な人の話を混同しているのではないかと言ってみたら、母は

「妹子ちゃんじゃなかったら、お通夜の席で誰かがしゃべってるのを聞いたんだと思う。
 隠してたのは思いやりなんだから、素直に受け入れれないいのにって思ったもの」

と譲らない。
まあ、そういう可能性もないではないけど、なんだかなぁ・・・の気分です。
でも、母は言い張るのよね。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-07-14 21:33 | 母の胃がん | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini