人気ブログランキング |

父から受けた事の後遺症~テレビを見る時

私がドラマなりバラエティなりとにかくテレビを見ているとしよう。
そこに後から男性が来て、一緒にテレビを見始めた途端
私はテレビの画面が目に入らなくなる。
入らなくなるというか理解できなくなるのだ。
男性の動向が気になって
テレビからの情報を受容することができなくなるのだ。

この事に気づいたのは
義父と同居してからだった。
師匠が後から来て共に見ても気にならない。
では夫はどうだったかというと・・・・

夫が在宅の時は
彼はべったりテレビをつけっぱなしにする人なため
私の見ているものを夫が後から見る、なんてことはまずなかったので、
気づかなかったようだ。
それが、義父と同居することになって
私が茶の間でテレビを見ている時に
義父が自分たちの部屋から茶の間に来た時に
私はいきなり前出の状態になって、初めて気づいたのだ。
居ても立ってもいられない、というと妙な表現だけど
そうとしか言いようのない精神状態になってしまう。
まったく頭に入ってこない。

なってみて初めて気づいた。
これは父親にされた事からくる後遺症だと。

私の父は母や私がテレビをみていると
「くだらない!!」と言って、毎回テレビを消す男だった。
ならば教育番組なら見てもいいのではないかと思うのだが
それに対してもわざわざ私たちとテレビの間に寝そべり、眉間にシワを寄せ、舌打ちをするのだ。
それもあからさまに。
テレビを消さざるをえない。
すると父は満足げにどこかに行ってしまうのだった。

子供時代はずっとこの事の繰り返しだったので、
私はクラスのみんなが見ている番組をほとんど見ていなかった。
見ていなかったところでせいぜい話についていけないくらいで、
どうって事なかったのだけど、
とにかくテレビを見ていると後から父が来て、テレビを消すはめになるという事を数限りなく繰り返すと、
どうもそれが習い性になるというか、テレビを見ているところに男性がくると「ああ。また、消される、舌打ちされる、嫌な顔をされる」と心臓がばくばくしだし、落ち着かない、脳貧血前のような状態になるらしい。

最近、夫にも部屋が出来たせいか、私がテレビを見ているところへ後からやってくるというシチュエーションになる事がたまにある。
夫という人が
私がテレビを見ていたところでイヤミを言ったり、舌打ちをしたりする男でないのは重々承知しているのだが、やはり駄目だった。
義父だって「いいよ、いいよ、遠慮しないで見てなさい」と言ってくれたけど
駄目なものは駄目なのだ。

子供の頃に味わった事の後遺症というのはあなどれないものです。
子供時代から40年以上たつのにねぇ。
by kumorinotini | 2013-02-13 14:43 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini