テレビを見ること

夫さんは昨日まで5日間連続で規定の休暇をとっていたのだけど
その間、私はテレビを見ることが出来なかった。
別に夫さんが見せてくれなかったわけではない。
私自身がテレビのスイッチを入れてみることができなかったのだ。
これは私の成育に原因があると、わかってはいるけど
わかっちゃいるけどできないのだ。
このハードルはなんとしても越えることができない。
夫さんはテレび大好き人間で私がテレビを見ようと録画したものを見ようと
文句を言う人ではないのだが
できないものができないのだ。

今は夫さんも仕事に行っているので
夫さんが不在の日中に録画したものを見ることができるけど
これがリタイヤして日がな在宅となった時
たぶん私は録画したものをほとんど見ることができないんだろうなぁ。
映画の録画なんて絶対に無理だ。
30分番組だったら、留守を狙ってパパパと見ることもできるけど
映画となると2時間近くある。
ちょっとした合間を盗んで見る、なんてことできるわけがない。
つまり、夫さんが定年で家にいるようになったら
テレビの楽しみが半減することになるのだなぁ・・・
そうならないために、夫さんがいても見る事ができるようにならないと駄目なんだけど
できる気がしない。
心臓がバクバクいう、
画面が頭に入ってこない、
内容が理解できなくなる。
なんとか慣れる事ができないだろうかと頑張ってはみるのだけど
やはり、できない。

これはもう、
これまでたくさん見てきたのだから、
再来年からほとんど見られなくなっても仕方ないと
諦めるしかないのだろう。

人間はテレビのみで生くるにあらず、だ。
[PR]
by kumorinotini | 2015-02-27 22:46 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini