生活できない?~ホシノノゲンシのエッセイより

今をときめくホシノノゲンシのエッセイをちらっと立ち読みしてきたんだけど
<携帯の使用料を払うだけの事ができない>くだりで
思い切り考えてしまった。

これは冗談なのか?

わざとなのか?

私からすると
わざわざやっているとしか思えないのだけど
しょっちゅう読んでいるブログ(映画と読書に関するブログ)主によると
「あ~~これは自分だ」なのだそうで
ホシノノゲンシが人々にかくも受け入れられているのは
こういう人がたくさんいるからだろうとのこと。

冗談ではないのか?

ほんとにできないのか?

そいつは
そいつは


相当ヤバイのではないか・・・・?


携帯の請求書というか振り込み用紙を見て
明日払うぞ、と決心するまではよろしい。
なぜそれを鞄の中につっこむのか?
それで成功を収めているのならそれでも良し、
だが、いつもいつもそれで失敗しているのなら
別の方法を考えるべきであろう。

私ならクリップでも洗濯ばさみでも使って
鞄の外側に留めておく。
それなら絶対になくならないし、ぱっと気づく。
でがけにコンビニで払えばいいだけだ。
クリップがないのであれば
セロテープで軽く貼るだけでもいい。

だが、この人たちはやらない。
考えようともしない。
という事は
払う気がないんじゃないかと考えてしまう。

「LIFE!」のゲスレポーターじゃないけど
「ほんとうに払う気なんかないんでしょう?」
とゲスい言い方でねちねちやりたくなる。

あ~~いかん、いかん。

人間の多様性という言葉を思い出さねば。


心の声:こういう人たちって、できない自分をどこか自慢気に書いてる気がして
不愉快になるのよね。今を時めくホシノノゲンシでもさ。

[PR]
by kumorinotini | 2016-12-29 22:05 | 雑感 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini