ドラマ「下剋上受験

ほとんど期待してなかったドラマだけど
以外に面白かったわ。

今のところ悪党が出てこないところがいいし
空回りしつつも頑張っているお父さん役のアベサダ、すごくいいです。
子供と奥さんが大好きでたまらないのがよく出ています。
そして、
可愛いくて人が良くってちょっと抜けてる奥さん役の深田恭子さんもいいです。
どこかふんわりふわふわのとこが緊張を和らげます。

シナリオがいいなぁ。
中卒である事に大きな引け目はないけど
いささかひっかかる思いは持っている中卒仲間たち。
お父さんもそういった人でしたが
ある時気づいてしまう。
どうあがいても越えられない天井がある事に。
そこで
お父さんは決心します。
娘を良い大学にやりたいと。
良い大学にやるには良い高校に。
よい高校に行かせるには良い中学!!
そこでお父さんは決心するのです。
偏差値70以上の中高一貫校へ娘をやろうと。
となると中学受験をやらねばならない、と。
そんなお父さんの「青年の主張」じみた演説の時に
レンジがチンと鳴る場面では笑ってしまいました。

塾にもやらないでお父さんがどう娘と勉強していくのか
どう頑張っていくのか。
で、お爺さんはどうかかわってくるんでしょう?
小林薫さんがおじいちゃんを演じるからには、チラ見せではないはず。
って小林薫さんも祖父の役かぁ・・・

次回が楽しみです。

でも、地味だし、題材が題材だし視聴率とれないんだろうなぁ、はああ~

[PR]
by kumorinotini | 2017-01-14 22:38 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini