ディープパンとやら

母の付き添いで薬局で薬ができるのを待っていた時のこと。
大きな薬局だったせいかテレビをおいてあって
そこではテレビショッピングの番組が流れていました。

宣伝しているのは
なんとやらコーティングのディープパン。

   「このディープパンでご飯が炊けるんです」
   客「うわ~~~」
   「ほら、このように」
   客、パチパチパチ
   「試食しましょう」
   ゲスト「美味しい~~」
   客、どよめきと拍手。

なんて感じで、ディープパンをほめちぎるわけです。
まあ、売り物だからね、褒めるわね。
でも、でも、でも、そのお高いディープパンでなくても
安いコーティングのフライパンでも
ごはんは炊けるのだ、残念ながら。
ディープパンの専売特許じゃないのよ。
よくあるテフロンのごくごく普通のフライパンにガラスの蓋があれば。
ガラスの蓋がなければ、普通の蓋をして
それに丼でも乗せてやればOKなのだ。
つまり、ある程度の圧力をかけてやればご飯が炊けるってわけです。
電気炊飯器でないと焚けない、わけではない。

テレビショッピングを見ながら
騙してるわけじゃないけど、なんだかなぁ・・・と複雑な気分になりました。

[PR]
by kumorinotini | 2018-01-31 22:30 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini