「dele」第三話

実に質のいい短編小説を読んだような気持になった。

男と女は二人とも今は60台。
寂れた町の近いところで小さな店をやっている。
男は写真館、女じゃ理髪店。
写真館さん、理髪店さんと仕事で呼び合うような小さな商店街。

だが、男は監視者で女は監視対象だった。

男は女の秘密を黙認し
女は監視されてる事も黙認の件も知っていた。

ほとんど会話もない二人だったけど
盗聴という手段で男は女の声を聴き
女は男に話しかける。

それが30年近く。
二人はひっそりと寄り添って生きてきたのだ。
寂しくなんかなかった。
女は見守られ
男は見守ってきた28年だった。

寂れた町を丁寧に映し出す映像、
普通だったら飛ばしてしまうところだけど
そんな気にはなれなかった。
それは絶対に必要なものだったからだ。

途中からただただ泣いた。
今も涙が出そうだ。

最後に赤いバラの花言葉は「あなたを愛してます」
そして
五本のバラの花ことばー

 
           「あなたに出会えたことの心からの喜び」

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-12 22:12 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini