一切の治療を

昨日の夜、妹から電話がきた。
妹言うに、ついさっき父から電話があって、

母の一切の治療を止めてもらうよう先生に言おう、
火曜木曜なら先生も話す時間があると看護師さんに確認した、

といってきたのだって。
妹は治療と言ったって、今だってすごい治療をしているわけでもない、
せいぜい輸液にビタミンを混ぜて、
痛み止めと、抗うつ剤、を飲ませているくらいのもの。
先生の見立てではそろそろかなぁ・・・といった具合なのに
なんで今ここで焦るのかわからない、と妹。
どう思う?と聞いてきたので
抗がん剤をやめるというなら話もわかるけど
それはやってないんだから、今、なにかやめる必要を感じないと答えたら
じゃあそれで父に返事するわ、と。
その後、メールが来て、
父に話したら、わりとあっさり「そうか」と答えたらしい。

今、一切の医療を止めたら、痛みと苦痛で母は鬼の顔になるだろう。
それを見たいのだろうか?
抗うつ剤を使っても、母の本性が現れてきて
いつも苦い顔をしているのに。

[PR]
by kumorinotini | 2018-09-11 22:27 | 母の胃がん | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini