2018年 08月 14日 ( 1 )

実験台

昨日、母の見舞いに行ってきた。
行きたくないけど。

その日輸血があるとかで母はひどく元気で、
昼時に孫娘たちがそれぞれ夫の子供たち(母からすればひ孫)を連れて見舞いにきてくれたと元気よく報告。
だけど、2週間も我慢させないで、毎週二日輸血してくれればいいのにと不平不満。
先生に任せる、とか信じるとかいうわりに文句たらたらです。

と、看護師さんがリフレックスの効果を確認しに来た。
一昨日はどうだったか、昨日はどうだったか、今朝の目覚めはどうだったか。
昨日の朝まではいまいちな効果だったらしいけど、
今朝は気持ちよく眠れて起きた、という話だたったのはよかったんだけど、
後の言葉にびっくりしたわよ。
「今日輸血するし、あの薬はもういらないから」
へ?リフ飲んでるから今気持ちが上向いてるんじゃないの。
看護師さんが困っているようなので、
「ダメです。もう少し飲みなさい」と言っておいたけど、どうなるんだか。

あとで妹からメールがきたけど「薬漬けになるのはいやだ」と断ったらしい。
服用するかどうかは後は先生のお考えしだいだけどね。

で、看護師さんがいなくなってから
「先生は私を実験台にしている」などと怖い事を言い出す。
論理的に考えれば、
こんな死にそうでやせ衰えた老婆を実験台にしてもなんの成果にもならないと思うんだけど。一体何をどうやったら、そんな気味の悪い妄想が出てくるのか。

妹からのメールでは輸血中に体温が38度まで上がり、輸血は急遽中止になったらしく、
母は「もったいない」とか「38度あってもなんともないのに」とかこれまた文句たらたらだったそうで。
悟ってるような顔して、まったく悟ってない困ったチャンです。
早く悟ってくれ。
こんな自分でも実験台になるならありがたい、くらいまで悟ってくれ。
あの不平不満にはウンザリをとおりこして、吐き気がする。

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-14 22:35 | 母の胃がん | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini