2018年 10月 08日 ( 1 )

地震当日の病院で

地震のあった日、病院に母に様子を見に行ったのだけど・・・

病院にはまだ電気が復旧してなくて
エレベーターは使えず、階段を使うといった具合。
ああ、大変だなぁと同情しきりで母の病室に入ったら
ミニテーブルの上にパックの飲み物とロールパンが乗っている。
ああ、こんな大変な中、一生懸命用意してくれたんだなぁと感心してたら
母は
「ふん!こんなもの出されても食べる気がするわけがない」
とパンをはじいたのよ。
ぞっとしたわ。
他人の苦労がわからない人になってしまったのか、と。
でも、よく考えてみると・・・

いえ、違うな。
この人はよそ様をあまり褒めない人であったな。
よそ様のダメなところはあげつらう人だったな。
じゃあ、入院して変わったわけではないだな。
ずっとこの人はこの人であったんだな、と。
そう思うと
病気はこの人を変えなかったんだ、と思うとなにやら悲しかった。

でも、女優の演技力で医療関係者からは
「素敵な患者」という認識みたいなので
もやもやするわ。

いやな患者と思われるよりはいいのだけどさ・・・

でも、もやもやするのよ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-10-08 22:35 | 母の胃がん | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini