カテゴリ:夫( 243 )

夫さんが65歳になった時に
民生委員を名乗る女性がやってきたわ。
彼女語るに
65歳を迎えた人をとりあえず1回訪問して状況をつかみ
70越えて一人暮らしの人は
週に2回訪問するんだって。

最近民生委員の成りても少ないと聞いているけど
この町ではまだ機能するほど民生委員がいるのね。
有難いことです。

夫さんのほうはショック受けてたみたいで
ブツクサ言うのを聞きながら
いいかげん自分が年寄りだって認識すべきだなと思ったわ。
いつまで若いつもりなんだろか。
つーか
こんな風に、
実年齢と精神年齢がどんどん乖離してはざまで老いていくものなのね。

なんだか
南無阿弥陀仏の気分だわ。
年取るもんじゃないわね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-02-17 22:37 | | Comments(0)

エアー飴玉

最近の夫さんはエアー飴玉をなめる。
特に車を運転している時。

母を新しい病院に連れていってくれた時も
エアー飴玉をなめていた。
特に帰りは激しかった。

緊張すると出るのか、
身体を動かす事ができないと出るのか
夫さんに聞いてみても
自分をほとんど客観視しない夫さんは
どういう状態になった時に
エアー飴玉をなめるのかわからないのだそうだ。

ほんとに
大玉の飴が入っているのではないかと思うほど
コロコロピチャピチャやるのよね。

一体何なんだろ?

[PR]
by kumorinotini | 2017-12-21 22:23 | | Comments(0)

夫さん漬物を漬ける


私がガンとして漬物を漬けないせいか
夫さんが「ヒマだから」と称して漬物作りに挑戦。
***
ネットから漬け方を調べて、
白菜粗塩いろいろ買ってきた。
白菜を干して、塩で一回目、
二回目昆布やらいろいろ入れて本漬け。
早いかなと言いながら、試食用に半株出してきた。
塩味がまばらな、ただそれだけの白菜。
葉っぱのとこは塩が効きすぎだし
芯の部分は塩気薄~~い。
そして、圧倒的に旨味なし。
しょっぱい部分とそうでない部分がまだらな白菜。
***
どうして美味しくないんだろうという夫さんに
「昆布をもう少し入れたがいいんじゃないの?」
というと
「いや、昆布は入れたよ」
おかしいな・・・ネットに上げるという事は相当の自信作のはずだが。
「書いてある通りの分量入れた?」
「いやそこは適当につかんで・・・」
・・・・
なんでそこだけいい加減にするかなぁと思ったけど
それ言ったら怒り出すかもしれないので
優しく
「じゃあ、昆布をたくさん足してみようね」
と言うだけにとどめたわ。
***
ああ、これがメシマズ界でよく言うアレンジャーってやつですね。
最初はきちんとレシピとおりにやるのが鉄則でしょうが。
慣れてきてからのアレンジですよ。
初めから適当って・・・料理をなめるな!

[PR]
by kumorinotini | 2017-11-23 22:05 | | Comments(0)

「コーヒー飲む?」

「コーヒー飲む?」
と聞くと、最近の夫さんは必ず

「淹れていただけるのであれば」

と答える。

淹れる気あるから聞いてんだろがっ!と内心思うけど
またヒスを起こされても困るので
黙って淹れる事にしている。

でも、なんで毎回毎回そういうんだろう?
以前はそんな事はいわなかったのに。
初めて言われた時は
冗談のつもりなのかなと思ったけど、
それは一回で終わらなかったのね。
毎度毎度言うのよ。

なんかそれが素敵な言い方だと確信してるような言い方で。
いっそ、その言い方は腹が立つと言った方がいいんだろうか・・・
ああ、悩むなぁ・・・

結論:飲むかどうか聞かないでお出しするのが一番。


[PR]
by kumorinotini | 2017-10-11 22:21 | | Comments(0)

東京マラソン2回目


昨日の夜、パソコンやってた夫さんが
わあ!と大声を上げた。
むむ誰か有名人でも亡くなったのかと思ったら
なんと東京マラソン(2018)の抽選で、選ばれたとのこと。
その後、夫さんはかわいらしく
「行ってもいい?」
と聞いてきたのだけど・・・
ずいぶん前にそういう言い方はやめてくれと言ったはずなのに
やっぱりやるのね。
聞いてくるのね。
てか覚えてないのか。
私にやめてくれと言われたことなぞ。
**
お前、私が行くなと言ったら行かないのか、アア?
やっぱり行くだろ?
だったら、聞くなよって話です。
「行くからね」
でいいじゃないですか。
許可する権限を私は頂いておりません。
微妙に腹立つなぁ。
**
ていうか
久々に師匠とのんびりできる二日間になるんだなぁと楽しみですらあります。
なんて言ったら、傷つくだろうなぁ。
そこに母の葬儀がぶつかってこないといいのだけど。
今は一日一日がヒヤヒヤものなので。

[PR]
by kumorinotini | 2017-09-26 21:45 | | Comments(0)

風呂掃除


夫さんが風呂の掃除をする、と宣言して
ここ数か月やってもらってるのだけど
風呂掃除といっても
それはバスタブの掃除であって
浴室全体の掃除ではないのが悩みの種。
**
初めからいろいろやらせるのは無理というか荷が重いと思って
バスタブ洗いだけを教えた私が悪いのだけど
いまさらほかもやってね、とはいえず、ずっと悶々としているわ。
悶々としていても浴室はじんわり汚れてくるわけで
夫が気づかない時を狙ってひそかに掃除してるのよ。
なんだか疲れる。
全部自分でやった方が自分の裁量(時間とかタイミングとか)でできるので、疲れない。
**
さらに
夫さんがバスタブを洗って意気揚々と居間に戻ってきた時は
きちんと気づいてお礼を言わねばならないので、そこも疲れる。
ああ、自分でやった方が何倍も楽だ。
と身体の動く今は思うのだけど
動かなくなってきたら、きっとありがたく思うのだろうなと
未来を見つめることにしている。
[PR]
by kumorinotini | 2017-09-21 22:35 | | Comments(0)

道マラ

この時期になると
夫さんがうるさい。

毎日毎日うるさい。

マラソン日が晴れて暑いんじゃないかって。

暑かったらいやだなぁって。

月初めくらいからじわじわ始まって
1週間前くらいから絶賛心配中の状態になるの。

知らんがな。

と言いたいとこだけど

「まだわかんないわよ
 その日になったら涼しいかもしれないし」

と答えてやる私って優しい。

内心では
『じゃあ、走るの止めれば?
 誰も走ってくれって頼んでないよ。
 あなたが勝手に好きで参加してんじゃないの。
 参加料まで払って』
と言いたいのをこらえてる。
あ~~我慢強くなったなぁ、結婚してから。
結婚て修行かもしれない。

そうすると、夫さんも何か我慢してんのか・・・すまんね。

[PR]
by kumorinotini | 2017-08-23 22:07 | | Comments(0)

鈴木奈々方式にも限界が

最近、鈴木奈々方式(夫さんに話しかける時2回繰り返す)にも限界を感じてきています。
それにプラスして
蜷川方式も取り入れなくてはいかんかもしれません。

蜷川方式というとなんだかアレだけど、
ま、
舞台俳優のように大きな声ではっきりくっきり話すという方式。

だけど、一番困るのは
特に夫さんに話しかけてないのに、つまり独り言にたいして
とりあえず何やら声がしたことに気づいて
「ん?何?」
と聞いてくる事なんですが
・・・・
なんでもないと答えた方がいいのか
途中で夫さんの集中力が切れるのを覚悟して
さして重要でない事を繰り返して言ったほうがいいのか。
悩むところです。
顔を向けて話しかけた時は無視するくせに
どうして独り言程度の小さな声に反応するのか・・・わからん。

あ~~~~もお!!

[PR]
by kumorinotini | 2017-07-28 22:09 | | Comments(0)

うちでコーヒーを飲むのは夫さんだけなのだが
自分の紅茶を入れるついでに夫さんもコ-ヒーが飲みたいかなと思って
「コーヒー淹れようか?」
と聞くと
「淹れていただけるのなら」
と答えてくる。
9割これ。
淹れるつもりがあるから聞いてるんだろが、と内心イラッとするけど
黙ってお淹れしている。
なんでこんなまわりくどい言い方するんだろうか?
「お願い」とか
「うん、飲みたい」とかどうして言えないんだろうか。
これだけ聞いた人は
私がさぞかしひどい奥さんに見えるのではないかと思う。
って、誰が見ているわけでもないんだけど。
そんな小さな愚痴。

[PR]
by kumorinotini | 2017-07-09 19:20 | | Comments(0)

大人の発達障害


最近あちこちで言われているのに
夫さんは発達障害の事を知らなかった。
というのは夫さんに悪いか。
知らない人は知らないものね。
発達障害に興味がないと知らないよね。
朝のニュースの中で大人の発達障害について軽くふれていて
発達障害のために、部署が変わった途端やっていけなくなって
うつ病になったという男性をとりあげていたのね。
この人はプレゼン能力はものすごく高いけど
変化に弱いのとコミュ力不足というか
会議なんかで大勢で話した内容をまとめる事ができないという事だった。
で、営業の時はうまくいってたのに
新しい部署ではうまくいかなくてうつ病になったのだそうだ。
で、で、調べてみたら発達障害とわかったとか・・・
ほかの例もあげていて、それとわかった事で、
不足しているところを補うように工夫して働いている人の事が紹介されたわ。
夫さんはへえ~という感じで
「(うつ病になったのは)プレッシャーとかじゃないんだ・・・」
と感慨深げだったわね。
夫さんも昔々うつ病になった事があったからね。
それを聞いて、
夫さんは自分の病気を<プレッシャー>からだと理解してるのかと
ちょっと意外でした。
だって、夫さんは新しいところに行くたびにそこになれるのに
数か月かかってたのに
そのことに気づいてないのかな。
うちは転勤族だからあちこちに異動するわけで、
そのたびに月単位で夫さんはおかしくなってたんだけど
意外と自分ではわからないのかしら?
こっちからしたら、如実だったんだけどさ。
そんなこんなで
(男にはありがちかもしれないけど、意味なくいきなりキレルとことか)
私は夫さんも軽く発達障害ではないかと疑っている。
本人には言えないけどね。
[PR]
by kumorinotini | 2017-06-29 22:35 | | Comments(0)