カテゴリ:夫( 250 )

気にする男

定年退職後、夫さんが私の一挙手一投足を気にするようになったわけだけど
最近では私の買ったものに対しても、それが発揮されてきた。

ウザイといえばウザイけど
仕方ないかなと質問にいちいち答えてるけど
こんな事なんかが
耳鳴りや胃痛の原因になっているのかしら?
人間が弱いのか
私だけが弱いのか。


[PR]
by kumorinotini | 2018-11-20 15:38 | | Comments(0)

ぎっくり腰のその後

ぎっくり腰も10日で大きな痛みはなくなったものの
小さな違和感や鈍痛が時々あるらしい。
私の経験からいくと
それは一か月くらい続くと教えてやったのだけど
どうも嫁の言葉信用ならないらしく
夫さんは整形外科に行きました。
いまさら行ってどうなるわけでもないと思うんだけど
嫁の言葉は信用んらないのだから仕方ないわね。
で、
レントゲン写真撮られるも
骨に異常はない、しびれもないようだし、徐々に治るでしょうと言われ
念のために、痛み止め(ロキソニン。薬局で買ったのと同じもの)と
ロキソニンテープを処方してもらって帰ってきました。

ほらねーと思ったけど
それは言わない。
私の時で一か月かかったから
もっとひどかった夫さんの場合、一か月半くらいかかるかもね~と言っておきました。

[PR]
by kumorinotini | 2018-09-02 22:08 | | Comments(0)

図書館の予約の待機

図書館で借りる時、予約する方法を覚えてから
夫さんはもっぱらそれなんだけど

・・・

最大10冊のうち5冊くらいは
待機しなくちゃいけないのを申し込んでいるらしく
残る5枠でなんとか回しているらしい。

でも、それだとあまりにも頻繁に借りにいかなくちゃいけないのが不満らしく
図書カードをほとんど使ってない師匠に貸してくれないかと頼んで、爆死していた。
図書館で借りる分には否やはないが
予約するのはお断りだと。
自分のパスワードは図書館のみでないので
それを知られるのはいやだ、と。
そりゃそうよねー

ていうか
なんでそんなウェイティング本を5冊も借りるのか・・・
いやいや読むのに時間のかかるものならいいわよ。
でも、一日もかからずに読み終えてしまう本を借りてるし。
でもさ、
それぞれの本のとこに「貸し出し中」の文字が出るようになってるんだから
数日か数週間か待たされるのはわかりきっているのに。
なんでそんな待機本で埋めてしまうのか。

私はそんなに待つのはいやだ。
待機が3人でもどうしようか、と悩んで止めてしまうのに。
ていうか
その待機の数冊、手放してしまえばいいのに。


[PR]
by kumorinotini | 2018-08-30 22:50 | | Comments(0)

夫さんのぎっくり腰3

夫さんのぎっくり腰も今日で三日目。
師匠の買ってきてくれたロキソニンは効果あり。
いや。
痛みがなくなるわけではないです。
激痛が軽減されただけですが
それでもまったく動かせなかったのが
ロフ杖をつきながらですが、なんとか移動できるだけで十分です。
私では夫さんを背負って移動なんてできやしない。

昨日の夜はロキソニンが効いているのか
治ってきているのかわからなかったのですが
今朝、また激痛らしかったので
治ってきているのではなく薬の力だったと痛感。
朝、ベッドの中で薬を飲みました。
30分くらいでようやく動かせるようになり
杖をつきながら、居間まで移動。
ほんとは横になってたほうがいいのに
いったん横になると起きるのが大変だからとしばらく座位でいるのが
いいのか悪いのか・・・
どっちみち1週間以上はかかるのでしょうね。
軽いと四日目くらいからそろそろと杖なしでも動けるけど
今回のは最大級のギックリなので。
でも、明日から少し違うのではないかと思うのだけど
希望的観測かしら。

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-19 15:08 | | Comments(0)

夫さんのぎっくり腰2

夫さんのぎっくり腰は本日最悪の状態。

調べると、
やったその日よりその後の二日間が最悪らしい。

そういえば、そうだった。
なぜか、当日はそこそこ動けたのに、翌日から悪化してたっけ。
で、三日目も悪い。
なんとか動けるようになるのは四日目くらいから。
で、順調に良くなる。


今日、時間をおいてアイシングし
午前中、師匠にロキソニンを買ってもらって昼に服用。
効果あったのかなかったのかわからないくらいトイレに行く時呻いている。
本気でシビンの使用を考えた。
でも、それが必要なのはあと一日くらいなのよね、たぶん。

ぎっくり腰、恐ろしい怪我だわ。
その痛さがまったく外には見えないところも、最悪。

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-18 15:56 | | Comments(0)

ぎっくり腰になった

昨日の16時15分、夫さんがギックリ腰になってしまった。
本人言うに
夫史上最大の痛みだそうで。
とにかく痛みでまったくといっていいほど動けない。
今年の正月に私がやったのよりひどそうです。
昨日は気づかなかったのだけど、今日検索して冷やすのをやっている。
明日までが大変だなぁ。


[PR]
by kumorinotini | 2018-08-18 07:48 | | Comments(0)

秘密文書

夫さんがPCでなにやら秘密文書を読むか書くかしている。
そのことに4月に入って気づいた。
私が掃除機をかけてPCをやってる夫さんのそばに近づくと
夫さんがあわててウィンドウを違うものに変えるのよ。
なるべく見ないようにしているのだけど
あまりにもばたばたと変えるので気になってしまったのね。
で、それが続くので横目でちらっと見たら
変える前のウィンドウには文書らしきものがあったわ。
メールではない。
文書形式のもの。
もっとゆっくりやってたら気づかないところだけど
とにかくあわてて変えるもんでね。
捜せば、見つけられるだろうなとおもうのだけど
(師匠に頼めばね)
そんな他人の秘密を除いたところでろくな事にならないだろうことは予想できるので
特に捜すことはしないけど
気にはなるわね。
で、今日から夫さんがPCをいじってる時は
周囲に近づかないことにしたの。
そういうわけで
掃除機をかけている時は近寄ることができないので
夫さんがPCを終わるの待つわけで・・・
二重に手間というか時間がかかるのは否めない。

[PR]
by kumorinotini | 2018-04-14 22:03 | | Comments(0)
夫さんが65歳になった時に
民生委員を名乗る女性がやってきたわ。
彼女語るに
65歳を迎えた人をとりあえず1回訪問して状況をつかみ
70越えて一人暮らしの人は
週に2回訪問するんだって。

最近民生委員の成りても少ないと聞いているけど
この町ではまだ機能するほど民生委員がいるのね。
有難いことです。

夫さんのほうはショック受けてたみたいで
ブツクサ言うのを聞きながら
いいかげん自分が年寄りだって認識すべきだなと思ったわ。
いつまで若いつもりなんだろか。
つーか
こんな風に、
実年齢と精神年齢がどんどん乖離してはざまで老いていくものなのね。

なんだか
南無阿弥陀仏の気分だわ。
年取るもんじゃないわね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-02-17 22:37 | | Comments(0)

エアー飴玉

最近の夫さんはエアー飴玉をなめる。
特に車を運転している時。

母を新しい病院に連れていってくれた時も
エアー飴玉をなめていた。
特に帰りは激しかった。

緊張すると出るのか、
身体を動かす事ができないと出るのか
夫さんに聞いてみても
自分をほとんど客観視しない夫さんは
どういう状態になった時に
エアー飴玉をなめるのかわからないのだそうだ。

ほんとに
大玉の飴が入っているのではないかと思うほど
コロコロピチャピチャやるのよね。

一体何なんだろ?

[PR]
by kumorinotini | 2017-12-21 22:23 | | Comments(0)

夫さん漬物を漬ける


私がガンとして漬物を漬けないせいか
夫さんが「ヒマだから」と称して漬物作りに挑戦。
***
ネットから漬け方を調べて、
白菜粗塩いろいろ買ってきた。
白菜を干して、塩で一回目、
二回目昆布やらいろいろ入れて本漬け。
早いかなと言いながら、試食用に半株出してきた。
塩味がまばらな、ただそれだけの白菜。
葉っぱのとこは塩が効きすぎだし
芯の部分は塩気薄~~い。
そして、圧倒的に旨味なし。
しょっぱい部分とそうでない部分がまだらな白菜。
***
どうして美味しくないんだろうという夫さんに
「昆布をもう少し入れたがいいんじゃないの?」
というと
「いや、昆布は入れたよ」
おかしいな・・・ネットに上げるという事は相当の自信作のはずだが。
「書いてある通りの分量入れた?」
「いやそこは適当につかんで・・・」
・・・・
なんでそこだけいい加減にするかなぁと思ったけど
それ言ったら怒り出すかもしれないので
優しく
「じゃあ、昆布をたくさん足してみようね」
と言うだけにとどめたわ。
***
ああ、これがメシマズ界でよく言うアレンジャーってやつですね。
最初はきちんとレシピとおりにやるのが鉄則でしょうが。
慣れてきてからのアレンジですよ。
初めから適当って・・・料理をなめるな!

[PR]
by kumorinotini | 2017-11-23 22:05 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini