カテゴリ:時事( 303 )

鉄を打つ

高校生ランナーに鉄剤を打つ話が最近出てきているけど
私が一番信じられないのは
血液検査なしで成長まっただなかの子供に
ばんばん鉄剤を注射で打つ医者がいるって事だわ。
なんでそんな事ができるのかしら。
コーチたちの場合は
頭が悪くて鉄剤が及ぼす悪影響に思いが至らなかったという言い訳が成り立つかもしれないけど
医者は違う。
はっきり悪いとわかってるはずよ。
なのに、注射してしまう。
子供がいくら注射してくれといっても
コーチがなんと言っても
「これは子供のためにならない。近い将来君子供の健康を害する。あなたはその責任がとれるのか?」
と言って、やめさせるべきだったのではないか、医者だったら。
頼まれた、とかそんなぬるい理由で子供の未来を潰していいのか?
そんなヤツが医師免許もっていていいのか?
鉄剤を打ってくれと頼まれても
全医者がきちんとしていれば
血液検査で異常な数値を示す子供は存在しなかったはずだわ。

それらのコーチも医者も
子供に関わる仕事をしてはいかんのではないかしら。
いやいや生き物に関わる仕事をしてはいかんよ。

医者やコーチたちはわが子でも、そうしたのかしら。
もうちょっと親身になろうよ。
子供は国の宝よ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-12-11 21:58 | 時事 | Comments(0)

日ハムは

ババをひいたんじゃないの?

SYさんの時のように。

[PR]
by kumorinotini | 2018-10-26 22:19 | 時事 | Comments(0)
電気が復旧した後、コンビニに行って
地震当日の朝、開けてくれて助かりました、とお礼を言った。
その時の店員さんかどうかはわからないけどお返事は
「そう言っていただけると嬉しいです」
とのこと。
さらに
「何時頃来ましたか?」
と聞かれたので
ーー4時過ぎです。
と答えると
「ああ、では開けてすぐですね」
そうだったのか。
そういえば、お客も十数人で物もそこそこあったなぁ。
わりと早いうちに店に行ったんだな。

でも、店員さんはちゃんと自分の分は確保できたんだろうか、と後になって心配に。
そんな事を聞きにいくのもあれだし
ちゃんと確保してくれたものと勝手に思うことにした。

[PR]
by kumorinotini | 2018-09-12 21:58 | 時事 | Comments(0)
今回わかった事、感じた事あれこれ・・・

・地震の朝、コンビニに走って、食料調達した時にロックアイスも二袋買って
冷蔵庫、冷凍庫にひとつずつ入れたところ
冷蔵庫のは夜には溶けてしまって、ヤカンに移したんだけど
冷凍庫のは電気が復旧しておそるおそる冷凍庫を開けてみたところ
ほとんど溶けてなかった。
冷凍庫は開け閉めしなかったら二日くらいは大丈夫と聞いたんだけど
二日は大げさかもしれないけど、一日半は保つのね。
これ発見だったわ。
そうそう引き出し式の冷凍室に入れてあったアイスクリーム(アイスミルクかも)はいったん溶けて
また固まったようで、なぜか二層になってたわ
上の層はアイスクリームで下の層はややシャーベットっぽかった。
これはこれで面白いし美味しかった。

・飲料・・・まず水から消えたわね。当然か。ついでお茶、牛乳も消えるのが早かった。かろうじて豆乳を買ったけど、次の日は豆乳すらなかった。飲めるもので残ったのはコーヒー類。ま、そうか。ヨーグルト系もほとんど消えた。

・もともと冷凍庫に作ってあった角氷は停電後、即効でヤカンに移した。

・魚の缶詰がソールドアウトしたのにも驚いたけど。
みっつ残っていたのがカニのお高い缶詰でした。これだって、物流が止まったままだったら売れたと思うわ。

・パン類はきれいになくなった。そうよね・・・そのまま食べる事ができるもんね。
パンは助かる食料だわ。

今も物流は十分とは言えないけど、それでもありがたい。
飢えずにすんでるもの。

[PR]
by kumorinotini | 2018-09-11 21:41 | 時事 | Comments(0)
余震なんだけど、そこそこ離れているのと
ここの地盤が固いせいで、ほとんど余震は感じない。
これ、ずいぶん助かってると思う。
なんども余震を感じたら、やはりすごく不安になったと思うし
落ち着かないのではないかと思う。



6日の未明ブラックアウトになった後、
星空を堪能した。
マンションの階段の非常灯がついているとこはあったけど
ほかにはまったく灯りがないのと
よく晴れていたらしく満天の星。
こんなにたくさん星って見えるんだとしばし眺めてしまった。
いつもならかなり明るい星でないと見えなかったのが
たくさんたくさん輝いていた。
すごく綺麗でした。

完全停電になってわかったのは
渦中にいるのに、テレビが見えないせいで
まったく情報がないということ。
情報がとれない。
うちは私が面白半分で購入した<るぐるラジオ>※があったので
それで情報を取ることができたけど、
携帯ラジオを持っていない人は何も情報がなくて不安だったんじゃないかと思う。
スマホを持っていても、すぐにバッテリーがなくなると思うと
そうそう使えなかったのではないかと思うし
また途中で携帯電話がつながらなくなったし。

後、これまた私が趣味で買った懐中電灯5本と
ミニデスクライト3本(乾電池式)が大活躍した。
うちのマンションは屋内に階段があるので、
窓のない部分では真っ暗になり、うっかりライトなしで降りていったものの
途中で怖くなってライトを取りにもどったこともあった。

たまたま残り湯もあって、トイレはそれでなんとかなったし
これまた、たまたまある程度副菜を作ったばかりだったので
コンビニで買ったおにぎり・パン類とそれでかなり助かった。

そうそうコンビニと言えば・・・
まだ暗いうちにコンビニに行ったのだけど
車4台ほどがヘッドライトを煌々とつけてコンビニ内部を照らしてくれていた。
コンビニ(7-11)では、レジは予備電源で動いていたものの
ほんの小さな非常灯以外には光源がない。
だから、ヘッドライトはすごく助かった。
どこのどなたのかわからないけど、お礼を言えばよかったなぁ。
コンビニにもお礼を言いたい。
すごく助かりました。

たまたまラッキーな状況が重なった我が家だったのだけど
そうでなかったら、と考えると怖い。
頃の備えって大事ね。
すぐ忘れてしまうけど。
忘れないようにしないと。

※乾電池もしくは手巻きで聞けるラジオ。少しなら携帯の充電もできるし、ライトもサイレンもついているという優れもの。

[PR]
by kumorinotini | 2018-09-09 22:00 | 時事 | Comments(0)

地震の翌日9月7日

5時半ころ起床早く寝たので早く目覚める。
買い置きで朝食。
やはり新聞来てた!
6時半頃 師匠、地下1階で給水してなかったとかで公園まで給水に。
そこでバナナもらう。店の残り物だが一人では食べきれないので、と。
再度ぐるぐるラジオで充電。

7時半 電気復旧!!!
     こんなにありがたいものとは・・・

12時前ご飯炊いておにぎり、カップラーメン。
12時前 母の見舞い。病院は停電中。母「冷たいものが飲みたい」というが用意なし。
     妹と姪と姪っ子の赤ちゃんと合流。
14時 実家に行ってみる。
    自転車がないので、留守?
    パンとメモを置いてくる。
16時風呂に入る。なんだか久々に入る気分だった。
19時半 父と電話で話す。19時に電気が復旧したそうだ。なんと私たちが行った時、二階で寝てたとか。
     特に困ったことはない、という。実家に行った時、ちらりと見た冷蔵庫はタッパーでぎっしりだったので
     本当に足りているんだろう。
 
普通にテレビがみられることが不思議。
じきにこの感慨も薄れるのだろうと思うけど。
他県の友人からお見舞いのメールが入る。電気がきてなければ読めなかったと思うと
ほんとに電気がありがたい。なるべくこの感覚を覚えておきたい。
友人によると、一か月は気をつけてね、と。
そういえば、東北の時はきっかり一か月後に大きな余震、
熊本では1週間たたないうちにきたんだっけ。
水と食料、なんとか確保しておこう。

こっちは普通の生活に戻りつつあるのに、避難所にはそうでない人がいる。
少し後ろめたいけど、今の私には何もできない。
落ち着いたら、赤十字に寄付しよう。

[PR]
by kumorinotini | 2018-09-08 21:41 | 時事 | Comments(0)
9/6
午前3:08 緊急地震速報鳴り、目が覚める。あわててテーブルの下に入る
       テレビつける。北海道胆振地方で震度7程度の地震ありと報道。
       倒れたものなし。余震少々。
同 3:18 いきなり停電。
       マンションだけの停電かと周囲を見て確認。
       どうも全域で停電らしいとなる。
      うちはマンションなので停電=断水、IHなので調理Xになる。
      以前、趣味で買った「ぐるぐるラジオ」を引っ張り出し、聞く。
     苫東厚真の火力が緊急停止だとか。
同4時頃  近所のコンビニが開いていることに気づく。
     食料品の調達に行く。2814円のところちょうど2814円出す。
同10時 理事のひとりより、地下一階のエレベーター前で給水との連絡受ける。
     バケツもって給水に行く。予備電源でエレベーター動かす。

水力発電で火力に電気を送り、火力を動かすとのこと。
NTT公衆電話無料開放。安平、全域断水、自衛隊動く。
函館一部断水等々ラジオより。

12時 食事のあと近所をぐるりと回る。生活音ゼロ、車も少なくどこの店も開いてない。
ちょっとしたゴーストタウンのよう。
戸建てでも断水とのデマ飛ぶ。実際に聞いた。
13時~夫さんホーマックへ行ってみる。
14時 ぐるぐるラジオの携帯充電機能ためす。すこし充電できる。

16時半 なんと新聞届く!!
21時 寝る。
  ラジオは同じことしか言わないし、起きていてもつまらない。
  それでも、余震がこわくて2時間ごとに目が覚めた。

[PR]
by kumorinotini | 2018-09-07 21:21 | 時事 | Comments(2)

男子医大

女子の成績をどうにかするというのは
私が高校生の時に感じていたわ。

高校に入った時、そこは地方ではそこそこの進学校だったのだけど
男女比がざっくり5対3くらいだったのよ。
中学卒業くらいまではなぜか女子のほうが成績が上なことが多い。
これは私の実感だけど、そう間違ってないと思う。

だから、高校入試では本来なら女子の方が多めでないとおかしいのに
男女比は5対3。
ああ、入試の時点で女子というだけで選別が行われたのね、と思ったもんだわ。
だから、大学、特に医大でそれが行われているのになんの驚きもない。
ああ、ばれたんだなとしか思わない。
私は全医大でやってると思っている。

残念ながら
出産・育児は優秀な女にとってデメリットでしかない。
そこまで優秀でない女にとってもデメリットでしかない。
働き続けようと思う女にとってもデメリットでしかない。
そんな現状で子供産め、と言っても
そうですかと産むわけないじゃない。
お金もかかるんだしさ。

理想はともかく現実はそうなってる。

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-05 22:47 | 時事 | Comments(0)

大いなる水の国

かねがね日本は水の国だと思っていたが
水の恵みも
度が過ぎると
災厄でしかないのだな。

だが、ないよりはあるほうが良いのだろう。

治水治山。
完璧にできるとは思えないが
やるしかないのだろう。

それにしても
最近「数十年の一度」の災害の多いこと。
てうか1900年代の後半が恵まれていただけの事かもしれない。
自然と共存とか自然を守る、なんておこがましいのだなと思う。
こうまでやられると
自然のご機嫌のよろしきをことほぎながら
静かに暮らすしかできなのかもしれない、人間は。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-08 22:12 | 時事 | Comments(0)

執行

23年前も今も強く思う事だけど
あんな卑しい顔の男に何故やすやすと騙されたのだろう?

騙されたくてオウムに入ったとしか思えないのだが。

どうして
既存の宗教ー仏教とかキリスト教とかでなかったのだろう?
そっちの方こそ本当に清げな人々がたくさんいるのに。
なんでわざわざあんな卑しさ全開の男を選んだのだろう。

とある小説にあったように声がいいわけでもないし。
やはり自ら騙されにいったとしか。

高学歴は目新しいイデオロギーに弱いのかな。
そして、マジシャンがよく言うように
学者やインテリが騙しやすいからかな。
つまんないトリックにひっかかるのだそうだ。
あっさり騙せるのだそうだ、なまじ頭がいいがゆえに。

でも、あの顔がなぁ・・・
とにかく卑しいよなぁ・・・
気高さの欠片も感じられない。
信者には気高く見えるんだろうか。
あんなに胡散臭いのに。
信じるって怖いね。
そう考えると
イワシの頭も信心からって、すごい言葉だわね。


そんなこんなを考えると
イケメンにキャーキャーいう婦女子の方がずっとまともに思える。
グッズをいっぱい買ってくれるから
経済も回るし。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-07 22:44 | 時事 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini