カテゴリ:知人友人( 140 )

4月に知人R子さんにもらったハガキの最後に

「雪とけて 自転車の子等は 風を切る  R女作
ずっと前の作でもう何回も披露したかな?」

にあったので
「俳句なさるんですね」
と書いて、与謝蕪村の句を書いお返事したら

先日届いたはがきの最後に

「ところで私、俳句はいたしません(笑顔の絵)」

とあったの。

え?

一体どっちなの?

するの、しないの?

Rの部分は彼女の名前の漢字一字なので
てっきり彼女の作品だと思った私の勘違い?
あるいは
同じRさんという俳人の作品だったんでしょうか?
面倒なので確認する気はないけど・・・
ほかの俳人のだったら
フルネームで書いてほしかったな。
てっきりR子さんのだと思うじゃないですか。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-06 22:42 | 知人友人 | Comments(0)

リコさんが太った?

名刺みたいなカードをくれたイタリアンの店を出て
南下してやっと入れたカフェで
パスタが出てくるのを待ちながら、リコさんが言うに・・・

「私、太ったのよ。上は変わらないんだけど、下がねぇ・・・
 このズボン(その時はいていたクリーム色のズボン)ずいぶん前に買ったんだけど、 
 サイズ間違えちゃって、だぶだぶで捨てようか直そうか悩みながら放っておいたのね、
 で、今日出かけるのに穿いてくズボンがなくて、思い出して引っ張り出したら、なんとか入ったのよ」

あまりそうとは見えなかったのでそういうと、
ほんとに太ったのだと強調してさらに続けて

「一昨年は母を施設に入れて、それでも会いにいくとけっこう嫌な事言われて
 いやな気分になったりして、しょっちゅう胃の調子が悪かったのね。
 だけど、最近母の認知症も進んで会話もないし
 懸案だった伯母も施設に入れて、心配がなくなったせいか胃の調子がいいのね、
 なんでも美味しく食べられるようになったらどんどん太ってきちゃって・・・
 衣服を全部買い替えなくちゃいけないかもしれない」

胃の調子が良いのは嬉しいけど、太るのはちょっと・・・というジレンマに陥ってたわ。

でも、もともとほっそりしてた人だから、
多少太ったところで変化はわからないのだけど
本人だけが気になるといったところかもしれない。

私が痩せたのにはさすがに気づかなかったわ。
そうよね、去年から1kgしか減ってないもんなぁ。
会った人が心配するほど痩せてみたいもんです。
あ~~そうなると、病気か。

[PR]
by kumorinotini | 2018-06-09 22:50 | 知人友人 | Comments(0)
先日、美術館に行った時、
リコさんが「須賀ちゃんはマメだから」と言った。

それは、リコさんが私の夫が数年前に定年を迎えたのを知った後で
なにやらさぐるような顔つきで「お昼はどうしてるの?」と聞いてきたので、
作って二人で食べてるよ、と答えた後で言った言葉よ。

お昼を作ることのどこがマメなのか、さっぱりわからないけど
リコさんはなにやら私にレッテルを張ったんだなというのは理解した。

一度レッテルを張られたらそんじょそこらの事でははがす事なぞできない。
仕方ないと思ったのだけど、
お昼を作るのと「まめ」にはどういった関連があるのだろ?
一人の時だって、私は作って食べていたし。

だが、そんな事を言っても、話がややこしくなるばかりだろうと弁明はやめておいた。
だいいち何の目的で何をどう弁明するというのか。
弁明した後に何が残るというのか。

それに
いずれリコさんの張ったレッテルはなにかあってパラリとはずれ
「須賀ちゃんがそんな人だとは思わなかった」とか言われるのだろう。

あ~~~面倒な話だなぁ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-06-08 22:35 | 知人友人 | Comments(0)

例の3人で美術館に行く

1年に一度会う3人という形が定着してしまった。

スズさんリコさんと私の三人で美術館に行ってきたわ。

今回はちかくのミギシが第二会場になるという美術展。
こういう形も面白いわね。

有名どころの絵を堪能した後、美術館を出て、さてお昼となったんだけど
その時12時半。
きっとどこ行っても混んでるわよね、どうする?となった時に
スズさんが知り合いに聞いたイタリアンの小さいレストランが近くにあるというので
そこに行ってみたら・・・
お店の人が出てきて
「あいにく満席で・・・」
と、彼女は
「少しお待ちください」
と店内に戻っていくのよ。
これはなんとかして3人分の席を作ってくれるのかな、と期待したわ。
期待してもいいわよね。
期待して当然よね。
ところが、戻て来た店員嬢は、名刺状の紙を順に配って言いました。

「次回はこちらの電話で予約なさってからおいでください」

ですってさ。
これってコントだったら、をいをいっ!ってツッコムか
派手に転ぶとこだわね。

仕方なく、じゃあ、通りを南下していけば何かあるんじゃないの、と歩くと
カフェなるものがあって、いいかげん疲れてた私たちはそこに入ったの。
なかなか美味しいランチセットでしたさ。
パスタにドリンクにケーキ。
ケーキがね、シフォン(オレンジ)が予想よりずっと大きくて
満腹になりました。

まあ、そこも混んでいて、席も3人分がやっとだし
ランチが出てくるまでに時間がかかったんだけど
おかげでいっぱいしゃべる事ができました。
でないと、混んでる店で長居はできにくいんで逆にラッキーだったというか。

まあ、しゃべるったって、ほとんどリコさんのこの一年の話だったけど。
去年は母上の施設入りの話だったけど、
今回は伯母上の施設入りと残った家の片づけしてるって話。
なんでもため込む人だったらしく
数十年も前のものがいろいろぎっしりと積み上がってたんですって。
そのゴミ同然のものの中から、捨ててはいけないものを選ぶだけでもひと騒動だったそうで。
というわけで
私たちも元気なうちに少しずつ片づけておかないと子供たちや後のひとたちが大変だという話になったわ。
特に戸建ては収納がけっこうあるから「とりあえず」としまってしまうと後が大変ということでした。

私、自分の話、できなかったわ。
ものすごい濃密で激動な1年だったのにね。
でも、母が余命半年、なんて言ったらどれだけ同情の目で見られるか。
これでやっと母の怒涛の愚痴から解放されると喜んでいる、とは言えないし
理解してもらえるとも思えない。
つまりは黙っているしかない。
それさえなかったら、めちゃくちゃドラマティックなのにねぇ・・・残念だわ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-06-06 22:36 | 知人友人 | Comments(0)

モエさんからハガキ

ここ1年くらいモエさんには
私の方からきちんきちんとハガキは出さないことにしている。
あっちから届いたら、いくらか時間をおいて返事するみたいな。
で、先々月あっちから来て、先月返事だしたところ、
またあっちから来たのだけど、なんかよくわかんない感じで。


「~~「応仁の乱」って流行なんですか、知らなくてごめんなさい。最近さっぱり本を読まなくって・・・仕事にかまけて人生が貧しくなっているかも・・・~~」


前回ね、「流行の「応仁の乱」という本を買ったけど挫折しそう」なんて書いたのよ。
それで、この返事なんだろうと思うけど、「知らなくてごめんなさい」って変なの!と思ったわけ。
「知らなかったなぁ」ならともかくなんで謝罪?謝る必要ある?
変なの!
なんだか本を読まないと駄目、みたいな書き方も気になるところだけど。
毎回毎回いろいろとひっかかるので、ごく自然にFOしたいなぁと思って
出さないでいたんだけど、絶交までできない私なんでなかなかFOできない。
年に数回程度我慢すればいいのだろうけどさ。

私も心が狭いよね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-03-16 19:46 | 知人友人 | Comments(0)

「ねえ、やせたよね?」

リコさんとスズさんに言われた。
「ねえ、やせたよえね?」
まあ、」たったの2kgだが
減ったといえば減った。
なんで気づくのかな?
1年ぶりに会った人にわかって
家族にわからないのは
<茹でガエル>理論みたいなものなんだろうか。
毎日ジワジワだと気づかないってアレ。
でも、まあ、2kgなんて、誤差の範疇といえばそうなので
これをキープしようと努力している。
いつまで続くか?
憧れの50kg切りの日は一回だけあったのだけど
たったの1回だったっけ。
この壁はなかなかに高い。


[PR]
by kumorinotini | 2017-07-06 21:01 | 知人友人 | Comments(0)

美術館へ

リコさん、スズさんと美術館へ行ってきた。
最近は年に一度だなぁ。
まあ、それでもいいかぁ。

今日の話題は
リコさんの4婆介護の話と
スズさんのの見た映画の話。そして、政治、かな。
よしよし。

それにしても
私は話題をもってない、っていうかゼロ。
自分で思うよ、つまんない女だな。

介護中の親がいるわけでもない
旅行にも行ってないし
行く予定もない。
ほんとにつまんない女・・・

[PR]
by kumorinotini | 2017-07-05 20:58 | 知人友人 | Comments(1)

歩く人


デイジーからのハガキを読んで驚いた。
右の半月板損傷だって。
そういえば、ずいぶん前から膝が痛い、痛いって言ってたのよね。
うちに遊びに来た時も
正座がきついとのことのでいつも椅子だった。
彼女はもともとものすごく歩く人で
それがガイドヘルパーをするようになってから
さらに歩くようになったのだけど
あんなに歩いてるんだから筋肉がなくて膝痛なんて事はないだろうに
なんで痛むのだろうとぼんやり思ってたのだけど
まさかの半月板損傷。
歩きすぎても(ハガキに書いてあった。歩きすぎが原因て)良くないのね。
結局人間、なんでも限度があって
あらゆる事はほどほどなのがいいのかもしれないわね。
ハガキの最後の方に
「一日一万歩に抑えるようにしている」って書いてあったわ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-06-26 22:04 | 知人友人 | Comments(0)
結婚して2年くらいの時、同じ官舎に住んでたひとつ年下の奥様に言われたもんです。

その時夫さんは出世のための試験に受かるべく一生懸命でした。
でも、その試験に受かると関東に行かなくてはならないので
暑さに弱い私は「そんな試験に受からなくてもいい」と公言してました。
言ってはいたけど、夫の試験勉強を妨害してたわけではない。
というか妨害めいた事すらしてない。
なのに、年下奥さんは言うわけだ。

「ダンナさんは須賀子さんのために頑張ってるのに、それを理解してあげないとダンナさんが可哀そう」

そういう彼女は
わけのわからない理由をつけて一年のうち3~4か月は子供連れて実家に帰っていた。
彼女の夫だって同じ試験を受ける予定だったのに。
私は帰ってない。
でも、気ままにふるまう彼女にそんな風に上から目線で言われてた。

普通の人ならこういう時なんて返すんだろうね?

夫を理解してるかどうか自信のなかった私は「理解してない」と言われると、
そうなのかなと不安になり、赤の他人の彼女はなぜ私の夫を理解できるんだろうかと不思議だった。
ひょっとして、うちの夫と関係してて夫が愚痴を言ったのかもしれんとまで考えたのは内緒。

ただ、私が暑さが苦手で関東に行きたがってない事は夫さんも知ってた。
だから、私のために夫さんが試験を頑張るのはあり得ないし何かおかしい気がしたけど、
そこまで言いはると喧嘩になるかなと思って我慢して聞いてるしかなかったのだけど、
すごく不愉快な言葉でしたね。


けれど、その試験に受かったために、配属された部署でうつ病になった夫さんはその後
「あの試験に受からなければよかった」と何度も何度も言ったもんです。
その時、ああ、あの時、試験頑張ってねと言わなくてよかった、と思いましたよ。
もしも私がお尻を叩いてたら、夫はきっと「お前のせいで」と責任を擦り付けてきたに違いない。
危ないとこだった。

それにしても、人の気持ちをそこまで自信たっぷりに断定できる人って
どういう脳みそしてるんだろ?
しかも可哀そう、とまで言っちゃうなんて。
あげく「理解しろ」と強要してくるなんて。
そういうヤツは不幸になるかといえば
誰よりも幸福になってるんだから、さらに不思議。
そういう脳みそだから、幸福なんだろうか。
う~~む、不思議だ。
で、思い出していまだに不愉快になる私も私だけどさ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-06-12 22:02 | 知人友人 | Comments(0)
なんだかすごく疲れている。風邪ひいたのもあるかもしれないけど、それはたぶんもう治りかけ。じゃあ、なんだって
聞かれたら・・・・義父の姪っ子が二人<お見舞い>と称して、2泊3日で遊びにくること。来週の18、19、20と。この日を私と娘はものすごく楽しみにしていた。月にたったの3日だけど、義父から解放される時間があるというのは、ものすごく大事だ。朝っぱらから義父が義母を怒鳴ったり叱ったりする声をきかなくてもいい日があるのは嬉しい。ずっとだけど、義父は1日に1回以上は必ず義母を怒鳴り、叱るのだ。その声を聞くのは精神衛生上よろしくない。こっちの具合が悪くなる。認知症患者は物事の記憶は保つてないけど、感情のそれはけっこう保持していられるというけど、義母の場合、あんなに毎日義父に怒鳴られ叱られているのに、あいかわらず「とうさん、とうさん」と言い続けるのは何故なんだろう?個人差やその夫婦のあり方によって差異が出てくるということかしら?
いや、それはともかく、6月義父は実家に帰らなかった。そして、頼みの綱の7月も自宅帰宅なし。私たちのこの疲弊しきった心はどこへもっていったらよいのか・・・?
というわけで、疲れてんのよ。

しかも(義父の)姪っ子のうち一人は今実母か義母かわからないけど、とにかく介護してるんだって。それが、娘が7月の連休に帰省してその間見てくれるのいうので、2泊3日の旅行に出ることになったらしいけど、何もその旅行先に介護真っ盛りの我が家を選ばなくてもよさそうなものじゃない?介護の大変さだってよくわかってるだろうにさ。鬼、だよね。何考えてるんだろう?はた迷惑、とか思わないのかな?介護の実態をよくわかってるはずなのにさ。
で、夫は姪っ子ふたりがきてる時に、「オヤジを連れ出してもらって、少しは介護から解放してやりたい」って言うんだよ。義母の介護なんて義父は好きでやってるんじゃないか、何度こっちが代わってやるといっても、断固譲らないのはあっちだぜ?好きでやってるんだから、やらせておけばいいんだよ。好きでやってるくせに<愚痴>を垂れ流す最低なヤツだけどさ。

あ~腹立ってきた。また、書くね。         すう

[PR]
by kumorinotini | 2017-04-10 22:17 | 知人友人 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini