カテゴリ:私の一族( 119 )

姪っ子に赤ちゃん

もう一人の姪っ子に赤ちゃんが生まれたわ。
今度は女の子。
妹によると
まだ赤ん坊なんで顔立ちはなんとも言えないけど
丸顔なのは間違いなし、そうで。
ふふふ、
そこは姪っ子に似たんだわ。
ていうか妹の血筋か。
妹もかなりな丸顔なんです。
丸顔はいいわよ、若く見えるし。
なんで若く見えるのがいいのか詰め寄られたら困るけど。
キュートに見えるからいいわよね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-01-28 21:45 | 私の一族 | Comments(0)

先日、母の主治医だったS内科に行った時に
妹に
「私たち、すごく親孝行だと思うの。
 親に心配かけた事ないし」
と言われて、内心ビックリしたわ。

う~~ん、妹さん、
あなたが19歳の頃に起こした騒動はかなりなものだったわよ。
ない事にしたいのか、
ほんとに忘れたのか、
無意識下に押しこめたのか
一体どれなんだろう?
あれは相当なトラウマを私に与えたし
多分親も心配したと思うけど。

そして、私自身は心配かけた事はないと思うけど
性格が歪んでいたのでそれはそれは迷惑だったみたいだし
結婚したがらなかったのも大迷惑だったみたいだし
結婚してからの夫さんのうつ病の時は
かなり心配かけたと思う。

父は・・・心配しなかったみたい、というか
夫さんが軽快した時は妙に残念がっていたような。
多分は母心配したのではないかと思うが
う~~ん、そのへんよくわからないなぁ。
「(夫)さん、先週調子よかったでしょ?
(そうだと答えると)私、調子悪かったから、そうだと思った。
(夫)さんと私はいつも逆だから」
とよく言われたなぁ・・・
笑ってしまう事に逆を言われたことはない。
何なんだろ?自分は大変アピール?
まあ、いいさ。

というわけで
私たち姉妹は親にまったく心配かけなかったわけではないんだけど。
妹の頭の中ではどうなっているんだろう?
でも、忘れてるんだったら・・・言えないなぁ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-12-13 22:17 | 私の一族 | Comments(0)

「もう孝行娘はやめる」

と、私の実家訪問の後、妹からメールが来た。
そうか・・・
頑張ってきたのだな。
妹も頑張っていたのだな。
気づかなかったけど
戦友だったのだなと今頃になって気づいた。
頑張らせてごめん。
気づいてあげられなくてごめん。

いい子を演じてたんだね。
頑張ってたんだね。

うん、もい、いいよ。
孝行娘はやめていいよ。
後は私が・・・と言ってあげたいけど
私だって孝行娘はやりたくない。
もうウンザリですよ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-12-03 22:24 | 私の一族 | Comments(0)

気の重いランチ会

今日はランチ会。
基本的にランチ会は気が重いのに
今日はめんどくさい話を詰めなくてはならない。
ああ、憂鬱・・・

[PR]
by kumorinotini | 2017-11-20 07:51 | 私の一族 | Comments(0)

ペッパー君と暮らす

母の友人(女性)が
夫君が亡くなった後
寂しさがまぎれるのではないかと思い
ペッパー君を購入したそうなの。
で、しばらくはペッパー君相手に会話を楽しんだそうだけど
彼女が疲れて帰宅しても
空気を読まないペッパー君はかまわず話しかけてくる。
面倒くさいので返事をせずに放っておいたところ
ペッパー君が

「なんで最近話をしてくれないのか」

と言うようなことを言ってきたそうで。
彼女はだんだんうざくなって電源を切り
押し入れに突っ込んでしまったそうな。
「よかったらあげる」
と言われたそうだけど、
「安いものじゃあないんだから、只ってわけにいかない。
 半額ぐらい払わないとダメだよね?でも、半額でも安くないし」
といささか残念がる母でした。

う~~ん、ペッパー君がほしいのかな?

[PR]
by kumorinotini | 2017-11-10 22:32 | 私の一族 | Comments(0)

話を聞かない女

なんで母と話すのが嫌なのか
先日よおくわかった。

母は
とにかく生半可な知識で話の腰を折る。
ひっきりなしに折ってくる。

話は最後まで聴け、と教わらなかったのだろうか?

そこで、ああ、話なんかしなければよかった、となるのよ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-10-08 21:54 | 私の一族 | Comments(0)

妹宅のリフォーム


先日妹宅に行ってきたわけだけど
妹宅はリフォームを終えたばかりで
外も中もピカピカでした。
**
外壁をやる話は聞いていたけど
中もけっこう取りかえていてびっくり。
2階は手付かずなんだけど
床の張替えしょ。
壁紙。
流し台。
洗面台。
トイレ。
ほんとは浴槽とドアも変えたかったらしいんだけど
大工さんがその必要はないでしょう、という事で次回の改築へ。
施主が変えたいって言ってるのに
「まだ大丈夫」っていう建築屋さんって驚きよね。
噂通り
上手で良心的な建築会社です。
**
で、
すごくきれいになっていて
はしゃぎながら姪や師匠たちと
いろいろ見て回ったのはいいんだけど
・・・・
帰りの電車の中で
母がグチグチと言い出しました。
「いいねっ、
 私もやりたかったんだけどお父さんがやるって言わないから・・・」
とブツクサブツクサ・・・
ああ、また恨みがましい言い方で「いいねっ」をいうのかこの人は。
そうよね、あなた、そういう人だったよね。
妹のとこで言わなかっただけ上出来とほめなくっちゃね。
でも、
せっかく楽しかったのに台無しじゃないですか。
ウンザリだわ。
[PR]
by kumorinotini | 2017-09-30 21:58 | 私の一族 | Comments(0)

妹宅でランチ会でした

ランチ会。
女ばかり6人。
あ、赤んぼだけど、男子が一人(姪の息子)。

私と妹それぞれも娘も合流したので
あまり突っ込んだ話もできず
犬と赤んぼをいじって終わってしまった。

仕方ないか。
後3か月かもしれんんとなったら
孫どもを会わせるとまずなるのかもしれない。

ただあまり時間が残っていなさそうなので
私はビジネスライクな話をしたかったんだけど
親子の間ではそれは無理なのかもしれない。
それに相手が母だし。

[PR]
by kumorinotini | 2017-09-28 21:38 | 私の一族 | Comments(0)

天の声

昨日父が言うに半年ほど前に
天の声が聞こえて
「あと3年生きる」
とささやいてきたのだそうな。
父がさらにいうに
「自殺しようと思った時があって、その時にも<天の声>とでもいうのかな、
お前が死ぬのは今ではないと言われて、死ぬのを思いとどまった
」のだそうな。
その希死念慮が生まれたのはいつなんだろうか?
例の引っ越し後の事なんだろうか?
それとも独身の若い時?
独身の時だったなら、そこで死んでほしかったなぁ。
そうなれば、私生まれてないもの。

[PR]
by kumorinotini | 2017-09-06 22:35 | 私の一族 | Comments(0)

ランチ会

うちでランチ会。

しゃべりすぎたので反省。

[PR]
by kumorinotini | 2017-08-31 18:21 | 私の一族 | Comments(0)