カテゴリ:私の一族( 147 )

父の脳梗塞

書くまいと思ったけど
ちょとだけ。

1月21日未明に脳梗塞になった父だけど
2・3日の間は
手足のしびれや動きが良くなったり悪くなたtりと安定しなかったけど
三日目くらいから安定してきた。
主治医の話でも
梗塞は増えてないし、これで安定するでしょう、
リハビリをしっかりして自宅に戻りましょう、とおっしゃる。
期間は一か月から一か月半の入院リハビリとのこと。
さて、ここから父のシナプス、シナプス連呼が始まった。
筋肉のあるうちにどんどんリハビリ(父のイメージでは筋トレ?)やらないと
シナプスがつながらない、と。
で、このシナプスの事を若い療法士は何も知らない、
とお決まりの<プロを馬鹿にする>言動が始まり
あげくは
勝手に立ってリハビリしようとして(何度も)、ベッドの感知度を最高にされる。
父によると
「寝返りするだけで飛んでくる」
監視されてる、と訴える父だけど
どう考えても、それは自業自得、身から出たサビ、自分の蒔いた種ではないですか。
まったく同情の余地なし。

そして、この後父は娘を困らせるのだ。
本気で「〇〇!」と思ったわ。


by kumorinotini | 2019-02-12 22:30 | 私の一族 | Comments(0)

下着はどこ~~~?

今回の父が入院したわけだけど
父の下着を取りにいって困惑したわよ。

さっとわかる所にないんだもの。

父と母は1つずつロッカータンスを持っていて
(それは母の入院時に実家に行ってわかった。中はしっかり見てない)
そこに入っているものと確信したたんだけど・・・ない。

下義が入っていたのは
ボストンバッグだった。

何故?

それにずいぶん処分したという母のトップスがけっこう残ってたし。

一体1年以上何やってたんだろう。



by kumorinotini | 2019-02-01 22:43 | 私の一族 | Comments(0)

父の

父の病気入院を記事にして残しておこうかと思ったけど
やめた。
あまりにも父の自己判断がすぎて
腹の立つ事ばかりで
とんでもない言葉を書き連ねそうで怖い。
こういう時は書かないにしくものはなし。だわ。

by kumorinotini | 2019-01-26 22:52 | 私の一族 | Comments(0)

父、脳梗塞

昨日未明父脳梗塞。
by kumorinotini | 2019-01-22 07:45 | 私の一族 | Comments(0)

洗脳解ける?

先日実家に行ってきたのだけど親戚の話になった時に
父が父の兄の事を
「独善的でよく知りもしないのにちょっとだけ知ってる事で全部を判断する。
 薄っぺらい男だった」
みたいなこ事を言い出して、驚いたわ。

私の知っている父は、兄を神様かなんかのごとく崇めたてまつってたもんだけど。

一体いつこんな批判的になったのだろう。
そういえば、数年前に母が
「最近お父さんがSさん(=父の兄)の事を批判するようになった。
 どうしてかわからないけど」
と言ってた事があったのだけど
まさかね、そんな事があるわけがない、と信じなかったのだけど
どうも母の言うとおりだったらしい。

母にわからなかった理由が私にわかるわけもなく
先日聞いてみればよかったのかもしれないけど
機嫌よくしゃべる父に波風たてるのも嫌だったし
その場に夫さんもいたのでついつい流してしまったわ。
でも、気になるのは気になるよね。

そういえば、ずいぶん前に父が関東に住むS伯父さんとこに単身遊びに行った時
伯父さんちに泊まるはずが、急遽予定を変えて帰宅するという事があったのだけど
何故予定を変えたか父は頑として言わなかったのだって。
その時何かあったのかね?

by kumorinotini | 2018-12-22 22:20 | 私の一族 | Comments(0)
時々母に「何故、目立とうとするの?」
と詰問されたことがある。
その言い方は、ひどくきつくてほとんど叱責のようだったが
私にはそんな気持ちはまったくなかったので
母の言葉にただただ驚くばかりだったのだけど
母のほうこそ目立ちたがり屋のくせに、と内心不満だったなぁ。

あれはいったい何だったのだろう?

聞けばよかったのかもしれないけど
母という人は、自分を気持ちを客観的に見ることのできない人だったので
そんな事聞いても
「なんでそんな変な事を聞くの?」
と再度詰問されそうで、
思うだけで終わってしまったのだが、聞いてみるべきだったかもしれない。

今考えるに、自分が目立つのはいっこうにかまわない、というか目立ちたくてたまらないのに
それが人さまの事となると実に腹立たしかったのだろうなと推測するしかないのだが。

母は、なんとも理解に苦しむ人であった。
妹なぞ「まったく理解できない」とまで言い切ってしまう。
私も、そうやって切り捨ててしまったほうがいいのだろうか。

by kumorinotini | 2018-12-21 20:22 | 私の一族 | Comments(0)

哲学する男

妹が、
父が「一人の生活になって、いかに生きるべきか」なんて事を言い出したと
メールに書いてきたんだけど
私にもそんな話をてきたんで、あ~~このことか、とおかしかったわ。

父はそういう事が好きなのよね。
好きなんだけど、いつも空回りになっちゃうのが父クオリティだわ。
どうも悟りたいらしいんだけど
全然悟れない、というかそっち方面に行けないのよ。

まあ、私はまったく困らないけど、気の毒な人だわね。

by kumorinotini | 2018-12-20 22:28 | 私の一族 | Comments(0)

食欲減

看病しないといけないとかになったら
どうしたらいいんだろうと思ったら
そこから食欲減。

いつになっても私を不幸にしかしない父親。

ダイエットだと思うことにするしかないのか。
眠れてはいるからまだ大丈夫なのだろうけど。

by kumorinotini | 2018-12-08 22:54 | 私の一族 | Comments(0)

父の様子

父の様子をみにいってきたんだけど・・・
風邪をひいたのか、喉が少し痛いという。
熱はなかった。

ぞっとした。
今はその程度だけど
もっと悪化したら
私が面倒みるのか?
みないと駄目なんだろうなぁ・・・

あ~~憂鬱。
ていうか
入院するほどでもなかったら
どうしたらいいんだろう。
そして、そういう事はちょくちょくあるんだろうし。

実家にいって看病?
冗談じゃない!と思う自分がいる。

父に関わることでよい思い出なんかない。
そんな人の面倒をみるなんて・・・まったく生きてても良い事がないな。

by kumorinotini | 2018-12-07 22:46 | 私の一族 | Comments(0)

四十九日の帰途

妹一家が父を送ってくれたんだけど
その時車内で父による「母絶賛」が」始まったらしい。
メールによると、
妹は無言で通し、姪っ子ちゃんが相槌をうってくれたらしい。
妹によると父による母絶賛の件は
「<姉>ちゃんから聞いてたから、驚かなかったけど」とのこと。

ついで、父は自分の今後がどうあるべきかとか演説ぶって、
さらに病院側が必要のない入院をさせたと言ったらしい。

どうも父は、母を餓死させたかったらしく、すぐに病院側をそういって貶めるのよね。
H病院は良くやってくれたのにさ。
母も「在宅、在宅」とわめいたわりにたったの1回しか帰宅しなかったし。

まったく、何言ってんだか、だわ。

by kumorinotini | 2018-12-04 22:01 | 私の一族 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini