カテゴリ:私の一族( 125 )

父とさだまさし

さだまさしが「精霊流し」をだしてヒットした時、父はいたくこの歌をほめた。
とにかく素晴らしいとほめちぎった。
その頃さだまさしは一応フォークグループの歌手であったけど
私からすると
フォークというにはあまりにも抒情的すぎるのではないか、
だからといってじゃあどのジャンルかというとひどう困るシンガーソングライターであった。
だが、父は褒めちぎったのだった。
どうも父は「精霊流し」を反戦歌あるいは原爆反対の歌だと勘違いしたらしい。
広島で原爆の犠牲者を慰霊するために灯篭を流す、あれを同じだと思ったらしい。
どっこい長崎の精霊流しは太平洋戦争のずっと前から行われているお盆の行事であったのだが。

それから数年たって
さだまさしが山口百恵さんのために書いた「秋桜(こすもす)」がヒットした時
父は今度はいたくこき下ろしたのであった。
なんちゅー軟弱な歌かと。
だいたい「秋桜」と書いてコスモスとしゃむに読ませるのはけしからん!ぐらいの勢いであった。
コスモスを「秋桜」と書くのは辞書にも堂々と載っている事で
さだ氏が創作した当て字ではないのだが
いつかはわからないけど
「精霊流し」が自分が思うような反戦あるいは原爆反対の歌ではないと知ったらしい父は
なんとしてもこき下ろしたかったのだろう。

父はあらゆる事をイデオロギーで量る男であったのだ。
可哀そうに。


[PR]
by kumorinotini | 2018-08-02 20:06 | 私の一族 | Comments(0)

母の日の花

5月に入ってすぐに母の日の花束(正確にはアレンジメント)を注文したのよ。
<母の>日用の花は注文が多いので、お届け日に猶予を頂けますか、という事で
5/9~5/13という受付でした。

9日、「届いた」という電話がなかったので
ああ、は早すぎることがなくてよかった、とほっとした。
10日、この日も届いたという電話なし。11日以降なら上出来だわ。
11日、おお、この日も連絡なし。
12日、連絡なし。
13日、母の日ピッタリにお届なのね、よかった、よかった。
14日・・・

あら、昨日連絡なかったわね。
どうしたのかしら?
家族が受けたのに私に連絡するのを忘れたのかしら?
特に夫さんが受けた時、そういう事があるからなぁ・・・

家族に聞くと「届いた」という電話は受けてないとのこと。

ええーーーっ?

これはマズイ・・・
母は相当の高齢よ。
先月まで全然大丈夫だったからといって、今月大丈夫という事はない。
とにかく本人に聞いてみないと、と電話すると
「届いてない」
との事。

むむう・・・

花屋に確認とるしかないわね、あ~面倒だわ。
でも、やらなくちゃ、だってお金先払いだもん。
じかに行って花屋に聞いてみると、本部の受付まではたどれたけど、
その後はちょっと時間がかかるので調べて固定電話にお電話を、ということで帰宅しました。
すぐに落ち着いたトーンの女性の声で電話がかかってきて

「〇〇花屋でございます。さっそく調べましたところ、お花のお届が完了」

ええ!?届けてたの?

「しておりませんでした。申し訳ございません!」

よかったぁ~~とほっとしたわよ。

届いてなくてほっとするのもおかしいけど、
うちの家族の頭がどうにかなったわけではなかったのだと安心したの。
だもんで、さかんに謝る相手にも鷹揚な態度がとれるってもんよね。

「まあまあいいですよ、届かなかったせいで人が死ぬわけでなし、今日届けていただけるならそれでいいです」

で、2時間ほどして母から電話

「届いたよ~~~すっごく豪華!ビックリした。
 玄関で申し訳ないって何度も謝るからさ~
 『この年になったら、母の日ってよりもばあちゃんの日って事でいいの、いいの』
 って言っておいた」

との事。
ちょっとドキドキしたけど、まあ、結果オーライってことで。

[PR]
by kumorinotini | 2018-05-16 22:40 | 私の一族 | Comments(0)

気持ちのありどころ

去年の12月だったかな、
母の病気のけんでS内科とごたついていた時、
S内科の待合室で妹が

「天然生活の7月号に素敵な文章が載ってたんだ。なんか心にすごく響いたんだよね」

という。
ーえ?どんな事が書いてあったの?
と聞いてみると

「図書館で借りて読んでみたほうがいいと思う」

あ、じゃあ、落ち着いたら借りて読んでみるわ。
と話したことがあったんだけど
最近その時のメモを読み返して思い出し、借りてみたけど
いくつか文章はあったものの、いったいどれに感動したのか、さっぱりわからない。
私からすると、そんな感動するような文章はなかったし。
仕方ないので妹にメールして、どれがその文章なのかと聞いてみたら

「あの後もう一度読み返してみたら、全然感動しなかった。40歳くらいの女の人のなんだけど」

というお返事。
うう、40といわれても、年齢を書いてあるわけでなく
妹がたいしてことなかったというのだから、まあ、いいかと雑誌は返却。
ただその雑誌に腰痛に効くという体操が載っていたので、それだけ抜き書きしました。

それにしても、
あの時の妹の気持ちには、きっとピッタリ来たことは間違いないのよね。
でも、気持ちは変わってしまった。
人の感動なんて、そんなものかもしれない。
残念ながらね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-05-10 22:32 | 私の一族 | Comments(0)

妹の土鍋

去年くらいから、妹が、土鍋がほしい、土鍋でご飯を炊こうと思ってるとなかなか熱心だったのよ。
でも、熱心なあまり、いろいろある土鍋を見て決心できなくていたのね。
そこへ「道場六三郎」監修の炊き込みご飯の素を買うと
自動抽選で土鍋が当たるというのがあったんですって。
で、炊き込みご飯の素を買ってみた。
当たらなくても「道場」さんのは美味しいからそれでいいか、と思ったんだって。

ところが
さして期待してなかったのに
その土鍋が当たって、大喜びよ。
2合炊きだったかな。
今妹のとこは二人暮らしなんで
ちょうどいい大きさだし、見た目も可愛いしとても気に入ってるらしいわ。

あ、美味しいかどうか聞くの忘れた。
きっと美味しいのよね。
まずかったら、文句いうはずだから。

[PR]
by kumorinotini | 2018-05-04 22:07 | 私の一族 | Comments(0)

日本人の貯蓄

先日母の付き添いをした時に
どういった話の流れでだったかは忘れたけど
妹が

「日本人の~割の人は3千万くらいの貯金を持ってるんだって。
 そういう人が貯蓄額を押し上げてるんだって。
 3千万だって、すごいねぇ」

~のところは聞き洩らしたけど
3千万に感心するところをみると
妹のとこの貯蓄はそこまでないのかな。
そういえば、去年、家の中の壁とか床とかを新しくしてたから
一気に減ったのだろうか。
3千万くらいはないと
老後困るのではないかな。
妹の夫さんは地方公務員だったから、年金の心配はないのかな。
妹もパートで働いてるし。

何かいろいろ考えてしまったなぁ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-03-26 22:11 | 私の一族 | Comments(0)
すでに還暦すぎてるのに
母親に叱られたりする。
さして高いものでもないのに
「そんな高い買い物して」
とか
「無駄遣いして」
などと
90近い母親にぐじぐじ言われるのは、気持ちの良いものではない。
だが、母はずっとそうだったし
これまでもそうだろう。

ああ、母親ってウザイ存在だなぁ、と
師匠も思ってるんだろうか。
考えてしまうわ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-03-25 22:07 | 私の一族 | Comments(0)

姪っ子に赤ちゃん

もう一人の姪っ子に赤ちゃんが生まれたわ。
今度は女の子。
妹によると
まだ赤ん坊なんで顔立ちはなんとも言えないけど
丸顔なのは間違いなし、そうで。
ふふふ、
そこは姪っ子に似たんだわ。
ていうか妹の血筋か。
妹もかなりな丸顔なんです。
丸顔はいいわよ、若く見えるし。
なんで若く見えるのがいいのか詰め寄られたら困るけど。
キュートに見えるからいいわよね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-01-28 21:45 | 私の一族 | Comments(0)
先日、母の主治医だったS内科に行った時に
妹に
「私たち、すごく親孝行だと思うの。
 親に心配かけた事ないし」
と言われて、内心ビックリしたわ。

う~~ん、妹さん、
あなたが19歳の頃に起こした騒動はかなりなものだったわよ。
ない事にしたいのか、
ほんとに忘れたのか、
無意識下に押しこめたのか
一体どれなんだろう?
あれは相当なトラウマを私に与えたし
多分親も心配したと思うけど。

そして、私自身は心配かけた事はないと思うけど
性格が歪んでいたのでそれはそれは迷惑だったみたいだし
結婚したがらなかったのも大迷惑だったみたいだし
結婚してからの夫さんのうつ病の時は
かなり心配かけたと思う。

父は・・・心配しなかったみたい、というか
夫さんが軽快した時は妙に残念がっていたような。
多分は母心配したのではないかと思うが
う~~ん、そのへんよくわからないなぁ。
「(夫)さん、先週調子よかったでしょ?
(そうだと答えると)私、調子悪かったから、そうだと思った。
(夫)さんと私はいつも逆だから」
とよく言われたなぁ・・・
笑ってしまう事に逆を言われたことはない。
何なんだろ?自分は大変アピール?
まあ、いいさ。

というわけで
私たち姉妹は親にまったく心配かけなかったわけではないんだけど。
妹の頭の中ではどうなっているんだろう?
でも、忘れてるんだったら・・・言えないなぁ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-12-13 22:17 | 私の一族 | Comments(0)

「もう孝行娘はやめる」

と、私の実家訪問の後、妹からメールが来た。
そうか・・・
頑張ってきたのだな。
妹も頑張っていたのだな。
気づかなかったけど
戦友だったのだなと今頃になって気づいた。
頑張らせてごめん。
気づいてあげられなくてごめん。

いい子を演じてたんだね。
頑張ってたんだね。

うん、もい、いいよ。
孝行娘はやめていいよ。
後は私が・・・と言ってあげたいけど
私だって孝行娘はやりたくない。
もうウンザリですよ。

[PR]
by kumorinotini | 2017-12-03 22:24 | 私の一族 | Comments(0)

気の重いランチ会

今日はランチ会。
基本的にランチ会は気が重いのに
今日はめんどくさい話を詰めなくてはならない。
ああ、憂鬱・・・

[PR]
by kumorinotini | 2017-11-20 07:51 | 私の一族 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini