カテゴリ:雑感( 608 )

メールしてると

父のけんで妹と頻繁にメールしてるわけだけど
それを見て、夫さんが
「お。携帯がご活躍だね」
と笑顔でのたまう。
そう。
ご活躍はご活躍なんだけど
それは嬉しいご活躍ではないので笑顔で言われると
なんだかモヤ~とした気分になるのです。

今回の妹とのメールにはほとんど喜ばしいことなんてないから。

でも、その事は夫さんいは言えない。


by kumorinotini | 2019-02-20 22:05 | 雑感 | Comments(0)

満員です3

今日、高齢者用施設から電話がきた。

「〇〇室に予約入りました。病院のワーカーさんと調整とりたいので連絡願います」

面談に行った日に
担当してくれたKさんから
「この部屋は今、予約入ってますけど
 私の感触ではキャンセルかかると思うので、たぶん大丈夫じゃないかと」
という事は言われてたんだけど
そんなのどうなるかわからない。
ものすごく不安だったのだけど
これで二つあるハードルのうちひとつは越えたかな。

後は本人面接という審査がある。
Kさんは、そんなすごいものではない、とのたまうけど
父はけっこう面倒という嫌な男なのでどうなるか・・・
だけど、他人に慕われてる、みたいな話をするとこを見ると
嫌な面を見せたのは家族だけで
外面はいいんだろうか・・・?

だとしたら、やはり嫌な男だな。

by kumorinotini | 2019-02-17 22:33 | 雑感 | Comments(0)

満員です2

別の施設に電話してみた。
空き室があるかどうか聞いただけなのに
答えは先日言ったTさんとことたいそうよく似たお返事で
曰く
「お部屋をご用意できるかどうかはお話を伺い、面談したうえで」
あるともないとも。
担当者がいない、とも予防線はってたけど
そんなの一覧表でも作っておけばいいだけの話なんで
多分どこもこういった対応になるんだろうな、と思ったわ。

通常の不動産とかホテルならこっちが選ぶ形になるわけだけど
高齢者となると
選ばれる立場になるのね。


by kumorinotini | 2019-02-16 22:34 | 雑感 | Comments(0)

満員です

さすがに父も気弱くなって、サ高住への入所をOKしてくれたので
自宅の近所のなかなか条件のよいところを妹がみつけてきて
見学の予約を入れたので一緒に見に行ったわ。

若い職員さんが設備や3タイプある部屋を案内してくれた。
最後に見た部屋が気に入ったので、これを、と言ったところ
「ここは予約が入ってます」
じゃあ、もうひとつを、というと
「あれも予約が」じゃあ、一番最初にみた部屋で、というとあれも予約が・・・とのたまう。
妹は退院したらすぐに入所したいのだと見学申し込みをしたというのだが・・・
通じてなかったのか、営業とはこういうものなのか。

一縷の望みがあるとすれば
最初に見た部屋は、客が二つ申し込んでどっちにするかで悩んでいるとこだそうで
職員さんは
「自分の感触ではこっちは断ってくると思う(だから・・・)」
ということらしい。
職員さんのいうところでは
去年の9月まではけっこう空きがあったのだが、地震以降ほとんど埋まってしまったそうで。
この高齢者住宅はお安いうえに見守りや病院との連携がしっかりしているので
やはりね、と思うのだけど、だからといって予約で決まっている部屋を案内するなんて
不動産屋ならありえないわね。
貸せないとこを見せるなんてさ。

でも、切羽詰まっているこちとしては文句も言えないわけで。

ここに入れるといいなぁ。
でも、世の中ってそんなにうまくいかない。
ほかを捜さなくちゃ。
ほとんど決まった、と思って行ったものだから、
脱力感というか挫折感というかそういうのがはんぱない。

by kumorinotini | 2019-02-15 22:26 | 雑感 | Comments(0)

1週間

21日に父が脳梗塞、
大坂ナオミちゃんが全豪で勝ち
嵐の活動休止。

なんて週だっ!

by kumorinotini | 2019-01-28 22:36 | 雑感 | Comments(0)

「落陽」朝井まかて

明治神宮とその森ができるまでを三流新聞の記者の目を通して描いた小説なのだけど
通奏低音として流れているのは
明治天皇の覚悟。
現人神として生きる事を強いられにもかかわらず
ほかに生きるすべを持たないかったためかどうなのかわからないけど
現人神である事を覚悟して生きた人の強さと悲しみが小説の底の方を静かに流れていて
途中から泣いてしまった。
まさか明治神宮の成立で泣くとは・・・!ですよ。

by kumorinotini | 2019-01-06 22:51 | 雑感 | Comments(0)
先日の朝のニュースでやってたんだけど(NHK)
今年、癌で死亡した遺族に聞いてみた結果
(痛みを感じていたかどうか、感じていなかったと思う、感じていたと思う、わからない、そんな答えの中からひとつをチョイスするわけだけど・・・)
我が家の場合、娘の聞くか夫に聞くかで答えはまったく違うものになるだろうな、と微妙な気分になったわ。
母は父にまったく不満を言わなかったらしく、
父の中では薬なしでまったく痛みなく朗らかに過ごしていたとなってるみたいだけど
実は痛みをモルヒネでなんとかしてもらっていたし
(死ぬ2週間前はひどいだるさに「殺してほしい」と妹に訴えた)
朗らかだったのも薬のおかげだと娘は思っている。
実際母は時々不安を訴えていた。
文句も多かった。
だけど、父は
母がすべてに満足して死んでいったと信じているようだった。
だから、父に聞いたら、母は痛みもなく平穏は感情のまま亡くなったと答えたろうと思う。

by kumorinotini | 2018-12-27 08:04 | 雑感 | Comments(0)

黒いキャリーケース

数年前、義父母の見舞いに行くためにJRの駅で電車待ちをしていた時
隣にすわった若い男性の前に黒のキャリーケースが置いてあったのね。

その日は強風のせいで何かが電線にからんだらしく、電車はストップしていて
調査待ち、でした。

で、私と師匠はいつ回復するかわからないので、ずっと待合室の椅子に座ってたの。
黒のキャリーケース前の男性がすっと立ってどこかに行ったわけ。
私たちはその男性がトイレか何かに行って、そのうち帰ってくると思っていたの。
でも、全然帰ってこないばかりか、違う人がキャリーケースの前に座ったのよ。

あらら?

このキャリーケースは忘れ物?

駅員さんに教えたほうがいいのかなと思ったけど
師匠が余計なことはしない方がいいというので
さわらずにいたんだけど

後で考えたら
動かしたりなんだりしないでよかったな、と。

日本だから可能性は低いけど
爆弾、という事だってあるしね。
これがイスラエルとかフランスだったら
きっとすぐに警察が呼ばれ大騒ぎになってたわね。

もう少し緊張感を持って生きた方がいいなと
今野敏さんの「触発」を読んで思いました。とさ。

by kumorinotini | 2018-12-16 20:05 | 雑感 | Comments(0)
これは妹の友人んに起きた出来事。
友人を友美さんとでもしようか。

友美さんの実家は東北のS市にある。
友美さんは北海道に家族と暮らしている。
兄が一人いて、やはり東北のS市に暮らしている。
母親一年前に亡くなっている。
友美さんは月に1回は父親の様子を見に、S市に出向いていた。
なんとなく女性の影があった。
父ならとうてい買わないだろうクッションが増えたり、妙にきれいになっている。

さて一周忌。
とどこおりなく済んで、お坊さんが帰った後で、父親が切り出した。
会ってほしい人がいる。
来たな、と思ったらしいけど、そこはなんでもない顔で、誰?と聞くと
どこで待っていたのか女性がやってきた。
なんとこの女性と結婚したいと父親が言う。
病院の待合室で知り合ったのだそうな。
娘からすると、母が亡くなってたったの1年でもう新しい女かよ!と、まあ面白くないわね。
一緒に暮らすだけでは駄目なの?と聞くと、なんとしても結婚したいと二人していう。
友美さんの親はそこそこ資産家だった。
女がいうに、自分の子供たちはみんな賛成している、ぜひ認めてほしい、と言った後にがばっと土下座して

「お父さんをください!」

と言ったのだそうな。
父親は恋だかなんだか目がくらんでいるし、女は・・・さてどうなんでしょ。

結局しぶしぶ認める形になったらしいけど、
ビックリしたのが、女の年齢。
友美さんより 4歳上 なだけ。
ああ・・・そういうわけね、そりゃあお子さんたちは賛成でしょうよ。
ちょっと介護したら、遺産の半分がそっくり入ってくるのだもの。
そりゃあ、ねぇ・・・てやつだ。

友美さんの兄はちっとばかしごねて(「そんな女にこの家と土地はやれない」とかなんとか)
家屋と土地の名義を自分に替えてもらったそうな。
無論父とは絶縁。
父はマンションを買って、そこに女と移り住んだのだそうだ。



友美さんがその後どうしているかは知らない。

by kumorinotini | 2018-12-15 22:57 | 雑感 | Comments(0)

達筆?

ある女優さんの筆で書いたものが達筆という事になっているけど、
う~~ん、
あれは達筆といってよいのだろうか、と首をひねってしまう。
その女優さんの筆文字はかなりの癖字で、達筆とは違うものだ。
たぶん習字をきちんとやったわけではないと思う。
そういう字だった。
あるいはやったけど、「癖がすごくて~」基本がどっかにいってしまったとか。

最近の人は筆で字を書かないので、
筆で書いてありさえすれば「達筆」にしてしまう。
ちょっとやばくない?とか思うけど
逆に考えれば
ちょっと筆で書いただけで
「達筆」という事になるのを利用するという手もあるかもしれない。


by kumorinotini | 2018-11-30 22:20 | 雑感 | Comments(1)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini