カテゴリ:観( 824 )

ある理由で「ゼロ~一攫千金ゲーム」を見ているのだけど
脚本が悪いのか、役者が悪いのか、監督が悪いのか
命を張ったゲームをしているのに
必死さ、というか緊迫感がない。
本のリズム・テンポが悪いせいかもしれないけど
遊園地にある「謎解きゲーム」でもやってるような悠長さである。
解けなかったら、死ぬんだぜ、
自殺指向でもなければこれは相当焦るだろう展開でも
必死さがない。

では、なぜ見ているかと言えば
師匠が「狂気の女王」を化している小池栄子がおおいに気に入ったからである。
ほんとに彼女は凄い。
金にむらがる男たちの滑稽さを楽しんでいる。
相当なサディストである。
勝ち上がりを目指して汲々とする男たちを高見の見物をしているばかりか
嘲笑し、地獄へ誘導しようとする女を生き生きと演じている。
その眼はキラキラと輝いているのである。
どんなダイヤモンドよりも美しく。

というわけで男たちのアホ場面は倍速でどんどん飛ばし
小池さんの場面だけ、通常の速度にして楽しんでいる。

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-13 16:51 | | Comments(0)

「dele」第三話

実に質のいい短編小説を読んだような気持になった。

男と女は二人とも今は60台。
寂れた町の近いところで小さな店をやっている。
男は写真館、女じゃ理髪店。
写真館さん、理髪店さんと仕事で呼び合うような小さな商店街。

だが、男は監視者で女は監視対象だった。

男は女の秘密を黙認し
女は監視されてる事も黙認の件も知っていた。

ほとんど会話もない二人だったけど
盗聴という手段で男は女の声を聴き
女は男に話しかける。

それが30年近く。
二人はひっそりと寄り添って生きてきたのだ。
寂しくなんかなかった。
女は見守られ
男は見守ってきた28年だった。

寂れた町を丁寧に映し出す映像、
普通だったら飛ばしてしまうところだけど
そんな気にはなれなかった。
それは絶対に必要なものだったからだ。

途中からただただ泣いた。
今も涙が出そうだ。

最後に赤いバラの花言葉は「あなたを愛してます」
そして
五本のバラの花ことばー

 
           「あなたに出会えたことの心からの喜び」

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-12 22:12 | | Comments(0)

大病院の引っ越し

30分ほどのドキュメント番組で大病院の引っ越しを見たのだけど・・・

インタビューされたいた男性(60台?70台?)が
「悪い時に入院してしまった」みたいな事を言っていてそれに驚いたわ。

50年に一回の一大イベントよ。

いや、イベントと言ったらなんだけど
大事業よ。

彼がすごく重い症状とかいうのだったらご同情申し上げるけどそうでもないのよ。
その引っ越し作業で治療がおろそかになったふうでもなかったし

楽しめよ!

と思ったわ。

しつこいけど50年に一回よ!
患者に荷物運べとか言ってるんじゃないのよ。
患者は歩ける人でも車いすに乗って、250m先へ自動車で移動よ。
ドアツードアなのよ。
まあ医療者たちがざわついたかもしれないけど
自分は何かするわけでもないのに
なんでそんな感想になるのか、不思議だったわ。

わくわくしないのかしらね。
なんでも不平不満を見つけないではいあられないのかしらね。
というのも
母のけんがあるからかもしれない。

あ~私も不平不満を言ってるわね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-08-04 22:32 | | Comments(0)
あらら~
そっちに行くのね~
という脱力感。

二股三股なんのその
もっとガツガツ男漁り、とでもいいますか
結婚相手に捜しに頑張るのかと思ったら
けっこう夢見る夢子ちゃんみたいな。

ところで伊勢谷さんのヘアスタイルをドクタースポックと言ってる批評があって
びっくりだわ。
私はてっきり画家の藤島嗣治だと思ってたもんで。
スポック先生なのか。
あ~~びっくり。

なかなか思った方向にいかないものだわね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-30 14:00 | | Comments(0)

ドラマ「dele」

おお!
これは私好みです。
テンポ良く、山田氏、菅田氏、それぞれのニンにあった役です。
一回、人の秘密を覗いちゃって、ハードル下げちゃったから
次回からはもっと簡単に覗くんでしょうな。
人というのはそんなもんです。
そうしないとオハナシにならないし。

それにしても
「ハッカーやクラッカーじゃない、俺はプログラマーだ」
と言い張る坂上氏、ちゃっかり銀行のシステムに裏口作ってるじゃないですか。
「みんなやってる」って、あ~た。
必要でない時は使わない、という矜持でもあるんでしょうか。
今までだったらちょこちょことキーボードいじるだけで
あ~~ら不思議答えが出ました的な扱いが多かったので
パスワードをあれこれ推理する場面は新鮮でした。
やっぱね~
裏口作ってないと
侵入するのは難しいと思います。
キーを連打してなんとかなるものではないと思うし。

顧客の裏の顔と
真柴の優しさが表裏一体となったラストはよかったな~と思って
エンディング見ていたら
原作・脚本が本多孝好とな・・・
おーーーー!!
そういう事か。
それはそれは期待できるというものではないですか。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-29 22:46 | | Comments(0)
・「ハゲタカ」
こういうドラマは現代ものに翻案して大失敗するのが多いのだけど
ちゃんとバブルのころの狂騒ともいうべき時代設定でやっているおころが偉い。
但し、現代とリンクさせようとしているので
そのあたりがどうなるのかな、とちと心配。
それにしても、ハゲタカファンドしてぶいぶい言わせてた人が
20年?たったら、小さな会社にいるって
彼に何があったのか・・・?

・「探偵が早すぎる」
新感覚ミステリーというべきなんでしょうか。
殺されようとしている人物はわかっている。
殺そうとしている人物もわかっている。
わかってないのは
時間と場所と方法。
探偵はそこを推理して未然に殺人を防ぐという。
ひとり「絶対零度」か、とツッコミいれたくなるわね。
でも、滝藤さんが意外といいわ。
シャープで楽しそうで。
必見なのはものすごい悪役の片平なぎさ。
いつもは推理して犯人を突き止めるのが
このドラマでは親族を追い立てて、殺人させようとしているのよ。
この片平さんがけっこう怖いのです。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-24 22:22 | | Comments(0)
全力で大真面目に作っているのはわかる。
でも次回見ようと思うかというと・・・う~~ん・・・なのです。
ごめんね。

それにしても、
大学出たばっかりの女の子にいきなり100件以上って・・・
補助の人がつくとはいえ、ひどくない?
毎日1件ずつ回ったとしても一回りするのに3か月かかる計算ですよ。
これが本当だとすると(多分本当なんだろうけど)福祉の仕事も楽ではない。
わが北海道弁でいうと <ゆるくない> ですな。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-19 22:26 | | Comments(0)
これは気に入りました。
私好みです。

この時間帯の前回の「ヘッドハンター」も面白かったけど
今回の企業の再生ものも面白そうです。
働く男はつらいよ、なんだけど
頑張れるというかやりがいのある仕事がないともっとつらいよ、なんですな。
判子押すだけの簡単なお仕事では満足できない男の可哀そうな面もあるんだけど
どうであれ
男が生き生きと働く姿はいいものなのだ。なんてね。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-18 22:49 | | Comments(0)
なんつーか・・・
テンポが悪い。
題材が題材なんだから、
たたみかける部分とじっくり見せる部分をテンポよく配置していかないいと
ダレルというか飽きるというか。
原作はコミックだそうだけど、
「ライアーゲーム」のえぐいバージョンですかね。
(えぐくなる場面はきっちりカットしてあったけど)
ライアーゲームの場合は莫大な借金、こっちは重傷もしくは死と引き換えなんだから。


それはともかく
あの大金持ち氏がたぶん金にあかせて集めた男どもが
できそこないもしくはクズだらけであるのはどういう事なんでしょう。
本当に次代のの王を求めようとしているのか、
単なる王様の暇つぶし用なのか。

まあ、わからない事ばかりですが
ただただよかったのは
まるで女王のような小池栄子さんの表情、仕草ですかね。
実にいいです。
鉄球に何人つぶされようと女王は平然としています。
へ、でもありません。
いえいえ面白がっています。
とにかく女王の風格です。
秘書?とんでもない。
場を仕切る女王ですよ、あれは。
どMの男はきっと彼女のハイヒールの踵でぐいっと踏まれたいと熱望するに違いないわ。


ところでケンコバ、確か福本さんのファンだったね。
出演できて、おめでとう。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-18 22:13 | | Comments(0)
すんごく丁寧に作ってあるのはわかる。
俳優陣もすんごく頑張っているのもわかる。
でも、でも、
はあ~~~
嫁いびりかあ~~

日曜の夜から
こんなの見たくないわぁ。

とここでドラマの公式サイトの粗筋を見る。
なんとすずさん、実家に帰れるじゃないですか。
それはよかった、よかった。
これで万事まるく治まるというものです。
よしよし、
実家に帰って二度と呉には行かなければいいんだし。
よかった、よかった。


そして、さらにアニメ・コミックの詳細な粗筋を読む。

ふえ~~~
戦時下、および原爆まで出てくるのかぁ~~
勘弁してくれ、です。
まともでちゃんとした人は感動するんだろうけど
私はちょっとねぇ・・・


ところで、数秒の映像だけど
遊郭と思しきとこにいる女・二階堂ふみさんのインパクトが半端ない!!です。

[PR]
by kumorinotini | 2018-07-17 19:47 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini