人気ブログランキング |

カテゴリ:観( 874 )

ドラマ「TWO WEEKS」

なんだろね。
面白い要素がいっぱいあるのに
すごくつまらない。
なんか「サイン」と同じ臭いがするわよ。

やはりシナリオが悪いのかね。

骨髄移植のドナーになってもらえるかもしれない男(元カレ)に
血液検査を頼むのに、あんなに居丈高になるのは何故なんだろう?
8年前にけっこうひどい別れ方をして以来会ってないんだぜ。
元カレがお人よしでバカだったから
検査にもいってもらえて、ドナーにもなってくれる流れになったけど
そうそう順調にいくと思ったのかね、あの女は。

とか思うわけだ。

ただ子役がえらくうまい。

最近出演してる俳優が主題歌を歌うってのが多くて
歌手のみなさん、困るのではないかね。

by kumorinotini | 2019-07-17 22:14 | | Comments(0)
見終わった後30分ほど心臓がバクバクした感じ。
後半の畳みかけ方が凄い!
指令室と犯罪の現場と捜索する刑事、みっつの視点の回し方が
一気に畳みかけるカメラがスピード感に溢れてました。
特に拉致された女性からの電話が入ってからの10分は
たぶん実質10分じゃないかと。
ライブで見ているような・・・心臓に悪いような・・・
唐沢さんが40代の役ってちょっと無理があるような・・・
いろんな「ような」がどっと押し寄せてきたドラマでした。

ひとつ難を言えば
連続女性暴行の犯人役がミスキャストかな、と。
もっともやっとした風貌で
とてもそんな事しそうに見えない顔つきの人のほうがよかったかな、と。
でないと女はうすら寂しいとこまでついて行かない。

もひとつ難をいえば
真木さんの滑舌が・・・悪い。
口の中にたまたまアフターかなにかできていて
痛かったのかなと考えてしまった。

とまあいろいろあるけど
おおむね面白かったわ。

by kumorinotini | 2019-07-14 21:57 | | Comments(0)
■「偽装不倫」
好みでない。たぶん東村さんと合わないんだろうなぁ・・
「海月姫」も「たられば」も駄目だったところをみると。
シナリオが駄目なのか、原作が駄目なのかわからないけど
知り合ったその日のベッドイン(正確には翌日だけど)ていうのが
まったくないとは思わないけど
女はそこそこ物堅い女なんで、まあありえないから、そこはファンタジーですませていいのだけど
自分のカメラの三脚を他人の頭に落っこちたのに「sorry」ですませるのはないだろ、と思いました。
「あ、すみません。すみません」となって
おわびにご馳走、そこからいい感じでベッドインなら理解もできるんだけど。

■「サイン~法医学のなんちゃらかんちゃら
つまらない要素なぞないのに、つまらなく感じたのは何故だろう・・・

ああ、解剖医なんて手間と時間ばかりかかって
なんの儲けにもならないのに、
そのトップになりたがる、というのが理解できないからか。
そこの大ウソをうまく呑み込めなかったからだな。

■「ルパンの娘」
ここまでふりきってコメディを作ってもらえれば
大満足です。
大笑いしてみました。
内心はわからないけど、
俳優陣がこってこてに演じてくれているので
こちらに気恥ずかしさは生まれない。
こうでないとね、コメディは。
深田恭子さんとの相性はいいんだなぁ、私。


by kumorinotini | 2019-07-13 22:23 | | Comments(0)
どっちも好みではない。

脳筋ものは得意ではないし
コメディになってないコメディもどきも苦手。

どっちも好きな俳優さんばかりなのに
残念だわ。

こーゆーの見るとつくづく思うのよ、
コメディって
ほんっとに難しいのね。

by kumorinotini | 2019-07-10 19:11 | | Comments(0)

ドラマ「監察医 朝顔」

こんなに静かなミステリというか
監察医ものがあっただろうか。
父と娘の穏やかな日常の映像から始まり
母の亡くなった地震の現場に行けない、という静かな非日常で終わった80分。
ヒロインの乗る電車の窓からの映像に何かあるわけではない。
地震の爪痕が生々しいというわけではない。
だが、ヒロインの記憶に寄り添う、ただただ静かで哀しいの電車の旅。
しかもたった一輌の電車。
行きたいけど、行けない祖父の家。
そして、こつこつと妻を捜す父の姿。
それを複雑な思いで眺める祖父の横顔。

刑事がどたどたと走り回ることもなく
監察の現場で怒鳴りあうこともなく
実に不思議な80分だった。

この静けさはいつまで保持できるのだろう。

そのうち刑事が走り回り
監察医たちが怒鳴りあうようなドラマになるのだろうか。

そうはなってほしくないが・・・

by kumorinotini | 2019-07-09 21:33 | | Comments(0)

4月期ドラマ

もう終わってしまったけどけど(一部はまだ続く)
4月期はドラマをみまくったっけ。

日曜  「いだてん」 
    「あなたの番です」
火曜日 「パーフェクトワールド」
木曜日 「緊急取調室」
    「新しい王様」
金曜日 「インハンド」
    「家政婦のミタゾノ」
    「きのう何食べた?」
土曜日 「東京独身男子」
    「ミラーツィンズ」
  後半「デジタルタトゥー」
泣く泣く「ストロベリーナイト」と「わたし定時で帰ります」を捨てて、これだし。
めちゃくちゃ疲れたもん。
でも、夜ドラマがどれも面白かったもんで
こうなった。

7月期はそこそこの数が残ればOKだわ。
そこそこって・・・ふたつかみっつ、かな。
どうなんでしょ。

by kumorinotini | 2019-07-09 19:21 | | Comments(0)
テンポのいい始まり。
各シングル・マザーの家庭と
彼女らの事実婚の夫との関係が短い時間の中で要領よく語られていきます。
台詞がうまい。

各家庭うまく回っているのに
夫らしき男が宝石店で指輪を買った途端不穏な男3人組が登場し、
という展開です。

事実婚の夫が殺害され
残された妻たちはわけあってシュエハウスに集うことに。
さて3億円を前に何が起きるのでしょうか、といったところかしら。

このシナリオが駄目シナリオでなければ
夫を襲わせた人物は森下で
男が選んだ女は小椋かな。
夫が帰宅するのを待っている時、MS入り口からのチャイムが鳴れば
ほっとして
「ああ、夫だわ、もお!鍵を忘れたのね」
という台詞がありそうなのに、森下は「誰かしら」というのよね。
怪しいじゃん。
では、なぜ殺害させたか、というか指輪を盗ませたかというと・・・
この3人の中で
夫が自分以外で選ぶのが許せないのは自分より年上の小椋のみ。
若い藤宮だと悔しくは思うだろうけど
「ああ、やはり男は若いのがいいのか」としぶしぶ納得するのじゃないかと。
役員なのでお金もそこそこ持ってる。

というのが私の推理。

当たるかどうか見なくちゃね。

でも、一番気になるのは夏木マリ扮する染谷さん。
一体何者?


by kumorinotini | 2019-07-06 21:02 | | Comments(0)

唐招提寺御影堂障壁画

友人と見に行ってきた。

68枚全部展示。
まさかの全部。
一部だと思いこんでいたので
まずそれにびっくり。

で、薄暗い展示室にはいってびっくり。
フスマの前に畳をいれてある!
雰囲気作りなんだろうけど
美術館の頑張りなのか
アチラからのリクエストなのか、
どちでもいいけど
すごく雰囲気出ててよかった。

全部よかったんだけど
特に・・・
違い棚の上に小さな引き違い戸があって
その左側の戸に鳥の絵があったのよ。
その鳥は上を向くんじゃなくて
やや斜め下を目指してるんかんじだった。
見つけた!日本だ、あそこが日本だ!そんな感じ。

東山魁夷が鑑真和上の気持ちに沿ってみた結果の
あの鳥なのかなと思うと涙が出そうになりました。
行きたい、行きたい、そんなに私というものを求めてくれている日本に行きたい、
ああ、私が鳥だったらなぁ、いますぐ飛んでいけるのに・・・
きっと鑑真がかく思っただろうなと魁夷が感じたのかな、と。

予想よりずっとよかったわ。
行ってよかった。

by kumorinotini | 2019-07-02 21:03 | | Comments(0)

ハモネプ

私からすると一番ハモリの汚かった二組が1位と2位。

耳がおかしくなったんだろうか。

by kumorinotini | 2019-06-30 20:58 | | Comments(0)
スズさん、リコさんと約束して唐招提寺障壁画展を見に行った。
行ったは行った。
でも、3人で見ることはかなわなかった。

私が一番について
ついでスズさんがやってきて二人でおしゃべりしながらリコさんを待った。
約束時間は11時。
おしゃべりに夢中になってきづくと11時10分過ぎ。

あれ?
リコさん、遅いなぁ・・・
いつもギリギリにやってくるリコさんだけど
それにしても・・・
「もう少し待ってみようか」
とスズさんと話すも
でもケータイにも連絡入ってないし・・・
乗ったバスが途中で事故にあったとか、
母上が急に具合悪くなたっとか、
なんだか悪い想像ばかりが出てくるの。
さすがに30分すぎると
これは、勘違いしたか忘れたかのどっちかじゃないかということになって
電話するも出ない。
留守電を残す。
私世代はケータイにそんなに重きをおかないし
「も少し待ってこなかったら、お先にってメールして見に行こうか」
と話してると、リコさんから電話が。
「ごめ~~ん!一日間違えてた。今から行くから、障壁画は二人で見てて。ランチだけ一緒にする」
そこで心置きなく展示を見たのでありました。

見終わって、出口に向かうとリコさんからメールがあって
「今、着いたとこ。ロビーにいます」と。
やっと合流してランチに行けました。
リコさん言うに
カレンダーに一日ずれて書き込んでしまったそうで。
「思い込みって怖いわね~信じて疑わなかったのよ」
なんかわかるわ。
思い込んでるから、疑わない。
今度から事前チェック入れなくちゃね。
私も甘かった。


by kumorinotini | 2019-06-27 22:01 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini