カテゴリ:観( 837 )

ドルガバ問題

ドルガバのCMが問題になって、
中国がお冠となり
ドルガバのトップが二人して頭を下げたらしいけど
そういう事は何かい、
ドルガバは
中国をはじめとする東洋のお箸文化を馬鹿にする気満々であのCMを作ったのかい?てな事になるのではないかね。
そうなの、ドルガバ?

中国という大きな市場を失うのが怖くて、さっさと謝罪したのかもしれないけど、
となると
じゃあ、あのCMはいったいどういった意図で作ったものなんだろうとなるわね。

あのCMの意味するものがさっぱりわからないのでどうにも薄気味悪いわ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-12-03 15:29 | | Comments(0)
予選というかワイルドカードを選ぶライブもところどころ見たわ。
で、たくろう とサムライスライスを発見。
たくろう のは、コミュ障らしい青年が初めて理容室に行って、みたいなネタ。
サムライ~は、私はみてないけど師匠が気に入ったそうで、
風呂に入ってたので私は見逃したけど、私と師匠の感性は似ているので、多分見てたら私も好きに違いない。
さて、決勝。

1、見取り図
一番最初なのになかなか頑張ったと思うわ。
モテナイ相方に女の子を紹介しようというネタ。
唐突にはさまれるマルコ牧師、すだゆりこ等々それ誰?状態を長く引っ張られたのがちと痛い。
もっと早めに実在しない人物だとばらした方がいいような。
一体誰なんだろうとそっちに気持ちがいってしまうので。

2、スーパーマラドーナ
怖い隣人。
招き入れた隣人が怖いやつだと思ったら、ご本人はもっと怖かったというネタ。
田中くん、頑張りました。後半惜しかったわね。

3、かまいたち
一度だけタイムマシンを使えるなら、何を変えたい?
告白かポイントカードを作るか、というネタ。
ポイントカードだけでここまでもたせるのが凄い。

4、ジャルジャル
耳に残るゼンチンとドネシア。
あくまで自分たちの道を行くジャルジャル。
ゼンチンとドネシア・・・あ~~耳に残る・・・

5、ギャロップ
4:4のコンパに俺の代わりに行ってくれ。
誰が来るの?
20歳のモデル・・・
嫌だ!
説得する、その反対理由を言う。

6、ゆにばーす
激ブスカップルではなく遊園地に行って、漫才コンビと言われようとするも・・・
私も上沼さんと同じ意見。気をてらわなくてもいい。
よくある漫才でいいのではないかしら。

7、ミキ
ジャニーズ事務所に兄の履歴書を送った弟。
無理だからと拒否する兄に対して
いや、大丈夫だからとちにかく肯定的な弟。

8、トムブラウン
サザエさんの中島くんを5人集めて合体させて・・・
このコンビの良さ・・・わからなかった。

9、霜降り明星
船旅をしたら・・・から始まる妄想、と的確なツッコミ

10、和牛
川西「僕がゾンビになったら殺してくれるか?」
水田「言葉をしゃべるんやったら、心があるって事やから無理」
ゾンビになった相方との素敵な同居生活。
なのにゾンビでない方までゾンビになって・・・
このコンビの良さは品格のあるところだわね。


決勝
1、ジャルジャル
ジャルジャルでぇ~~す!!
で4分もたせる。つーか一あっという間の4分間。

2、和牛
オレオレ詐欺にひかからないよう親を騙してみると・・・

3、霜降り明星
子供のころの思い出。


優勝したのは5:4で、霜降りでした。
う~~ん・・・和牛はまた駄目だったか・・・
私は和牛のほうが好きなんだけど
ここまでいくと、最後は好みになるのかしら。
ゾンビくらいのネタだったら、よかったのかなぁ・・・あ~~惜しい!
今回の大会は、駄目もいなかったわりに
前半いまいち盛り上がらなくて、どうあんるかと思ったら
さすがに、ミキから盛り上がったわね(トムブラウン除く)。
実力があるって、すごいわ。
あ~~でも、霜降りって二人とも若いのよねぇ・・・才能ってすごいわ。


[PR]
by kumorinotini | 2018-12-02 22:49 | | Comments(0)
もう第三回の放送も終わってしまったけど
これは私、好きです。
それにしても、今はこんなにハラスメントがあるのねぇ・・・
嫌がらせを受けている人が守られる、あるいは異議申し立てできるのはいいけど、
ここまでくるとなんだかなぁ~という気分になるわね。

このドラマ、最後でスッキリすることもあるけど
なんともいえず苦い後味のこともあり
一筋縄ではいかないというか
あなどれないというか・・・
こういうひねりのあるドラマも好きだわ。

さて、唐沢さんと高嶋兄の間には
一体何があったのでしょうか?

[PR]
by kumorinotini | 2018-11-01 20:05 | | Comments(0)
・大恋愛
「高嶺の花」で
こけたのに、またまた恋愛ドラマを持ってくるTBS。
根性があるんだか先読みできなんだか・・・でも、私はこのドラマ気に入りました。

これまで、世間的にいや家庭内でも合理的に理性的にふるまってきたのに、
上の階の水漏れが原因でしりあった引っ越し業者の男。
世話になったお礼に、と入った居酒屋で彼女・ナオはこれまでにないくらい楽しく過ごすわけね。
理性の鎧がなくなって、解放されたといってもよい。
気が付いたら明け方までしゃべっていた・・・楽しい、すごく楽しい。
この情動に突き動かされるようにしてナオはその男・シンジにのめりこんでいく。
それはそれは性急に。
だけど、彼女は若年性アルツハイマーの前段階だった。

「LIFE!」でムロさんを知ったので、
なんだか母親が息子の初の連ドラ主演を見るような気分になったわよ。
これはもう小金原さんの気分?

・「黄昏流星群」
私、二大隠れ大根役者と思っている女優さんがいるの。
中山美穂と黒木瞳。
だから、駄目だわん。

[PR]
by kumorinotini | 2018-10-23 22:33 | | Comments(0)
・「僕とシッポと神楽坂」
なんとも優しいお味のドラマ。
3分で「よし!」が出ました。
こいうの好きだわ。

で、芸者衆の一人に尼神インターの渚ちゃんが扮してるんだけど
声を出さなかったら、わかんないわね。
あら、和風の素敵なオネーサン、なんて思ってしまったもの。

・「ドロ刑・警視庁捜査三課」
ものすごいどんでん返しでした。
中島くん、遠藤さん、どちらもニンに合っているというか
チャラい若手刑事の中島くん、渋くてカッコイイ大泥棒に遠藤さんて誰がキャスティングしたんでょ。
とてもいいコンビです。




[PR]
by kumorinotini | 2018-10-23 22:00 | | Comments(0)

ドラマ「リーガルV」

vをはじめは、5の事だと思ったわ。
それはおいといて・・・
まあ、なんてテンポのよい面白いドラマでしょう。
最期のどんでん返しが見事。
回によっては、ちと苦いものが最後にあったりするけど
それもアクセントだわ。
米倉さん、これまた、良いドラマを引き寄せたわね。
米倉涼子無双が続くのかしら。

ところで
弁護士業に憧れる高橋秀樹がやたらとチャーミング。

[PR]
by kumorinotini | 2018-10-22 22:57 | | Comments(0)

ドラマ「黄昏流星群」

え~と弘兼さんの原作なのね。
って弘兼さんの漫画は読んだことがないけど。
私が二大大根と思っている女優さんが二人も出てるなんて、笑うしかない。

案の定、でした。

1回しか見てないけど
なんだかドロドロじゃなくて?
滝沢は、スイスで出会った女とアレになりそうだし
滝沢夫人は娘の彼氏とアレになりそうだし。
もうね、あははは~だわ。

[PR]
by kumorinotini | 2018-10-21 22:52 | | Comments(0)
お仕事あるあるだったわ。

そうよね~駄目人間がいるとこうなるわよね。
で、ちゃんと仕事のできる人間にその余波が来るわよねぇ
余波じゃないわ、
これはもうガッツリ余計な仕事だわ。
深海の仕事の範囲を超えてるわ。
そりゃあ電車にふらっと行きたくもなるし
笑顔も作れなくなるわ。

しかもその駄目人間が二人もいるなんて・・・

でも、会社ってそうできているところが辛い。

あ~~辛い辛い70分でしたよ。

深海が最後にケツまくったからよかったものの
このまま終わったら・・・ぞっとするわ。
でも、現実はケツまくれない人であふれてるんだろうなぁ。

今回は深海編。
来週は根元さんの辛い辛い1時間?

てか、深海の彼氏さんもなんだか爆弾抱えてるし。


[PR]
by kumorinotini | 2018-10-21 22:45 | | Comments(0)
VS嵐で、要潤が「新ジャンル」のドラマですと言い張っていたけど
ほんとに新ジャンルだな。
簡単にジャンル分けできない。
恋愛?いえいえ。
ミステリ?いやいやいや。
ハートフル?
社会派?
違う。
問題提起系?いや、違うな・・・

強いていえば哲学?

それも違うか。


とにかく
相沢先生が意図しないまま見つけてしまった謎に
それで周囲を巻き込んでしまう謎に
素直に反応すればいいドラマなんです、としか言いようがない。のかな。

シマウマの縞模様の謎。
もうね、縞模様になってみたかったから、としか言えない。
で、なってみたらけっこう大丈夫だった、としか。

脚本:橋部さん、
監督:河野さん。

二人を信じよう。
てか、すごい気になる今後。

[PR]
by kumorinotini | 2018-10-11 22:34 | | Comments(0)

ドラマ「SUITS」

月9。
ピカレスクとでもいうべきか・・

違法ぎりぎりどころでなく
はっきり違法と認識しながら勝つためならなんでもやる弁護士・甲斐。
彼の相棒となるのが鈴木という若者なんだけど
普通だったら熱血とか正義漢とかなりそうなところ
これまたこの年で犯罪まみれ。
この二人がタッグを組むとなると
いやはや先はどうなるのやら、というドラマです。
甲斐はもとは検事だったらしく
その時何かあったのかなと思わせるし
鈴木青年は二人きりの祖母のためという理由はあるものの
そのものすごく優秀な頭脳、ギフテッドともいうべき頭脳を生かして
やった事が身代わり受験。
しかも、腐れ縁の、素敵とはいいがたい友人を持つ。

まったくこの二人がくっついたら
一体どこへ行くの?
何が起こるの?

私がかねてから気に入っている中島くん、
これまでは好青年役が多かったけど、今度はすこし毛色の違った役、
はたしてどのように演じてくれるのでしょうか?
楽しみです。
織田さんもひさしぶりに面白い役でよかったのでは。

[PR]
by kumorinotini | 2018-10-10 22:51 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini