<   2009年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

日曜の夜は落ち込む

日曜の夜は落ち込むなぁ・・・

夜行のバスに乗るため、夜の10時にダーがMSを出発するわけなんだけど、
土日とうちにいてもダーはほとんど義父母の部屋にいるので
私のそばにほとんどいないわけだ。
さらに義父がいるから、いつものようにイチャツクこともできない。

そして、日曜の夜には出発してしまう。

寂しくて仕方ない。
でも、それを言うわけにはいかない、今の状況。

はあ・・・・

八方ふさがり。

加えて義父の状態がいまいち良くない。
義母のミキサー食を作る体力がないようで
今年の秋に義父母の自宅近くの高齢者APに移ることなんて無理なんじゃないだろうか。
このままズルズルとここにいることになるんじゃないかと思ったりする。

仕方のない事かもしれないけど
私の50代は真っ暗。
30代だって真っ暗だった。
40代の半ばくらいも師匠の件で灰色だった。

たぶんもう楽しい時期なんて来ないんだろうね。

明日、私の目が覚めなきゃいいのに。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-31 22:24 |

5月の義母、そして義父

■義母
左手はまったくといっていいほど動かさなくなってきている。(3・4月頃から始まっているが)
右手はそこそこ動くけど、最近は基本スタイルとして90度維持。ヒジの曲げ伸ばしを嫌がる。

連休明けから短期間入院(5/7~16)。7日朝に38度の熱、血液検査の結果、炎症反応強いとのこと。抗生剤の点滴及び検査。昼夜逆転だったのが元に戻る。つまり、痰がらみでゴロゴロしながらも日中しゃべりっぱなし。その語録はめちゃくちゃ面白い。
半ば(入院中)に私が義母の名前で呼びかけると
「Y子って誰?」私「お義母さんの名前でしょ」 義母「(納得できない顔つき)・・・」私が「お名前は?」と聞いてみると、少し考えて「(苗字+)Y子」と答えた。

■義父
連休中より 風邪? の症状で苦しむ。発熱、咳、血圧上昇。体のふらつき。血圧については1日1回から1日2回の薬に替えてもらい、いったん治まるも再び上昇しだす、新しい薬を追加される。
介護認定の調査を受け調査員さんを完全撃破。
義母の入院あたりから、息切れがひどくなる。最初は血圧のせい、とか風邪のせいとか言われたりしたんだけど、両方治っても息切れは治らず。まさにちょっと動くと「はあはあ」と浅くて荒い息をしている。→呼吸器専門医に行き、診察をうけ 吸入の薬を1ヶ月分貰う。いい感じで症状軽快。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-31 20:44 | 夫さんの一族

やせゆく男

今日、久しぶりにきた看護師さんが私にこっそり言った。
「お義父さん、また痩せたんじゃない?ねぇ、痩せたよね?」
その通りだからそうだ、としか答えようがない。
ああ見えても実はちょっと太ったんです、と答えられたらどんなに良いだろうと思いながら。

ヘルパーさんにも時々言われる。
「お義父さん、やせてきてません?」
その通りでございます。
皆さんのおっしゃるとおりです。

義父はやせてきてます。
今、36キロですよ。
(うちに来た2年前は38キロでなんとか40キロにこぎつけたんだけど、先月末あたりから減ってきたらしい)

3食きちんと食べてるんですよ、義父は。
今年に入ってちょっと食べる量が減ったけど、
それは私がご飯をケチってるわけじゃなくて、
義父に泣かんばかりに懇願されて仕方なく減らしてるから。
とことん義父の好きなようにしてもらってるんだけど。

でも、結局、私の責任なんだろうと思う。

義父をどんどん痩せさせる嫁・・・

最低だね、
最悪だね。

でも、義父は頑として太らない。
なんとしても太らない。



・・・私にどうしろと?

これ以上何をしろと?

義父の好きなものを作り、副菜も4~5種並べ
存分に食べていただけるようにしてる。
でも、すぐに「トウサン、もう、お腹いっぱいじゃ」
と敵は言うんだぜ。

何が悪いの?

どうしたらいいんだろう?

何で太らないんだろう・・・?



泣きたいのはこっちだよ。
文句並べて泣きたいよ。
でも、そんなわけにはいかないから「そうですねぇ、やせましたね」と答えるしかない。

泣きたい。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-29 13:25 | 夫さんの一族

党首討論

見たわ。リアルタイムで。

鳩山兄さん、満身創痍で、最後の方で泣き出すんじゃないかと思った。
鳩山さんたら 戦車に竹やりで泣きながら向かっていくような・・・

ていうか
理想をぶちあげるのもいいけど
もっと具体的な、
ボランティアやNPOでコスト安なんていう夢みたいな話でなく
何かをやるためのちゃんとした財源を示してほしかったわね。

だいたい三鷹の小学校の話は
東京都だからボランティアが200も300も集まったんであって
地方ではボランティア教師でなくてもそもそもボランティアできる人が いるかどうか。
そこで地方格差がでてきたら どうするんだろう?

国政もボランティアやNPOで回していくのかしら?

自民党がいくら申し込んでも
もう「党首討論」は実現しないわね。



でも、マスコミは民主の味方だから 「鳩山、大勝利」みたいに書くのよね、きっと。
ああ、哀しい・・・
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-27 17:33 | 時事
もう、日本は駄目なんじゃないかと思うと
怖くて怖くて たまらない。
なんでか。。。。


麻生総理のお仕事に関して報道しないだけならまだしも、
まだしもってのは言いすぎかもしれないけど、
切り張りして自分たちの都合のいいようにニュースを捏造するよりはマシだと思うから。

で、麻生さんにマイナスに働くようにニュースを切り張りして捏造されると・・・・
みんながみんなネットを渉猟して調べてるわけじゃないから、
普通の人は、いやたとえネットやってる人だって
「なーんだ、麻生ってまるで仕事できないのね。駄目じゃん」みたいな感想を持つわけだ。
ネットやってない人なら、もっとそう思うわけで。
比べて、民主がらみは持ち上げまくりだから、すごく<素敵な党>に見えてしまう。
実はものすごく危険な政党なのに。
反日な在日韓国に支配され、創価学会も巣食っているというのに。


もう報道は報道じゃない。
民主のぶら下げたエサ(電波料の値下げ)がほしいばっかりに、民主寄りなんてものじゃない、民主様様の報道ばかり。
そうやって民主の天下になったら・・・

鳩山兄の「友愛」の名のもとに
3000万人、3000人じゃない、さんぜんまんにん、30000000人の特定アジアの人々が押し寄せてきて
日本は彼らにのっとられるんだ。
特定アジアの人々は国をあげての歴史教育のたまものもあって
こてこての反日だからね。
そしたら 日本人はどうなるか・・・

民主が政権与党になってからじゃ襲いんだよ。
でも、それがほとんどの日本人にはわからない。
私だって、去年のフィギュアのGPF後のフジテレビのまったくもって奇妙な放送を見なかったら
「麻生さんは駄目。民主よねぇ」なんて思ってたと思う。
あ・・・それはないか。
私、麻生さんの笑顔、大好きだから。
それでも、民主の異常さには気付かなかったと思う。
下手したら投票しよう、なんて思ったかもしれない。

でも、今は知ってしまった。

麻生さんは激務をこなしつつ「すごく良い仕事」をしてるし、
中川(昭)さんだって 世界に自慢できる大臣だった。
日本のスコミが大騒ぎしなかったら、別段世界中に配信されなかった。
大酒飲んでたら、わかるだろう、臭いプンプンだし、顔真っ赤になるぜ。
それを腐れマスコミが・・・!

ああ、もお、腹が立つとめちゃくちゃになるわ。

ここまでマスコミが「民主すばらしい」を捏造すると もう自民は勝てない。

そして、恐怖の特定アジアによる日本支配が始まるのだよ。

だから、怖い。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-27 14:11 | 時事
2ちゃんで拾いました。
いくつかは裏とってあるけど
全部の裏はとってない・・・でも、たぶん正しいと思う。

*********
2008.09.29 所信表明演説 。反日マスコミは批判したが、 櫻井よしこ氏を初めとする健全な国民は高評価
2008.10.03 「竹島は固有の領土」とする答弁書を閣議決定
2008.10.06 「麻生氏は外相時代、中韓との関係を損ねた」とするNYタイムス誌の捏造批判記事に反論投稿
2008.10.07 日本の不良債権処理の成功経験から、米国に対し資本注入を促すよう指示
2008.10.10 北朝鮮経済制裁の半年延長を閣議決定
2008.10.12 G7行動計画を支持、日本は外準活用の支援表明=IMFC  ★重要★
2008.10.15 2年ぶりに拉致対策本部の会合を開く
2008.10.16 一次補正予算成立
2008.10.17 北朝鮮制裁の徹底を中川財務・金融相が指示
2008.10.19 安保理事国に当選。非常任理事国としては史上最多の10回目
2008.10.25 IMFがアイスランドに緊急融資。アイスランド外相の政治顧問が「日本のおかげ」と感謝
2008.10.27 日印安保共同宣言に署名。インドと安保、経済、環境、エネルギーなど幅広い分野で戦略的協調  ★重要★
2008.10.29 朝鮮総連傘下組織を家宅捜索。税理士法違反容疑(無資格で確定申告書作成)
2008.10.31 大陸棚拡張を国連に申請決定。日本国土の倍が新たな海底資源の採掘領域へ  ★重要★
2008.11.01 水産庁、韓国漁船の違法操業の防止強化の方針決める
2008.11.14 IMF専務理事が、麻生総理のIMFに対する資金提供・リーダーシップ・多国間協調主義を評価 (英語版 )
2008.11.14 麻生首相「金融危機打開には、日本の経験が有効」とする論文を米紙に寄稿
2008.11.14 大陸棚拡張を国連に申請完了
2008.11.15 日本と世銀が途上国の銀行支援ファンド設立決定
2008.11.20 麻生首相から書状を受け、「生きていて申し訳ない」が口癖の上原さんが誇りを取り戻す
2008.11.23 日露首脳会談で、事務レベル領土交渉への反映・平和条約を要求。露大統領「領土問題を次世代には委ねない」
2008.11.24 中国の胡錦濤国家主席との会談を通じ、金融危機での日本の存在感を内外へ印象付ける
2008.11.27 税理士法違反で朝鮮総連傘下団体元幹部を逮捕
2008.11.27 朝鮮総連傘下団体の捜査中に公妨容疑で逮捕
2008.11.27 集中豪雨被害を受けたパナマ共和国に対し緊急援助

2008.11.28 事故米不正転売の次官ら幹部25人を処分。農水相は報酬自主返納
2008.12.03 国連で日本が提出した「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意」が圧倒的賛成多数で採択
2008.12.03 税理士法違反で朝鮮総連傘下団体総務部長を逮捕
2008.12.09 外務省HPの「竹島は日本の領土」という宣伝資料を10カ国に拡大
2008.12.09 豪雨による洪水被害を受けたイエメン共和国に約80万ドル(約9,000万円)の緊急無償資金協力
2008.12.13 初めて政府主催で拉致問題の集会を開く
2008.12.16 「道徳・情操教育を拡充」「教科書ページ倍増」教育再生懇 第2次報告案  ★重要★
2008.12.17 社会保障費抑制のため、年金特別会計の「埋蔵金」から1400億円程度を充当する方針を固める
2008.12.17 食品偽装業者をすべて公表するため、JAS法の運用指針を改正
2008.12.17 交付税増額分で雇用を創出するよう、地方6団体に要請
2008.12.17 公益法人から1076億円を国庫に返納させることを決定  ★重要★
2008.12.17 商店街活性化の政策ビラを配布
2008.12.18 高潮被害を受けたパプアニューギニア独立国を緊急援助
2008.12.18 ミャンマー難民約30人を2010年度から試験的に受け入れ
2008.12.18 障害福祉サービスへの報酬を2009年4月から平均5.1%引き上げ
2008.12.18 日豪の安全保障協力促進の共同文書発表。防衛協力と情報共有の促進
2008.12.18 高潮災害にあったパプアニューギニア独立国に約1,300万円相当の緊急援助物資を供与

2008.12.19 教育再生懇を再開。「理念」より「質」の点から公立学校を学力アップさせ、新たな内需喚起狙う  ★重要★
2008.12.19 改正国家公務員退職手当法が成立。在職中の不祥事発覚で退職金の強制返納が可能に  ★重要★
2008.12.19 民主党とマルチ業界の癒着に関する中間報告。来期通常国会で追及へ
2008.12.23 パレスチナ自治区への無償資金協力「ジェリコ市内生活道路整備計画」に関する書簡の交換
2008.12.24 失業者に旧公団空き家活用 471戸・家賃2割引き
2008.12.26 コレラが流行してるジンバブエへ150万ドル(約1億6,950万円)の緊急無償資金協力
2008.12.26 社保庁のヤミ専従問題で現役・OB計40人を刑事告発  ★重要★
2009.01.02 厚労省が派遣の皆さんのため講堂を宿泊用に開放
2009.01.03 1千万ドル提供を餌にパレスチナに停戦を要請
2009.01.03 厚労省が派遣の皆さんのため旧学校施設を宿泊用に開放
2009.01.24 『日中遺棄化学兵器処理問題終結』 ★重要★(最大60兆円の血税が、中国に毟り取られる可能性のあった 遺棄化学兵器問題が実質終結した)
2009.01.25 日本の排他的経済水域(EEZ)の起点となる「国境離島」を含む無人島などの保全・活用に本格的に取り組む。
2009.01.29 李大統領による日韓首脳会談での「慰安婦謝罪要求放棄誓約」
2009.02.06 反ダンピング関税 欧米並み 発動迅速化。これにより、不当に安い価格で販売されている輸入品に対して国内産業を迅速に保護できるように。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-27 13:41 | 時事

クルーグマンの主張

名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/05/25(月) 06:55:19 ID:6jipkgS/
>>166
クルーグマンはボリュームを生かした財政出動を投資効果の高い分野に
ドカーンと行けドカーンとな人だから給付金にはいい顔しないだろ

個々の消費者に細かく細かく細かく砕いて分割して、使途の方向性も
不確かな所に金を突っ込むくらいならドカーンと行った公共工事の波及効果で
個々の消費者に金が回るほうがはるかにマシだ派だからなあ

ただ、世界的に見て異常なほど貯蓄好きの日本人が今回の給付金に
限っては嬉々として消費に回ってると言う(政府にとって)嬉しい誤算までは
誰も予想できなかったろうから責めるのも酷だけどな


名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/05/25(月) 09:07:16 ID:mj8idOQD
定額給付金というより減税そのものに消極的なんだろ<クルーグマン
要するに公共投資汁!ってこと

ついでに。


名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/05/25(月) 12:56:55 ID:mBcAwj7F
与謝野-クルーグマン対談で政策面だけピックアップしてまとめてみた

クルーグマンの主張
・日本は利率はほぼ0にし続けるべきだったし、もっと財政の拡大をし続けるべきだった。
・物事は簡単ではないが、実現可能なインフレターゲティングがあればいい。
・インフレに対する恐怖はひどく強調されすぎている。
・定額給付金はあまり意味が無い           ←記事になったのここだけ
・過去に前例が無いレベルの金融政策を採るべき。ユーロに縛られてるドイツと違って、
 自分の判断で金融緩和できるのは日本の大きな利点

与謝野氏の主張
・私は日銀ではない(ので金融政策には口出しできない)
・日銀は我々の期待以上に非伝統的な政策を採っている
・財政出動の規模はGDPの3%、効果はGDPを2%くらい押し上げるだろう
・麻生総理はさらなる財政出動を指示している。一つ一つ「賢い支出」かどうかもチェックしている
・財政支出はすでに「多すぎる」と叩かれている

クルーグマンの主張2
・日本の財政政策は正しい方向に向かっている。ただしもっと積極性が欲しい。
・賢いか賢くないかという問題ではなく、ともかくお金を使うべき。
・オバマ政権も財政出動が多すぎると叩かれているが、実際には全然足りていない。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-27 13:36 | 時事

「私、泣きましたっ!」

と本や映画の紹介をしているのをよく見かけるような気がする。
というよりだんだん増えてきているような気もする。
どういう紹介だろうと本を手に取ったり、映画館に足を運んだりするのはいいことだとは思うんだけど・・・
どうして、みんなそんなに泣きたいのだろうかと不思議でならない。

お金をだして本を買って、あるいは映画館まででかけてお金払って映画見てまで泣きたいとは私は思わない。
だって、泣きたい状況なんて山ほどあるもの。
わざわざお金をかけなくてもいくらでも泣けるもの。
時々泣きたいけど、私が泣いたらオシマイだと思うから、我慢してるけど実は毎日泣きたいくらいの時もある。

もしも私がお金をかけるとしたらそれは 笑うこと だ。
これ読んだら腹から笑えるとか、これ見たら2時間笑いっぱなしとか。
そういう方がありがたい。
しつこいけど、お金をかけてまで泣きたいとは思わない。

よく、泣いたらストレス解消になってスッキリするという説もあるらしいけど、
泣いてスッキリするくらいのストレスはプチストレスとでも言うべきものであって、その程度のストレスは泣いても泣かなくてもすぐに消えてしまうのではないかと思う。
大きなストレスは泣いても泣いてもどうにもならない。
でんと構えて動かない。
減りもしない。
あいかわらずそこにあるのだ。
何をどうしてもそこにあるのだ。

だから、最近の「(この本を読んで、あるいは映画を見て)泣けましたっ!」という言葉を聞くと(読むと)
ああ、この人は幸せなんだなーと思う。

ただ、最近では「泣けましたっ」がほめ言葉であるかのように使われていて、
いかがなものかと思わないでもない。
素晴らしいも悪いも「やばい!」の一言で片付けるよりはいいかもしれないけど、ただ「泣けた」=名作、みたいな言い方をされると、
ちょっとそれは・・・となってしまう。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-26 22:31 | 雑感

従兄弟の嫁の犬ブログ

たいていの犬ブログは
文章のうまい下手、写真のうまい下手いろいろあっても、
その根底には犬への愛情がたくさんあふれていて、微笑ましいのだけど、
従兄の嫁さんのやってる犬ブログは読むとなんとなく不愉快な気分になるの。
なんだろう?と考えて最近気がついたわ。
彼女のブログは、いつもいつも

「自分は絶対正しい。世間の人は馬鹿」

みたいなニホヒがするのよ。


たとえば、彼女はワンコご飯を完全手作りしてるんだけど、その作品をアップするかたわら

「市販のフードを食べさせてる人の気がしれない。
 自分の可愛い犬が病気になってもいいのかしら?」

なんて書くのよ。
(完全手作り食のわりに彼女の犬たちはしょっちゅう病気になるんだけどね。
 食事も関係あるかもしれないけど、
 本来持っている免疫というかそういうものもけっこう影響あるのかもしれないわね)

あるいは、犬を散歩させてる時に、笑顔で寄ってきて「なでさせて」という中年女性のことを

「うちの子は他人にはギャンギャン吠えるから、こうやって道の端っこを歩いてるのに、空気の読めない馬鹿ばばぁ」

などと書くわけ。
従兄の嫁さんは50だから、充分中高年なのに。
若い人たちから<ばばぁ>って言われてしまう年齢なのに。
平気で他人の事はそう呼ばわるわけよ。

それはともかく、道行く人から見たら、
そんなギャンギャン吠えまくる犬※が散歩しているとは思わないものね。
それに犬好きだったら、撫でたいと思うのは道理だし。
だから、そこは大人の分別で
「うちの子はすごく人見知りで知らない人に吠えてしまうんです。撫でてもらいたいのはやまやまなんですけど・・・残念だわぁ」
と笑顔でやんわり言う知恵はないのかしら、なんて思うのよ。

まあ、彼女からしたら、自分は正義で賢いけど、他人は馬鹿で犯罪者ギリギリらしいから、そうなるのも仕方ないのかもしれないけど、いい年なんだからねぇ、なんて思うの。

ところでね、
彼女の犬は彼女の両親にも吠えかかるんですって。
彼女の両親は彼女たち夫婦と同居してて1階に彼女たち夫婦、2階に両親という同居なの。
彼女は(犬が攻撃的なのは)誰に似たんだろうって書いてたけど・・・
どう考えても飼い主に似たとしか思えないわ。
そんな彼女だけど、今、教会に足しげく通っていて
今年に入って洗礼を受けたわ。
洗礼と性格が攻撃的とはまったく無関係だとは頭ではわかってるんだけど
こんなのをクリスチャンにして大丈夫なのか、日本の教会、なんて思っちゃうわ。教会からしたら余計なお世話だわね。
聖書のことを一生懸命勉強してて、なおかつその気があればきっと洗礼OKなのね。
人格者である必要はないのよ。
私、ミッションスクールに通ってたことがあるけど、
人格的にそれはどうなの?と思うシスターが数人いたもの。

彼女の文章には<わが身を反省>するという事がないのね。
悪いのは全部他人。
あらら、これは私も気をつけなくちゃね。
人間ってどうしても自分が基準、自分が常識、になってしまうものね。
そう考えると
彼女は 素敵な反面教師 として 
最高のブロガーさんかもしれないわね。



それからちょっと不思議な事があるの。
彼女のブログはHPにくっついているんだけど・・・
ブログがふたつあるのよ。
ブログをいくつか平行してやってる人がいるのは知ってるわ。
かくいう私だって「読書記録用」のブログ持ってるし。
だから、彼女のブログが用途別になっていて
片方を犬用にして、
もう片方を人間の話とか時事ネタとかならわかるんだけど・・・
どっちも犬ブログなのよ。
どっちも犬ブログでどっちにもその時の時事ネタがランダムに入ってくるの。
だったら、ブログひとつでもいいじゃないね?
カテゴリで分ければいいんだもの。
どうにもわからないわ。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-26 22:12 | 電脳

うちの嫁は怖いです

あながち間違いではないが、義父の言動を見た人でうちの内情を知らない人は 
まるで私が義父をいじめ倒しているように思うのではないか、と今日また思った。
というのも今日の昼に今にも泣きそうな顔で

「どうか トウサンをもう少し助けてくれないか?・・・」

と言い出したからだ。
一体なんだ?何なんだ?とビックリするではないか。
今までまったく手伝わない嫁に頼みごとをするみたいな物言いで何を頼むのかと思えば・・・・

なんてことはない。

義母のミキサー食作りをさらに何日か肩代わりしてほしいというお願いだったのだが。

先週、義父は絶不調だった。
それでも「やらねばならんのじゃ」と言い張ってヘロヘロと起きてこようとするのをなんとか押しとどめて
「せめて1週間だけ、私に任せてください」と言って、ミキサー食作りを引き受けたという顛末があったのだが、
義父はどうもそれを覚えていたらしい。
私はすっかり忘れていて、この先ずっと作るつもりでいたのだが。

義父は「すまない、カアサンのご飯作りまでさせてしまって・・・」と泣き出しそうになるのだけど、
じつは義母のミキサー食作りに関していえば、
私が自分でやった方が早いし、ずっと楽だ。

義父にやっていただくとなると、一番肝心な時の時間をガッツリとられてしまう事になるからだ。
何度かやんわりとこの説明をしたのだが、義父は絶対に信じない。
そして、「すまない」と泣きそうになる。
泣きそうになるだけならいいが、すぐに「カアサンのせいで」の「カアサンがあんなだから」と言い出すので、いささか腹が立つのだが。

そういう感想はおいといて「もう少しミキサー食作りを頼む」といえばすむものを、義父はわざわざこういう言い回しで『自分が嫁にいかに虐待されていて、この程度の頼みごとでも恐々頼むのだ』みたいな事を演じるのである。

誰の前で・・・?
なんのために・・・?
と思って、はたと気付いた。
その時ダーがいたのだ。
ああ、そうか、長男の前だからか。
うがちすぎかもしれないが、
私にはそうとしか思えないのだ。
あるいは義父は本気でそう思っているのだろうか?
そうだとしたら一体何が彼をここまで誤解させたのだろうか・・・

逆に『孫はなんでも気持ちよく引き受けてくれる』と確信しているらしい。
それも大きな間違いなのだが、いったい孫の何をみてそう確信したのだろう?

たぶん何も見ていないのだろう。
というか見たいものにバイアスをかけて見ているのだろう。
人間はそういう哀しい生き物だが、
義父の場合、それがやたらと強いように思える。

そして、結論づけるのだろう。
「嫁は怖い、孫は優しい」と。

間違ってるけど。
[PR]
by kumorinotini | 2009-05-25 22:50 | 夫さんの一族

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini