<   2010年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

義母の四十九日

今日は義母の四十九日です。

お西の別院で催します。

これから行ってきます。
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-30 09:06 | 夫さんの一族 | Comments(0)
浅田選手のOPでの演技が見たくてyoutubeを探してみたんだけどうまくみつからず、
結局にこ動で見つけたのだけど、
それもユーロスポーツを録画したもので途中から映像が乱れ、
しかも音が途中からずれるという残念さ。

それでも、最後まで見てみた。
そして、びっくり。
とにかく応援声援のボリュームが半端でない。
最近の流行の言葉で言えば「パネェ」状態。
民放のテレビで見た時はこれほどではなかった。

一体これは何?
ユーロスポーツで全部見て、しかも録画してあった民放の放送も見た人によると、
民放の放送ではあきらかに浅田選手の時、歓声のボリュームを絞ってあったそうだ。
たぶんKY選手との違い、差が出ないようにだろうと思う。
それしか考えられない。
一体私のすむここはどこの国なのか?
日本人の選手を誉めないでどうするのか?
とその時もやもやと思ったものだわ。



で、今回のワールドのSP。
やはり浅田選手への応援声援がすごい。
日本人がたくさん観戦しているにしても、
浅田選手の順番になって彼女がリンクに登場した途端

「ビバ!ビバ!マーオ!」

の連呼(と聞こえた)。
ジャンプのたびに歓声があがり、
最後のスピンが終わらないうちに、またもや湧き上がる歓声。
たぶん会場では地鳴りみたいだったんじゃないかと思う

でも、放送の音量では・・・・どうもねぇ・・・な音なのよ。

たぶん今回もボリュームを絞ったんでしょう。

さて、あの放送局が力を入れているKY選手の時は
放送局側では音を多少上げたらしかったけど、それでも明らかに静かだった。
選手がミスした時、
イタリアのこの会場では選手を励ますように手拍子が起きたり、
(織田選手の時、実感)
拍手で後押ししてくれるものだが、
KY選手の時はやたらと静かだった。
そこの時だけボリュームを絞ったとも思えないし。
だいいちあの放送局はそんな事はしない。

で、で、フリーの地上派放送を見たわけだけど
先にyoutubeで見た師匠によると

「ユーロスポーツのを見たんだけど、真央ちゃんへの歓声、応援こんなもんじゃなかったよ。
 やっぱり音量を絞ってると思う」

浅田選手がわが国と敵対している国の選手ならともかく
彼女はわが国の誇るトップスケーターだぜ、
なのに彼女への声援の音量を絞るって、どゆこと?ですよ。
ちょっと歓声があがってすぐに静まってしまったKY選手に対しては
彼女の演技がすぐ始まるように静まった、みたいな言い方してたけど
本当に応援してたりワクワクして待ってたらギリギリまで声援があるもんだけどなぁ・・・
それとやはり師匠が解説女史に対して怒ってたけど

「真央ちゃんが転んだら、
 いつまでもいつまでも『転んだ』『転んだ』ってうるさいのに
 KY選手だと『ちょっとしたミス』って言うんだねぇ・・・・
 こいつ、どこの国の人間なんだ?!」

まったくそう。
放送を聞いてると
一体これを放送してるのは どこ?韓国?って思うもの。
日本なのにさ。




まったくもって
この国で何が起きているのだろう・・・?
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-29 10:06 | スポーツ

自殺の予見

イジメによる自殺において、
学校側が自殺を予見できたかどうかが裁判の目玉になっているようだけど、
(これまで学校側が「予見は無理」の姿勢をとっていたのが、
 急に「予見できた」と認めて結審しそう(した?)なんだけど)
不思議な気がする。

教育になんら携わってない度素人の私からすると、
イジメがある=死者が出るかもしれない、はデフォルトだ。
死者は殺人かもしれないし自殺かもしれないので、どっちと断定できないけど、
これまでのイジメ問題で殺人も自殺もけっこう起きていると思うのだが、
学校側からするとこの程度の事例数では特に配慮するべきものでもない、
あるいはなんら参考にすべき数ではない、なのだろうか?

ずいぶん前のことだけど、師匠のクラスでイジメ問題があると発覚した時、
真っ先に私が思ったのは死人が出ないでくれというものだった。
私が考えすぎなのか、
学校側が鈍いのかどっちかだと思うのだけど、
こういう問題の時は転ばぬ先の杖、という発想で動くべきなんじゃないかと思う。
死なれてからでは遅いのだ。

学校ってそのあたり鷹揚なのかしら・・・?

まあ、他人の子供だからね、
どうでもいいのかもしれないわね。
そうよね、
自分の身さえ安泰ならば
他人の子供なんて
どうなろうと関係ないわよね。
自殺するなんて
まったくはた迷惑だな、なんて思う程度かもしれない。

もしも、そう考えていたとしたら・・・・


20年以上前からまったく進歩していない事になる。


教師も人間、って事なのかもしれないけど。

 

山形マット死事件 1993
西尾市中学生いじめ自殺事件 1994
中野富士見中学(鹿川くん)事件 1986
滝川市友音さん事件 2005
長野県立丸子実業高校 2005
瑞浪中学2年の女子生徒事件 2006
福岡県筑前町立三輪中 2006
名古屋大教育学部付属高校 2006
神戸市須磨区の私立滝川高校 2007
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-26 21:53 | 雑感
今朝は早起きして男子フィギュアのフリーを見たんだけど
ライブで見てよかったぁ!
最終滑走にして あのパフォーマンス!

運よく、その時間師匠も朝ごはん中で二人でドキドキしながら見て
最後のスピンでは泣きました。
今回のワールドは上位がいなくて云々みたいに言われてたけど
高橋選手のすべりは王者にふさわしいものだったと思う。

回転不足だったけど
4Fにも挑戦し、これまでスタミナ不足で後半グダグダ気味だったのが
最後までもちこたえたし
何より良い意味で肩の力が抜けていたのが
良いパフォーマンスにつながったのかなと思う。

あーーー
朝から良いものを見たねーーと師匠とうっとりしたわ。

眼福、眼福。



逆に肩に力が入りすぎたのが
小塚選手ですかね、
SPの後「台の乗るとか、考えないようにして」
なんて言ってたけど、所詮無理だわよね。
いっそがんがん考えたほうがよかったのかな、と。
何を言おうと後智恵だけど。
21歳の若武者には
良い経験でしょう。

フリーに進めなかった織田選手を見ると
メンタルな問題って、一筋縄ではいかない、難しいものを感じるわ。

どんなスポーツだって人がやる以上
そこは避けて通れない道だわね。

とにかく素晴らしい「道」でした。
去年の今頃、地道に柔軟運動に取り組んでいたことを思うと
本当に良かったと思う。
うん、良かった。




22 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2010/03/26(金) 21:25:24 ID:lz6kFt1U0
この4年間、本当に色々あったよなぁ
ランビに7位からまくられたり、なんとしても決めたい4回転決めたり、
腹痛起こしたり、失敗する気しなかったり、留め具外れて中断したり、涙の日本人初世選銀だったり、
衝撃のヒップホップスワンだったり、ベルネルと死闘したり、ランビに0.16差で負けたり、
初めて4回転2回決めたり、世界最高得点だったり、優勝候補だったのにザヤックで表彰台まで逃したり、
モロゾフと別れたり、前十字靱帯断裂したり、手術したり、厳しいリハビリしたり、逃げ出したり、
おかえり大ちゃんだったり、ステップでこけてみたり、久しぶりの表彰台だったり、
SP自己ベストで復活!と思ったらFPで崩れたり、五輪代表なんとか決めたり、
全ての「道」はバンクーバに通じていて銅メダル取ってくれたり、
ちょw4Fwなサプライズもありつつついに世界チャンピオンになったり…
って羅列してみたらほんとに色々w
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-26 15:33 | スポーツ

罪悪感

1月から2月にかけて義父母が立て続けに亡くなってしまったので
二人がそこそこ元気だったら
3月下旬から再び同居する予定だった事から
免れてしまっている。

世の中には
ずっと自分・相手、あるいは両方の親を介護し続けている人だっているのに
この私がこんなに簡単にそれを免れてよいものかと
ものすごい罪悪感。

私なんかが
こんなに恵まれてよいのだろうかと。

ここまで恵まれるほど
私は善人でもないし
また
うっかり積善をしたわけでもない。
とにかく
そういった類の善はまったく積んでいないのに。

義父や義母に対して
誠心誠意尽くしたわけでもないのに。
(かといってあれ以上できたかというと・・・・無理だな)



と罪悪感。

私よりもっと恵まれた人たちは
どれほどの罪悪感を抱えて生きているんだろうかと思うと
3年間だけでも介護の期間があったのは
せめても、なのかしら?
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-25 14:48 |

先日、一晩留守してMSに戻ったわけだけど
いちばん驚いたのは
ものすごく線香くさかった事だったわ。

ところが、ドアを開けるなり
「うわ~~~線香くさぁ~~い!」
だったのが、
1時間もしないうちに
慣れてしまったのにも
ビックリだったわ。

鼻ってなかなか順応性があるというか
すぐに環境になじむ、というか
だからこそやっていける場合もあるし
不便なこともあるし、というところかしら。
(一度慣れてしまうと今度はなかなか線香くささに気付かないみたいで
 買い物から帰ってきたくらいでは わからない。
 1・2時間の外出では鼻が元に戻らないみたい、私の場合)

師匠はこのあたり順応性がない、というか
毎回帰ってくるたびに
「うわ!線香くさい!」
と騒ぐんだけどね。
最近では、洋服に線香の匂いが染み付いた!とウルサイのよ。

ふん!

香を焚き染めたと思えばいいのにねぇ。

融通がきかないわ。
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-24 13:17 | 雑感
ダーリンの引越し、終了。
と言っても、昨日荷物を出して、今日の午後届くんで
それが済んで、初めて終了となるんだけど。

さすが、転勤族、行ったら荷物は完璧に箱詰めされてたわ。
おーーー。
しかし、まあ、洋服はともかく
家財道具は単身赴任のために買ったりしたものがほとんどなので
今後我が家で使い道はほとんどないだろうけど・・・
とにかく荷物は着かないことにはね。
でも、今回良かったのは
会社が大きい家電をリースで用意してくれたことで
(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなど。暖房は備え付け)
だから、そういう大型家電がダブるということはないのよ。
それだけでもすごく助かるわぁ。


で、このたび、JRでダーが住まいしてたK市に行ったわけだけど
朝、S駅にいくとなんだかいつもよりざわついている。
まあ、大きな駅だからいつ行ってもザワザワしているんだけど
今朝はいつになく・・・といぶかしく思っていると
アナウンスが入って

「ただいま〇~△間におきまして送電線にビニル袋がからみ送電できない状態になっております。
ご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ちください」

ははん・・・今頃、保線担当が歩いて目視でビニル袋を発見しに行ったか
発見したところか、どっちかだな。
発車を知らせる掲示板も真っ黒。

それから30分以上たって、やがてアナウンスは

「ただいま、ビニル袋を除去する作業に入っております」

に代わったの。
ははん・・・やっと電力会社が到着したわね。
で、そのあとは電車が動きだすまでは早かったんだけど
だからといって今止まっている電車を全部一気に動かすわけにはいかないじゃない?
きっと事務室の中では必死になって電車のやりくりをしてるんだろうなぁ、
大風のせいでこうなったわけだけど
駅員さんも大変だなぁとじんわり待っていると
アッチに電車を動かし、こっちに動かしして少しずつ回復してったわ。

で、1時間半遅れで私たちの乗る電車に乗ることができたの。
余裕を見て、駅に行ったんで
都合2時間、駅にいたわけだね。

でも、私たちの乗った特急はまだいいほうだったのよ。
場所によっては
送電ストップのせいでなく暴風のために運休となったところもあったから。
これが行きの受難。


で、帰りはすれ違うはずの電車がシカをはねたんだって。
ローカルだからそれをやり過ごさないとこっちは出発できないのよ。
その始末なんか5分とられ、畢竟こっちも5分遅れ。
この路線はよく車内アナウンスで

「シカが線路を横切るなどするため急ブレーキをかけることがございますので」
なんて
すごく野生味豊かなアナウンスが入るとこなんだけど
今まで、本当にはねたのにぶつかった事がなかったので
『ああ、本当にはねたり、ぶつかったりすることがあるんだなぁ・・・』
と、実感したわ。
そういえば、行きの電車の中では

「ヒグマが出没しているので、急ブレーキ云々」
なんてアナウンスがあったっけ。

油断できない路線なのね。

なんだかんだ言って
面白かったわよ。
そんなに困らなかったから。
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-23 09:39 |
あさって、ダーの荷物出しなのよ。
だから、明日、ダーのところに行って手伝ってくるの。
荷物の、手伝うのって言っても
大型家電や調理器具や暖房器具は備え付けのものだったから
ダーのお荷物としては
布団、鍋釜やかん、食器、テレビ、タオル、掃除道具、・・・・
そんなもの。
単身パックでOKだそうよ。
たぶんすることだってさしてないはず。
汚れ落しくらいですかねー
(これがいちばんの難関だったりして)


本当は2年の予定の単身赴任だったんだけど
事務所閉鎖に従い
1年でこっちに戻れることに。



不思議なんだけど
ダーの単身赴任の1年は両親を送るためにあった1年だったような気がするわ。

赴任してからすぐに義父が気管支拡張症となってゼーゼー言い出し
半年目に両親がかねてから希望のケアハウスに入居。
ケアハウス入居1ヶ月半で義父入院(←単身9ヶ月め)。
義父、入院から一ヶ月半で逝去(←単身10ヶ月め)。
義父逝去より24日めに義母逝去(←単身11ヶ月目)。
3月初旬、義父の四十九日、下旬、義母の四十九日(←単身12ヶ月目)。

で、明後日、引越し。

特に後半半年は怒涛の如き展開だったなぁ。

こっちに戻ってきたら、ゆっくりしてもらいましょう。
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-20 11:11 |

ミルクティーと喫茶店

ダーの実家のある地区にいくつか喫茶店があるんだけど、
その中に「コギツネ(=仮名)」って名前の喫茶店があるの。
この喫茶店は30年くらい前に出来たもので
こんな田舎でやっていけるのかしらと思ったんだけど
以外にもしぶとく頑張っている。

私はコーヒーは飲まないのでコーヒーが美味しいのかどうかわからないけど
お客さんが来るたびにドリップで淹れてるから
手抜きしてないし
たぶん美味しいんだろうと思う。



さてこの喫茶店にのメニューに紅茶、なんてのもあるのね。
まあ、たいていの喫茶店にあるんだけど。

あるんだけど頼んでみると・・・・がっかり、てのが多いわね。



ダーの実家訪問した時、ダーの実家では紅茶は飲まないから
お散歩に出た時にこの喫茶店に入って紅茶を頼んでみたのよ。

きっとティーバッグなんだろうなと思ってたら
なんと棚から出てきたのは
トワイニングの紅茶の缶だった。

ええーー?
こんな田舎(ごめん)でトワイニング!?

ティーポットもちゃんと出てきて
グラグラに沸かしたお湯で淹れてくれた紅茶は
芳醇で豊かな味わいでございました。

これはひいきにせねば。


次に行った時に
「ミルクティー」の文字に気付いたのよ。
でも、前回頼んだときはミルク入りの小さなピッチャーがついてきた。
では、
この「ミルクティー」とはなんぞや?

注文してみると
店主はおもむろにミルクパンを取り出し、
ミルクを注ぐと火にかけたの。
やがてミルクが熱くなると紅茶の葉っぱをパラリと加えて
今度は火を弱めて、吹き零れない程度にして
葉っぱが全部開くまでじっくり火にかけたのよ。

こ、これって
これって・・・・

ロイヤルミルクティーではあ~りませんか!?

こんな田舎(しつこくごめん)で
本格的なロイヤルミルクティーを淹れてもらえるとは思わなかったわ。

さすがにしっかり淹れたロイヤルミルクティーは 美味しゅうございましたわ。



で、師匠がある程度大きくなってからは
ダーの実家に行くたびに師匠を連れてこの喫茶店で紅茶を飲んでるんだけど
数年前のある時、メニューの中に

アイスミルクティー

の文字を見つけたのよ。

アイスミルクティー・・・?

ここのなら絶対美味しいに違いない。
これは注文せねば、と頼んでみたら
しばらくアレコレしてからグラスにほぼ真っ白い液体を入れたものを女店主が運んできた。
氷なし。

あー・・・・
ミルクと間違えたんだ・・・・

と思って正面の師匠を見てみると
彼女もそういう顔をしている。

まあ、ミルクでもいいかと思って一口飲んで
ビックリよ。
それは紛れもなくミルクティーの味。
しっかりミルクティーの味。
でも、見た目はミルク。
限りなく真っ白。
そして、それはいい具合に冷たかったのよ。

世の中に不思議はいろいろあるけど
あのミルクティーは不思議だったわ。
いっそ作ってるとこをじっくり見ていればよかったと後悔したくらい。

でも、これから夫の実家に行く機会はぐっと減るのよね・・・・
つまり
「コギツネ」のミルクティーも飲めなくなると。
う~~ん・・・
それだけ残念だわ。
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-19 15:17 |

仏壇生活

今月あたまににわがやにお仏壇がやってきたわけだけど・・・・

お仏壇がくるまえは

「え~~~?!視野の中に仏壇がで~んとある生活になるのかぁ・・・・なんだかなぁーー」

という、今まで自分の回りにお仏壇がなかったせいか、
黒塗り内装キンキラキンの仏壇が目の前にいっつも鎮座してるのかウーーム、
なんて多少面白くない気分だったんだけど、いざお仏壇が来てみると・・・

意外と良いんでないの?という気分になってきたわ。

朝、起きて、一番にロウソクに火を灯しお線香に火をつけてお参りしてから、朝のお仕事。
(ご飯炊けたら、お給仕)

昼にもお灯明※お線香でお参り。

夜もお灯明お線香、そしてお参り。

気分ののった時はお経唱えたり、正信念仏偈を唱えたり。
(気分が乗ったらやるってのも ちょっととんでもない話かしら)

お参りというとなんだかアレだけど、
要するに朝なら「おはようございます。今日もよろしくお願いします」
昼間はそれまでの報告とこの後の家族の無事のお願い(ご本尊さんはそんな欲求には応じてくれないんだけど、まあ、気持ちよ、気持ち)なんて、
夜なら「今日一日ありがとうございました」といった簡単なものなんだけど、
なんか気分がシャッキリするのよ。
そして、最近、家族が元気である事が非常にありがたくて
誰かに何かに感謝したかったんで、ちょうどよかったというのもあるんだけどね。

でも、まさか自分が朝っぱらからお仏壇のロウソクに火をつけ、
お線香をたき、合掌するようになるとは思わなかったわ。

はあ・・・・生きてると思いがけない事があるというか
見知らぬ自分に出会ったりするわね。

ただ、あまりにもお線香焚きすぎるらしくって
昨日、師匠から

「最近、私の服、お線香臭いんだけど・・・」
とやんわり注意されたわ。

ふん!

香を焚きしめた、と思えばいいのよ!!




※お灯明~~真宗ではひがな一日、お灯明をつけてなくてもいいんだって。
 お灯明による火事も少なくないのでそんな危険をおかすより
 その都度ロウソクに火を灯した方が安全なので、そうしてください、とのこと。
[PR]
by kumorinotini | 2010-03-18 10:52 | 暮らし

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini