<   2012年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

先日友人に会った時、

「今は旦那様のご両親は他界してるし、スガちゃんのご両親はお元気だし、遊ぶならいまのうち、じゃない?」

と言われ、ああ、そうなのか・・・と思うとともに
「遊ぶ」ってどういう事をいうのかしら、と考えた。
「遊ぶ」って、まあ、遊ぶことなんだろうけど、
今も昔も遊びたいのを我慢してるわけではないし、
まあ、やってみたい事はだいたいしてるし、
ていうか、
今の私には強い欲望というかそういうものがないのよね。
元々そういった欲望が薄かったところへ
ある時、『すべては自己満足だ』と悟ってしまってからは、
さらにアレしたい、コレしたい、がなくなったわね。
だから
「遊べ」と言われてもねぇ・・・

困るだけだわ。
何したらいいんだか。

加えて
今はフクラハギが回復途中で無理できないし、ギックリ腰は常習化してるし。

やはり、困るだけだなぁ。

せいぜい早いうちにぽっくり死にたいなぁ、くらいか。
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-30 19:29 | | Comments(0)

母の皇室論

昨日は妹の家で例のランチ会だった。
昨日は「聞き役に徹する」と固く決意していかなかったせいかけっこうしゃべってしまって、帰宅してから大いに反省。
それにしても、母の父にかんする愚痴は毎回閉口する。
今のところは食事の支度を手伝わないというのがメイン。
今までやらせてこなかったものをいきなりやれと言ってもできるわけないだろうと思うし、
一番悪質なのは「言われなくてもやるべき」と母が思っているとこかな。
それは無理だって。
絶対無理だって。
だけど、母は譲らない。
平行線。
うんざりしてきた。
できるわけない事を求めるな。
してほしいなら、導かないと駄目だ。
だけど、母は相手に<察して>動くことを求める。
そんな高度なワザ、今まで父にできたことがなかったのに。
究極のないものねだり。
じゃあ、ってんで父が台所に入ってウロウロし始めたら、「邪魔だ」という愚痴になるのは目に見えている。
これからは「あら、そう。大変ね」と軽く流したほうがいいのかもしれない。
言いたいがための愚痴の気がしてきた。



さて、今回の目玉はここからなのだ。
ドラマの話になって、ついつい私が「平清盛」の面白さについて熱弁ふるったら、
そこから皇室の話になって

「今の陛下の後、どうなるんだろう。陛下だってもう若くないし・・・」

と母が言い出し

「皇太子が後を継ぐ、なんて無理でしょ」

と続けた。これは私が母を誘導したわけでも、今まで色々情報を与えてきたわけでもない。
だいいち皇室の話はほとんどしたことがない。
なので、非常に驚いた。
さらに母が言った言葉にはもっと驚いた。ある意味不敬ではあるんだけど

「マサコさんが死ねばうまくおさまるのにね。でも、あの人元気そうだしね(と残念そう)」

ひぇ~~~~!!
うちの母はネットなんかしないのに。
ひょっとして実はPCを使いこなしていて、しかも2ちゃんねるの常連だったりするんだろうか?
あまりにも過激なんで
「いや・・・死んでほしいっていうのはちょっとアレだわよ。離婚でいいんじゃない?」
とアンチ東宮のはずのこの私がやんわり言うと

「あの人が出ていくわけないじゃない。遊んで暮らせる地位にいるのにさ。絶対出て行かないよ。出て行ってくれればいいけど。とにかくね、あんな役立たずは要らないの!」

さらに母いわく

「まったく公務しないのに、ロンドンに行きたい、フランスに行きたい、ってそればっかりだよね。日本の中での公務すらままないらないのに、外国に行けると考えるほうがおかしい」

と実に鼻息荒い。
母よ、いったい何があったんだ?
その時聞かなかったけど、どこからの情報なんだろう?
テレビと新聞の週刊誌の宣伝見出しぐらいしかないだろうに。
母によると、今上がおかくれになったら、ナルちゃんをスキップして

「秋篠宮さんが天皇になればいいんだよ。そしたら、悠ちゃんにすんなりつながるし、あの皇太子さんでは日本の恥にしかならない。ヨレヨレの服着て、あーー恥ずかしい。外に出せない。比べて、アーヤはかっこいいし、紀子さんは輝いてるよね~皇后様みたいに輝いてきたよね。結婚してからずっと頑張ってきてるものねぇ」

やっぱり母は、2ちゃんねるの「皇室ご一行様」の常連に違いない。
と母をまじまじと見てしまったのでした。
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-29 15:03 | | Comments(0)

大原美術展

地元の美術館で『大原美術展』をやってたので、友人と見に行ってきた。

地下鉄の階段を上がって、歩いてたら友人からメールが来て「今、庭にいます」。
で、館内に入る前に、庭に行ったら・・・
美術館の庭に大きなポプラの木があるんだけど
その綿毛の量がすごくて、木の根元半径3mくらいは綿毛で真っ白。
まるで羽毛を敷き詰めたようでした。
通りがかった人や散歩中らしき人が携帯で写真をとっていた。
頼まれて携帯の写真のシャッターを押したりもしたわ。
そこの美術館にはそこそこ通っていたつもりだったけど、こんなのは初めてです。
美術館に近づくと綿毛がほわほわと飛び交ってはいたんだけど
まさか美術館のお庭のポプラからだとは!

さて、展示といえば
少ないのをポツンポツンとかな、と思って行ったら、
けっこうな数を借りたらしく、なかなか豪勢な展示。
ただ、テーマなく並べてあったので、どこから見てもよかったのはありがたかったけど、
テーマなしで見るとこっちの気持ちがなんとなく漫然としてしまったかな。
これはこっちが悪いってことなんだけどね。

なかなか盛況でございましたわさ。



見終わったあとはお決まりの館内レストランにて昼ごはん。
そして、ロビーに移っておしゃべり。

いろいろ話した中で印象に残っていたのは、友人の母上の話。
最近あれこれ判断がつかないというか決定できなくなってきているのと
直近の記憶が悪くなってきているとのこと。

「忘れっぽいのは昔からだから、認知症ではないのかなと思ったり・・・ううん、そう思いたいのよね、私が」
「だから、病院に連れていって検査した方がいいのはわかってるんだけど、どう言ってつれていったものか・・・」

親子だからできる事だけど、親子だから難しいの両方があるのよね。
ダーの母上の時も、あれだけおかしな言動があったのに、義父は
「わざとじゃ、かあさんはわざとやっておるんじゃ。病気(=認知症)なんかじゃない!」
と言い張ってた事を思い出すと、なまじ身内だと病気を認めるのが難しくなるのはよくわかるわ。
かといって他人の私が入り込んでいいってものでもなし。
とりあえず「アナログの時計を書いてもらうとすぐにわかるらしいよ」と言っておいたんだけど・・・・
自分の親にはやりにくいよね。

やはり、「物忘れ外来」に行くのが一番なんだけどな。

そういう私だって
いつ自分の親が認知症になるかわからなくて
毎日ヒヤヒヤしてる。
ていうか自分にもヒヤヒヤだけど。
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-28 19:22 | 知人友人 | Comments(0)

美☆木さんのダイエット

金スマで美☆木さんがやっていたロングブレスダイエットをやってみた。
 
なにせ5月からふくらはぎを痛めているため長距離歩けない。
だけど、動かないと太る。
これならできるかなと思ったのね。

2種類呼吸法1分を1回ずつ(計2分間)を一日3回以上するだけ。
(でも、片方の息を吐く時、ブウウーーとする方は家族がいる時できないので
もうひとつの方を2回やることにした。)

なのに、これがとんでもなく疲れる。
初回の2分後はもうへとへとだったわよ。
うっすら汗もかいたような。
(しっかり汗をかくようでないと駄目なんだそうで)
さらに驚いたことに翌日肉体のあちこち(おもにふとももとふくらはぎ)に筋肉痛が来たし。
前日やったのは、ロングブレスだけで、ほかの運動は何もやってない。
無論、その2日前にも何もやってない。
何もしてないのに、この筋肉痛はなんだ?
ひょっとしたら・・・・
ひょっとする・・・かも?なんてものすごく期待したわよ。

で、今日で5週間。

体重に変化なし。
ウェストとか太ももとか最初から測ってないんでわからないけど
まあ・・・変化した様子なし。
5週間も毎日毎日真面目にやったのに、とガッカリよ。

で、
たまたま本屋でロングブレスダイエットのムック本を見つけたので
確認のために読んでみたら・・・
なんと私の方法はちょっと違っていた。※

なんてこったいな。
間違った方法では体重は減らないわよねぇ。
というわけで
今日からやり直し。
あ~あ。
5週間を返してほしい。
って、全部自分が悪いんだけどさ。

※お尻とお腹をひっこめて3秒でたっぷり息を吸い、7秒で吐ききるんだと固く信じていたんだけど
3秒で息を吸う、まではあってたけど、3秒で息を吐ききり、4秒間キープ、だった。
なるほど。これだと、本当に汗をかく。
間違えたやり方ではなんとなく身体が温まるような感じはあったけど、汗をかくまではいかなかった。
ああ、今度こそうまくいってほしい。
ただ、間違った方法だったけど、腰の違和感は激減した。多少は効果あったのかな?
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-27 19:22 | | Comments(0)
控え室にいた時、
スミコ叔母さまがたくさんお話してくださって、
おかげで私は聞いてるだけでよかったので助かった。
スミコ叔母さまは未亡人でアバシリに住んでいて
1年半前に息子さんを失くして(肺ガン)いらっしゃる。
(その葬儀にはやはり夫婦で参列した)

その後札幌住まいの娘と2世帯住宅建てて
この春から住んでいるのだそうな。
娘さん夫婦は共働きなので、食事とか掃除洗濯をスミコ叔母さまが引き受けているのだそうな。
忙しいので息子を失くした寂しさが取り紛れて助かっている、とのこと。
自分の生きがいにもなっているそうだけど
ただ娘から感謝の言葉がないのがちょっと不満らしい。
親子は難しいね。
仕方ないから、親子だからなかなか言葉に出せないのであって
心の中では「すごく助かる。ありがたい」と思ってると思いますよ、とフォローしといた。

ところでびっくりした事に
息子さんのお通夜、翌朝の告別式と泊りがけで夫婦で参列した時に
私がテツコさん(亡くなった息子さんの内縁の奥様)を手伝って
親戚一同にコーヒー淹れたり、お茶だししたりとか接待に動いていたのや
通夜の夜、まめに起きてお香を絶やさないようにしていたのを覚えていらして
そのお礼を言われてしまった。
見てないと思ったら意外と見ているものなのねぇ。
驚いたわ。

私としては
ダーの親戚からしたら
嫁の私なんて女中みたいな存在だと割り切って動いていただけなんだけど。

動きがうるさかったんだろうか。
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-26 22:18 | 夫さんの一族 | Comments(0)
「カエルの王女さま」が終ってしまった。
先週の木曜が最終回だったので、もう4日になるんだけど
毎日録画したのを再生してみている。

この3ヶ月、本当に楽しかった。
毎週木曜が楽しみだった。
ネットで歌詞を調べてメモ帳に写しエプロンのポケットに入れて
茶碗洗いしながら、洗濯しながら、干しながら
私も歌った。

もうシャンソンズに会えないのは寂しいけど
俳優さんたちにはきつい3ヶ月だったと思うので
無理は言えない。

でも、まだまだ、見ていたかった。
歌を聞きたかった。

シャンソンズの皆さん、3ヶ月の間、ありがとうございました!
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-25 13:17 | | Comments(0)
昨日、従姉妹の娘の結婚式に呼ばれて行って来た。
またまた夫婦で出席してきたバカ夫婦だけど、ダーの希望だから仕方ない。
お金ばかりかかる。
(会費二人分とお祝いで6万円。たかだか2時間に6万円!!だから、私の服は礼服のワンピに安いジャケットを合わせてしのいだ)
うちは回収できるかどうかわからないのに。ていうか回収できそうにないけどさ。
まあ、それはうちの事情だから、文句は言えないか。

今回いろいろビックリしたのは、
まず花嫁の父(といっても継父なんだけど。でも赤ん坊の頃から育ててきたんで我が子みたいなものか)がげっそりやせていた事。
一瞬ガンかと思った。
去年もこの従姉妹の長女の結婚式が5月にあって、その時はふっくらしていたのに、
昨日は角張るというか骨張るというか、そういう感じだったのね。
ダーが従姉妹・M子さんに聞いたところでは、なんと去年の結婚式の時はリストラされて無職だったそうで、今は再び就職してそっちの仕事関係でやせた、のだとかなんとか。
うちのダーだって、去年からするとずいぶんやせたけど、それは今年に入って走りこんでいるからで、それだって、あんなげっそりではないのよね。
5キロくらい減ったのに。
でも、奥様が『仕事のせい』というのだから、きっとそうなんでしょう。

それと、昨日出席してなかったけど、従兄弟・H樹さんの姉でH子さんが来ていたので、H樹さんの格下げの話(教頭から平の教師に)の理由も聞いていたけど、なんだかわかるような、わからないような。
本人に『教師としてあくまで現場で教えていたい。教育の最前線にいたい』という強い意志があるなら話はわかるんだけど、どうも事務仕事に疲れて・・・・みたいな理由みたいで、はっきりしない。姉だとて踏み込んで聞けないとこもあるらしく、未消化の話でした。

H彰さんとこは、子供が全部外に出てしまって、K江伯母さまは今ひとりでお住まいとのこと。
伯母さまは米寿なんだそうで。
しっかりした人だけど、年齢が年齢だからいろいろと心配よねぇ。

H広さんとこはまったく音信なしで、今どうなってるのかわからない、とのこと。

今回の結婚式は、
会費制だけど、幹事がいるわけでなく、ホテルを使ったウェディングパーティーというスタイルで、挙式も人前、仲人もなく、今流行の形なのかな。
でも、やることは、以前と変わらない。
キャンドルサービスあり、花束贈呈あり、お色直しありだけど、
媒酌人の挨拶なし、やたら出て来る上司の挨拶もたったひとつだけ。
そのかわり、二人のこれまでをスライドで見せるという、アレ。
さらに花嫁とその姉・妹たちとの思い出のスライドショーも。
客の私達にこんなの見せてどうするよ、と思ったわ。
前回もこういう演出があったんだけど、こんなのは各家庭でうちうちにやってほしいものです。
最後の花嫁・花婿の和式衣装のスライドショーも勘弁してほしかったなぁ。興味ないし。

料理は
刺身、クリームパイ、ポタージュスープ、魚のムース、鯛の焼きリゾット、柚子のシャーベット、牛肉のワイン煮、パン、デザート。味はちょっと濃かったけど、前回よりは数段美味しかった。70点くらい。
こういう式で美味しいのを期待するほうがバカなんだけどさ。
でも、ひとり会費1万5千円だからね。
1万5千円でほかのあれこれをカバーしているわけだから、仕方ないとはいえ。

今回北実組の出席がなかったのにはビックリした。
T叔母様はお年だから仕方ないとして、その娘か息子が出席するのだろうと思っていたので。
従姉妹の子供の結婚式にわざわざ出て来るのはやはりしんどいのかねぇ・・・
しんどいよねぇ。
もったいないよねぇ、やはり。
北見組は金持ちだけど、それでも、もったいないと思ったのか、予定があったのか。

やはり、夫婦で出席するうちがバカなのです。


それんしても
人の結婚式だし3時間くらいしかいないのに
なんでこんなに疲れるんだろう・・・?
ダーなんて、帰宅して軽く夕ご飯食べた後、すぐに眠ってしまったよ。
そして、2時間くらい仮眠。
起きてきてしばしテレビみてまたちゃんと寝た。
私はと言えば
頭のどこかが興奮してるらしくって全然眠れない。
11時に布団に入ったけど12時半過ぎまで目が冴えまくり。
参った・・・
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-24 12:55 | 夫さんの一族 | Comments(0)

一年後

O・ヘンリーの短編に「20年後」てのがあったけど、
うちの場合は1年後。

私がダーに、ダーの物、主に服飾関係だけど「~~を買いましょうよ」と言うと
ダーは必ずといっていいほど、深く考えもしないで「必要ない」と答える。
必要だと思うから、私はそう言ってるわけなんだけど、
敵が「要らない」と答える。
しかもその速さは反射的と言ってもいい。
何故か、ね。

私は母と違うので、あっさり引き下がる。
敵が要らない、と言いきるものをわざわざ買って物議をかもすこともないと判断するからだ。
(実家の母は、しつこいのでここでやたら頑張ってしまって父と険悪になる。それを山ほど見てきたので、私は頑張らないことにしている。あっさり引き下がる。それで1年後にこういう事を言われるわけだが。どっちがいいのか・・・・)

それから1年後、ダーはのたまう。
「~~が要るんだけど」と。

ひどい時は

「あれ?・・・去年、~~を買ったんじゃなかったっけ?」

と実に都合のいい勘違いをしていたりする。
だが、しかし、いくら勘違いしようがなんだろうが、買ってないものは買ってない。
ゆえにうちにはないのだ。

実は今朝も

「もっとウェストサイズの小さいズボンが必要だよね」と。

ーー去年、私があまりにもだぶだぶだから新しいのを買いましょう、と言ったら、あなた、要らない、ベルトで締めればはけるから、って言ったわよ。

「そうか・・・あ、あそこに紳士服屋あったよね?あそこで買えばいい」

ーーあそこって・・・**条の店?あれは数年前に大きいサイズの店になりました。

「あれ、そうだったっけ?」

ゴルフの打ちっぱなしにいくたびにその店の前を通っているのに、
しかも私が前の店は閉店したと教えたのに、いったいいつまで古い知識をひきずっているのかと。

ベストしかり、

コートしかり、

春秋の薄手コートしかり。

そして、今朝のズボン。

それもきっかり1年後に言い出すのはどうしてなんだろ?
何か1年したら、時限装置か何か働いて
脳みそが動きだすんでしょうか?
謎めいているダーリンです。
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-22 16:04 | | Comments(0)
理由はわからないけど、
数日前からひとり「ギルティ」(連ドラ)祭りになってしまって
youtubeでJUJU嬢の「この夜を止めてよ」を聞きまくっていたんだけど
とうとうレンタルでDVDを借りてきたわ。

本放送の時も夢中になってみたものだったけど
再度見ると、今度はいろんな伏線やらなにやらがわかって
これまた別口の面白さ。
真島さんと芽衣子さんの揺れる感情をていねいにたどれて
泣けるわ~


ところで
JUJU嬢の「この夜を止めてよ」をyoutubeで聞いていると
右側に関連の動画があれこれ提示されるじゃない?
おや、素人さんがカバーしているんだなぁと思い、
いろいろ聞いてみたのね。


その中でJUJUさんご本人の歌より気に入ってしまったのがコレ。
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=GzfUzXdKCKg&feature=related

111tsubakiさんの歌。
私好みのボサノバ・ヴォイス。
ちょっと伴奏(カラオケ?)がうるさいけど、柔らかく切ない歌声です。
このかた今井美樹さんのも歌っていて、こっちもすごくいい。
一番得意なのは竹内まりやさんらしいけど
私はこの「この夜を止めてよ」と今井さんの方が好きだな。
ことに低音の響きが豊かで美しいです。
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-21 11:44 | | Comments(0)

大河「清盛の大一番」

大河の公式サイトの「特集・忠正」と「特集・為義」を見ると涙が出そうになる。
斬首を申し渡されるまで、二人とも、家族団らんランランラン状態で
ものすごく和やかな表情でいたからね。
だけど、最期は甥、息子を叱咤する武士の顔で死んでいった。

で、「清盛の大一番」だわさ。
これまでの清盛は、受身というか、七光りや苦渋の選択がたまたまうまくいってここまで来ました。ところが、ここに来て初めて「取りに行く」あるいは「仕掛ける」わけです。
俺に鎮西を任せれば、こういう”面白い事”を体験できると、後白河にパフォーマンス。
アピールするわけですね。
なんで清盛にこういう発想ができるかというと、若い頃の後白河と会って遊んだことがあるから。
ずいぶん前に清盛が当時は雅仁親王といって、冷や飯食いもいいとこで思い切りやさぐれていた親王と博打した場面とつながるわけです。
ふうーーーなんつー深謀遠慮、伏線がやっとここで生きてくるという気の長さ、です。

また信西入道に叔父の斬首を言い渡され信西入道に恨み骨髄でもいいとこなのに、それなりにおつきあいできるかというと
清盛が大人になったせいもある(保元の乱時36歳)けど、
信西とも二人が若い頃、その希望や夢を語り合ったことがあったという昔があるので、憎くて命じたのではない、<まつりごと>のために下知したのであろうと清盛が考えることもできるという下地作りというかこれまた長い伏線がここで生きてくるわけですね。

伏線、すごすぎ。

これまでにもいろんな伏線があったけど
ここまで伏線の多い大河も珍しいかも。

かくして、清盛が後白河の一言で九州を手に入れてしまう。
播磨と鎮西。貿易と物産を一気に手に入れたようなものです。
忠盛の時は密貿易でしたが、これからは大手をふって貿易ができるわけです。
もうけたい放題です。
うはうはです。

となると・・・・
頂いた時は素敵に思えた左馬頭(さまのかみ)という官職も、色あせて見えてくるのが人情です。
だって、隣(=清盛)ウハウハなのに自分はそこから全然増えてない、何ももらえてない。
自分はオヤジを殺したのに。
そこまでやったのに。
と義朝が考えてもおかしくない。
この玉木・義朝が全身から発する恨み・ねたみ・そねみ・憎悪なんたらという負の感情がはんぱない。ひりつくほどです。
ああ、何か起きる、起こしてしまう・・・そこまで表現しています。

さて、この玉木・義朝が<陰>だとすると
<陽>の松山・清盛は、
棟梁としての風格と父・忠盛にはなかったちゃめっけ、というか、そういうものが出てきましたね。
平家全体が陽性です。
祝宴でぐだぐだ言う長男を笑顔で投げ飛ばし、しかもそのあと、歌え踊れの宴会になってしまうほど、ご陽気です。

と、この大宴会の時に頼盛を演じる西島さんの踊りの所作があまりにも美しくて
一体何者なんだろうと調べてみたら、AAAという歌って踊れるグループの一員でありました。
ダンサーは良き踊り手でもあるらしいです。

ああ、「平清盛」ったら、なんて面白いの!!
[PR]
by kumorinotini | 2012-06-20 19:42 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini