<   2012年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

わが大地では
今年は原発を停止しているので、今年は去年より7%お節電をお願いしたい、とのこと。
それで計画停電になるかもしれないところを乗り切りたいとのこと。

だけど、去年より7%も節電できる人って
去年までまったく節電してこなかった人にしか無理じゃないかと思う。

うちは絶対無理だ。

家族が勤めに行っている日中、家には私ひとりだけなので
テレビはほとんど見てないし、エアコンないし、扇風機だって使ってない。
トイレだってドアを開け放して使用するので照明つけない。

あと、何をしろというのか?

冷蔵庫はずっと前から冷凍庫も冷蔵庫も弱だ。

これ以上何ができるというのか?

従兄弟の嫁さんは反原発・脱原発なんだけど
節電のために土鍋でごはん炊こうかな、あとは日中暑いからエアコンつけてDVD見て過ごす、なんてのたもう。
暑いから仕方ないよね、なんてのたもう。

甘い、甘いよ。
私もそれくらい甘くなりたい。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-31 15:28 | 暮らし | Comments(0)

暑さ

いきなり暑いなぁ。
昨日33度、
今日も33度になるそうで。

なのに、釧路は20度以下。
釧路は平常運転らしい。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-30 13:09 | 雑感 | Comments(0)

LED始めました

火曜日の夜、バチン!という音とともにリビングの照明が消えた。
うちのはリング型のを三つ使っているもので、むろん蛍光灯。
それがいっぺんに消えたの。

ひとつが消えるとか、点滅するとかならわかるけど
三ついっぺんにという事は照明本体がいかれたのだなと思ったわ。

うちのリビングはダイニングと兼用でしかもダイニングにもちょっと規模の小さい照明があるし、
和室ともつながっていて和室にも照明があるので、
それらを活用すれば真っ暗にならない。
薄暗い程度。
小説は読めないけど、新聞の番組欄ならなんとか読める程度の明るさは確保できるので、
そのへんは助かった。
翌日、とりあえず管理会社に電話することに。

ところでさー
どこに電話するかで、私が管理人さんに聞いてみるといったら、
何故か夫が顔色を変えて、
うちの明かりはマンションの備品じゃない!管理人に聞いてどうするんだ?!とわめいたのよ。
自分で動かないくせにどうしてこういう難癖つけてくるかなぁとウンザリしたけど
延々とわめかれるのもいやなので、
備品でない事は充分承知していること
ただ照明のトリセツを読んだところ工事店に連絡しろと書いてあること、
工事店の名前はわからないが、管理人さんにはその情報が行ってるかもしれないので、そう考えた事、
管理人さんに聞くのがいやなら、管理会社に明日聞いてみる、とるる説明。
ああ・・・メンドクサイ男。

翌日管理会社に電話すると
「電気屋に~~さま(←うちの名前)に連絡するよう言います」とのこと。
ワンクッション入ると話がつながらない事も多々あるので、「私が自分で連絡しますので、電話番号を教えてほしい」と言うと
「いえいえ、こちらで手配しますので。30分内にお宅まで連絡させます」と言い切るので、じゃあ、とお願いしたけど、まさか本当に電話が来るとは。
しかも10分で来たしね。
切れた時の状況を話すと

「ああ・・・それは本体がこわれた可能性が大きいですね。でも、一応確認したいので」

と来宅の時間を調整して、来ていただいた。
スイッチを調べ、ついで本体まで電気が来ているかを調べ

「スイッチは大丈夫だし、電気もここまで来ていますね。やはり、これは器具が壊れてますね。何年使いました?」

「9年越えてます」

「9年だと仕方ないですね。一番使う場所のが一番先に壊れるんですよ。え~と、カタログ持ってきたんですけど」

と、分厚いのを見せてくれたあとで、薄いのを開き、

「これDという会社のなんですけど、この会社は大手ではないんですけど、物は大丈夫ですし、大手さんよりずっと安いんですよ。この部屋の広さだとこのくらいになりますけど」

と、見せてくれた照明の値段はさっき見た大手のよりよほど安い。

2万円くらい下、だったかな。

最初は蛍光灯でいいかなと思っていたのだけど、
明るさ・色など調光が自由自在だという説明を見て、すっかりそLEDの気分になったわよ。
だって、蛍光灯だと選んだ蛍光管の色で3年くらい過ごすことになるわけで、
基本的に暖色が好きだけど、いっつもそれで行きたいわけでもないし、
それが自由自在となると、かなり心ひかれるわ。

というわけで、その中堅どころの照明の中でもものすごくシンプルなデザインに決めたんだけど、電気屋さん言うに

「え~と工事費こみで~~万円です」

ええーーーー?!それって、カタログに書いてある値段よりさらに2万円安いじゃないのよ。
いったいLED照明の値段ってどうなっているの?と思ったけど、
安くしてくれてるものに文句いうのもはばかられて心の中でそっと思うだけにしたけど。

でも、なんでそんなに安いのかね?古いタイプなのかしら?

でも、電気屋さんは「これで10年は取換えいらずですよ」なんてニコニコだし、ここは電気屋さんを信じることに。
そのあと電気屋さん言うに

「とにかく管理会社からすぐに行って(照明を)つけてやれって言われてるんで・・・私、このあとルタオで仕事がありますんで、そこから帰ってきて、品物を受け取ってこちらにもどってくるのは、たぶん2時間以上かかると思うんですが、夜になっても大丈夫ですか?」

はい?
今日中につけるってことですか?

「ええ。お困りでしょうから」

いえいえ、そこまでして頂かなくても。
ほら、そっちの明かりでそこそこ見えるから一晩くらいどうってことないですし、明日か明後日でもうちはいいですよ。

「そうですか・・・じゃあ、明日の夕方遅めに持ってこれると思うんで。1時間くらい前に電話します」

そのあと、電気屋さんはDなんとかさんの工場だか倉庫だかに電話して、ブツを確保し、帰っていかれたの。

で、翌日、4時半にお電話くださり、5時半に照明を持って登場し、取りつけて、リモコンの使いかたを教えてくれました。

一応12畳用(リビングは10畳程度なんで余裕をみて12畳タイプ。その下になると8畳なもんで)なんで、フルにすると明るい、明るい。

私、蛍光管のイメージが強くて、あのLEDをどうやって丸くしてあるんだろうと思ったら、
丸い盤にあのLEDの小さな粒粒が3重か4重の輪になってくっついていて
それらがピカピカキラキラと光るのでした。
ああ、そうか。
無理に<わっか>でなくてもいいんだもんなぁと目からウロコであります。

かくして木曜からLED生活を楽しんでいるのよ。
色も明るさも自在、すごく面白い。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-28 08:55 | 暮らし | Comments(0)
今月11日にギックリ腰をやっちまった。
ひさしぶりに長びいたものの
20日頃にはなんとか痛みもなくなり
21日土曜日調子に乗ってたまった家事に勤しんだら・・・・

午前、洗濯物を干し終わり
ちょっと無理しちゃったかなぁと横になり
念のためにマッサージに行ってくるか、と起き上がったら
再び左腰にビリリと激痛が。

これが前回のより痛い。

なんとか歩いて整骨に行き、マッサージしてもらうも
この痛さは前回を越えているので
私としては珍しく家族に伝えて療養に努めた二日土日でした

だから、ある程度治ってきたというべきか
なのにまだ痛い、いうべきか。

とにかく無理しないようにそろそろ動いている。

あ~~ギックリ腰ってやつは・・・
介護中にこういうひどいのにならなくてよかった、としみじみ思う。

ただ、寝転んで読書するしかできないので
借りてきた本を読みつくしてしまった。
金曜に5冊借りてきてよかったけど。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-23 14:20 | | Comments(2)

変わった梅酒

合同酒精のブランド「鶯宿梅」の<生姜要り梅酒>を買ってみた。
なんど飲んでも美味しい、と思えないので
私好みではないんだろう。

梅酒も生姜も好きなのに
こういう事ってあるんだなぁ。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-20 14:51 | | Comments(0)

ドラマ「永遠の泉」より

一ヶ月くらい前になるかもしれないけど、nhkのこのドラマを見た。
被疑者は余命いくばくもない妻を殺したとされ(被疑者は認めている)、それを取り調べる刑事は数年前に妻を亡くしていて・・・という話。
結局、被疑者は妻を絞殺したのではなく、体調を崩した妻を背負って山道を下りる時に妻がグラグラしないように自分と妻の身体を結んだところ、ヒモがたまたま喉にひっかかって・・・・という事だったのだけど、被疑者である夫は自分のせいで・・・と自分を責めて「殺した(ようなものだ)」と認めてしまっているのね。

被疑者である夫役に小日向さん、刑事役に寺尾さん、私的には贅沢な配役だった。
ふたりとも好演してましたよ。
小日向さんは能動的な演技で、寺尾さんは受身の演技で。
ドラマとしてはよろしかったんじゃありませんかね。

しかし、妻側の立場から見るとさ・・・
「ありがとう」の言葉もあったけど、
奥さんたちが夫に言う言葉は基本的に「ごめんね」なんだなぁ、と
ちょっと切なくなった。

病気になってごめんね、
看病させてごめんね、
先に死んでごめんね。
・・・してごめんね。
ごめんね。
ごめんね。

なんかため息が出るわ。

オット達が病気のこうはならないわよね~。
オットたちは当然の顔してると思うのよ。

妻に「~~してくれ」「~持ってきて」「~~が欲しい」とけっこうわがまま放題になると思う。

だけど、というか
なのに、というか
妻が同じ立場になると、前出の

「~~(して、あるいはさせて)ごめんね」になるわけだ。

頭にくる差だな。 
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-19 13:14 | | Comments(0)

ぎっくり腰

先週火曜日にやったぎっくり腰がはかばかしく治らない。
ここ数年は2・3日ですっきりしていたのに。

先週土曜日あたりはわりと調子もよくて
このまま治るかと思ったのに。

ちゃんと治るんだろうか?
なんだか不安になってきた。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-18 14:06 | | Comments(0)

裾あげしてない

「お見送りシステム」の話にも書いた紳士服の量販店の話。
その店でうちは夏ズボンを3本買ったわけだけど、
3本で約1万円のお買い物というのはあんまり安くて腹が立ったのかどうかわからないけど、
3本のうち1本の右側の裾上げがまったくなされていなかったのには驚いた。

夕方帰宅した夫が

「ねえ、こっち側がほどけたのか裾が落ちてきたんだけど・・・」

見てみると、上げてあるはずの裾がズルリと落ちてきている。
最初は裾上げの糸が運悪く切れたのかと思った。
それにしても、はいた初日に切れてしまうなんてあるのかしら?と思いながら
じっくり観察すると、糸切れしたとしても通常その糸がいくらかは残っているはずなのに
まったく残っていない。
切れ端すらない。
どう見てもこれは最初から裾上げがされてないのだ。

本来なら店に持ち込んで裾上げさせるべきなんだろうけど
車で行かなくてはならない(私はフクラハギが完治してないので、あそこまで歩けない)し
夫にはそこまでの根性がないし
裾上げくらいだったら、私にもできるし、ということで
ささっとまつり縫いして終了。

これまでたくさんではないけど一応それなりにズボンを購入して裾上げしてもらってきたけど、
まるっと裾上げしてない、なんて初めてだわ。
一体何があったんでしょう?

きちんとチェックしなかったこっちが悪いのかもしれないけど
まさかしてないなんて思わないもんなぁ・・・
次からは気をつけましょう。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-17 13:15 | | Comments(0)
最近立て続けに経験したので、客商売が全部これに鞍替えしたのかと憂鬱になったわ。

とある紳士服量販店に夫のズボンを買いに行った時のことです。
仕事場にはいていくズボンなので、そんなに奇抜でなくてもいいので
結局すぐに黒とグレイとくすんだベージュの3本に決まって裾揚げをお願いし、
さてゆっくり見て歩こうかと思ったら(そこはメインは紳士服だったけど、最近は婦人物の日常着も少し置いてある)店員さんが私達を出入り口までとにかくエスコート。
そこを無理矢理断ってお買い物するほどの義理もなかったし、
それじゃあってんで帰ってきたのね。

で、4・5日後
引き換え証を持ってズボンを頂きに行ったのよ。
レジでズボン一式の入った紙袋を渡してくれるかと思いきや、
またまた出入り口まで誘導されてやっとそこで渡してくれる。
なんだなんだ、これ以上は見ていくなってか?!
まったく商売っ気のない店だな。
そこを無理矢理押し返すほどの気持ちもなかったので
帰ってきたけど、これって損してないかしら?
だってさらにウロウロして何か買っていくかもしれないじゃない。
まあ、買わない確率のほうが高いは他界けど、新しく購入の確率はゼロじゃない。
なのに、なんでしゃにむに出入り口まで誘導するのか・・・?

もうひとつもそう。
とある大手スーパーに入っているCDショップで例のつるのさんのCDを買いに行った時も
そうだったのよ。
レジカウンターで買ったものを渡してくれればいいものを、何故か店員女史が出入り口でもって行き、そこでやっと渡してくれるの。
これ以上店内をうろつかないでくれと言わんばかりに。

買った後だけど、さらにウロウロして何か買うかもしれない、とは考えないのかしら?
そういう人っていると思うんだけど。
すくなくとも、私はそうです。
目当てのモノを買ったあとゆっくり見て歩きたい。

なんでどこもかしこも追い払うような真似をするのかなぁ?



と、この話を師匠にしたら

「都先生(接遇の平林都先生)方式のやりすぎじゃないの?」と。

まさしくそうとしか思えないこの状況。

今度お店の人にそういうことされたら、言った方がいいのかしら?
「迷惑です」と。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-16 10:05 | 暮らし | Comments(0)

九州・・・・

九州が大雨でひどい事になっている。
台風だってここまでの死者は出ないだろうに。
去年も確か台風でなく長々と続いた雨のせいで
被害が大きかったけど。

野田総理は
民主党のゴタゴタと国会で手一杯で
九州のことを気にかけているようには見えない。
いやいやそもそも眼中にないのかもしれないな。

民主党、常にひとつの事しかできないんじゃないか。
(それだってうまくやれてないみたいだけど)
ふたつみっつと並行して仕事する能力がないんじゃないか。
去年の震災のあたりから
そう思うようになった。

だけど、現実というのは
ひとつひとつ順番にやってくるんじゃなくて
いっぺんに押し寄せてきたりするもんなのよね。
往々にして。
[PR]
by kumorinotini | 2012-07-14 07:04 | 時事 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini