<   2013年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

赤梅酒

「赤梅酒」というのを買ってみたわ。
量のわりにお安くて。
で、グラスに注いでみてビックリ。

そりゃ、赤いだろうなとは思ったけど

まさかの赤さ!

そりゃあ、赤かったのよ。

中身は ブドウ、梅、醸造アルコール 紫蘇 糖類のなんたらかんたらだったわ。

私にはちょいと「ブドウ酒」っぽい感じが強くて
少々いやだったので
アレコレ考えて、砂糖を追加してやったら
なんとか飲めるものになった。と、思う。



掟破りもいいとこね。
梅酒からしたら、屈辱かもしれいないけど
もうすでにして ブドウも紫蘇も入ってるんだから
今さら気にしないわよね。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-31 22:52 | | Comments(0)

お使い?

ちょっと前になるけど
小学校3年くらいの女の子が近所のスーパーに買い物に来ていた。
たったひとりで。
友人とつれだってとか、母親にくっついて、とかならままあるけど
一人で来ているのは存外見かけない。
だからこそ目についたんだけど。

しかも、買い物袋持参で、
買ったものが
「佐藤のごはん」と惣菜のパックを
ふたつに分けて、手馴れた様子でレジ袋ふたつに均等に入れている。
ありがちなチョコとかキャンディとかのお菓子ものはない。
とことん夕飯代わりのもの。 

で、少女はてきぱきとふたつの袋に詰め終わると
スーパー備え付けの篭を戻して
さっと帰っていったのでした。

一体何だったんだろう?
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-30 22:11 | 雑感 | Comments(0)
22日にあった事件ですけど
犯人が韓国籍とわかった途端
マスコミはだんまりに突入しましたね。

マスコミは通り魔事件大好きなのに。
被害者の事に始まって
被疑者の生い立ちから何から
アレヤコレヤと素っ裸にする勢いで
連日、詳細に詳細に報道するのがスタンダードでしたのに
各社示し合わせたようにピタリと黙ってしまいました。

何故なんでしょう。

韓国籍だからでしょうか。

それって
ある種の人種差別ではありませんか。
韓国籍の人でもきちんと報道してあげるべきです。
日本人の時は
うんざりするほど報道するんですから。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-29 21:25 | 時事 | Comments(0)

息子は恋人

先日の朝日新聞の朝刊に
「成長していく息子の親離れを、失恋のように受け止める母親たち」っていう記事がありました。

うちは娘なので、男の子を持った母の気持ちはいまいちわからないし
母も娘二人なので、やはりそういう気持ちにはならないようで。
で、
ふと思い出した。
母の姉のT伯母は娘一人、息子一人の母だったのだけど
息子に対して、やはりすごかったらしい。
これは後で聞いた話だけど、息子が修学旅行に行く朝、駅まで見送りに行って(!)
寂しくなると息子の手をとって泣いたそうだ。

うへ!

だわ。
娘だったら、そんなのありえないだろうなぁ。

やはり、息子ってのは、母親にとって<恋人>みたいな存在なのねぇ・・・

そのせいか、T伯母さんは、息子の嫁としごく折り合いが悪かった。

わが身を振り返ると
夫の母も表には出さなかっただけで
実はおんなじようなものだったらしいとわかったのは、膝を骨折して入院した時だったっけ。

あ~~息子がいなくてよかった!!
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-28 22:37 | 雑感 | Comments(0)

お元気だった!!

「鉄腕ダッシュ!」が好きで見ているのだけど
ここ一ヶ月ほど、明雄さんのお姿がなかった。

明雄さんはずっと元気そうに見えてたけど
83歳。
何があったてもおかしくない年頃です。

ちょっとヒヤヒヤしてました。

番組の最後に訃報が出たりしたら やだなぁ・・・とか。

と、昨日の予告で
元気に田植えをするお姿が!
ああ、よかった、お元気だったんだ。

まだまだ元気でいてください。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-27 22:51 | | Comments(0)

金雀花(えにしだ)

子供の頃住んでいたとこはあちこちにエニシダがあったもんだわ。

金の雀の花あるいは
金の雀の児。

なんとまあ想像を刺激してくる字でしょう!

豆科の植物なんで、花の形はマメ科の花そのもの。
まるっこく小さい黄色い蝶々がつやつやした緑の枝に整列しているような花つきで
1本だけ見ると、庶民的なのに
それが株で咲くと、なんとも豪華で
とても好きな花なんだけど
ここいらでは見かけないのね。

子供の頃住んでたあたりでは、あちこちの庭に当然のようにあったんで、
これって野草なのかしらと思ってたくらいなのに。

なんとしても必要というわけではないけど
見られないとなると
時折強烈に眺めたくなるのです。

金雀花、エニシダ。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-26 22:21 | 雑感 | Comments(0)

素敵なヨメとトメ

収納ブログを読んでたら
ブログ主が、昔、義母上に送ったネックレスを

「私にはそんなに必要ないから、あなたに返すから、使ってね」

と義母上から頂いた話が書いてあって
ほほおーーずいぶんすっきり付き合えている嫁ー姑なんだなぁと感心したわ。

自分と義母の事を考えてみると・・・・
ありえない!

だいたい義母は
私の送ったスカーフをびりびりと包装紙破って出して
そのへんに放り出して、忘れて、踏んづけて歩いた人だからね。
ありえません。

仕方ないよね、
嫌われてたんだもん。
しかも、ものすごく。

羨ましくて、羨ましくて、とまではいかないけど
ちょびっといいなぁと思った私でした。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-25 22:47 | 電脳 | Comments(0)

文学館

今日はほんとなら妹宅で母も加えていつものランチ会だったのだけど
昨日、妹からメールがあって
飼い犬が吐いて下して血便もありで重篤なので
延期してほしいって。

病気なら仕方ない。

ってんで、今日フリーになっちゃったのよ。
それなら家事に励めばいいものを
あまりにも天気がいいので、ふらふらと出かけてきました。

行きは路面電車。
少々歩いて、神社にお参りして、その近くにある文学館に。
あるのは知ってたけど、一度も行ったことがなかったので
こういう機会でもないとなかなか行かないしね。

今日は空は晴れ渡ってたけど、風がいささか冷たくて
文学館の建物に入るとふんわり暖かくてほっとしました。

なんと地階に展示場とオープンスペースがあって
オープンスペースには喫茶コーナーもありました。

今日は常設展示のみだそうで400円払って入場。
知らない作家も多く、へえ、の連続。
一番びっくりしたのは、李カイセイが道に縁のある作家さんだったこと、かな。
知らなかったよ。
そして、もっとびっくりしたのが
大学で万葉集の講義をしてらしたN先生のお写真と原稿が展示してあったこと。
おもわず「あ、N先生!」と声が出てしまった。

なんだかほほえましかったのが
金田一京助が知里幸恵に送った葉書の文面。
ノートをもっと贅沢につかった方がいい、
片方のページにアイヌ語の詩を書き
もう片方にその訳を書いて、
端はあけておいた方が、あとでいろいろ書き込める、
小さな文字でびっしり書くと疲れてしまって
翻訳作業の障りになるのではないか、なんてことを優しい物言いで書いてたり
アイヌの詩の美しさにとても感動した言葉、とかね。
考えたら、幸恵さんは19歳で亡くなっているので
金田一さんからしたら、どうしてもそういう文面になるのかもしれないわね。

行ってよかった。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-24 22:48 | 雑感 | Comments(0)

ぱあそなるからあ

とある色彩関係のブログを見ていたら
一人の女性にいろんなストールを巻いてもらったのを
ずらりと並べた記事があった。

濃い目のアプリコット、明るいオレンジ、濃い目のココア色、
ミルクコーヒー、多色織り、緑に模様、青系※などなど。

ぱっと見て、女性の顔の色を補正してあるんでないの、と思ってしまった。
なんとなく顔の色が違うように見えたのよね、私には。
顔の色を補正するなんてちょっとズルイ、と思ったんだけど
このブログ主はパーソナルカラーをお勉強した人なのに
なんとかというシステムで
「どの色でも着られます!」てな事を高らかに歌ってたのよね。
この主張だったら顔色の補正をするかなぁ・・・・?
と半信半疑になり、ためしにストールの部分を紙で隠してみた。
隠してビックリ。
お顔の色はほぼ同じでした。

つまり、それほどバウハウスが発見したパーソナルカラーは
正真正銘本当だという事だわね。

今まで
パーソナルカラーって8割くらいしか信じてなかったんだけど
今度からは100%信用するわ。

※ただし、青系のはあきらかに顔の色が違うんで、これは何の証明にもならない。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-23 22:30 | 電脳 | Comments(0)

おとたけさんの騒動で

おとたけさんの騒動で初めて知ったのだけど
おとたけさんは体重が38kgなんだそうだ。
ずいぶん軽いんだなぁー
そっかー
手足がないもんなぁー
とぼおーーっと考えているうち、はたと気付いた。

成人男性の体重の平均値っていくらなんだろう?

60~70くらい?

でも、おとたけさんは大柄ではなさそうなので
五体満足で60kgとしてみると・・・

手足の重さは両方で22kgということになるよね。

手足1本ずつで11kg。

10kgの米袋を持ってみるとわかるけど
10kgは相当重い。
自分の身体をつらつら眺めてみても、11kgのほとんどというのは言いすぎにしても
7~8割は足の重さであろうよ。

となると
私達はずいぶん重いものを動かして歩いたりなんだりしてるんだなと妙に感動したわさ。


ついでに
今回のおとたけvsgonzo騒動で一番悪いとこはおとたけ氏が店名を出した事だ。
自分の影響力がわかってないのか、あんな店潰れてしまえ、と思ったのか、そのへんはわからないが
店名さえ出さなかったら、こんな騒動にはなっていなかった。
明らかににやりすぎである。
店を潰してしまおうと思ったのではないかと勘ぐられても、なんの弁明もできまい。
子どもじゃないんだから、店名はぼかすべきであったよ。
まったく影響力のない、この私ですら、けなす時は店名を書かないようにしているのに。
[PR]
by kumorinotini | 2013-05-22 22:00 | 時事 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini