<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ランチ会9月

なんだろう。
今日は珍しく母の父に関する愚痴はほとんど出なかったんだけど
やはり疲れた。

なるべく自分から話をしないと決めて出かけたのに
どうしてもしゃべってしまった事が
後悔となっているのだろうか?

来月は頑張ろう。
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-30 22:50 | 私の一族 | Comments(0)

ディスポ水漏れ

今日、排水の点検と掃除が入ったんだけど
特に問題はないし、と安心してたら、サービスの人が

「ちょっと、いいですか?」

な、なんとディスポが水漏れしてるんだと。
今までは汚れがストッパーになってたみたいでなんとか食い止められてたのが
今日、掃除しちゃったもので、このようにポタポタ漏ってくるんで
早急に修理を頼んだ方がいいかと・・・
このディスポの会社、倒産してますよね、もしも心当たりがなければ
修理できるところを捜してお知らせしますよ、

と優しいお言葉。
前に修理一覧表もらってるのでたぶん大丈夫だと思うけど
もしもわからなかったら、電話してお願いしますね、とお帰り頂いた。

これまでもらっている書類を引っ張り出して
修理会社を捜し連絡するとすぐ来てくれて、調べてくれたところによると
底の部分のどこかに小さな穴が開いていてそこから漏れているのでしょう、
なにかとがったものを間違えて入れたことはないですか?
(あ・・・フォークを1回落としました。すぐに気付いて止めたんですけど)
タイミング悪いと穴が開いてしまうんですよ、
残念ですけどこれは全体を取り替えないと駄目ですね、
・・・8万円と消費税かかるんですよね・・・

と、すまなそうにおっしゃるサービスマン。
仕方ないじゃないですか。
って、私、20万円くらいするのかと思ってドキドキしちゃった。

明日は出かけるので
あさって部品を持ってきて付け替えてくれることになりました。
物入りだけど、仕方ないものは仕方ない。

ところで明日は、例のランチ会です。
ああ、憂鬱・・・
また、母の愚痴を聞くんだろうか。
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-29 22:19 | 暮らし | Comments(0)
有名な映画なんで、一度は見ておくかと、録画したのをやっと見た。

バカな子どもだらけでウンザリ。
12歳の男の子がバカなのはまだ許せるとして
(だいたい男の子は15歳くらいまでバカだから)
高校生らしき少年たちがバカなのはなんともはや・・・
バカだから不良になるのか
不良だからバカになるのか。
両方かぁ・・・

リヴァー・フェニックス、役得だな。

この映画、すっごく誉められてるよね?
私はそれほどでもなかった。
ていうかなんともいえず切ない気分になったよ。
だってさ、
ほんとは周囲の大人たちがやらねばならない事を
この12歳の少年、主にゴーディとクリスがやってるんだぜ。
互いに補完しあっているんだぜ。
切ないだろ。
ていうか腹たってきたよ。
片方は父親に嫌悪されてると信じてるし、
もう、片方は信頼してた教師に裏切られてショックを受けてるし。
周囲の大人どもよ、カツモクせよ!ですよ。
って、年くっても大人になれるってもんでもないと大人といわれる年になるとわかるんだけど
子どもからすると、大人は完璧な存在で、そう期待しちゃうんで間違いや誤解が起きるわけだ。

この映画を子どもに見せて、大人に期待するなと教えた方がいいのかもしれない。

と内容はさておき、ベンEキングの主題歌はほんとに良いね。
とにかく良いよ。
あのエンディングの歌で何倍も得してるんじゃ?
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-28 22:48 | 映画 | Comments(0)

今鳴いたカラスがもう

理都さんの息子さんの件でちょい落ち込んだのもせいぜい2日。
すぐに立ち直ってしまうのは
やはり他人の事だからか・・・

しょうがない。
人間ってそんなものなんだろう。

でも、ふとしたおりに
アレが夢だったらよかったのに、と思う。

ほんとにね、夢だったら・・・


明日から通常営業。

[PR]
by kumorinotini | 2015-09-27 22:15 | 知人友人 | Comments(0)

お参り

ちょっと距離あるけどG神社に行ってお参りしてきた。

そして、病気平癒のお守りもらってきた。
理都さんに送ろうと思う。

効果のないのはわかっている。
でも、こんな事しかできない。
ほんとに何もできない。
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-26 22:09 | 知人友人 | Comments(0)

夢ならいいのに

昨日、結婚してからの知人、理都さんから封書の手紙が来た、いつもは葉書なのに。
なんだか嫌な予感がした。あけてみると・・・

息子さんが大腸ガンでステージⅣだと書いてあった。
今の状態では手術しても身体への負担が大きいので
抗がん剤で小さくしてから、なのだそうだ。
すでに抗がん剤の治療は始まっているそうだ。



一晩たって昨日の手紙が夢ならいいのにと痛切に思った。
理都さんはもっともっと切実にそう思っているだろう。

なるべくいつも通りにしているけど
もう何をしても楽しくないと書いてあった。
すごくよくわかる。
ドラマ見たって、内容が頭に入らないだろう。

現実の世界と自分の間に幕が一枚できた感覚だろう。

夢ならよかったのに。
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-25 22:55 | 雑感 | Comments(0)

異質のひと

先日、師匠と買い物から帰ってきた時、
芋夫人とすれ違ったので、さらりと挨拶し、師匠に
「今の人が」と言いかけたら、
師匠が

「芋さんの奥さんでしょ?」

と言うので、驚いた。
あら、なんでわかったの?と聞くと

「だって、ここの奥さんたちとはまったく異質だもん」

お、おう・・・そうか。
そういえば、異質だな。
なんたって女子力高いし。
いや、そこじゃないのかな?

たいていの奥さんはパンツルックなのよね。
お仕事とか何かのお出かけとか外出であることがはっきりわかるスカート姿以外は。
でも、芋夫人はふだんからスカート。
しかもワンピの時すらある。

異質なのよね。
それが悪いわけではないけどさ。

そうだな、セレブの匂いがするのかもしれない。
外の人からはセレブが住んでるみたいに思われてるこのMSだけど
中に入ってみるといたって中流ばかりだからね。
やはり、異質だなぁ。
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-24 22:44 | 暮らし | Comments(0)

根来塗りの汁椀 2

根来塗りの汁湾を買って満足して使って1週間。
やや近い巨大スーパーに行ったら、
大**展なるものをやっていてそこでいろんな食器(瀬戸物メイン)を売ってたんだけど、
その中に数はほんの少しだけど根来塗りらしき汁椀があって、
それが1週間前に買ったのよりずっと高価そうで大ぶりでいい感じだったの。

ああ、失敗したぁ・・・

と嘆くと師匠が「買いたい時が買い替え時」と言ってにぃーーっと笑ったわ。

そうね。

ずっと根来塗りのがほしくて、やっと見つけて、それも2週間悩んでやっと買ったんだった。
今ので満足することにする。
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-23 22:06 | 暮らし | Comments(0)

ショクシツ!

先日初めて警官が職質するとこを見たわ。

呼び止められてたのは、男性で
フルフェイスのヘルメットをかぶり、ランニングシャツに黒の短パン。
自転車に乗っていました。
自転車の荷台には風呂敷で包んだ大きな荷物がくくりつけてあり
そこから2本の棒がニュッキリと空に向けて突き出ておりました。
全身からみなぎる怪しさ。

と、パトカーにのってゆっくり流していた若い二人の警官が
車を止めて素早く降りて、静かに近づき自転車を止め、男が自転車から降りるように誘導します。
そして、例の台詞
「ちょっとお話聞かせてくださいよ」

お。

ほんとにこの台詞、いうんだぁ!

男は「**に届けなくちゃ」とか「急いでる」とか言いますが、
気付くと警官のひとりは自転車の前をふさぐようにして立っています。
これでは自転車に飛び乗って逃げることはできない。

立ち止まって一部始終を聞きたかったけど、
それはやりすぎかなと思い、ゆっくり通り過ぎることで諦めたけど
ひそかに興奮したのでありました。
ああ、なんかこんな風にオマワリサンは頑張ってくれてるんですね。
[PR]
by kumorinotini | 2015-09-22 22:26 | 雑感 | Comments(0)

新安保と民主主義

少し前までサヨクの人たちは、自衛隊を「人殺し」の集団とボロクソに言っていた。
それが、新安保法案が国会で取り上げられるや、「殺される自衛隊の人が可哀相」なんて言い出した。
一体どっちやねん!?と思ったわよ。
ようするに、サヨクの人は無定見って事なんだな。
それからサヨクの人って弱者(子ども・女)を盾にしてくるんで、私は信用ならないと思っているし、大嫌いだわ。
ほんとに盾にしてくんのよ。形容じゃなくて。
なのにサヨクは「弱者を守れ!!!」なんて叫ぶわけで。
ここでも思うわよ。
一体どっちやねん!?て。

さて、ネットにあった文章ですが
民主主義とは、がわかりやすいと思うので、自分のために取りおき。

69 :日出づる処の名無し:2015/09/20(日) 21:32:26.15 ID:sZ8A6/qs
太鼓を叩いていた子達に「民主主義」と「民主主義の敵」を教えよう
http://blogos.com/article/134995/

幼児は太鼓を叩くのが好きです。大声で奇声を発するのが好きな子もいます。最近国会前で太鼓を叩いていた
子達は幼児ではないみたいですが、「民主主義って何だ」と奇声を発していたので、教えてあげようと思います。
 皆さんのお近くにあの子達の仲間がいたら、是非教えてあげてください。

1 「民主主義」とは、意見の違う相手の立場を尊重することです。
ですから「平和安全法案」を勝手に「戦争法案」と呼ぶような人達は民主主義の敵です。
与党の人達は、万が一心の中で思っていたとしても、国会の議場で民主党や共産党、社民党の人達を「売国奴」
とは呼びませんし、山本太郎氏を「低能」とも呼びません。少なくとも、国会は民主主義の実現を目指す場だと
心得ているからです。

2 「民主主義」とは、いきなり自分の考えを押し付けるのではなく、相手との妥協点を探ることです。
 ですから、国会で多数派を占める与党を基盤にする政府法案を、気に入らないからといって妥協点を見いだす
努力もせず「廃案!廃案!」と叫ぶ人達は民主主義の敵です。
 与党の人達は、「次世代の党」「日本を元気にする会」「新党改革」の人達の主張を付帯決議に取り入れるという
形で妥協を図りました。これが民主主義です。また、「次世代の党」他の人達もイデオロギーを超えて、修正案を
練り上げました。これが民主主義です。
 SEALDsの皆さんが「帰ったらご飯を造って待ってくれているお母さんがいる平和を守りたい」と訴えた時に、
その訴えが気に入らないと批判した上野さんとかいうおばさんがいたでしょう。ほんのささやかな違いが許せない。
そういう人が民主主義の敵です。
ちなみに、平和安全法制は、そういう皆さんが願う平和を未来に向かって守るために造られたのです。

3 「民主主義」とは、妥協点を見いだせなかった時には多数決で全体の意見を決めることです。
 人間ですから、いくら話し合っても妥協点を見いだせないこともあるでしょう。そういう時には、人の値打ちは
皆平等ですから、全員が平等に同じ1票を持って多数決で意見を決める。それが民主主義です。
 100時間も話し合ったのに、暴力で多数決(国会では採決といいます)を妨害した人や、自分達が通路を通せ
んぼしているのに、それを退けようとしたら「セクハラ、セクハラ」と叫んだおばさん達がいたでしょう。あれが民主
主義の敵です。

72 :日出づる処の名無し:2015/09/20(日) 21:33:13.37 ID:sZ8A6/qs
(続き
4 「民主主義」とは、多数決で決まった意見に皆が従うことです。
 中東でデモをして選挙が行われた時に「アラブの春」と喜んでいた人がいたでしょう。だけどデモによって選挙を
実現した人は、自分の気に入らない選挙結果に従わず暴力で抵抗しました。そして、今アラブ世界から大勢の
難民がヨーロッパに押し寄せています。
 皆さんと一緒にデモをしたおじさんおばさんが、もし「こんな国会議決に従えない」と叫んだとしたら、その人達が
民主主義の敵です。
もちろん、日本は民主主義の国であると同時に立憲主義の国でもありますから、裁判で平和安全法制の違憲を
争うことは問題ありません。しかし、万一、自己判断で違憲だから従う必要がないと言い出したら、その人達は
民主主義だけでなく立憲主義の敵でもあります。
結論:わが国では、あなた達が呼び捨てにしていた総理大臣や、その仲間達が民主主義を体現しているのです。
そして、あなた達をちやほやして、代表を国会にまで呼んでくれたおじさん、おばさんこそが民主主義の敵です。
判ったら、もう法律は成立したのですから、明日から頑張ってお勉強をしましょうね。

[PR]
by kumorinotini | 2015-09-21 22:36 | 時事 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini