人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

友人の作品展の後日

友人からメールが来て、
私が訪ねた日の午後に展示室に寄ったのだそうで

メールで
「会って話がしたかった」と熱心な文章で・・・

ほんとに私なんかに会いたかったんだろうか、
話をしたかったんだろうかと
疑心暗鬼です。

だって、私なんかと会って話したがるなんて信じることができない。



by kumorinotini | 2016-10-31 22:27 | 知人友人 | Comments(0)

夫さんとの会話

う~~む、だわ。
夫さんとの会話に苦労してる。
一回で理解してくれない。
ていうか
話しかけてるのに、話の半分あたりでやっと脳みそに会話内容が届くらしく
返事等がトンチンカンなものになるので
いやいやそうじゃない、こういう事を言ったんだともう一度話を繰り返す事になる。
それで理解してくれたのなら万々歳でひどいときは
3回くらい同じ話をするはめになるの。
ウンザリしてくる。
私の話し方が悪いのかと思って師匠に聞いてみたら
作業中で身を入れて聞いてない師匠のほうがちゃんと理解してて
ガックリくる事になるわ。
あるいは
師匠としゃべってる時に
中途半端に聞いた状態で話に入ってきて
これまた話を最初からていねいにしないと理解してもらえない、という事が
しょっちゅう。
どうしたらいいんだろ?
これからは図解つきでゆっくりと話し、ところどころでちゃんと通じているかどうか確認しないと駄目なのかしら・・・?
ああ、面倒くさい・・・
ほんとに面倒くさい・・・

いえいえ、難しい話とか大事な話の時ならこの手間は惜しみませんよ。
でも、そんなに大事でない話、ヨモヤマバナシなんかでそれをやられると・・・
たまりません、だわ。

さらさらと会話していきたいのに
何度もズッコケて何度も同じ話のループ・・・
前に進まないのよ。
疲れるわぁ・・・

どうも男性ってそうらしいんだけど
じゃあ、外に出た時、こんな事では話にならないわよね。
ちゃんと一回で会話の中身を理解してると思うのだけど。
男性っていうのはホームに帰ると
脳みそのあらかたがお休みモードになると聞いたけど
そのせいなのかしら?
それとも、外でもそうなのかしら?

ああ、わからん・・・

一番いいのは夫さんと話さない、って事になるけど
それは気の毒に思えるし、夫さんに話しかけてないのに
師匠とだけしゃべってるのに
まったく理解してない状態で勝手に理解して話に入ってくんのよ。
たまらんわぁ・・・
by kumorinotini | 2016-10-30 21:44 | | Comments(0)

人相

ランチ会の時に、
妹がサトちゃん(妹の夫)の弟嫁さんの話をして

「ものすごく良い嫁発言や優しい嫁発言が多いのだけど、
そんなに優しい人に見える?
人相悪いよね?
いっつもむっとした顔してるよね?」


そうよね~とかいいながら
私も人相悪いし、はたからそう思われているのかなとちょっと嫌な気分になったけど
この顔に生まれついたんだから仕方ない、自分ではどうにもできないんだしな・・・と思うと心の底から、人相悪い=性格悪い、には賛同しかねたわ。
でも、妹があまりにも熱心にいうんで、異議申し立てもできなかった。

そうなの。
私ってものすごき鬼嫁というかカカア天下みたいに思われてるらしいのよ。
損よねぇ。
そんな事まったくないのに。
ああ、実に損だわ。
カカア天下になってみたい。
鬼嫁になってみたい。


by kumorinotini | 2016-10-29 22:29 | 私の一族 | Comments(0)

ドラマ「相棒15」

今年の「相棒」はなんだか違うぞ、という感じ。

初回の2時間SPはなんだか「トリック」っぽかったし
と思ったら、なんとプロデューサーが「トリック」のお方。
プロデューサーが変わると、こういうのまで変化するものですかねぇ。
ふうむ、面白いものだなぁ。
で、通常の1時間になってから・・・
なんだかこれまでのと手ざわりが違うような。

第一回の苦い終わり方。

第二回の「チェイン」なんて一回で飲み込めなくって、2回見てしまいましたよ。
で、なんだか涙が出そうになった。
人には「こんなとこに居ちゃいけない」といいながら
自分たちは抜け出すことができなかった野中と工藤(偽名。後で石川と判明)にとって
ちょっと荒っぽい手段にしても、それでも良くない環境を抜け出て
成功している若い二人はまぶしい存在だった。
憧れだった。
自分の夢の具現者だった。
だから、なんとしてでも二人を守りたかった。
一人は死ぬこと(ヤクザから追い込みもかかっていた)で。
もう一人は地方の片隅に引っ越すことによって。
まさか二人が自分たちを捜すとは思わなかった。

誰が殺したか、ではなく、そこまでの経緯を描くことに重きを置いているかのような。


三回目も派手な殺しはなくて
死を宣告された男が必死に動き回るのを追っていたし。


今回の「相棒」はこれまでとは違うけど、なんだか目が離せない。


by kumorinotini | 2016-10-28 22:46 | | Comments(0)

「この愚痴の話はお父さんにはしないでね。
 前に電話で愚痴言った時、お父さんに話したでしょ。
 あの後お父さんから手紙が来たよ。
 ああ、説教の手紙だなと思ったら、ほんとに全部説教でウンザリした」


どんなことが書いてあったの?と聞くと


「人を嫌ったりうらんだりしてもいいことは何もない。人を許し、明るく生きることが大事。その良い手本はあなたのお母さんです。お母さんは不平不満もなく毎日明るくいきています」

みたいな事が書いてあったんですって。

母言うに、
この手紙を父はこっそり書いてこっそり投函したようだと。


いや~~~笑っちまったよ。
母が娘相手に言いまくっている愚痴を聞いたら、父はなんと思うのだろうと。
まったく!
知らないって幸福だな。

自分の頭のハエを追ってろって話だ。

それにしても、なんで人ってお説教が好きなんだろうね?
お説教っていい気分になれるからかしらね。
いや、いい気分だろうね、自分をコトはタナに上げて
上から目線で物を言うんだもんね。
ああ、そりゃあ、いい気分さ。

一回やったらやめられないよ。
される方はたまったもんじゃないけど。
私も昔、母からお説教の手紙をもらった事があるわ。
怖ろしく誤解した挙句に
「あなたの考えは不毛の考えです」なんて事が書いてあって苦笑するしかなかったよ。
あんた、私の言ったこと、書いたことをまったく理解してないよ、と思ったわよ。
そして、さぞかしいい気分で文章を書いたことだろうなと思うと
ものすごく不愉快になりましたさ。
私はお前らをいい気分にさせつ道具かよって。
もっと悪い事に父も母も書きながら、これは子どものために、と固く信じて疑わなかったろうなという事。
自分のやる事に一点の曇りも持たない人って・・・最悪だわよね。
もっと悩めよ、迷えよ、考えろよ。

母の理解力のなさは読書をしないからだろうかと考えたりする昨今だけど
あんなに本を読む父ですらそうなんだから
それは関係ないのか・・・生来のものなのか学習能力なのかきちんと考察しないからなのか・・・ああ、わからん事だらけです。
とにかく迷惑だというのだけは確か。
そのうえ不愉快。


by kumorinotini | 2016-10-27 22:24 | 私の一族 | Comments(0)

とうとう恐れていた電話が来ました。
予想より3年以上早い。

百万円送ってくれ、と。

言い方としてはどうだったかわからないけど
煎じ詰めるとそれ。

私が電話に出たわけじゃないし
夫さんが要約して教えてくれたので
どういう会話だったのか、わからないのだけど
夫さんがアレコレ聞いて、やっとそれに答えるという感じで
詳細がわかったようです。
詳細といっても、そんなに詳細でもないけど。
(どうもね、しょっぱなに「百万円いる」とか「送れ」とか言ったらしい。
夫さんがそういった単語を繰り返してたから))


5,6年前に<てんかん>を発症し
3年前からは働けなくなった。
二ヶ所の病院にかかるせいもあり義父の遺産を使い果たし
お金がまったくない、とのこと。
まだ65歳になってないので、年金は14万円(一ヶ月?二ヶ月?)。
65歳になったら20万円になるのだそうで。
20万円になったら、少し息がつけるだろうから
あと3年どうにかしのぎたい、んだそうで。


なんで一ヶ月前に言わなかったのでしょう?
一ヶ月前、
夫さんは義弟さんと電話で話してるんですよ。
例の義父母の遺した家の件で。

どうしてその時にきちんと言わなかったのか・・・謎です。

その時の電話で病気はどうだとか金は大丈夫なのかとか
夫さんが聞いてるのを私は聞いている。
義弟さんはそれに対して「大丈夫」とかなんとか言ったらしく
夫さんは安心した様子でした。
それを見て私も安心した。
なんとかやっていけてるんだなと。
まさかそれから一ヶ月後に「金くれ」の電話があるなんて
予想だにしませんでしたよ。


この百万円がいつまでもつのかわからないし
義父の遺した財産を送金し尽くしたら
(遺産は1200万円ですが、他人からみたら多いほうかもしれないけど、こうなってくるとあっという間に無くなってしまいそう)
今度はうちのお金(正しくは夫さんのお金ですが)を送金する事になるのでしょうか。
うちは暮らしていけるのかしら・・・
そんな事を考えると、ちょっと足が震えます。
義弟さんはもっと震えたかもしれないけど。
私は義弟さんと血のつながりはないから、薄情なのです。


それにしても義弟さんもなんと運の悪い人なんでしょう。
白血病の後は<てんかん>だなんて。
義弟さんのお嫁さんも結婚してすぐに首に腫瘍ができてその手術、それから数年して坐骨神経痛。
神経痛の方は治ったらしいけど、
夫婦して非常に不運です。

でも、それは私のせいじゃない。
私としては夫さんが送金するのをでも、それは私のせいじゃない。
私としては夫さんが送金するのを黙認するのが精一杯の譲歩です。
不愉快な表情すらしません。
そこで手をうっていただきたい。
これ以上何かしろといわれても困る。
こっちにだって生活はあるんだし。


by kumorinotini | 2016-10-26 23:39 | 夫さんの一族 | Comments(0)

ランチ会10月編

25日に妹んとこでランチ会。
珍しくもないけど、妹による彼女の夫実家関係の愚痴と
いつもの母の愚痴だったのだけど・・・


翌日(つまり今日、しかも朝早く)妹から長いメールが来たわ。

「昨日は長々と私の話をしてしまって申し訳ありませんでした。小樽のおじいちゃんの病状を母に電話した時に私がちょっと愚痴を言った時に、母がチヨさんが一人になったら可哀相に思ってあなたも優しい気持ちになるでしょうと言ったの。でも、全くそんな気持ちになれない訳で、またトモ子さんに言われないように昨日はくどいくらい好きになれないと話しました。自分の心をの狭さをこれ以上自分で責めるのも疲れたし、やっとメニエールも良くなったので、この状態を維持したいと思っています。
愉快でない話で、悪かったでした。
日曜日にお手伝いにいったお茶会の話を次回にしますね。~」


これに対して私の返事はざっと書くと


気にすんな。
もっと愚痴言え。

だったんだけど、
母はどうも理解してくれないのよね。
お姑勤めをした経験がないせいなのか
生来の楽天気質がそうさせるのか、嫁ー姑の関係に関して
認識が甘いのよね。
そのせいでかなりトンチンカンな事を言い出すし
年寄りのせいか説教したいらしくって
まあ、そういった事を言い出すらしいのだけど
どれもこれも見当違いなわけだ。
これは何度言っても治らない。ていうか矯正するなんて無理ゲーって話。
わが親ながらいやになるが、それの父親編が次にくるのだ。あ~あ。
きっと、「お母さんの言葉のおかげで目がさめた」とかなんとか言ってほしいんだろうね。
どっこいそうそううまくいかないのだよ。
愚痴は黙って聞くとかないのです。
早くわかれよ、と切実に思う。


by kumorinotini | 2016-10-26 22:21 | 私の一族 | Comments(0)

席を譲られる


最近聞いてビックリしたんだけど
なんと夫さんは
今年地下鉄で2回も若い人から席を譲られたんですって。
そんなに年に見えるのかなとショックを隠せないようでした。


まあね、前からみると毛髪がほとんど白くて
お年寄りに見えるといったら見えるかもしれない。


でも、私が気になったのは
譲られて座ったかどうかだったわ。
聞いてみると、断ったんですって・・・
バカヤローですよ。
どうして、礼を言って座らないんだろう。
その若い人たちの気持ちを考えてあげてほしいわ。
かなり頑張ったのよ。
すごく勇気出したのよ。
お若い方々にとって、、見知らぬ人に声をかけるのって
すごく勇気のいることなのよ。
たとえそれが席を譲るにしたって。
それをすげなく断るなんて・・・
それでもお前は人生の先輩くゎっ!?ですよ。
その子たちは今後二度と席を譲らないかもしれないじゃないの。

だから、今度からは
心からお礼を言って、座ってねとお願いしておいたけど
・・・
夫さんの事だから、すっかり忘れて、また、断るんだろうな。
あ~~あ、だわ。


by kumorinotini | 2016-10-25 22:46 | | Comments(0)

「仲がいいのねぇ~」


先日買い物帰りに同じMSの奥様とエレベーターで一緒になった時
「お買い物?仲がいいのねぇ~」
と言われたわ。
彼女はいつも単独で買い物に出ている。
私は、そっちの方がいいなぁと思っているだのだけど
まさか夫さんの前でそんな事は言えない。
(一度「なんで(一緒に)来るの?」と聞いた事があるのだけど、その時、ものすごく傷ついた顔をしたので、以来、そういった事が言えないでいる。ズルイよなぁ)
あいまいに笑うしかできなかったのだけど
買い物という買い物に夫がついてくる状況を想像してほしい。
どれだけ息が詰まるか→洋服のコーナーに行けない)、
ストレスがたまるか(ふらふらといなくなるので捜す手間が生じる)。
だけど、他人様から見たら
「いいわねぇ~」になるらしい。
あるいは気の毒に思ったものの
まさかそんな言葉を言うわけにはいかないから
お付き合いというかお愛想の言葉としてそう言ったのかしら?

私のほうこそ
「いいわねぇ~一人で行けて」なんだけどな。

ふふふ、簡単に他人を羨んではいけない、ってことかしらね。


by kumorinotini | 2016-10-24 22:03 | 雑感 | Comments(0)

 
わはは!
ミタゾノさん、
あなたは忍者ですかスパイ大作戦ですかCIAですか。
しかも家事能力ハンパないし。
まさかドラマの途中できちんとレクチャーがあるとは思わなかったわよ。
女装癖については派遣所の皆さんご存知とは・・・意外な設定。


ミタゾノさんはその特殊能力をフルに使って
家族の弱みをつかみ、家族を壊していくだけかと思いきや
実は家族の再生請負人だったりして、という展開。

ドラマのキャッチコピー「あなた、私を雇ってしまいましたね」
というのが実に意味深であります。


余貴美子さんのノホホンとした家政婦派遣所の所長さんぶりが魅力的。


ファンタジーもここまで堂々と押し切ってくれたら
それなりに楽しめるというか
すごく楽しみましたよ、私は。

どーもね、ドロドロ物とか恋愛物より
こういった面白ドラマが好きだなぁ。


by kumorinotini | 2016-10-23 22:20 | | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini