人気ブログランキング |

<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

さぬきうどん

ブラタモリで
珍しくグルメといいますか<食>に関係するお題を取り上げていたわ。
それは
「さぬきうどん」
香川県の気候的なものから小麦を育てるようになり
やはり地形的なものから水車で粉を挽くようになり
こんぴらさんにお参りに来る人々に土地の名物として出すようになり
全国的に有名になったという。

最後にブラタモリにしては珍しく「さぬきうどん」をいただく場面で終わりだったんだけど
故郷の「博多うどん」をこよなく愛し、
「讃岐うどん」に関し
「コシがあるとか言うけど、あんなに固いのはうどんではない」
と言い張るタモリ氏が
これはうまい、固くもないし、とほめていた。
テレビ画面で見るかぎりでは、
伊予製麺、丸亀製麺とかの一辺1cmはありそうな
ぶっとくて、あまりにも弾力があって噛むのに苦労するようなうどんではないようでした。
(乾麺の「さぬきうどん」によく似ていたような)

「さぬきうどんの会」の人によると
タモリ氏がほめたうどんが「讃岐うどん」なんだそうで
となると
例の製麺屋のぶっとくて弾力ありまくりのうどんは
一体どこから???ってやつです。
お店の看板には「讃岐」と書いてあるのに
あれは「讃岐うどん」ではないの?
じゃあ、なんで「讃岐」と銘打って売ってるんだよ、てな事になるわね。

いっそブラタモリで「製麺」会社のさぬきうどんについて
調査してほしいもんだわ。

by kumorinotini | 2017-01-31 22:36 | | Comments(0)

シャープなマリメッコ?

先日、どうしてもほしくなって
ちょっと遠いめの100均に言ってマグカップを買いました。
その時は夫さんも一緒で、私がマグを買ったのをちらっと見ていた。
帰宅してからそのマグでコーヒーをお出ししたら

「これで100円?絵付けして焼いて、だよね・・・で、100円?
もうかってるんだろうか・・・」

私がほしがるだけあって(?)
そのマグはなかなか素敵なのです。
とてもシンプルな形で、お花の模様がついている。
その花模様はリアル、あるいはリアルに近いものではなく
(あまりリアルな花模様は好みではない)
強いて言えば、マリメッコをシャープにした感じ?なのです。

初めて見た時から気に入ってたのだけど
うちにはすでにマグがあるしなぁ・・・と思って一旦は諦めたんだけど
どうにもこうにも諦めきれず、
100円だしと購入に至ったわけです。

すごく満足。
形も模様も。

でも、夫さんの言葉ではないけど
100均のものって・・・どうやって利益を出してるんでしょうね。
いいのだろうか、あんなに安くて。
安いからこそ、思い切って買えるって事もあるにしても。



by kumorinotini | 2017-01-30 22:38 | 暮らし | Comments(0)

コミックを買って

あまりにもドラマにはまってしまって
その原作のコミックまで買ってしまったけど
そのコミックのレベルが低くて
なんともモヤモヤした気持ちになったわ。

最初は新人漫画家なんだなと思ったんだけど
最後のページに10代で漫画家になって25周年とあって
ドオンとショックを受けた。
25年も描き続けて、このレベルなのか・・・・

なんなんだ?
才能がないって怖いな。
曲がりなりにも漫画家としてやっていけてるんだから
まったく才能がないわけではないだろうけど
それにしても、です。

もう少しデッサンとかやった方がいいんじゃないんだろうか?
ペンもいろいろ使いわけした方がいいんじゃないんだろうか?
表情の描き分けも練習した方がいいし
一番は登場人物の描き分けも必要だなと。
背景に埋もれてしまう登場人物って・・・ヤバイだろ。
もっと勉強しろよ、プロなんだから、と言ったら失礼かね。

とまあ、こんなデビュー前の漫画家さんに言うような事がうかぶわけだ。

ああ、しかし、頑張ってもこの程度なのかもしれないし
あまり言うのもアレだわね。
原作本じゃなかったら
絶対に買ってないというか
食指が動かない本だなと思いました。

ああ!録画したのをとっておけばよかった。
ここまでドはまりするなんて予想もしなかったよ~~~


by kumorinotini | 2017-01-29 22:54 | | Comments(0)

三月すぎたけど

完全退職して三か月もしたら
夫どもといおうものは退屈してムズムズし始めるものだ、と
どっかで読んだし誰かに言われたんだけど
うちの夫さんは
<毎日が日曜日>を満喫しているみたいだし
退屈している様子がない。

え~~と
こんなものでいいんだろうか?
退職した夫どもの多様性でいいんだよね?
別な意味で心配になってきますよ。


by kumorinotini | 2017-01-28 22:13 | | Comments(0)
「逃げ恥」ブームが止まらず
とうとうコミックまで購入してしまったぜ。

大人買いしようと思ったけど
師匠が「まず一巻目を買ってから考えたら?」とアドヴァイスしてくれたんで
とりあえず一巻目から。

ドラマよりエピソードが多かったな。
それなりに面白かったけど
絵柄がいまいち・・・
もうちょっと人物の書き分けができていればいいのに・・・
何を求めてんだ、私。

脳内で変換してるくせに。

今度本屋に行ったら
二巻目を買おうかなぁ・・・
考え中。

DVDを購入した方がいいんだろうか。

by kumorinotini | 2017-01-27 22:52 | | Comments(0)

アイトハナンダ?

よく「愛してる」っていうけど
愛ってなんだろうね。
よくわからないのですよ。

中学1年の時の担任に
「篠宮さんは一生人を愛せないね」
と言われたことがあり、
ああ、私って人を愛せないんだ、愛されてないからなぁと妙に納得したもんだけど
じゃあ、私にそういったお前(山田センセ)は愛ってなんだかわかってるのか、と
言ってやればよかったわね。
愛って何だ、説明しろって言ってやればよかったね。
でもさ、いち中学生が教師にそんな事言えないよね。
ていうか
担任のこの言葉、
けっこうキツイお言葉よね。
人を愛せない、ってなんだか人間として最低みたいじゃないですか。
一教師は何を考えて私にそんな事を言ったんだろうか。
今となっては理由はわからないし
そして今もって<愛>がなんだかわからない。
なにせ愛情をしっかり感じる事ができる、という育ち方をしてこなかったもので。
こんな事を言うと、母は
「あんたには愛情をたくさん注いできた、そんな風に考えるのはおかしい」
とかなんとかいうだろうけど、その自信はどこから来るんだ?
愛情を感じたことはあまりなかったよ。
妹は母の愛情があったから、私たち姉妹はぐれずにきた、とかなんとか言ってたけど。
てか母よ、私の事、嫌ってたというかカウンセラー変わりにしてたくせに。
そして、父ははっきりと私を嫌ってたし。

じゃあ、私は家族に対してどうかというと・・・
いろいろ腹立つことはあるけど
そんな腹立ちをはるかに上回る、どうしようもなく夫や娘を可愛く思う気持ちはある。
そんなのペットに対するのと同じだ、とか否定されてしまうんだろうか。
家族はペットじゃない、とか否定されるんだろうか。

というわけで自信をもって「愛してる」といえる人が
非常に羨ましい今日この頃なのです。

by kumorinotini | 2017-01-26 22:56 | 雑感 | Comments(0)

ジジイは座れ!!

先日、電車に乗ってたら、
向いの席にヤングママと3歳くらいの女児が乗ってきて並んで座ったのね。
で、次の駅で頭真っ白のジジイが乗ってきてヤングママと女児の前に立ったのよ。

と、ヤングママが娘を自分の膝の上に移動させて
ジジイにどうぞって、席をすすめたわけだ。
なかなかちゃんとしたヤングママじゃねーかと感心してたら
ジジイが・・・
ジジイの奴めが断ってんのよ!
なんて断ったのか、声まで聞こえなかったけど
とにかく断ってた。
手を横に振って座る気配を見せないの。

座れよ!!

お前らがそんなだから若い子がだんだん席を譲らなくなってるんだぞ。
一体何の不足があるっていうんだ?!
そこは「ありがとう」って言って座らないとダメだろ。

こんな事やって、若い人の心をくじいておいて
「最近の若いもんは年寄りが乗ってきても席を譲らない」
とかなんとか文句を言う資格があるのかっ!!ですよ。

良識ある大人だから静かに座ってたけど
ほんとはジジイの頭を蹴飛ばして
空いた席にぶちこんでやりたかったわよ。
ふんとにもお!!なのよ。

結局そのまた次の駅で乗ってきたオバサンが「あら助かったわ」と言わんばかりに
その席に座ったんで、不自然な空席はなくなったんだけどね。

まったく最近のジジイどもは素直じゃない。
譲られたら礼を言って座る、こんな常識もないのか。
あ~~~腹立つ。

by kumorinotini | 2017-01-25 21:59 | 雑感 | Comments(0)
・「視覚探偵 日暮旅人」
むむう、嗅覚、聴覚、味覚がなくても生きていけるのは理解できるけど
触覚がないと・・・
歩くことも何か持つことすらできないんじゃないのかなぁ、と思ったことは秘密。

そこらへんを飲みこめば
あとは堤ワールド全開、う~~ん、半開かなぁ。
小ネタとトンデモ刑事の存在だけど
昔はもっとすごかったからね。
ま、そういうドラマです。

だから、堤ワールドの苦手な人はダメだろうなと思う。
私は好きだから、『おお、懐かしいねぇ』とか思ってしまうけど。

子役のしゃべり方が途中からおかしくなったけど
あれは歯が抜けてしまって、差し歯かなんかにしたのかねぇ。
まあ、どうでもいい事かもしれないけど。

但し
旅人が<目>を使った時、旅人にはこんな映像が見えてますよ、という映像が実に美くして
これだけでもいいような気がしてきた。

・「突然ですが、明日結婚します」
なんつーかね・・・
ひどい、としか言いようのないドラマ。
30分くらい頑張ってみたけど、まったく乗れなかったわ。
「結婚、結婚、専業主婦、専業主婦」と叫びまくるヒロインが
銀行の窓口ならともかく、総合職でバリバリ仕事できて成績もよくて、って
新味を出そうと思ったのかもしれないけど、
ちょっとむちゃくちゃすぎない?とか思ってしまう。
現実にはそういう人がいてもおかしくないんだけど
ドラマの中でそういうのをやられると・・・ちょっとねぇ。
それと
ブーケトスを狙ってプールに落ちるって・・・
あざといです。
やりすぎです。
しかも司会の男のまったくフォローになってないフォロー(?)が最低最悪。
招待客に恥をかかせたいのか、お前は、と
特にヒロインに思い入れなくても腹立つわよ。
あのバカ男、ヒロインの女に腹が立ったのか、能力がないのか、どっちなんでしょう。
まあ、どっちにしろ、最低最悪には違いないけど。
こんなのと後に恋仲になるなんて・・・ないわぁ・・・絶対ないわぁ・・・



by kumorinotini | 2017-01-24 21:53 | | Comments(0)

平匡さんと

平匡さんとオモエモンは
中の人が一緒なんだぜ。

そして、嘘太郎もなんだぜ。

俳優って怖いな。



by kumorinotini | 2017-01-23 22:13 | | Comments(0)

映画「コクーン」

これは1の方です。
まったく予見なく見たんだけど
まさか不老不死の話だとは・・・!

とある老人ホーム(映画の中ではリタイアメントコミュニティってなってた)の老人たち。
いろいろイベントはあるけど、いと退屈してるわけね。
そのうち数人が隣の敷地に建つ建物も中のプールに目をつけてこっそり利用している。
そこへ謎の包が運びこまれてくる。
それが何かわからないまま老人たちはプールを利用するわけだけど
気づくと老人たちは見た目こそ若くならないものの中味はやたら元気になってゆくわけ。
一体何で?と不思議に思っていると
その包が地球に取り残されたとある異星人たちであり
その異星人を救出にきた仲間たちが海から引き揚げて
とりあえずプールに移していたとわかる。
老人たちは異星人と話をして、彼らが危険でない事を知り
異星人たちも老人たちが騒がないでいてくれる事に感謝したのか
迎えのシップには30人分余裕があるから、自分たちの惑星=不老不死の星へ連れて行ってやると言い出す。

で、まあ、かなりの数の老人たちが
シップに乗って出発なさる、という話ですが・・・


不老はともかく不死ですよ。
死なないんですよ。死ねないんですよ。自分でなんとかしない限りは。
それって地獄じゃないですかね。
嬉々としてシップに乗り込む老人たちを見て
こいつら馬鹿じゃないのかと思いましたよ。

永久くらい怖いことはないのに。
永久なんて地獄よりも始末に悪いのに。

by kumorinotini | 2017-01-22 22:22 | 映画 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini