人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

達筆?

ある女優さんの筆で書いたものが達筆という事になっているけど、
う~~ん、
あれは達筆といってよいのだろうか、と首をひねってしまう。
その女優さんの筆文字はかなりの癖字で、達筆とは違うものだ。
たぶん習字をきちんとやったわけではないと思う。
そういう字だった。
あるいはやったけど、「癖がすごくて~」基本がどっかにいってしまったとか。

最近の人は筆で字を書かないので、
筆で書いてありさえすれば「達筆」にしてしまう。
ちょっとやばくない?とか思うけど
逆に考えれば
ちょっと筆で書いただけで
「達筆」という事になるのを利用するという手もあるかもしれない。


by kumorinotini | 2018-11-30 22:20 | 雑感 | Comments(1)

72%

昨日だったかな、
NHKのあさイチ!のコーナーで肝臓のいろんな数値をよくするものとしてチョコレート、
しかもカカオ72%のチョコレートを一日5カケラ食べるだけでいい、というのがあったのね。
それを見て
「今日はスーパーに行ったら、72%のチョコ、ないわよ」
と夫さんい言ったら、そんな事はないだろ、というのよ。

うちの夫さんは私の言った事は絶対に信じないとこがあるんだけど、
午後からスーパーに行って、からっぽになった72%のチョコの棚を見せても
「放送のせいじゃないだろ」
とやはり信じないの。
どうして私の言うことは信じないのだろ。
72%のチョコだけまるっとないんだから、朝の放送のせいであること100%なのに、どうして信じないんだろ。
なのに、師匠にしゃべる時は、
朝の放送のせいで品物が払底していると報告するんだからいやになる。

でも、昨日はチョコだけでなく、
モヤシときざみ野菜も払底してたから、
ほかの局でも何かそういったもの(モヤシ万歳みたいな)をやったんだと思うわ。


ちなみに
今日、別のスーパーに行ってみたけど
やはり72%のはなかったわ。

by kumorinotini | 2018-11-29 22:04 | | Comments(0)
私が思うより、妹がキツイ性格なのか
夫君の実家がむちゃくちゃなのかわからないけど
とにかく新婚旅行中に飯炊きに来い、と旅行を切り上げておさんどんさせられた件もあって
夫君の実家を嫌っている。
だから、夫君の父が入院中もほとんど見舞いに行かなかったし
今生存中の義母の見舞いもしなくていいように
母の見舞いにもほとんど関わらせないようにしていると言っていたわ。
まあ、それぐらい忌み嫌ってるって事なんだろうけど。
妹は小さい頃からいつも笑顔で一見優しい性格に見えていたのでこれはかなり以外。
逆に私が義父母の悪口をさほど言わず、介護に手を貸した事は
私の父母からするとこれまた相当以外だったろうと思うわ。
だって、私はひねくれてて、歪んでいて、冷たくて、意地が悪い性格だそうだから。


母がまだ元気だった頃、
妹がランチ会で夫の実家にかんして愚痴った事があり
母がそれをすぐに父にしゃべり、
その件に関し父からお手紙が届いたのだそうな。

妹ごしに聞いたところでは

そんな心がけではいけない、
日夜明るく人に親切に生きなくてはいけない、
あなたには素敵なお手本があるではないか、
お手本とはお母さん、です・・・

んたらかんたら書いてあったそうで
妹は怒髪天を衝く勢いで腹がたったそうだ。

まあ、そうだよね、
会うたびに父に関する愚痴、悪口を聞かされている身としては
はあ?何を言ってらっしゃるの?あなたの奥さんはね、・・・
となるわよね。
言ってないけどさ。

いまだに父は母の裏の顔を知らない。
知らないばかりか、今も母の事を聖女であるかのようにうっとりと語るのを聞くと
60有余年に渡って、だまし続けるとは
母もたいした女だな、と呆れるのを通り越して感心してしまう私なんだけど
この話を妹にすると
彼女はとにかく腹立たしいらしく、プンスカ怒ったメールが来るのだ。

by kumorinotini | 2018-11-28 22:55 | 私の一族 | Comments(0)

ヘルプマークを作る

ヘルプマークってのがある。
パスケースくらいの大きさの合成樹脂かなんかでできていて、
真っ赤で、十字とハートマークを白く抜き、
裏側に何を書くかは人それぞれだけど、
周囲が気を付けるべき事やかかりつけの医師が書けるようになっている。

母が入院した時に、そのヘルプマークを入手しようと思い、
ドラッグストアで配布していると知り、師匠にドラッグストアを回ってもらったのだけど、
どこにもなかったので100均でパスケースを買い、
似たのを作って母のバッグにつけてやったのよ。

というのも、母が事あるごとに、入院したくない、通院では駄目なのか、と言っていたもので、
そんなに家に帰りたいのかと思ってさ。
病院でも、最大5泊まで帰宅を許可する、と言ってるのだから、
輸血して具合よくなったら、外泊して自宅にもどればいいと思ったわけ。

でも、途中何があるかわからないから、
なにせ倹約家だからタクシーを使わずに地下鉄とかで帰宅するんだろうなと思ったのよ。

ところが、ところが、母が帰宅したのはたったの1回だったわ。
3か月以上入院してて、たったの1回。
初期のころは輸血から数日は元気いっぱいだったのに、がんとして帰宅しなかった。
なのに、貧血だ、具合悪い、家に帰りたい!と私に電話よこしたりもして、理解不能な人であったのだが。

一度家に帰りたくないの?と聞いてみたら、
「お父さんのいる家になんか帰りたくない」とけんもほろろ。
じゃあ、通院でなんとかとねばったのはいったい何だったんだ?となるわよね。

最後までまったく理解できない母親だったわ。

by kumorinotini | 2018-11-27 21:04 | 母の胃がん | Comments(0)
前に書いた通販の2週間がかりで買ったバッグは
なんと左右に大きなポケットがついていた。
ん~~ポケットというのは違うか
3分割になっていて真ん中だけファスナー付きになてて両脇はフタもファスナーもなし。
ぽいぽいとりあえず入れられる。
けっこう便利。
で、真ん中のファスナー付きの中には
携帯にちょうどいいポケットが二つに
ファスナー付きの小さいポケットがひとつ。
3分割の外側にもポケット二つ。
ひとつはファスナー付きでやや浅い。小銭とか切符とか?
裏にもポケットでファスナー付き。
こっちはそこそこ大きい。こっちはハンカチにティッシュ?
まだ使いこなすとまではいいってないけど、便利。

逆に
しばらく使ってなかった黒い小さいバッグと
オレンジのコンパクトなバッグを売ってきたわ。
基本が安物だったから10円ずつ、だったけど
うちにいて出番がないのも可哀そうだし
ゴミに出すのはもっと可哀そうだし
リサイクルでうまく誰かに買ってもらえれば、いいかなと思って。
誰かに使ってもらえればいいな。


by kumorinotini | 2018-11-26 15:29 | | Comments(0)
私はフィギュアスケートの三原選手のファンではない。
ファンではないけど、
今回のGPシリーズのフランス杯では彼女に優勝してほしかった。
優勝させたかった。

しょっちゅう腕の動きが棒になるというか、神経が行き届かない事があるけど、
あの素直で美しいジャンプはなにものにも代えがたいと思う。

どの選手も努力しているので
三原さんだけが頑張っているとは言えないかもしれないけど
それでも彼女には勝ってほしかった。
ずっと4位が続いたところで
今回は2位。
次は優勝だな、と思ってみる。
厳しそうだけど。

もうちょっとの少女が、一番高いところで笑顔になるのを見てみたい。

by kumorinotini | 2018-11-25 22:38 | スポーツ | Comments(0)

ジジュン引退

ジジュン・リー。
漢字では李子君と書く。
中国のフィギュアスケーター。
21歳。

まだ21歳。
なのに引退。
怪我もあろうけど、モチベーションが切れてしまったんだろうか。


彼女を初めて見た時、
「可愛いは正義」というフレーズが浮かんだ。
え?中国の選手?と思うほど可愛かった。
中国の女子選手というと
美人でもなんとなくきりっとしてるというか、キツイ感じがあったものだけど
ジジュンは違った。
派手ではないけど、ひたすら可愛い。
繊細なイメージ、華奢なイメージもあった。
つまり、可憐なのだ。
ひたすら可憐なのだ。
可憐が美しい衣装でくるくる踊っていたのだ。



でも、スタミナがなくて、特にフリーの時なぞ後半息切れがしてた、というか
スピードが落ちて、ジャンプもミスしがちだった。
天は二物を与えず。
ショートでうまくいった時の喜びの表情から一転
フリーでミスが出て、悲しそうにうなだれる事が多かったのだけど
そんなのどうでもよかった。
「可愛いは正義」
ジジュンを見るたびそう思ってきたのだけど
彼女の可愛さはメダル取りには影響しなかった。

まだ21なのに・・・

「可愛いは正義」

「可憐は絶対」

ジジュン、ありがとう。
あなたの可憐さは一生忘れない。

by kumorinotini | 2018-11-24 22:06 | スポーツ | Comments(0)

ハンコが違う!!!

母が亡くなった後、いろんな引き落としを父の口座に移す事になったの。

で、通帳と判子のお出ましとなるわけだけど、
最近の通帳って使用の判子を通帳のどこにも押してないじゃない?
母がどっかに書き残してるかどうかわからなかった。
父なんてもっとわからない。

大、中、楕円の判子3本を前にただただ困るだけ。

通帳をあれこれ見ていくと、ひとつだけ判子がわかるのがあった。
父名義の通帳に大の判子を使っている。
大の判子は印鑑登録用でもあったけど、きっと大は父用で、(父が言うに)中は宅配用だった、と。
となると、楕円が母用なのね(→これは当たっていた)。

各種の公共光熱費の引き落としを父の銀行口座に移すべく
あちこちに電話して振替口座変更の書類をもらい、
ばんばん書いてばんばん判子おしてばんばん郵送しましたさ。

その二日後、口座用に変更した銀行に行って、なんちゃらしたら・・・

「この口座の印鑑がちがいます」

なぬ!?
なんですと?
え?
大きい印鑑じゃないの?

どんなのですか?と聞くと、それはちょっと・・・と銀行のお姉さん。
「楕円ですか?」
と聞くと、そこだけ教えてくれる。
「はい。楕円です」

あちゃ~~~~どうしよう、
てっきり大の判子だと思って、振替口座用の書類に大の判子押しちゃったわよぉ!!
と、窓口の女性が、

「もしもご本人(=父のこと)を確認できるものをお持ちでしたら、
 こちら(=大の判子)に変える事はできますよ」

わお!
なんと父は母が勝手に作っていたマイナンバーカードを持っておった。
本人もいたし、写真付きのカードもあるしで、すぐに印鑑を変更してもらったわ。

二日前に引き落とし先変更の書類をしちゃってだけど、間に合うかしら・・・間に合ってほしい。
でも、駄目ならもう一度やりなおせばいいんだし、と腹をくくったわよ。

で、それから一か月と少し。
本日、電気の口座を今月から(父の)口座引き落としにします、という葉書が来た。
に合ったようです。
はあ~~~よかった、面倒がひとつ減ったわ。

ああ、一覧表でも作っておいてほしかったわ。
うちの母はそいいうのはきちんとしてると思ったけど、意外と駄目だったのね、残念。
1年も余裕があったのに、何してたのかしら?
考えつかなかったんでしょうね。
私もまさかこんな事になるとは思わなかったもの。
自分の時は気を付けようっと。

でも、私は銀行ごとに使用印鑑と暗証番号と金額を列挙したものを、家計簿の後ろにつけてある。
たぶん大丈夫。

by kumorinotini | 2018-11-23 19:29 | 母の胃がん | Comments(0)

葬儀の心配

母の葬儀が終わる頃に父が

「いやぁ、葬儀の事だけ心配だったんだけど(ちゃんと済んでよかった)」

みたいな事を笑顔で言ってたんだけど、
心配だというわりに何も用意してなかったわ。

あ、ひとつだけ用意してたか、友人の電話番号。
でも、その番号は間違っていた。
本来11桁のはずなのに、10桁しか書いてなかった。

何なんだ?と思ったけど、
これもまた父なのだなと諦めるよりないのよね。
さいわい自宅が近かったのと、亡くなった翌日が通夜だったので、自宅に確認に行く余裕があったので
そこはまあなんとかクリアできたんだけどね。

父は父、なんだわ。

by kumorinotini | 2018-11-22 19:21 | 母の胃がん | Comments(0)

元気だった!

元気だった、と書くのはちょっと違うかもしれないけどそうと書くしかない
1年半ほど更新のなかったブログに近況報告があった。
手術の後想定外の車いす生活になって時間がない、
PCが壊れて戸惑っている、
などそいろいろあってとてもとても更新とはいかない、との事。
そこで、本を出してくれた出版社の助けを借りて、とりあえずの報告を、とのこと。
元気といっていいものかどうかわからないけど、
とにかく生きてた。
高齢なので毎日大変だろうな。
でも、足以外はお元気らしくてよかった。

by kumorinotini | 2018-11-21 22:54 | 電脳 | Comments(0)

ミラーサイトだったのに、本家になっちゃって・・・


by kumorinotini