姪っ子に赤ちゃん

もう一人の姪っ子に赤ちゃんが生まれたわ。
今度は女の子。
妹によると
まだ赤ん坊なんで顔立ちはなんとも言えないけど
丸顔なのは間違いなし、そうで。
ふふふ、
そこは姪っ子に似たんだわ。
ていうか妹の血筋か。
妹もかなりな丸顔なんです。
丸顔はいいわよ、若く見えるし。
なんで若く見えるのがいいのか詰め寄られたら困るけど。
キュートに見えるからいいわよね。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-28 21:45 | 私の一族 | Comments(0)

一種の「逃げ恥」?

3年くらい前の自分の記事を読んだわ。
夫さんが定年を迎えるにあたり
何をネゴしようかって悩んでるの。
今考えると
何アホなこと悩んでるんだって思うとこだけど
その時は真剣だったのね。

家事の分担とか真面目に考えたりしてて
笑ってしまうわね。
そんな事、敵がするわけがないのに。
考えるわけがないのに。

などとモヤモヤ考えるうちに
考えが変わりましてね、
ほら、工事現場でかなりなお年寄りが
交通整理したてりするでしょ、
アレ見てるうちに、
頑張ってるなぁ、すごいなぁ、
たまたま妻という立場だからって
家事の分担だなんて私、態度がでかかったなぁって。

家事を請け負う事で
今の、衣食住を確保されてる、していただいてるって考える事にしたのです。
そうしたら不平不満も減りました。
母のようにぐだぐだ文句を言う日も少しだけ遠くなったと思う。

そうです。
これがお仕事でそれで衣食住を賄ってると考えればいいのです。
考えてみれば
その方が体にもいいかもしれない。
一挙両得だす。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-27 22:56 | | Comments(0)

4大陸からあれこれ

放送前に
ツベで田中選手のSPを見て、
おお、刑事、かっこいいやんけ!ステップなんか高橋大輔さんみたいでないの、
と感心した後、夕方に男子SP、女子のフリーの放送。

女子のフリーを見た後、録画した男子SPを見たんだわ。
と、田中選手のSP放映の前に
練習中の彼の姿が映ったのだけどさ、
なんと高橋さんに細かいところを教わっているではないですか!
なるほど高橋イズム満載のステップになるわけだわね。
なんてことを言ったら
師匠が
「それは見たことをそのまま再現できるって事だね。
 刑事、すごいじゃん」
そういえば、そうね。
こうやるのだと言われてもできない人はできないからね。
フィギュアの選手でもさ。


さて、フィギュアのオリンピック予想。
女子はロシア、カナダ、そしてコストナー。
なんたって最近のコストナー押しはひどい。
日本は10位以内にどっちかを入れてくるでしょう。
たぶんミスなくできたら坂本の方。

男子はアメリカ(たぶんネイサン)、日本、後はその時の結果次第、てとこじゃないかな。

どうしてこんな競技、好きになっちゃったんだろ?

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-27 22:01 | スポーツ | Comments(0)

紫の

紫の部屋着を買いました。
部屋着っていうのかな、
たっぷりしたカーディガンといった感じのアウターなんだけど。

前日にスーパーの用品売り場でみかけた、その部屋着は濃い紺と赤杢の2種類。
紺色のカーディガンはすでに持っているので
買うとしたら赤だなぁ、
しかも杢だから派手ではないし、
でも、黒の杉綾織のすでに持ってるしなぁ・・・
と悩んでその日は買わずに帰宅。

でも、綾織りのはけっこう長く着ているし
そろそろ・・・と考えて翌日スーパーに。
なんと目をつけていた赤杢がない!
ああ、やっぱり・・・
売れたのねぇ・・・
と、紺となぜか昨日はなかった紫が。

紫かぁ・・・
紫は私の色だけど今まででひとつしか買った事がない。
カットソーのもの。
けっこう良かった記憶があるけど
こういう量が多めのアウターで紫ってどうなんだろう。
でも、わたしの色だしなぁ、
夫さんがいなかったらもっと迷い悩むとこだけど
待たせてるのが申し訳なくて、私としては早めに購入決定。

帰宅してとりあえず着てみると
なんだか私が華奢に見えます。
紫だけど、大げさでもない。
千円なんだから良しとしましょう。
つーかバーゲン品だから買ったんだけどね。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-26 22:36 | | Comments(0)

通院付き添い

今日は母の外来通院の付き添い。

予約は10時。
余裕をもってということで
9:40くらいに受付をすませたのだけど
その後、採血、レントゲン、採尿と地下にいったり戻ってきたり。
(体重は44kgだったとか。少しずう減ってるそうで)
で、呼ばれた時は10時10分すぎてた。
たぶん検査結果待ちだったのではないかと。

主治医の話によると
「栄養は少し低めですが許容範囲。
 後・・・目立つ変化はないです。
 あと、もっとお水を飲んでください。
 血液が濃くなると血栓ができやすいですから
「じゃあ、4週間後でいいかなぁ。
 特に悪くなってるところもないから。
 来月22日に来てください。
「あ、でも、何か気になったら
 いつでもいいから来てください」

というわけで、何もなければ、4週間後に通院。

薬局で薬を頂くも
朝、夜それぞれでまとめてもらったので
ちと時間がかかり
薬局を出たのは11時半過ぎ。
自宅に母を届け、MSに帰ったのは12時10分でしたわ。

家を出たのが、8時50分。
うう、半日仕事だった。
とくに何かしたというわけではないけど
微妙に疲れたぁ・・・

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-25 22:05 | 母の胃がん | Comments(0)

鈴木亮平at西郷どん

第一回の放送を見た時は
そのあまりの男尊女卑に打ちのめされたものだけど
1回程度で終わってはいかんと3回目まで見て思ったのは
鈴木亮平の西郷どん!はなかなか良いという事でした。

西郷さんが実際にはどういう人物だったかはわからないけど
勝海舟の書いたものを呼んだかぎりでは
実に「豊かで大きな人物」であったようです。

仕事の関係で百姓や下級武士の生活の苦しさを知ったあたりから
西郷が変化し始めているのがわかります。
家族と郷の連中くらいしか見えてなかったのが
もっと離れた人々へと目が行くことになったところ
みんな苦しい生活をしていると。
自分とこも十分苦しいんだけど
周囲にはもっともっと苦しい人がいると。
なるほどこれで西郷さんが
「どげんかせんといかん」(いや、鹿児島弁だと違う言葉だろうけど)という心境に
なっていくのが描かれていくわけですね。

で、鈴木さんの西郷さん、
なんとも暖かくて大きい。
気持ちの豊かさも伝わってきます。
カリスマ性はこれから発揮される事でしょう。
暖かくて大きい、今はそれで充分です。


ところで
調所さんが毒を仰いだのが
ずっと不思議です。
武士なんですから、
切腹するなり、頸動脈を切るなりすべきなのでは・・・と思うのだけど
毒を飲むのですよね。
自分のやった事は武士にあるまじき事とかいう思いでもあったんでしょうか。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-24 21:59 | | Comments(0)

木村屋のあずきバーは
レンチンするとゼンザイとして楽しめるのは知ってたけど
そこにカボチャを加えるだけで
冬至に食べる<いとこ煮>※の出来上がりとは・・・!

うちは師匠がカボチャ嫌いなので
夫さんと私のたった二人のために餡子作るのも
なんだかなぁ・・・だったので今まで作らなかったのだけど
このあずきバーを利用した<いとこ煮>は
少量でもウルトラ簡単にしかも美味しく出来上がったので
木村屋万歳!の気分です。

※私の実家ではカボチャ入りの善哉をいとこ煮と言ってたのだけど
これは全国共通の認識なのかしらね?

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-23 22:40 | | Comments(0)

退院

三泊四日の予定が二泊三日で退院の運びとなった。
もともと三日目は予備日だったので
その予備日をカットしただけかもしれない。
でも、検査入院の前は、入院中にいろいろお話をして、などと言ってたので
予備日にでも、じっくりゆっくり話をするのかと思っていたので、多少驚いたわ。
じっくりゆっくりったって・・・さして話をする事もないだろうなとも思ったけど。

さて、退院当日であります。
ドアに近い方のベッドにいた二人と
挨拶を始めたんだけど・・・
これがもお凄いのよ。
まるで大親友との別れみたいな、実に親し気に手を握りあって情感のこもった言葉をかける母。
相手はたぶんかなり悪いんだと思うんだけど
「元気でいてね、頑張るのよ、約束だよ」と母が励ますと
涙ぐんで、頑張るとかなんとか答えているみたいで、
さらにいろいろ言葉をかける母にさらにさらに答える相手。
そして
「あなたがいなくなると寂しい」
などと泣かれたりしてるわけだ。

これを二つのベッドでやるんです。
(帰宅してから聞いたところによると
母は<涙さん>の背中をさすったり、
マッサージしたりしていろいろしゃべったそうで。
夫と死に分かれて、家に帰っても一人なんだとか)

うへ~~
こんな言葉、私、かけてもらった事ないですよ。

私が足の指の上に圧力なべの重い蓋を落とした時
自転車練習中転び、足をひきずりひきずり家に帰ったときも
「(鍋の蓋が)変形したじゃないの!」
「自転車は無事?!」
とわめいただけでした。
さいわい鍋の蓋は無事だったし、自転車は私の体で受け止めた(堤防から下に落ちた)ので
買い物かごがひしゃげた程度。
私に「無事か?」とのお言葉はひとつもなし。

なのに、昨日今日知り合った相手にはこの心のこもったお言葉。
ほんとにこの人は外面がいいんだなと感心したわ。

父は、
「お母さんはものの数分で親しくなってしまう」
と感心してたけど、感心してる場合じゃないだろ。
こんな心のこもった言葉、かけられた事ないよ、私たち家族は。
いつもいつも愚痴でしたよ。
文句でしたよ。
不平不満でしたよ。
あ~~あんな前向きな言葉、一度でいいから聞きたいものだ。
母は親切にする相手を間違えてるんじゃないか?

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-22 15:09 | 母の胃がん | Comments(0)

たぶん視聴率はとれないだろうけど
私はこれ、好きです。

コーポラティブハウスに入居した4つの家族の物語です。
コーポラティブハウスというのは
共同の玄関や中庭や敷地で
ゆるくつながっている戸建ての家なのだそうです。

・スタイリストとネイリストの年の差カップル。
・建築家(ここを設計した)とその同居人。
・夫婦に子供二人の家族。
・共稼ぎの30代夫婦。

さて、この4家族、まったくカラーが違います。
ドラマなんで、そうしたんでしょうけど
カラーが違うだけでなく
それぞれ小さな秘密を持っています。

スタイリストには分かれた妻がいたのですが
最近亡くなってしまい、彼との間の子供が遺されてしまった。

建築家はゲイで、同居人は実は恋人。

4人家族の妻は幸せ家族を演出するのに余念がないのに
なんと夫は無職になったばかり。

このドラマの主役である30代夫婦は家を買い、そろそろ子どもを、と思っているのに
不妊だと医者に言われてしまう。
不妊の情報にいったんひるみながら
自分たちのため妻のため努力しようとする夫を松山ケンイチが好演しています。
さらに世間並みをぐいぐい押し付けてくる妻の真飛さんも熱演。

松山ケンイチの母親役に高畑淳子。
定食屋の元気なオバチャンはさすが。



[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-21 22:25 | | Comments(0)

まず褒めるところから。
木村さんのアクションが素晴らしいです。
たいそう練習したのでしょうね。

駄目なところ。
警察のSPがはあそこまでバカなのか?
仕事中に電話が来たら出たうえに長々としゃべるのか?
しかも対象者を放っておいたばかりでなく遠くに離れてしまってさ。
そして、警護中とわかっているのに
「どうだ?」
と電話するバカが政治家なのか?
いやいや暗殺させようと思っているのなら理解できるけど
そうじゃないでしょ。
え?そうだったの?
あの場面を見ながら思いました。
99.9%と同じではないですか。
警察をばかにするな、ですよ。
特にSPは。
選ばれてる人々なんですよ。
馬鹿にするな。

しかも「丸腰の俺ら、偉い」みたいな発言にはちっとばかりむかっとしました。
警察がピストルを出したから、加害者はナイフを出した、みたいな言いぐさ。
ばかこくでねぇ!
武器の携帯が許されてるのに持たないというのであれば
それはなかなかのもんだと感心もするけど
法的に許可されてないので
やむを得ず持ってないというだけの事なのに
「俺らは選択して武器を持ってないんだ」みたいな物言い、いかがなものでしょう。
馬鹿でないかぎり法的に許されるんであれば
上司は武器の携帯を命じると思いますよ。
丸腰ぐらい危険なものはないんだから。
それを「丸腰の俺ら、偉い」「凄い」みたいな物言い。
ばかこくでねぇ!ですよ。
それとも
これは民間の警護人の矜持だというのでしょうか。
うう・・・
どんなにひどい扱いをされても
クレームを入れない警察・・・偉いわ。

以前よりは薄れてきたけど相変わらずのキムタク臭というか
キムタク節。
あれが好きな人にはいいんでしょうけど
私は無理だ。
まあ、今回は鼻をすすらなかっただけマシだったけど。

木村さん主演で唯一良いなぁと思ったのは
「安堂ロイド」ですかね。
アンドロイドの役だったんで、木村さんは<キムタク臭?>を完璧に封じておりました。
そこが良かった。

というのはさておいて
結局「キムタク、かっこいい」にするために
ああなるのでしょうけど、
早いうちにそれを脱した方が良いと思うんだけど。
あ~~もうい遅いか・・・ここまでそれで来たんだもんね。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-20 22:13 | | Comments(0)

検査入院

1/9火曜日
母、検査入院。
付き添いは父、妹、夫さん。
私はギックリ腰で動けず。
4人部屋だったそうで、医師の説明によると

当日~採血、心電図、CT、レントゲン
翌10日~エコー
翌々11日~予備日

だそうな。
ところが、この日の13時頃病院より電話があり
「10日午後4時医師、まず家族に説明がある(本人にはその後)ので来られるか?」と。
諾。
妹は仕事の都合で無理だったので、父、夫さん、ある程度動けるようになったので私も行くことに。
それにしても、こんなに早々となに?
ガンの疑いで精密検査して・・・ならわかるけど
特に早めに説明なんてないだろに・・・

1/10水曜日
午後4時、父、夫さん、私の3人で病院へ。
気持ちドキドキして待ってたら、N先生がいらして
「転移はなさそうです。
 がん性腹膜炎も起きてません。
 厳しめにいうと余命は4か月~1年です。
 がん性腹膜炎になると3か月。
 平均4か月くらい。
 今後想定されるのは出血、ガンが外にでて痛みが出る、免疫が落ちて感染症で亡くなる。
 明日退院してもらって、その後2週間後に外来通院。様子をみて4週間に一度にしましょう」

は?
病気の説明は目新しい事はなかったのだけど
退院ですと?
明日退院ですと?
退院っていいましたよね?
そっちの方がビックリです。
ええ、ええ、おおいにビックリです。
看護師さんが笑っていうのには
「ご本人が2泊三日を強く希望されてるみたいなので」
とにかく「二泊三日」を連呼したらしい。
ああ、それで今日の説明になったのか。
帰宅の前に母の病室に寄る。
いたって元気。
明日退院の事をつげると
「やっぱり。そうしてくれそうな様子だった」と。
目新しいことはなかったけど、先生の説明受ける?と聞くと
「じゃあ、いらない」

1/11
退院。迎えにいって自宅に下ろすだけなので、私と夫さんで送迎。
父は自宅待機。
すっかり用意のできた母は元気だったのだけど、ここで凄いものをみた話は後日。



[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-19 22:43 | 母の胃がん | Comments(0)

二つとも私の好みではない。

どっちにも言えることかもしれないけど
コミックではアリかもしれないけど
実写にすると
難しいというか苦しいというか・・・

「海月姫」の方は
オタクを馬鹿にしているのではないかとすら思ったわよ。
両手を広げて前かがみの中腰で歩くのがオタクなの?
いくらオタクだって
オタクだらけでいる時は
普通だろうさ。
っていうか、月海ちゃんだって、町中を歩く時は普通だったぜ。
そっちこそ挙動不審になってしかるべきなのに。
ほかにもツッコミどころ満載だし。

「きみが~~」
のヒロインの「私なんか~」という台詞、
桐谷さん扮する編集者に喝破されたように
相手に
「そんな事ないよ~~」
と言わせたいがための台詞で
あざといというか見え見えというか
不愉快しか感じないです。
しかも、けっこう嘘をつくし。

相手に合わせるのならともかく
ハッキリクッキリ嘘をつくのはいかがなものか。

どちらも
「ないわぁ~~」である。

[PR]
# by kumorinotini | 2018-01-18 21:46 | | Comments(0)